NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】スウェーデン旅行5日間の費用&予算!格安で行く方法も

おしゃれでうつくしい街が広がり、のんびりとした雰囲気が魅力的なスウェーデン。この記事では、5日間のスウェーデン旅行にかかる費用や予算を紹介します。ぜひこれからスウェーデン旅行を計画される方は参考にしてみてください。また、格安でスウェーデン旅行に行ける節約方法も紹介しています。

ライター
NEWT編集部

スウェーデンは、おしゃれでうつくしい街が広がり、のんびりとした雰囲気が魅力の人気観光地。この記事では、5日間のスウェーデン旅行にかかる費用や予算を紹介します。ぜひこれからスウェーデン旅行を計画される方は参考にしてみてください。また、格安でスウェーデン旅行に行ける節約方法も紹介しています。

Contents

スウェーデンの物価はどれくらい?

スウェーデンの物価は日本に比べて全体的に高いのが特徴。本記事では、スウェーデン旅行の費用を節約するコツもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

物価の目安の例は以下の通りです。

  • ミネラルウォーター(500ml):240円前後
  • レストラン(ランチ):2,000円〜3,000円前後
  • レストラン(ディナー):5,000円〜 10,000円前後
  • 交通費(1回の利用料):約530円


ハネムーンで訪れる方やラグジュアリーなホテルに宿泊したい方は、スウェーデン旅行の予算を多めに見積もっておくのがおすすめ。後ほど旅行費用を節約するコツもご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね!

5日間のスウェーデン旅行でかかる費用は?

スウェーデン旅行でストックホルム中心の旅行なら、5日間の日程がおすすめです。スウェーデンで複数都市を訪れる場合や、そのほかの北欧の国々も周遊する場合は、1週間以上の日程がいいでしょう。1週間以上の日程があれば、北欧旅行の定番である、オーロラ鑑賞やフィヨルド観光、サウナ体験もできますよ!

スウェーデン旅行の相場は1名約30万円から


photo by pixabay

スウェーデン旅行にかかる費用の内訳は以下の通りです。

  • 航空券費用
  • ホテル費用
  • 食費
  • 現地での交通費
  • 観光&オプショナルツアー費用
  • お土産費用
  • 海外旅行保険やPCR検査の費用

スウェーデンの物価は全体的に日本よりも高く、滞在中の食費や観光にある程度のお金がかかります。5日間のスウェーデン旅行でストックホルム中心の観光なら、宿泊するホテルのランクやすごし方によっても異なりますが、予算は1名あたり約30万円からです。これからスウェーデン旅行を計画される方は、ぜひ予算の参考にしてみてください。

それでは、各項目の費用についてくわしく解説します。

スウェーデンの航空券費用


photo by pixabay

費用の目安:往復で約18万円~約26万円

日本からスウェーデンへの直行便はなく、中東もしくはヨーロッパの主要都市で乗り継ぎが必要です。東京からスウェーデン(ストックホルム)までのフライトは最速で20時間前後です。フライトによっては、乗り継ぎは1回であるものの、乗り継ぎの待ち時間が長いのもあるため、予約の際はしっかりと所要時間まで確認しておいてください。

・ストックホルムへの航空券費用(東京発 往復1名分・乗り継ぎ便)
安い時期(日本の長期休暇以外):18万円~21万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):23万円~26万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

スウェーデン旅行でのホテル費用


photo by pixabay

費用の目安:1泊で約10,000円〜

スウェーデン旅行でホテル宿泊にかかる費用は、1泊(1室2人分)あたり約10,000円からです。

スウェーデン旅行で拠点となるストックホルムには、旧市街の街並みが残り、おしゃれなカフェやデザインショップがたのしめます。都会でありながら、自然も多くあるので、シティー派にも自然派にもおすすめの街です!

ストックホルムから飛行機で約1時間、電車で約3時間のヨーテボリは、古くから港町として栄え、文化と芸術の街で知られています。街中には運河が流れ、ストックホルムよりも多くののんびりとした雰囲気が特徴的です。

・ストックホルムのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:10,000円~20,000円前後
スタンダードホテル:20,000円~30,000円前後
高級ホテル:30,000円~50,000円前後

・ヨーテボリのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:10,000円~20,000円前後
スタンダードホテル:15,000円~30,000円前後
高級ホテル:20,000円~50,000円前後

スウェーデン旅行での食費


photo by Unsplash

費用の目安:1日あたり約15,000円〜

スウェーデン旅行で1日あたりにかかる食費は、約15,000円からです。朝食とランチに約2,000〜3,000円、ディナーに約10,000円が相場です。カジュアルなランチなら、1食あたり約2,000円〜3,000円で済みますが、きちんとしたレストランに入ると1食あたり5,000円と高めです。

ファストフードや軽いサンドウィッチなどなら、1食あたり約1,000円でも食事はできますが、せっかくのスウェーデン旅行なら気になるレストランやカフェに入りたいですよね。なるべく食事は外食をたのしみたい方、レストランやバーでお酒もたのしみたい方は、少し多めに予算を準備しておくと安心です。

なるべく食費を節約したい方は、スーパーや市場などを賢く活用することを考えてみてください。

スウェーデン旅行での交通費


photo by pixabay

費用の目安:1日あたり約1,000円〜

スウェーデン旅行で1日あたりにかかる交通費は、約1,000円からです。

スウェーデン観光の拠点となるストックホルムには、地下鉄、トラム、バス、ボートなど発達した交通網があります。1回券(75分有効)は38スウェーデン・クローナ(約480円)です。他にも24時間券や72時間券などもあるので、旅行のスタイルにあわせてチケットを購入してみてください。チケット購入は、駅の窓口や券売機をはじめ、専用のSLアプリからも購入できます。

ストックホルムの主要観光スポットは公共交通機関でアクセスでき、1回あたりの運賃は高いながらもタクシーを利用せずにアクセスできるため、交通費はそれほどかかりません。

ストックホルムはボートでの移動がたのしい街なので、ぜひ公共交通機関を利用する際はボートの利用も考えてみてください。

スウェーデンでの観光&オプショナルツアーの費用


photo by pixabay​​

費用の目安:1スポットあたり約2,000円〜

スウェーデンの観光スポットの入場料は、1スポットあたり約2,000円からです。季節によって入場料が変動する観光スポットもあります。

スウェーデンの主な観光スポットの入場料(大人)は以下の通りです。

  • ノーベル博物館:140スウェーデン・クローナ(約1,760円)
  • ヴァーサ号博物館:10月〜4月 170スウェーデン・クローナ(約2,140円)、5月〜9月 190スウェーデン・クローナ(約2,390円)

スウェーデンで観光に人気のストックホルムは、世界一うつくしい首都とも言われ、中世の街並みが今もなお残る街です。ストックホルムのガムラスタンを中心に散策するのは無料でたのしめるのでおすすめです!

スウェーデン旅行のお土産費用


photo by pixabay

費用の目安:約10,000円〜

スウェーデン旅行でお土産購入にかかる費用は、約10,000円からが目安です。購入するお土産の量やモノによって、お土産購入にかかる費用は異なるのであくまでも約10,000円は目安です。たくさんお土産を購入予定の方は、あらかじめお土産リストを作成しておくと効率的にお土産探しができますよ!

スウェーデンのお土産には、紅茶やチョコレート、クラフトジンなどがおすすめです。またスウェーデンの伝統工芸品、ダーラナホースも定番のお土産のひとつです。

スウェーデンは日本に比べて物価が高いため、お土産購入にはそれなりの費用がかかります。バラマキ用のお菓子などのお土産は、お土産屋さんや空港ではなく、現地のスーパーで購入すると安く済ませられます。

海外旅行保険やPCR検査にかかる費用


photo by pixabay

費用の目安:約14,000円〜

・海外旅行保険
5日間のスウェーデン旅行の場合にかかる海外旅行保険費用は、約1,500円〜3,000円が相場です。加入する保険によって補償内容や適用条件が異なるため、加入前に詳細まで確認するようにしましょう。
クレジットカードを保有している方は、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用するという選択肢もあります。補償内容や適用条件を確認した上でスウェーデン旅行へ出発することをおすすめします。

・PCR検査
スウェーデンでPCR検査を受ける場合にかかる費用は、12,000円前後からです。結果が数時間以内に得られるPCR検査は割高になります。帰国までにしっかりとPCR検査の結果が得られるように計画的な受診が必要です。多くのクリニックは事前予約制なので、注意しましょう。

日本帰国時に新型コロナウイルスのワクチン接種を3回完了し、接種証明書を提示できる場合は、PCR検査の陰性証明書の提出は免除されます。接種証明書を旅行に持っていくことを忘れないようにしてくださいね。

スウェーデン旅行の費用を格安にする4つのコツ

それでは、スウェーデン旅行の費用をなるべく安く抑える方法を紹介します。

①スウェーデンへの旅行が安い時期を狙う


photo by pixabay

スウェーデン旅行になるべく安く行きたいなら、安い時期を狙うのがおすすめです。スウェーデン旅行が安い時期は、クリスマスや年末年始を除く、1月・2月・4月・10月~12月です。スウェーデンは10月ごろからグッと気温が下がり始め、本格的な冬を迎えるので、安い時期を狙って旅行に行く場合は、しっかりとした防寒対策が必須になります。

しっかりとした防寒対策が必要な冬のスウェーデンですが、オーロラ鑑賞や犬ぞり、スノーモービル、スキー、スノーボードなどさまざまなたのしみ方ができる時期です。北欧ならではの冬ををたのしみたいという方には、むしろおすすめの時期でもあります。

②格安ツアーを予約する


photo by pixabay

スウェーデン旅行の費用をなるべく抑えたいなら、航空券とホテルがセットになったフリープランのツアーで旅行を予約するのがおすすめです。フリープランのツアーなら、現地滞在中の時間は自由にすごせるため、海外で集団行動をするようなツアーは苦手という方にもぴったりです。

ツアーで予約すれば、航空券とホテルをそれぞれ手配する必要もなく、旅行の予約作業が一括で完了します。

フリープランのツアーは、セールになることも多いので、スウェーデン旅行を計画し始めたら、まずセール情報をチェックしてみるのがおすすめです!

③スーパーや市場を活用して食費を抑える


photo by pixabay

スウェーデン旅行の費用をなるべく節約したい方は、スーパーや市場を賢く活用するのがおすすめです。スウェーデンで外食をすると安くても約1,000円、カジュアルなレストランでのランチは約2,000円〜3,000円かかります。旅行中毎食のように外食をしていると食費だけでもかなりの費用となってしまいます。

そのため、スーパーや市場でサンドウィッチやフルーツなどを購入してホテルで食事をたのしむのがおすすめです!スーパーや市場を散策してみると日本では見かけないような食品に出会えたり、現地の食文化が垣間見えたりするので、ワクワクしますよ。

食事をゲットするついでに、ぜひバラマキ用のお土産もスーパーや市場でチェックしてみてください。

④無料の観光スポットをたのしむ


photo by pixabay

スウェーデンの観光スポットは、1スポットあたりの入場料が約2,000円からと高めの設定ですが、無料でたのしめるスポットも多くあります。

その中でもストックホルムの旧市街のガムラスタンを散策するのがおすすめです!石畳は風情があり、細い小道は迷路のようになっていて、どこを切り取っても絵になる街並みが広がっています。

毎年11月中旬ごろからストールトルゲット広場で開催されるクリスマスマーケットも必見です!露店が並び、クリスマスらしい装飾が施され、とてもキラキラとしたきれいな空間になります。観光客以外にも地元の方も集まり、にぎわいます。

スウェーデン旅​​行にかかる費用のまとめ

5日間のスウェーデン旅行にかかる費用は、1人あたり約30万円からです。宿泊するホテルのランクやすごし方によっても費用は異なるため、少し多めに予算を準備しておくと安心です。スウェーデンは北欧の中ではそれほど物価の高い国とされていませんが、日本と比較すると2倍前後とかなり高く、滞在中もお金がかかります。

スウェーデン旅行を計画されている方は、しっかりと準備をしておくといいでしょう。

※2023年3月14日のレート、1スウェーデン・クローナは12.60円で計算しています。

よくある質問

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる