NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】セルビア・ベオグラードでおすすめの観光地11選!名所や穴場を厳選

ベオグラードには、ベオグラード要塞や聖サワ大聖堂、クネズミハイロ広場など、歴史的な遺跡や博物館、信仰の場所、美しい景観で有名な観光地がいっぱい! 今回は、セルビア・ベオグラード旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から11選をご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ベオグラード旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

ベオグラードには、ベオグラード要塞や聖サワ大聖堂、クネズミハイロ広場など、歴史的な遺跡や博物館、信仰の場所、美しい景観で有名な観光地がいっぱい!

今回は、セルビア・ベオグラード旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から11選をご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ベオグラード旅行の参考にしてくださいね!

Contents

セルビア・ベオグラードには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by pixabay

セルビアは欧州最古の国の一つであり、その起源は紀元前6000年頃までさかのぼります。その首都であるベオグラードは、21世紀の初頭まで栄えた社会主義連邦"ユーゴスラビア"の首都としても知られています。紀元前から育まれたセルビア固有の文化と旧社会主義国家としての文化を同時に楽しめる都市として魅力的です。

ベオグラードには、かつて栄えた王国時代の遺構や大聖堂があり、歴史好きな方におすすめの都市だといえます。多様な歴史や文化を感じられるクネズミハイロ通りやスカダルリヤ通りは、セルビア文化を感じられる人気の街歩きスポットですよ!

今回はセルビアの首都ベオグラードの人気観光地を紹介!人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

ベオグラードで絶対行きたいおすすめ観光地6選

まずはセルビアの首都ベオグラードで訪れたい人気の定番観光地6選を紹介します。

定番観光地は中心街に集まっているので短いスケジュールでの観光旅行にもおすすめ!現地ツアーなども有効活用すれば、もっと効率的に観光できるでしょう。

ベオグラード要塞

紀元前4世紀に建設された要塞


photo by Unsplash

ベオグラード要塞は、市内の丘の上に立つ街のランドマークとして、地元民から愛されている観光名所です。紀元前4世紀に建設されたこの要塞は、近隣の王国や帝国に支配されてきた歴史をもち、多種多様な文化と歴史を感じられます。

要塞をめぐって勃発した戦いの数は100回を超えており、戦いで要塞が破壊される度に、修復を繰り返してきました。現存している要塞のほとんどは、18世紀にオスマン帝国やオーストリア・ハンガリー帝国によって再建されたものです。


photo by Unsplash

ドナウ川とサヴァ川の合流地点にあるベオグラード。ベオグラード要塞は、川の合流地点や街の様子を一望できる展望スポットとして知られています。

夏季限定のイベントや夜限定のライトアップもあり、訪れる季節や時間帯によって、観光客に異なる顔を見せてくれるのがベオグラード要塞の魅力です。

ベオグラード要塞(Belgrade fortress)の基本情報
住所: Kalemegdan bb 11000, Beograd, セルビア
電話:+381 11 2620685
営業時間:24時間
休業日:無休
アクセス: トラム停車駅「Kalemegdan 」から徒歩で約1分
料金:入場料無料 ※施設によっては別途料金が必要
ローマウォール:大人170ディナール(約240円)、学生・年金受給者100ディナール(約135円)
拷問博物館:大人400ディナール(約538円)、学生・年金受給者300ディナール(約404円)
サハットタワー:大人120ディナール(約161円)、学生・年金受給者80ディナール(約108円)
ネボイシャタワー:大人270ディナール(約363円)、学生・年金受給者150ディナール(約202円)
※2023年7月24日のレート、1ディナール=1.35円で計算
公式サイト:https://www.beogradskatvrdjava.co.rs/%D0%B8%D0%BD%D1%84%D0%BE/?lang=en

クネズミハイロ通り〜共和国広場

ベオグラード随一の大通り


IMG_9287 by Marko Kudjerski is licensed under CC B.Y 2.0

クネズミハイロ通りは、セルビア王室のミハイロ王子の名前を冠したベオグラードの中心街にある大通りです。首都の中心部にある大通りということもあって、オシャレなカフェやレストラン、お土産屋が所狭しと立ち並んでいます。

1800年代に盛んに建てられたルネサンス建築や大規模ショッピングモールのライチェヴァショッピングセンター、かつては兵馬の水飲み場としても活用されていたデリ水飲み場など、歩いているだけでも楽しめるスポットが目白押しです。


Beograd - Ambasada Crne Gore by Fred Romero licensed under CC BY 2.0

また、クネズミハイロ通りを進んでいくと共和国広場に突き当たります。

かつてはオスマン帝国によって建てられたスタンボル門があり、反逆者の公開処刑が行われる場所でしたが、1866年に解体され、セルビア独立の象徴になりました。

オスマン帝国の支配からセルビアを解放した英雄ミハイロ公の銅像が鎮座しており、今ではオシャレなカフェが密集する市民の憩いの場として知られています。

クネズミハイロ通り(Kneza Mihaila Street)の基本情報
住所:Kneza Mihaila 35, Beograd 11000 セルビア 
電話:-
営業時間:24時間
休業日:無休
アクセス: 共和国広場から徒歩で約5分
料金:無料

聖サワ大聖堂

正教会の大聖堂として最大規模!


photo by Unsplash

聖サワ大聖堂は、セルビア正教の大聖堂で、聖人という意味の「サワ」が祀られており、世界でも最大規模をほこる正教会の大聖堂として有名です。

1900年代に大聖堂の建築計画が議題にのぼりましたが、第一次・第二次世界大戦と相次いで建設計画は中止。その後は、社会主義政権時代には国の方針によって信仰が禁止され、建設がなかなか進まない状況が続いていました。しかし、1985年に再び建設が開始され、2020年10月にようやく建物が完成しています。


P.Cikovac, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

大聖堂の前にはサワ聖人の像が立っており、聖堂内には金を使用したモザイク画12,000平米、タイル19,000平米が配置されています。聖堂内には11,000人以上を収容できるとされており、その建築の巨大さがうかがい知れますね。

聖サワ大聖堂(Saint Sava Temple)の基本情報
住所: Krušedolska 2a, Beograd 11000 セルビア
電話:+381 11 2432585
営業時間:7:00〜20:00
休業日:なし
アクセス: カラジョルジェ公園から徒歩で約8分
料金:無料
公式サイト:https://hramsvetogsave.rs/

聖ルジツァ教会

魔法使いが住んでいそうな雰囲気のある教会


Ružica Church by George M.Groutas is licensed under CC BY 2.0

聖ルジツァ教会は、ベオグラード要塞の敷地内にある教会です。教会の起源には諸説あり、第一世界大戦時に建物の大部分が破壊されましたが、ロシア人の亡命建築家の手によって1925年に再建されました。


Kalemegdan sunset by anaroza is licensed under CC BY-SA 2.0

現在の聖ルジツァ教会は、石造りの壁に緑の蔓が伸び、壁の大部分を覆っており、まるで魔法使いが住んでいるかのようなメルヘンチックな雰囲気が魅力!

教会内では、壁や天井に飾られた色鮮やかな絵を満喫でき、聖水を持ち帰ることもできます。中世の教会の雰囲気を味わいたいなら、ぜひ訪れてみましょう。

聖ルジツァ教会(Little Rose Church)の基本情報
住所:Ružica, Belgrade, セルビア 
電話:+381 11 2630699
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: トラム停車駅「Kalemegdan 」から徒歩で約1分
料金:無料
公式サイト:https://www.beogradskatvrdjava.co.rs/%D1%86%D1%80%D0%BA%D0%B2%D0%B0-%D1%80%D1%83%D0%B6%D0%B8%D1%86%D0%B0/?lang=en

NATO空爆ビル

NATO軍の空爆によって破壊された建物


NATO Involvement by Matthias Mueller is licensed under CC B.Y 2,0

NATO空爆ビルは、NATO軍空爆の空爆によって破壊された旧ユーゴスラビアの軍本部があった建物の跡地で、戦争の悲惨さを私たちに痛感させてくれる場所です。

元々はボスニアにある渓谷を見立てて作られたオレンジ色の建物が特徴でしたが、空爆によってその大部分が破壊されたままの状態で残されています。

後に紹介するユーゴスラビア歴史博物館と合わせて、旧ユーゴ紛争や今日のセルビアが歩んできた歴史的な道のりを知るためには欠かせない観光名所です。

NATO空爆ビル(Generaltab)の基本情報
住所: Генералштаб, Birčaninova 5, Beograd 11000
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: バス停「Kneza Miloša」から徒歩で約3分

スカダルリヤ通り

石畳の美しい景観が魅力の通り


Beograd by Fred Romero is licensed under CC BY 2.0

スカダルリヤ地区及びスカダルリヤ通りは、ベオグラード中心街にありながらも、石畳と坂道、オシャレなカフェやレストランが立ち並ぶ住宅街に面した通りです。

ベオグラードのグルメやカフェ巡り、ナイトライフを満喫したいと考えている方は、スカダルリヤ通りを訪れてみてはいかがでしょうか?

スカダルリヤ通り(Skadarlija Street)の基本情報
住所: Skadarska Ulica, Belgrade, セルビア
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: バス停「Pijaca Skadarlija」から徒歩で約4分

ベオグラードの知る人ぞ知る穴場観光地5選

ベオグラードには、旅程に余裕があればぜひとも訪れておきたい、知る人ぞ知る観光スポットも目白押しです。セルビアの歴史や文化、伝統に触れられる観光スポットをチェックして、ベオグラード観光をより一層満喫しましょう!

ベオグラード国立博物館

セルビア最古の博物館


Beograd - Narodni muzej Srbije by Fred Romero is licensed under CC BY 2.0

ベオグラード国立博物館は、1844年に開館したセルビア最古の博物館です。英雄ミハイロ公の像の後ろに立つ同博物館には、考古学から貨幣、歴史、芸術の幅広い種類を網羅した貴重なコレクションが、40万点以上も展示されています。

館内は3階建てになっており、各フロアで別の種類の展示を見られます。とくに紀元前7,000年前の遺跡レペンスキ・ヴィルから発掘された貴重な出土品は必見です。

ベオグラード国立博物館(Belgrade National Museum)の基本情報
住所: Trg republike 1а, Beograd 104303 セルビア
電話:+381 60 8075020
営業時間:火・水・金・日:10:00〜18:00、木・土:12:00〜20:00
休業日:月曜日
アクセス: バス停「Trg Republike」から徒歩で約2分
料金:大人300ディナール(約404円)、学生・年金受給者150ディナール(約202円)
※2023年7月24日のレート、1ディナール=1.35円で計算
公式サイト:http://www.narodnimuzej.rs/?lang=en

ユーゴスラビア歴史博物館

旧ユーゴスラビアの歴史をたどる


Museum of Yugoslav History by Jorge Láscar is licensed under CC BY 2.0

ユーゴスラビア歴史博物館は、旧ユーゴスラビアの大統領チトーの70歳の誕生日を記念して建設された、ユーゴスラビアの歴史・文化を紹介する博物館です。

その生活の様子がわかる展示品を楽しめるギャラリーがあります。かつてはチトーの誕生日を祝って旧ユーゴスラビアの各地で青年リレーが行われていた歴史があり、特徴的な装飾が施されたバトンが壁一面に展示されている光景は圧巻です!


Museum of Yugoslav History by Jorge Láscar is licensed under CC BY 2.0

チトーが実際に着用していた衣服や彼の統治下に国内外から寄贈された民芸品や芸術品の展示も見られ、その当時のチトーの求心力の高さをうかがい知れます。


A lovely dignified tomb for a great man by Clay Gilliland is licensed under CC BY-SA 2.0

館内にはハウスオブフラワーズと呼ばれるチトーと夫人が眠る霊廟も。ガラス張りの屋根と植物に囲まれた場所に二人の墓が安置されています。チトー大統領を偲び、今でもセルビア内外から献花をしに訪れる方も少なくありません。

ユーゴスラビア歴史博物館(Museum of Yugoslavia)の基本情報
住所: Михаила Мике Јанковића 6, Beograd 11000 セルビア
電話:+381 11 3671485
営業時間:10:00〜18:00
休業日:月曜日
アクセス: ベオグラード中央駅から徒歩で約13分
料金:大人400ディナール(約538円)、学生200ディナール(約269円)
   ※10歳以下の子どもは入場料が無料
※2023年7月24日のレート、1ディナール=1.35円で計算
公式サイト:https://www.muzej-jugoslavije.org/

聖マルコ聖堂

18世紀の貴重なイコンが収蔵される


Beograd - Crkva Svetog Marka by Fred Romero is licensed under CC BY 2.0

マルコ聖堂は、1931年〜1940年の間に、古い聖堂のあった跡地に建てられた聖堂です。ペタルとブランコ・クルスティッチによって、セルボ・ビザンティン様式によってデザインされており、独創的な外装が特徴となっています。


Beograd - Crkva Svetog Marka by Fred Romero is licensed under CC BY 2.0

聖堂内の南端にはセルビア皇帝ウロシュ4世・北端には総主教ゲルマンが安置された石棺が置かれています。また、18世紀〜19世紀にかけて作成されたセルビアのイコンが飾られており、セルビア正教の厳かな雰囲気を全身で体感できる場所です。

聖マルコ聖堂(Saint  Mark's Church)の基本情報
住所: Bulevar kralja Aleksandra 17, Beograd, セルビア
電話:+381 11 3231940
営業時間:7:00〜19:00
休業日:なし
アクセス:バス停「Tašmajdan」 から徒歩で約2分
料金:無料
公式サイト:https://www.crkvasvetogmarka.rs/

ニコラテスラ博物館

歴史的な偉人ニコラテスラを記念して建設


nikola tesla museum by Rowan Z  is licensed under CC BY 2.0

ニコラテスラ博物館は、テレビやパソコン、携帯電話で使われている無線送信・送電システムの基礎を作り、多大な功績を残した彼の偉業をたたえる博物館です。

生前の私物や蔵書など、2万点以上のコレクションが保管されています。ニコラテスラの実際の発明品や芸術的なオブジェクトが多数展示されており、映画やツアー(セルビア語・英語)に参加すれば、より詳しい歴史についても学べますよ。

ニコラテスラ博物館(Nikola Tesla Museum)の基本情報
住所: Krunska 51, Beograd 11000, セルビア
電話:+381 11 2433886
営業時間:火〜日曜日:10:00〜20:00、月曜日:10:00〜18:00
休業日:なし
アクセス: バス停「Pravni fakultet」から徒歩で4分
料金:英語ガイド(個人)800ディナール(約1,077円)、英語ガイド(団体)500ディナール(約673円)
※2023年7月24日のレート、1ディナール=1.35円で計算
公式サイト:https://tesla-museum.org/

ガルドシュ塔(ミレニアムタワー)

ベオグラードの街並みを一望できる


Tour du Millenium, 1896, 1000iem anniversaire des Hongrois en Pannonie by Jean-David & Anne-Laure is licensed under CC BY-SA 2.0

ガルドシュ塔は、ドナウ川やベオグラード中心街を展望できる場所です。塔自体そこまで大きくなく、塔の内外を手短に見て回れます。


Zemun by Martin Lopatka is licensed under CC BY-SA 2.0

塔のそばにある丘の上から街を展望して、ベオグラード旅行のクライマックスをむかえてみてはいかがでしょうか。観光の後はドナウ川沿いのオシャレなレストランでグルメを満喫しましょう。

ガルドシュ塔(The Millenium tower)の基本情報
住所:Millennium Tower, Zemun, Sinđelićeva 31, Beograd 11080, セルビア
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: バス停「Trg Branka Radičevića」から徒歩で約7分
料金:無料

ベオグラード観光を満喫するためのおすすめモデルコース


photo by Unsplash

歴史や文化を知れる定番スポットから穴場スポットがたくさんあるセルビアの首都ベオグラード。せっかく観光するなら、朝から夜まで街の魅力を存分に満喫するプランを立てて、効率的に観光名所をめぐるのがおすすめです。

<スケジュール例>

1日目 聖サワ大聖堂でセルビア正教会の歴史・伝統を知る→クネミハイロ通りの飲食店で牛ひき肉と玉ねぎがたっぷり入ったミートパイ"ムサカ"とビールで乾杯!→ベオグラード要塞で紀元前から続く要塞の歴史を学ぶ

2日目 ベオグラード国立博物館で貴重なコインや歴史の展示物を見る→大皿で提供されるミックスグリル"ロシュテリイ"でお腹を満たす→ユーゴスラビア歴史博物館・フラワーハウスで、旧ユーゴスラビアの歴史を知る

3日目 聖マルコ聖堂で独特な聖堂建築を見学する→オシャレなカフェでコーヒーとくるみと砂糖を包んだセルビアクレープをいただく!→スカダルリヤ通りでお買い物!可愛らしい欧風のお土産を買う→ニコラテスラ博物館で偉人の生涯と発明の起源を学ぶ→ガルドシュ塔から街を一望する

ベオグラードは、聖堂や博物館を中心とした市内観光、そしてオシャレな通りの散策など、1日中見どころがいっぱい!なので、観光ツアーを利用したり、訪れたいスポットを絞ったりして、効率的に観光を楽しむことがおすすめです。ぜひ自分好みのベオグラード旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

セルビア・ベオグラードの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、ベオグラードのおすすめの観光スポット11選を紹介しました。歴史的・文化的な名所や見どころがいっぱいあるベオグラードでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、セルビア・ベオグラード旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年7月24日のレート、1ディナール=1.35円で計算しています。
cover photo by Unsplash

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる