NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

タイ・バンコクと日本の時差は2時間!タイまでの飛行時間も解説

日本から気軽に行けるアジアの中でも人気の国・タイ。お寺や遺跡巡りはもちろん、東南アジアのなかでも屈指のリゾート地としても知られています。こちらの記事では、タイと日本の時差やサマータイムの有無、タイまでの飛行時間などを詳しく解説!

更新日:
NEWT編集部

日本から気軽に行けるアジアの中でも人気の国・タイ。お寺や遺跡巡りはもちろん、東南アジアのなかでも屈指のリゾート地としても知られています。こちらの記事では、タイと日本の時差やサマータイムの有無、タイまでの飛行時間などを詳しく解説!

時差や飛行時間をしっかりと理解し、時間いっぱいに満喫できるタイ旅行の計画を立てましょう!

Contents

日本とタイの時差は2時間!



日本とタイの時差は2時間。日本の方が2時間、タイよりも進んでいます。たとえば、タイ(バンコク)の時間が昼の12時とすると、日本の時間は午後14時です。日本時間からマイナス2時間するとタイの時刻が出てくると覚えておきましょう。覚えておくと日本からのフライトでタイに到着して飛行機の時刻を確認するときなどに便利です。

海外旅行での心配事のひとつに、時差ボケがあります。通常4~5時間ほどの時差があるときに眠気や体調不良を感じることがありますが、タイと日本の時差は2時間なので時差ボケになる可能性は低め。タイに到着したらすぐに観光をスタートできますよ!

日本標準時(JST)を基準にすると?



日本には、Japan Standard Time(JST)という日本標準時が設定されています。JSTを基準にすると、タイの標準時は「-2」となります。

世界標準で使用しているUTCでは、タイの協定世界時は「UTC+7」、日本は「UTC+9」と表します。世界の標準時刻からすると、タイは7時間進んでいて日本は9時間進んでいると表現されます。

ちなみに、欧米の国々で導入されているサマータイムは、タイでは実施されていません。そのため時期を問わず1年中日本とタイの時差は2時間です。

日本からタイまでの飛行時間は?



日本国内からタイまでは、バンコクへの直行便が多数出ています。また、バンコクにはスワンナプーム国際空港とドンムアン空港の2つの空港があります。航空会社や時間帯によって使用する空港が異なるので、事前にチェックしておきましょう!

各空港からの飛行時間をまとめるので、タイへの旅行を計画するときの参考にしてくださいね。

※2022年6月現在の情報です。フライトスケジュールは変更になる場合があります。

東京(成田・羽田)からタイ・バンコクへ



東京(成田・羽田)の空港からタイ・バンコクまでは、スワンナプーム国際空港とドンムアン空港のそれぞれの空港へのフライトが運航しています。2022年6月現在は、新型コロナウイルスの影響でドンムアン空港着のフライトは運休となっています。

成田国際空港からスワンナプーム国際空港

2022年6月現在、成田国際空港からスワンナプーム国際空港までは、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、タイ国際航空、ジップエアの4つの航空会社が運航しています。



成田国際空港からスワンナプーム国際空港までの飛行時間は6時間30分から6時間45分。帰りの飛行時間は、6時間15分から6時間20分です。航空会社によってフライト時刻や飛行時間、価格が異なるので、総合的に判断した上でぴったりのフライトを選びましょう。

羽田空港からスワンナプーム国際空港

2022年6月現在、羽田空港からスワンナプーム国際空港までは、日本航空(JAL)、全日空(ANA)の2つの航空会社が運航しています。



成田国際空港からスワンナプーム国際空港までの飛行時間は6時間25分から6時間40分。帰りのフライトは、飛行時間が6時間15分と少し短くなります。

大阪からタイ・バンコクへ



関西国際空港からタイ・バンコクまでは、スワンナプーム国際空港とドンムアン空港のそれぞれの空港へのフライトが運航しています。2022年6月現在は、新型コロナウイルスの影響でドンムアン空港着のフライトは運休となっています。

関西国際空港からスワンナプーム国際空港

2022年6月現在、関西国際空港からスワンナプーム国際空港までは、タイ国際航空のみ運航しています。



関西国際空港からスワンナプーム国際空港までの飛行時間は5時間50分。帰りの飛行時間は、5時間31分です。

名古屋からタイ・バンコクへ



名古屋にある中部国際空港からタイ・バンコクまでは、スワンナプーム国際空港とドンムアン空港のそれぞれの空港へのフライトが運航しています。2022年6月現在は、新型コロナウイルスの影響でドンムアン空港着のフライトは運休となっています。

中部国際空港からスワンナプーム国際空港

2022年6月現在、中部国際空港からスワンナプーム国際空港までは、タイ国際航空のみ運航しています。



中部国際空港からスワンナプーム国際空港までの飛行時間は6時間。帰りの飛行時間は、5時間55分です。2022年6月現在、火曜と土曜は運休しているので、名古屋近辺からバンコクまでの旅行の計画を立てるときは注意しましょう。

福岡からタイ・バンコクへ



福岡空港からタイ・バンコクまでのフライトは、2022年6月現在、全便運休となっています。ただし、2022年7月からはタイ・ベトジェットエアがスワンナプーム国際空港まで運航予定。

福岡空港からスワンナプーム国際空港

2022年6月現在、福岡空港からスワンナプーム国際空港までは、全便運休しています。2022年7月からはタイ・ベトジェットエアが下記のスケジュールで運航予定。



2022年6月現在の、7月の運航予定スケジュールです。変更となる場合があります。

なお、通常期であれば札幌や仙台、沖縄からバンコクまでの直行便が運航されていますが、2022年6月現在、運休となっています。成田や羽田まで国内線の乗り継ぎを利用しましょう。

タイとの時差や飛行時間をチェックしてスムーズな旅行を!

本記事では、タイと日本との時差やサマータイムの有無、日本の各空港からタイまでの飛行時間などをまとめました。時差や飛行時間をあらかじめ把握しておくことで、タイの旅行計画もスムーズに立てられるはず。

ぜひ参考にして、時間いっぱいタイ旅行を楽しんでくださいね。

cover photo by shutterstock

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる