スウェーデン観光

スウェーデン観光におすすめのスポット

スウェーデンの定番から最新のおすすめの観光スポットまで幅広くご紹介

スウェーデン旅行・ツアーのポイント

  1. まるで絵画のような美しい街並みを散策🚶‍♀️✨

  2. 伝統とモダンな文化の融合が楽しめる🌇

  3. 北欧の静寂と自然美を感じることができるおしゃれな国🏝️

ストックホルム旅行におすすめの観光スポット

その他エリアでおすすめの観光スポット

スウェーデンの基本情報

公用語
スウェーデン語
宗教
ルーテル教会
通貨
スウェーデン クローナ
ビザ
スウェーデンへの渡航にはビザは不要です。ただし、滞在期間が90日を超える場合は、日本を出発する前にスウェーデン移民庁のウェブサイトで居住許可を申請し、許可通知を取得する必要があります。90日を超える長期滞在や就労を希望する場合は、労働許可の申請も必要です。
日本との時差
日本とスウェーデンの時差は8時間で、日本の方が8時間進んでいます。例えば、日本が12:00の場合スウェーデンは4:00です。サマータイムが採用されているので、3月〜10月は時差が7時間になります。
気候
スウェーデンの気候は、メキシコ湾流の影響で比較的温暖ですが、北極圏に位置するため冬は寒さが厳しいのが特徴。春は気温が5度前後と日本よりも寒い日が続きます。夏は15度前後と極端に暑くならず、爽やかな風が吹き涼しく過ごせるなど観光にベストな時期と言えるでしょう。冬には雪景色が広がり、氷点下になることも珍しくありません。寒さが厳しいので、防寒対策はしっかりとするようにしましょう。
治安
日本に比べると犯罪発生率が10倍ほど高くなっていますが、スウェーデンは一般的にヨーロッパのなかでも治安の良い都市として知られています。比較的安全に旅行ができる反面、犯罪が増加しているという事実もあります。特に、イスラム過激派によるテロの潜在的なリスクや、日本人を狙った盗難事件などが報告されています。日本人は多額の現金や高価な物品を持っていると見られがちであり、スリや置き引きなど、一般的な防犯対策は常に警戒しておくことが重要です。
物価
スウェーデンでは、物価が日本と同程度か、若干高く感じられることがあります。スウェーデンは購入場所によって税率が異なるので注意が必要です。スーパーマーケットでの購入には12%の税金がかかる一方で、外食には25%の税金が課せられます。税制も物価が高く感じられる要因の一つと言えるでしょう。日本から旅行で訪れる場合は、タックスフリー制度があり、最大19%の税金が返金されるため、実質的な負担は軽減されます。
交通手段
スウェーデンの交通手段は多様で、効率的かつ快適な移動が可能です。首都ストックホルムや他の主要都市では、地下鉄、バス、トラムなどの公共交通機関が充実しており、市内の移動に便利です。特にストックホルムでは、地下鉄やバスの運行が充実しています。また、電車も利用しやすく、長距離移動や都市間の移動に適しています。列車は時間通りに運行され、快適な座席や充実した設備が提供されているので、旅行客も安心して利用できることでしょう。さらに、自転車も一般的な交通手段であり、都市部では広範囲にわたるサイクリングネットワークが整備されています。自転車レンタルサービスも利用でき、観光地や自然環境を探索するのに最適です。
インターネット
スウェーデンでは、インターネットの普及率が高く、ほとんどの場所でWi-Fiが利用できます。市内の多くの宿泊施設では、対応のパソコンやスマートフォンを持っていれば無料のWi-Fiを利用することができます。また、空港やショッピングセンターなどの公共施設でも無料のWi-Fiが提供されています。さらに快適なネット環境を求める方は、ポケットWi-FiやSIMカードを準備するのが安心です。
電源プラグ
スウェーデンに訪れる際は、変換アダプターと変圧器が必要です。スウェーデンの電源プラグは、主に「Bタイプ」と「Cタイプ」で、電圧は220Vで、周波数は50Hzです。日本のAタイプとは異なる形状、電圧のため、日本から持参した電化製品を使用する場合には、事前準備をしておくようにしましょう。
飲水
スウェーデンの首都、ストックホルムでは水道水を飲用することができます。ストックホルム以外の都市の場合は飲用せずに、ミネラルウォーターを購入するのがおすすめです。市販のミネラルウォーターには、炭酸入りと炭酸なしの2つタイプがあり、好みや体調に合わせて選ぶことができます。
トイレ
スウェーデンのトイレは清潔で使いやすい環境が整っています。定期的に清掃員がトイレを清掃し、トイレットペーパーや手洗い用のソープが常備されています。日本と同様に、トイレットペーパーは流すことができます。また、観光スポットが豊富なエリアでは公衆トイレも多くあり、観光中も困ることがないでしょう。公衆トイレのほとんどは有料であり、5〜10スウェーデンクローネの料金が必要です。小銭が必要なことを考慮して、両替の際にはコインを用意しておくか、買い物をした際に出た小銭を取っておくことが便利です。
海外旅行保険
現地で体調を崩し治療や入院が必要になってしまった際や、スリや盗難などのトラブルにあった際に海外旅行保険に入っていると安心です。NEWTではツアーやホテルのご予約完了後に任意で簡単に加入することができます。

NEWTのおすすめ

メディア掲載実績

  • ITmedia
  • Asahi Shinbun
  • ABEMA
  • Oggi
  • Kankou Keizai
  • Nakai Masahiro
  • CanCan
  • Jigyou Kouso
  • wbs
  • Seven News
  • NEWS watch 9
  • NEWSPICS
  • non-no
  • Hiruobi
  • Pivot
  • Bridge
  • Mezamashi TV

受賞歴

  • 東洋経済すごいベンチャー100
2021

    東洋経済すごいベンチャー100 2021

  • 日本経済新聞
NEXTユニコーン(105位)

    日本経済新聞 NEXTユニコーン(105位)

  • Forbes japan
『日本の起業家BEST10』

    Forbes japan 『日本の起業家BEST10』

オンラインで旅行相談

海外旅行のことなら、どんなことでも!NEWTトラベルコンシェルジュにご相談ください🤝

  • 自分に合ったホテルを提案してほしい
  • さまざまなエリアを周遊したい
  • ハネムーンプランがあるか確認したい など
LINEで相談する

運営会社

  • 社名
    株式会社 令和トラベル
  • 創業
    2021年4月5日
  • 代表
    篠塚孝哉
  • 登録番号
    観光庁長官登録旅行業第2123号
  • 資本金
    23億円(資本剰余金を含む)
  • 住所
    〒150-0031東京都渋谷区桜丘町16-13 桜丘フロントⅡビル 6F