NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】台湾・台北の2つの空港を徹底解説!台湾桃園国際空港と台北松山空港

台湾を代表する都市、台北。日本から約4時間でアクセスできることから、旅行先として人気があります。今回は台湾旅行の玄関口となる台北周辺の2つの空港、台湾桃園国際空港と台北松山空港について徹底解説! 台湾桃園国際空港と台北松山空港空港、どちらの空港を利用するのがおすすめなのか、空港ラウンジや免税店、両替所、台北市内へのアクセス方法などを紹介します。台湾旅行を考えている方は参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

台湾を代表する都市、台北。日本から約4時間でアクセスできることから、旅行先として人気があります。今回は台湾旅行の玄関口となる台北周辺の2つの空港、台湾桃園国際空港と台北松山空港について徹底解説!

台湾桃園国際空港と台北松山空港空港、どちらの空港を利用するのがおすすめなのか、空港ラウンジや免税店、両替所、台北市内へのアクセス方法などを紹介します。台湾旅行を考えている方は参考にしてくださいね。

Contents

台湾・台北には2つの空港がある!


photo by pixabay

台湾・台北には2つの空港があります。台湾桃園国際空港と台北松山空港です。日本でいう成田空港と羽田空港のイメージが近いです。本記事では、台湾・台北にあるそれぞれの空港の特徴や台湾市内までのアクセス方法などを紹介します。
台湾旅行を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

台湾桃園国際空港


photo by Unsplash

台湾桃園国際空港は、台北市から約40キロメートル離れた桃園市にある台湾最大の国際空港です。国際線のほとんどは台湾桃園国際空港で発着しています。
(空港コード:TPE)第一ターミナルと第二ターミナルがあり、航空会社によって分かれているので注意が必要です。

日本から就航している航空会社は、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、スターフライヤー・エバー航空 (EVA Air) ・チャイナエアライン (中華航空) ・キャセイパシフィック航空・フィリピン航空など。LCCの便数も多く、到着の時間帯を選びやすいのも特徴です。

そのほかにも、世界各国から多くの航空会社のフライトが乗り入れています。

台北松山空港


photo by Unsplash

台北松山空港は、​​台湾桃園国際空港よりも規模が小さく、国内線が中心に発着します。​​台湾桃園国際空港が開港するまでは、台湾の中心として機能する国際空港でした。(空港コード:TSA)です。

日本発着の便の場合は、JAL (日本航空) 、ANA (全日空) 、チャイナエアライン、エバー航空などが就航しています。国内線の乗り継ぎに利用されることも多くあります。

台湾桃園国際空港と台北松山空港どっちがおすすめ?


photo by Unsplash

台湾の玄関口となる台湾桃園国際空港は、施設が充実しているのが特徴的。幅広い種類の飲食店をはじめ、免税店やお土産屋さんなどがたくさんあるので、飛行機の待ち時間に食事やショッピングを楽しめます。国際線の多くが発着するため便数や航空会社が多く、旅行のプランが立てやすいのも魅力です。

一方、市街地にある台北松山空港は、台湾市内の中心となるスポットまでアクセスばつぐん!到着後すぐに観光に出かけたい場合や、1泊2日の弾丸旅行などにおすすめです。ただし台湾桃園国際空港より便数が少ないので、飛行機の発着時間に合わせて計画を立てるのがポイント。

台湾桃園国際空港と台北松山空港の特徴や違いを知って、ご自身の旅行プランに合った空港を選ぶようにしましょう。

2つの空港で乗り継ぎ(トランジット)をするときは?


photo by Unsplash

台湾桃園国際空港と台北松山空港は、タクシーで約40分、バス、電車で約1時間かかる距離です。交通渋滞が発生しやすいため、乗り継ぎ(トランジット)をする場合は余裕をもって移動するようにしましょう。
時間と移動の手間を節約したい場合はタクシー、交通渋滞が心配な場合は電車、料金を安く抑えたい場合はバスが便利です。

所要時間や料金を比較しながら、ご自身に合った移動手段を選んでください。

\NEWTでおトクな台湾ツアーをチェック/

台湾桃園国際空港のラウンジや免税店、アクセス方法

ここからは、台湾桃園国際空港の気になるラウンジや免税店、両替所、台湾市内までのアクセス方法などをご紹介します。乗り継ぎ待ちの過ごし方の参考にぜひチェックしてみてくださいね。

台湾桃園国際空港のラウンジ!利用条件や種類を紹介


photo by Unsplash

台湾桃園国際空港には、たくさんの空港ラウンジがあります。空港ラウンジは、航空会社のステータスなどがなくても使用できるラウンジと、航空会社の上級会員やビジネスクラス以上を利用する場合のみが使えるラウンジがあります。

プライオリティパスの保持で利用できるラウンジやレストランも複数あるので、常に公式ページで最新情報を確認するようにしてください。

食事やサービスが充実しているラウンジが多いので、早めに空港に到着してラウンジでの時間を楽しむのもおすすめですよ。

  • プラザプレミアムラウンジ
  • オリエンタルクラブラウンジ
  • 桃園チャイナエアラインラウンジ
  • エバー航空ラウンジ
  • キャセイパシフィック・ラウンジ

台湾桃園国際空港のショップ・免税店・お土産店は?


photo by Unsplash

台湾桃園国際空港の免税店には、BURBERRYやPRADA、BVLGARIなど世界の名だたるブランドが軒を連ねています。台湾桃園国際空港の免税店は営業時間が長いお店が多いため、遅い時間帯に発着する便でも利用できるのがうれしいポイント。

その他にもスポーツ用品店や書店、コンビニやレストランなどのショップも豊富なので、フライトの直前までショッピングを楽しめるのが魅力的です。お土産の買い忘れなどがあっても駆け込めちゃいます!

台湾桃園国際空港の両替所は?


photo by pixabay

台湾桃園国際空港の両替所は、台湾銀行や兆豊国際商業銀行などがあります。各ターミナルの入国審査エリア、到着ロビーに数多く設置されているので、海外旅行初心者にも安心。

さらに、各ターミナル手荷物受取場近くの両替所は24時間営業しているので、早朝や深夜の便で到着しても、気軽に両替することができます。各両替所は若干レートに差があるので、時間がある場合は比較したうえで両替するのがおすすめです。

台湾桃園国際空港でSIMカードを購入するなら?


photo by pixabay

台湾を旅行する際は、SIMカードを利用するのが便利です。台湾桃園国際空港の到着ロビーには台湾の大手携帯電話サービスのカウンターがあり、SIMカードを購入することができます。料金は日数やギガ数によって異なりますが、各社1,300円程度から利用が可能!

SIMカードを購入する際は、パスポートに加えて航空券や入境スタンプなど、海外から入国したことを証明するものが必要になるので、あらかじめ用意しておきましょう。

また、SIMカードを使うにはスマホのSIMロックの解除も必須です。日本を出国する前に用意しておくと安心ですよ。

台湾桃園国際空港から台北市内へのアクセス方法


photo by Unsplash

台湾桃園国際空港から台北市内への行き方は、おもに3つあります。

  • 高速バス
  • 電車(MRT)
  • タクシー


ツアーによっては空港からホテルまでの送迎が含まれている場合もあります。個人で宿泊するホテルに向かう場合は、高速バスか電車がおすすめです。料金や所要時間を詳しく解説します。

台湾桃園国際空港から高速バスで台北市内へアクセス


photo by Unsplash

桃園空港から台北市内へは、高速バスで約60分でアクセスできます。料金は片道約約100〜300ニュー台湾ドル(約460円〜1,380円)ですが、バス会社によって行き先や経由するバス停、料金などが異なるので事前に確認するようにしましょう。2023年8月現在、台北駅を終着とするバスは1819番と1819A番です。

バスチケットは空港内のバス会社のカウンターで購入し、第1ターミナルビルでは入国エリアB1バス乗り場、第2ターミナルビルでは1F入国ロビー東側通路から乗車します。

台湾桃園国際空港と台北駅間は24時間運行しているうえに、料金が安く確実に座席を確保できる、コスパが良く便利な移動手段です。

台湾桃園国際空港から電車で台北市内へアクセス


photo by Unsplash

台湾桃園国際空港から台北駅へのアクセスは、2017年2月に開通した電車(桃園空港MRT)も便利です。快速列車と普通列車の2種類があり、約7分の間隔で交互に運行しています。快速列車の場合、台湾桃園国際空港第一ターミナルから台北駅まで約35分、普通列車の場合は約50分で到着できます。

台北駅までの料金は片道150ニュー台湾ドル(約690円)。電車は時刻通りに運行するうえに、交通渋滞などの心配もないため、時間とお金を節約したい方におすすめの移動手段です。
時刻表が変更される場合もあるので、桃園捷運会社の公式サイトで最新情報を確認するようにしてください。

台湾桃園国際空港からタクシーで台北市内へアクセス


photo by Unsplash

台湾桃園国際空港では、第1ターミナルビル入国ロビー西側、第2ターミナルビル入国ロビー西側から巡回タクシーを利用することができます。空港から台北市内までの所要時間は約40分です。
料金はメーターで計算されるので、道路の混雑状況によっても変わります。高速道路通行料も別途支払う必要があるので少し割高ですが、空港から直接ホテルまで移動できるので、大きい荷物がある場合や疲れている場合は、タクシー利用がおすすめです。

台北松山空港のラウンジや免税店、アクセス方法

台北松山空港はコンパクトな空港であるため、台湾桃園国際空港と比べてラウンジは免税店などは少なくなりますが、充実した空港です。ぜひ空港情報をチェックして、旅行を快適に楽しんでくださいね。

空港のラウンジは一定以上のステータスが必要


photo by pixabay

台北松山空港にも複数のラウンジがありますが、台湾桃園国際空港とは異なりプライオリティパスで利用できるラウンジはありません。現在台北松山空港のラウンジは、全社共用のAirlines VIP Loungeのみ。出国審査を通過後、左前方にあります。

利用するためには一定以上の航空会社ステータスが求められ、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、エバー航空 (EVA Air) 、チャイナエアライン (中華航空) 中国国際航空(CA)中国東方航空(MU)などのビジネスクラス搭乗者や、各航空会社の上級会員である必要があります。空港ラウンジの利用は変更する場合があるため、必ず公式サイトをご確認ください。

台北松山空港のショップ・免税店・お土産店は?


photo by Unsplash

台北松山空港にはハイブランドなどの免税店はない代わりに、昇恒昌免税商店という人気ブランドの商品をまとめて扱う免税店があります。
空港でハイブランドのショッピングを楽しめる台湾桃園国際空港とは少し異なるので、注意が必要です。

お土産屋さんも複数あり、パイナップルケーキやジャーキーなどの台湾定番みやげが手に入ります。レストランやコンビニなどもあるので、食料の調達も安心です。

台北松山空港の両替所は?


photo by pixabay

台北松山空港には到着ロビーや入国審査エリアなどに、複数の両替所があります。到着ロビーを出たところに台湾銀行と兆豊国際商業銀行があり、到着してすぐに両替できるのがうれしいポイント。コンパクトな空港なのでその他の両替所も見つけやすく、海外旅行初心者にも安心です。

台北松山空港でSIMカードを購入するなら?


photo by Unsplash

台湾旅行中に利用するSIMカードは、空港で購入しておくと便利です。台北松山空港で購入できるSIMカードは中華電信のみですが、台湾全土で利用できる国際最大手のキャリアなので安心。到着ロビーを出てすぐにカウンターがあるので、迷うことなく到着できます。

2023年8月現在、一番安いプランは3日間300ニュー台湾ドル(約1,380円)で利用することができます。SIMカードを購入する際は、パスポートや入境スタンプなど海外からの入国を証明できるものの準備と、スマホのSIMロックの解除を忘れずに!

台北松山空港から台北市内へのアクセス方法


photo by Unsplash

台北松山空港から台北市内へのアクセス方法は、おもに3つです。

  • 路線バス
  • 電車(MRT)
  • タクシー


台北松山空港の魅力は立地とアクセスの良さ!どの交通手段を使っても、台北の中心地に約30分前後でアクセスすることができるのですよ。それぞれの特徴をチェックして、旅行プランに合った手段を選んでくださいね。

台北松山空港から路線バスで台北市内へアクセス


photo by Unsplash

台北松山空港の到着ロビーを外に出たところにはバス停が並び、市區公車と呼ばれる路線バスが出ています。台北市内のさまざまなスポットにアクセスすることができ、市街への移動に便利です。
台北の中心となる台北駅までは、262または262区間車というバスで約20分。本数が多く、約10~20分の間隔で運行されているので、ご自身のプランに合わせて気軽に移動できます。
料金は15ニュー台湾ドル(約69円)と、他の交通手段に比べてコスパが良いのも特徴です。

乗車するときはバスが近づいてきたら手を上げて停め、降車するときは車内アナウンスを注意して聞き、目的地に到着する前にブザーを押す必要があります。慣れるまでは少し難易度が高いですが、台湾ならではのローカルの生活を味わえるのでおすすめです。

台北松山空港から電車(MRT)で台北市内へアクセス


photo by Unsplash

台北松山空港から市街地へは電車(MRT)でのアクセスも可能!松山空港駅から台北駅までの所要時間は約16分、料金は25ニュー台湾ドル(約115円)で行くことができます。
MRT文湖線で忠孝復興駅まで行き、板南線に乗り換えて行くのが一般的です。乗り換えはありますが、駅構内に分かりやすく表示されているので安心。台北市内はMRTの路線が充実しているので、そのほかの観光スポットへの移動も便利です。

台北松山空港からタクシーで台北市内へアクセス


photo by Unsplash

台北松山空港から市街地までは、タクシーで約20分ほどで移動できます。空港の出口エリアにある13番と14番柱の前に順番待ちをするタクシーが並んでいるので、行き先を伝えて乗りましょう。

タクシーの料金はメーターで計算されるので道路の状況によって異なりますが、台北松山空港から台北駅までの料金は約200から250ニュー台湾ドル(約920円から1,150円)。

バスや電車と比べて料金は少し高めですが、大きな荷物を持っている場合や、家族連れで旅行する場合は、プライベートな空間で快適に移動できるというメリットがあります。

台湾・台北の空港を活用して旅行を満喫しよう!

今回は台湾・台北周辺にある2つの空港、台湾桃園国際空港と台北松山空港についてご紹介しました。どちらも台湾の玄関口となっている空港で、ラウンジや免税店が充実していたり中心地からアクセスしやすかったりと、それぞれに違った魅力やメリットがあります。

台湾旅行へ行く際は空港情報もしっかりチェックして、楽しい旅行の計画を立ててくださいね。

※記事内の金額は2023年8月27日のレート、1ニュー台湾ドル=4.60円で計算しています。
cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

台湾の東京発のおすすめツアー

台湾旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる