NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】クロアチア観光におすすめのスポット11選!人気から穴場まで

クロアチアには、世界遺産や中世の雰囲気が残る街並みなど有名な観光スポットがたくさん!今回は、クロアチア旅行で定番の人気観光地から穴場スポットまで10選ご紹介します。首都・ザグレブだけでなく地方エリアの観光地まで厳選したので、ぜひクロアチア旅行の参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

クロアチアには、世界遺産や中世の雰囲気が残る街並みなど有名な観光スポットがたくさん!今回は、クロアチア旅行で定番の人気観光地から穴場スポットまで11選ご紹介します。首都・ザグレブだけでなく地方エリアの観光地まで厳選したので、ぜひクロアチア観光の参考にしてくださいね。

Contents

クロアチアには人気観光スポットがいっぱい!


photo by pixabay

クロアチアは東南ヨーロッパのバルカン半島に位置しており、国土の南西部にはアドリア海に面する美しい景色が広がっている国。クロアチアには、首都・ザグレブだけでなく、大自然を満喫できるプリトヴィッツェ湖群国立公園や世界遺産のあるドブロヴニク、クロアチア第2の都市スプリットなど、エリアごとに観光名所がたくさんあります。

クロアチア観光におすすめのベストシーズンは、温暖で天気のいい日が多い、5月〜9月上旬。アドリア海がうつくしく輝き、世界中から多くの観光客が訪れるシーズンで、クロアチアの魅力を存分に感じられますよ。

今回は、クロアチアの人気観光地をランキング上位から11選ご紹介します。定番の観光スポットから穴場の名所、ぜひ訪れたい世界遺産スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

クロアチアのおすすめ人気観光スポット11選

クロアチアの人気観光スポットは首都・ザグレブや映画『魔女の宅急便』のモデルともいわれるドブロヴニク旧市街のほか、地方エリアにも点在しています。ここではクロアチアの人気観光地をご紹介!

首都ザグレブ市内はトラム(路面電車)やバスなどの交通機関が整っているため、観光地までのアクセスがスムーズです。また、地方エリアへ向かう場合は、高速バスや飛行機などを利用して行くのがおすすめですよ。旅行前にスケジュールを組んで、効率よくクロアチア観光を楽しみましょう!

首都ザグレブ

ノスタルジーな雰囲気を感じるクロアチアの首都


photo by pixabay

クロアチアの首都・ザグレブは、オーストリア・ハンガリー帝国時代に築かれた建築が特徴的な街。新市街と旧市街に分かれており、新市街には街の中心であるイェラチッチ広場からエレガントな雰囲気の建物がずらりと並んでいます。

カフェやレストラン、ギフトショップなどがあり、歩いているだけでも楽しめる観光都市。ちなみにザグレブ市内はトラムやバス、タクシーなどの交通機関が充実しているため、移動がスムーズにできますよ。


photo by  pixabay

旧市街でぜひとも訪れたいスポットが、聖マルコ教会。青と赤色のモザイク模様が可愛らしいカトリック教会です。向かって左側の紋章はクロアチア王国、ダルマチア地方、スラヴォニア地方を表していて、右側はザグレブの紋章を表しています。

13世紀ごろに建てられた教会内には、聖母マリア像やクロアチア出身の彫刻家・メシュトロヴィッチの作品が展示されていますよ。ただし、教会内は入れない期間が多いので、訪れる際は事前に確認しておくことをおすすめします。また、世界中から集まった恋愛エピソードを展示する失恋博物館も、ザグレブ観光ではおすすめのスポットですよ。

旧市街には世界最短の交通機関と呼ばれるケーブルカー・ウスピニャチャもあり、全長約66メートル、乗車時間は約30秒なのだとか。旧市街・新市街の違いを楽しみながらザグレブを散策してみてはいかが?

ザグレブ(Zagreb)の基本情報
住所: Zagreb
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: ザグレブ国際空港から車で約26分
料金:店舗により異なる

聖マルコ教会(Crkva sv. Marko)の基本情報
住所: Trg Sv. Marka 5, 10000, Zagreb, クロアチア
電話: +385 1 4851 611
営業時間:季節により異なる
休業日:季節により異なる
アクセス: ザグレブ国際空港から車で約20分
料金:無料
公式サイト:https://www.zg-nadbiskupija.hr/nadbiskupija/zupe?zupeid=169

プリトヴィッツェ湖群国立公園

息を飲むほど美しいクロアチア屈指の絶景観光スポット


photo by pixabay

プリトヴィッツェ湖群国立公園は、ザグレブからバスで約3時間の場所に位置している、クロアチア屈指の人気観光地。295平方キロもの広大な敷地にはさまざまな大きさの16の湖と92の滝があり、エメラルドグリーンの幻想的な景色が美しい国立公園です。

1979年にはユネスコ世界遺産にも登録されており、ヨーロッパ種のオオカミやヒグマ、ワイルドキャットといった希少動物や120種以上の鳥類も生活しています。


photo by pixabay

滝や湖には名前がつけられています。園内でもっとも大きなプリトヴィッツェ滝は高さ約75メートルあるため、迫力があり観光客にも人気のフォトスポットです。

プルシュタヴァツの滝は約28メートルの高さがあり、横長に広がっているので幻想的な美しさを感じるでしょう。また、園内最大の広さを誇るコジャク湖では、遊覧船も楽しめます。

プリトヴィッツェ湖群国立公園はとても広く、上湖群と下湖群に分かれています。1日では回りきれないので、事前に回りたいエリアを絞ってから訪れるのがおすすめですよ。

プリトヴィッツェ湖群国立公園(Plitvička jezera)の基本情報
住所: Plitvički Ljeskovac, Hrvatska
電話:+385-53-751-015
営業時間:7:00~19:00
休業日:なし
アクセス: リエカ空港から車で約2時間、ザグレブからバスで約3時間
料金:【1月1日〜3月31日・11月1日〜12月31日】大人 10ユーロ(約1,575円)、学生 6.5ユーロ(約1,024円)子ども(7歳~18歳) 4.5ユーロ(約709円)、6歳以下 無料
【4月1日〜5月31日・10月1日〜10月31日】大人 23.5ユーロ(約3,703円)、学生 14.5ユーロ(約2,284円)子ども(7歳~18歳) 6.5ユーロ(約1,024円)、6歳以下 無料
※2023年9月4日のレート、1ユーロ=157.58円で計算
公式サイト:https://np-plitvicka-jezera.hr/

スプリットのディオクレティアヌス宮殿

港町・スプリットのシンボル観光スポット!


photo by pixabay

ディオクレティアヌス宮殿は、スプリットにある宮殿。スプリットはクロアチア第2の都市であり、首都ザグレブから南に約400キロ離れたところに位置している港町です。ザグレブから長距離バスで行く場合は5時間以上かかりますが、ザグレブ空港からスプリット空港を利用すれば1時間ほどで到着します。

ディオクレティアヌス宮殿は3世紀から4世紀ごろにかけて、古代ローマのディオクレティアヌス帝によって建設されました。建設当時、宮殿の半分の敷地は私邸として使われていて、その下には巨大な地下のスペースがありました。

現在、地下のスペースは博物館になっていて、ローマ時代の水道管や当日使われていたオリーブの圧搾機、ディオクレティアヌスの胸像やスフィンクスの像が展示されています。博物館は有料なので、チケットを購入すれば中の様子が見学できますよ!


photo by Unsplash

宮殿には中庭や洗礼室、ロマネスク様式を用いた聖ドムニウス大聖堂や鐘楼も見られます。大聖堂にある1214年に造られた木のドアを要チェック!キリストの生涯を描いた新約聖書のシーンを細かく再現している様子がわかりますよ。

高さ約60メートルの鐘楼は展望台にもなっていて、173段の階段をのぼると港町のスプリットの景色を楽しめる絶景が広がっています。360度見渡せるので、美しい海と街並みを一度に堪能してみるのにおすすめです!

ディオクレティアヌス宮殿(Dioklecijanova Palača)の基本情報
住所: Dioklecijanova 1, 21000, Split, Hrvatska
電話:+385-97-766-2215
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: スプリット空港から車で約36分、スプリット駅から徒歩約7分
料金:無料
公式サイト:https://diocletianspalace.org/

ドブロヴニク旧市街

アドリア海に面した世界遺産のクロアチア観光地


photo by pixabay

ドブロヴニク旧市街は、アドリア海に位置する小さな港町。クロアチアの首都・ザグレブからドブロヴニクは約600キロ離れているため、飛行機で移動してドブロヴニクで1泊するのがおすすめです。

オレンジに統一された屋根と透明感あふれる海とのコントラストが美しく、別名アドリア海の真珠とも呼ばれている、クロアチアの観光地のなかでも屈指の人気を誇るスポット。映画『魔女の宅急便』のモデルになったともいわれていて、旧市街のレトロな街並みが魅力です。

ドブロヴニクは14〜16世紀ごろに海洋貿易が盛んだったことから、中世の雰囲気を感じる宮殿や大聖堂も残っていて、ゆっくりと観光が楽しめますよ。


photo by pixabay

ドブロヴニクで外せない観光スポットが城壁巡りです。城壁は全長約1980メートルあり、1時間ほどでぐるっと回れますよ。入り口は3カ所ありますが、城壁は一方通行なので、ピレ門から入っていくと城壁の中をすべて巡ることができます。

城壁の中で一番高さのあるミンチェッタ要塞は、旧市街とアドリア海が一度に楽しめる絶景ポイントは必見です!おすすめの時間帯は、観光客が比較的少ない朝一や、夕日と水平線の景色が見られる日没なので、ぜひ訪れてみてくださいね。

ドブロヴニク旧市街(Old City of Dubrovnik)の基本情報
住所: Dubrovnik, Hrvatska
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: ドブロブニク空港から車で約26分
料金:なし

城壁(City walls)の基本情報
住所: Dubrovnik, Hrvatska
電話:+385 20 638 800
営業時間:8:00〜18:30
休業日:不定休
アクセス: ドブロブニク空港から車で約26分
料金:大人 35ユーロ(約5,515円)、18歳以下 15ユーロ(約2,363円)
※2023年9月4日のレート、1ユーロ=157.58円で計算
公式サイト:https://dpds.hr/

コルチュラ島

アドリア海に浮かぶ小さなワインの島


photo by pixabay

コルチュラ島は、ドブロヴニクから車でおよそ3時間の場所に位置している観光スポットが多い島。夏になるとドブロヴニクからフェリーが出ていますが、本数が少ないため高速バスで向かうのがおすすめです。

街の東側にあるレストラン通りから城壁の外側にある海側へ行くことができる、穴場スポットもありますよ!小さな街なので2時間ほどあればぐるっと回れるでしょう。

コルチュラ島の内陸地はオリーブとワイン畑が盛んで、のどかな景色が広がっています。街のギフトショップではオリーブオイルとワインの試飲をおこなっていることがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


photo by Unsplash

コルチュラ島はマルコ・ポーロにまつわる博物館やギフトショップなどが多くありますが、イタリア出身なのかコルチュラ島出身なのか、定かではないのだとか。

また、コルチュラ島には小さな教会がたくさんあり、カトリック教会であることがほとんどです。街のシンボルである聖マルコ大聖堂は有料ですが、他の教会は無料で観光できますよ。

街中も石造りの建物が立ち並び、歩いているだけでも楽しめるでしょう。ゆったりとした時間が流れる海沿いのカフェやレストランで、優雅なひとときを過ごしてみるのも充実したクロアチア旅行になりそうですね。

コルチュラ島(Korčula)の基本情報
住所:Hrvatska
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: ドブロブニク空港から車で約3時間15分
料金:店舗により異なる

クルカ国立公園

滝の流れが美しいクロアチアの秘境の公園


photo by Unsplash

クルカ国立公園はクロアチアの南部・ダルマチア地方に位置しており、スプリット空港から約50分で到着します。クルカ国立公園にある滝は、ヨーロッパでもっとも美しい滝のひとつとも言われ、クロアチアの穴場観光スポットでもあります。

クルカ国立公園の入り口は5カ所ありますが、観光客が利用する入り口は主に2カ所です。Lozovac(ロゾヴァッツ)とSkradin(スクラディン)という入り口から公園に向かいます。ロゾヴァッツから向かう場合、バスが出ているので出発時刻に合わせて乗車してくださいね。

Skradin(スクラディン)から向かう場合は、フェリーが出ています。フェリーの本数はバスに比べると少ないので、かならず帰りの出発時刻も調べておきましょう。ちなみに行きはバス、帰りはフェリーなどの使い方はできず、バスかフェリーどちらかの利用のみとなっています。


photo by Unsplash

クルカ国立公園の絶景ポイントは、上から滝が見えるところ。透明度が高く青緑に輝く水は圧巻のひとこと!のどかに大自然を満喫できますよ。以前は泳げる絶景として人気がありましたが、自然保護の観点から2021年より遊泳は禁止されています。

園内の川の真ん中にポツンと浮かぶVisovac(ビソヴァツ島)も、密かに人気があります。18世紀ごろに建てられた修道院の見学ができたり、まるで無人島にいるかの体験ができたりする小さな島です。

クルカ国立公園(Nacionalni park Krka)の基本情報
住所:Trg Ivana Pavla II. br. 5, 22000 Šibenik, Hrvatska
電話:+385-22-201-777
営業時間:【1月・2月・11月・12月】9:00~16:00【3月】9:00~17:00【4月】8:00~18:00【5月・9月】8:00~19:00【6月〜8月】8:00~20:00、一部変更あり(公式サイトを要確認)
休業日:12月25日、26日
アクセス:スプリット空港から車で約50分
料金:【1月・2月】大人 6.64ユーロ(約1,046円)、子ども(7歳~18歳) 3.98ユーロ(約627円)
【3月・11月・12月】大人 7ユーロ(約1,103円)、子ども(7歳~18歳)4 ユーロ(約630円)
【4月・5月・10月】大人 20ユーロ(約3,151円)、子ども(7歳~18歳) 15ユーロ(約2,363円)
【6月〜9月】大人 40ユーロ(約6,303円)、子ども(7歳~18歳)28 ユーロ(約4,412円)、6歳以下 無料
※2023年9月4日のレート、1ユーロ=157.58円で計算
公式サイト:https://www.npkrka.hr/en_US/

ザダルの海のオルガン

自然との調和が美しい古都ザダルのパブリックアート


photo by pixabay

海のオルガンは、クロアチアの中部・ダルマチア地方のザダルに位置している観光スポットです。クロアチア出身の建築家・バシッチにより建てられた海のオルガンは、海沿いにある横に約70メートル続く階段のようなもの。

階段内部には調律された35本のパイプと共鳴室が埋め込まれており、波の力を利用して音を奏でる自然のオーケストラのような音色が楽しめますよ。オルガンの音色を聴くために連日多くの地元民や観光客で賑わっている、クロアチアの幻想的な観光スポット。


photo by pixabay

海のオルガンの近くには、バシッチのもう一つの作品・太陽への挨拶があります。300枚もの多層ガラスを使った太陽光を生かしたアート作品で、日中に太陽の光を集めて、日没後にカラフルで幻想的な景色を生み出しています。

古都ザダルは、美しい夕日が見られる街として有名なので、海のオルガンも太陽への挨拶も日没あたりに行くのがおすすめです。

海のオルガン(Morske orgulje)の基本情報
住所:Obala kralja Petra Krešimira IV, 23000, Zadar, Hrvatska
電話:+385-23-316-166
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: スプリット空港から車で約1時間30分
料金:無料
公式サイト:https://zadar.travel/attractions/attractions/morske-orgulje

古都トロギール

中世の街並みを楽しめるクロアチアの人気観光スポット


photo by pixabay

アドリア海に面している古都トロギールは、スプリットのダルマチア郡にある港町。1997年にユネスコ世界遺産に登録され、古代ローマや古代ギリシャなどの影響を受けてできた建築物が並んでいます。

13〜15世紀ごろに建てられたルネサンス様式やロマネスク様式の建物が多く残っており、まるで中世の街にタイムスリップしたかのような美しさを感じる観光スポットです。


photo by pixabay

街中は石畳みの道や石造りの建物が立ち並び、歩いているだけでもフォトジェニックなスポットです。古都トロギールを訪れたら外せないのが、聖ロブロ大聖堂。13世紀ごろに着工されましたが、17世紀ごろまで建設が続いた歴史ある大聖堂です。

さまざまな建築様式を用いてできており、正面の入り口の門にあるアダムとイヴの作品は、ロマネスク美術の傑作とも言われています。門の上のほうにはイエスの生誕や生涯について表す彫刻があり、細かく表現された作品に目を奪われることでしょう。

古都トロギール(Trogir)の基本情報
住所:Trogir, Hrvatska
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: スプリット空港から車で約9分
料金:店舗により異なる
公式サイト:https://whc.unesco.org/en/list/810

聖ロブロ大聖堂(St. Lawrence's Cathedral)の基本情報
住所:Trg Ivana Pavla II, 21220, Trogir, クロアチア
電話:+385 21 881 426
営業時間:【月〜土】8:00〜19:00【日】12:00〜18:00
休業日:なし
アクセス: スプリット空港から車で約9分
料金:要確認
公式サイト:https://zupasvlovre.wixsite.com/zupasvlovre-trogir

エウフラシウス聖堂

世界遺産に登録されたポレッチ歴史地区の観光スポット


photo by pixabay

エウフラシウス聖堂は、クロアチアのアドリア海北部のイストリア半島に位置する古都、ポレッチにあるカトリック教会の聖堂。1997年に「ポレッチ歴史地区のエウフラシウス聖堂建築群」として世界遺産に登録されています。現在の姿は6世紀ごろに建設されたもので、鐘楼や八角形の洗礼堂、礼拝堂など、美しい姿がいまも見学できます。

聖堂内部では、黄金の美しいモザイク画や聖母マリアの壁画などが見学でき、芸術の美しさを感じられますよ。初期キリスト教の面影を残す数少ない聖堂なので、ぜひしっとりと雰囲気を味わってみてくださいね。

エウフラシウス聖堂(Eufrazijeva bazilika)の基本情報
住所:Eufrazijeva ul. 22, 52440, Poreč, クロアチア
電話:+385 52 451 784
営業時間:9:00~18:00
休業日:日曜
アクセス:ポレッチ市内中心部よりすぐ
料金:要確認
公式サイト:https://www.zupaporec.com/eufrazijeva-bazilika.html

シベニクの聖ヤコブ大聖堂

石造りの教会が圧巻のスケールを誇る観光スポット!


photo by pixabay

シベニクの聖ヤコブ大聖堂は、スプリット空港から車で約50分のところにあります。15世紀ごろに建設が始まり、16世紀前半に完成した大聖堂は、なんとすべて石でできた教会なんです。木やレンガなどを使わずにできた石造建築の教会の中では世界最大級の大きさを誇ります。

2000年にユネスコ世界遺産に登録された大聖堂は、ゴシック様式やルネサンス様式などの建築様式も見どころです。ルネサンス様式が特徴的なドーム状の天井は、1990年代の紛争で破壊されてしまいましたが、現在は完全に修復されています。


photo by pixabay

大聖堂の外壁には、71名の顔が彫られているので要チェック。建設に携わった市民の顔がモデルになっているのだとか。洗礼室の天井には天使たちの彫刻があり、洗練された細かなデザインは必見です。

シベニクには聖ヤコブ大聖堂の他にも、標高約70メートルの丘に立つ聖ミカエル要塞やレプブリカ広場など、観光スポットがたくさんあるので、ぜひ散策も楽しんでみてくださいね。

シベニクの聖ヤコブ大聖堂(Katedrala sv. Jakova)の基本情報
住所:Trg Republike Hrvatske 1, 22000, Šibenik, Hrvatska
電話:なし
営業時間:9:30~19:30
休業日:なし
アクセス: スプリット空港から車で約50分、バス停・シベニクから徒歩約8分
料金:要確認
公式サイト:http://www.sibenska-biskupija.hr/

リエカ

知る人ぞ知る穴場のクロアチア観光地


photo by pixabay

リエカは、首都・ザグレブから南西に約185キロ離れた場所に位置するクロアチア最大の貿易港。リエカはクロアチア語で「川」という意味があり、名前の通り街の回りには川が流れています。

また、リエカはfiume(フィウメ)という別名も持っていて、こちらもイタリア語で「川」という意味があります。かつてイタリアの領地でもあったことから、今でもフィウメと呼ばれることもあるのだとか。街中を歩いているとローマ時代の遺跡もみられるため、イタリアの名残を感じるかもしれませんね。

街のメインストリート・コルゾ通りには、シンボルである時計塔やデパート、カフェなどが並んでいます。また、裏通りには街で一番古いモニュメント・ローマのアーチが見られますよ。


photo by Unsplash 

リエカの丘にあるトルサット城では、リエカの街並みを眺める絶景スポットが楽しめます。オープンカフェも併設されているので、ゆったりと満喫するのもよさそうですよね。

また、リエカには100年以上続く中央市場があります。市場にはパン屋や鮮魚店、新鮮な野菜やフルーツなど、地元ならではの食材がところ狭しと並んでいます。ローカル気分が味わえる穴場スポットなので、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか?

リエカ(Rijeka)の基本情報
住所:Rijeka,  Hrvatska
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: リエカ空港から車で約25分
料金:店舗により異なる

クロアチア観光を楽しむために

クロアチア旅行を楽しむために、事前に知っておきたい情報や注意点をまとめました。ぜひ旅行前にチェックしてみてくださいね。

ちなみに観光目的でクロアチアに入国する際、90日以内の滞在であればビザの取得は必要ありません。

クロアチア旅行に必要な費用や日数は?


photo by pixabay

クロアチア旅行にかかる費用は、5泊7日でおよそ21万円からです。日本からクロアチアへの直行便がないため、移動に時間がかかります。また、1都市だけでなく地方エリアも巡るのであれば、もう1泊増やして滞在するのもおすすめですよ。

クロアチアの物価は比較的安く、日本と同じか少し安いくらいです。ただし、観光客が集まるエリアのレストランなどの料金は、高めに設定されていることが多いので、予算に余裕を持っておくと安心ですよ。

クロアチア旅行の治安・観光時の注意点


photo by Unsplash

クロアチアはヨーロッパの中でも治安がいいほうで、凶悪犯罪もあまり起きません。しかし近年はスリや置き引きが多発しており、トラム内でも被害にあってしまう場合もあります。

貴重品は肌身離さず持ち、人混みを歩いているときや写真を撮っているときなどは細心の注意を払うことをおすすめします。いくら治安がいいとはいえ日本とは異なるので、ホテルやカフェなどでの席取りのために荷物を置いておくのはやめたほうがよさそうです。万が一のためにも、パスポートのコピーを持っておくといいでしょう。

また、ぼったくりタクシーにも注意が必要です。タクシーを利用する場合は、あらかじめ料金を確認してから乗車することをおすすめします。

クロアチアの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、クロアチアのオススメの観光スポットをご紹介しました。人気のエリアや穴場スポットなど、見どころがたくさんあるクロアチアでは、効率よく観光を楽しむのがおすすめです。

ぜひご紹介した観光地を参考に、クロアチア旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。

※記事内の金額は2023年9月4日のレート、1ユーロ=157.58円で計算しています。

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる