NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

タイ・チェンマイのおすすめ観光地25選!絶対行きたいスポットから穴場まで

タイ北部にあるチェンマイは、豊かな山岳に囲まれた人気観光スポットです。今回はそんなチェンマイのおすすめ観光地をご紹介します!絶対に訪れたい寺院や人気スポット、穴場まで厳選したので旅行を考えている方は参考にしてみてくださいね!

更新日:
NEWT編集部

タイ北部にあるチェンマイは、豊かな山岳に囲まれた人気観光スポットです。今回はそんなチェンマイのおすすめ観光地をご紹介します!絶対に訪れたい寺院や人気スポット、穴場まで厳選したので旅行を考えている方は参考にしてみてくださいね!

Contents

まずはチェンマイの基本情報

チェンマイの基本情報


photo by shutterstock

タイ北部にあるチェンマイは山岳が多く、自然ゆたかなエリア。さまざまな民族の影響を受けているので、個性的な伝統や文化を体験できます。自然に癒されたい、新しい体験をしたい方におすすめです。

日本からの飛行機は直行便がないので、経由便を利用しましょう。バンコクからだと、1時間10分ほどで行くことができます。

チェンマイの滞在日数は?


photo by shutterstock

観光地によっては離れている場所にあるため、3日以上あると安心です。
そして日程がまだ決まっていない方は、ぜひ土日の夜も滞在するように計画を立ててください!チェンマイで毎晩開催しているナイトバザールもありますが、旧市街地で土日に開催するナイトバザールは規模が大きいのでより楽しめます!

チェンマイで絶対に訪れたい寺院8選

1. ワット・プラタート・ドイ・ステープ

タイ北部で最も神聖な黄金寺院


photo by shutterstock

チェンマイを代表する人気観光スポットで、ステープ山の山頂の標高1,080m地点に建つ寺院です!とても神聖な場所のため、露出の高い服での参拝はできないので要注意!
高さ22mの黄金の仏塔は、時計まわりに3周して線香と蓮の花をそなえると、願いが叶うといわれています。蓮の花と線香のセットは境内入口で販売されているので、ぜひお祈りしてみてくださいね。


photo by shutterstock

ほかにも、生まれた曜日ごとの守護仏やガラス製のエメラルド仏像、チェンマイの街を一望できる展望台など見どころがたくさんあります。門から山頂までは2匹の蛇神が彫られた306段の石段があり、歩きでもケーブルカーでも行くことができます。

2. ワット・プラシン

チェンマイで最も大きく、独自の文化を楽しめる寺院


photo by shutterstock

ワット・プラシンはチェンマイ旧市街の西側にあり、700年間ラーンナータイ王国の首都であったチェンマイにとって重要なお寺だったんだとか。建築や礼拝方法にラーンナー文化が残っており、他の寺院とは少し違った雰囲気を感じられます。


photo by shutterstock

奥にあるライカム礼拝堂の壁画には、14世紀ごろのラーンナー王国時代のようすが色あざやかに描かれています。
こじんまりとしていて見逃しやすいので、こちらも立ち寄ってみてくださいね。

3. ワット・チェディルアン

崩れかけの巨大廃墟仏塔


photo by shutterstock

チェンマイ旧市街のほぼ中心にあるワット・チェディルアン。
かつては高さ86mある巨大仏塔でしたが、16世紀の地震で半壊してしまいました。
その形は、仏教の中で世界の中心にそびえるという山である、須弥山(しゅみせん)がモチーフになっており、仏教で神聖な動物とされるゾウが仏塔を支えています。


photo by shutterstock

崩れかけた外観が特徴的ですが、実は本堂の装飾もとても美しく見ごたえがありますよ!ランナー様式の仏像ならではの、丸みを帯びたやわらかい表情がめずらしいです。
天井にはシャンデリアが多数吊るされ、赤・黒・金でまとめられた堂内はきらびやかでおごそかな雰囲気を感じられます。

4. ワット・チェン・マン

王の宮殿でもあった、チェンマイ最古の寺院


photo by shutterstock

ワット・チェン・マンは、チェンマイ創都時にメンラーイ王によって建てられた歴史ある寺院です。ラーンナー王朝の建築様式で建てられた黄金の仏塔が美しく、かつては王の宮殿として利用されていました。


photo by shutterstock

見どころは、15頭の象の石像が支えている黄金の仏塔。本堂にはタイの有名な水かけ祭り「ソンクラーン祭」で使われる大理石の仏像と水晶の仏像があり、パワースポットとしても人気があります!
見学は基本的には日曜日のみ、拝観時間は8〜17時なので旅行スケジュールには要注意!

5. ワット・スアン・ドーク

巨大な青銅の仏像は、タイ国内でもトップクラスの大きさ!


photo by shutterstock

旧市街のスアンドーク門より車ですぐのワット・スアン・ドークは、かつての王家の庭で「花園の寺」とも呼ばれています。
本堂の巨大できらびやかな青銅の仏像はタイでも上位にはいる大きさ。あざやかな赤・黄金・青のタイル貼りの寺院内部や壁画も幻想的で見とれる美しさです!


photo by shutterstock

黄金の仏塔のまわりにそびえたつ純白の仏塔には、歴代タイ国王の遺灰が納められています。タイ人にとっても神聖で権威ある場所なので、寺院内の注意書きをしっかり読んで観光しましょう。

6. ワット・ウモーン

チェンマイの中でも珍しい神秘的な洞窟寺院


photo by shutterstock

ワット・ウモーンはチェンマイ旧市街地から徒歩約20分で、寺院の多いチェンマイの中でも珍しい洞窟寺院です。
ラーンナー王朝の創始者であるメンラーイ王が、スリランカから招いた僧侶たちが瞑想修行できるようにスリランカ様式で建立しました。


photo by shutterstock

地上に入口となる4つのトンネルがあり、どこから入っても地下の寺院につながっています。6体のブッダが鎮座し、瞑想をするための空間は神秘的!
この近くには3泊以上にわたって瞑想体験ができる施設もあるので、興味がある方は問い合わせてみてくださいね!


photo by shutterstock

ちなみに、トンネル入口近くの階段をのぼると、大きな仏塔があります。ここは頭部や胴体だけの仏像がずらりと並ぶ、仏像の墓場と呼ばれる場所。インパクトがあるので立ち寄ってみるのもおすすめです!

7. ワット・ムーン・グン・コーン

なんと一般庶民が建立!親しみやすさがある歴史的寺院


photo by shutterstock

ワット・ムングンコーン寺院は、寺院名にあるムーングンコーンさんが建てた寺院。もともと一般庶民で、商売に成功し、仏教に役立てるために自宅の土地を寄贈して建てられたんです。
見どころはお出迎えしてくれる妖精のようなかわいい仏像たち!本堂の中にある金色や紅色のブッダ、その横のお堂にある涅槃仏(ねはんぶつ)と見どころがいっぱい!

8. ワット・パンタオ

願い事が1000倍になって叶う寺院⁉


photo by shutterstock

ワット・パンタオは、14世紀後半に建てられたラーンナー様式の寺院です。隣にあるワット・チェディルアンの仏像を作っていたため、「1000(パン)の窯(タオ)」という名がついたんだとか。


photo by shutterstock

本堂のプラパンタオ(千倍仏)に一度願い事をすれば、100倍、1,000倍のご利益があるんだとか!現地の人々も訪れる人気の寺院です。


photo by shutterstock

普段は静かなお寺ですが、イベントがあるとにぎやかな飾りつけがされます。特に4月半ばのタイ正月、10〜11月の満月の夜におこなわれる灯籠(とうろう)祭り「ローイクラトン」の時にはきらびやかで幻想的な風景がひろがります。

チェンマイの絶景お祭り(10〜11月の満月の夜)

9. イーペン・サンサーイ祭り(ローイクラトン祭り)

おとぎ話のようなロマンティックな景色を見られるお祭り


photo by shutterstock

タイの代表的なお祭りのひとつであるイーペン・サンサーイ祭りは、チェンマイ北部で毎年10〜11月の満月の夜に開催される有名なお祭りです。
ランタンである「コムローイ」を夜空に飛ばしてお釈迦様に感謝する仏教儀式です。その美しさに世界が注目して観光客が多く来るようになりました!現在はチェンマイの複数の会場でおこなわれています。


photo by shutterstock

夜空に浮かぶ光景は幻想的で息をのむ美しさ!
その年の開催日程・会場を確認して、航空券やホテルは早めに押さえておくのがおすすめです。

チェンマイでかわいい動物とふれあえる観光スポット4選

10. メーサー・エレファント・キャンプ

芸達者なゾウたちのパフォーマンスに感動!


photo by shutterstock

メーサー・エレファント・キャンプはチェンマイから車で1時間ほどのところにあるゾウの保護施設です。
約70頭のアジアゾウが暮らしており、約1時間のショーではゾウの水浴びやお絵描き、ゾウたちのサッカーなど充実した内容を楽しめます。
ショーでゾウが描いた絵を買うこともできますよ。


photo by shutterstock

ゾウ乗りトレッキング体験は予約制で、事前予約するか体験付きツアーに申し込むのがおすすめです。ゾウの背中から見下ろす景色は新鮮で楽しいです!トレッキングルートは草木が生い茂り、また30分〜1時間程度太陽の下にいることになるので、日焼け・熱中症・虫よけ対策もしておきましょう。

11. タイガー キングダム チェンマイ

トラとふれあい、写真撮影できる人気スポット!


photo by @0323gne / Instagram

タイガーキングダムチェンマイはチェンマイ旧市街からすこし離れたところにあり、トラやチーターなどとふれあえる人気観光スポットです!身長・年齢制限に合った大きさのトラと一緒に写真撮影ができるスリル満点の体験ができます。
頭と前足はさわらない、カメラのフラッシュは切るなどの注意事項はしっかり確認し、スタッフの指示にしたがって行動しましょう!


photo by shutterstock

迫力満点の大きなトラから、生後数ヶ月の赤ちゃんトラまでいて、赤ちゃんトラは特に人気で写真撮影待ちの行列ができることも。
持参したカメラ・スマートフォンでの撮影は自由にでき、別途料金でプロのカメラマンに撮影してもらうこともできます。その場合はCDデータやUSBでデータを持ち帰れます。貴重な思い出にいかが?

12. チェンマイ動物園

約300種類以上の動物たちをたのしめる動物園!


photo by shutterstock

チェンマイ動物園は、チェンマイ市街から車で40分ほどのところにある、約300種以上の動物がいる大きな動物園です。
敷地が歩いてまわることはできないほど広いため、シャトルバスか、自分で運転して園内を自由にまわるゴルフカートの利用がおすすめです。


photo by shutterstock

一番人気のスポットはパンダハウス。ここは別途入館料が必要ですが、のんびり過ごすかわいいパンダは見る価値があります!
園内には水族館もあり、133メートルある水底トンネルで綺麗な魚が優雅に泳ぐ姿を見ることができます。じっくり見れば1日ではまわりきれないほど充実しているので、子連れでも飽きることなく楽しめます。

13. チェンマイ・ナイト・サファリ

間近でふれあうサファリツアーと見ごたえのあるショーが人気!


photo by Anan Kaewkhammul / shutterstock

チェンマイナイトサファリは、チェンマイ郊外のステープ・プイ国立公園の敷地内にあります。先ほど紹介した動物園とはちがう場所にあります。ここはタクシーなどが少ないエリアなので、送迎付きのツアーを予約するか、レンタルバイクやトゥクトゥクのチャーターなどを準備しておくのがおすすめです。


photo by WindOfHope / shutterstock

園内は、動物展示の「ジャガートレイルゾーン」と、専用バスで園内をまわる「デイサファリ・ナイトサファリゾーン」に分かれています。
デイサファリ・ナイトサファリでは動物たちを近距離で見ることができます!ホワイトタイガーなどの肉食獣にはオをはさんで数十センチまで近づけます。


photo by shutterstock

毎日、タイガーショー、ナイトプレデターショー、ミュージカルファウンテンショー、ダンシングショーの4種類のショーも開催!うまくまわっても1日ですべてのショーを見ることはほぼ不可能なので、どのショーが見たいか事前に相談しておくといいでしょう。

チェンマイで自然に癒される観光スポット5選

14. ドイ・インタノン国立公園

タイの屋根と呼ばれる、タイで一番高い山にある公園!


photo by shutterstock

チェンマイ市内から車で約2時間のドイ・インタノンはタイで一番高い山で、ドイ・インタノン国立公園はその頂上近くにあります。
年間を通して平均気温は12℃ほどと、市街地よりだいぶ低いため冬の服装のような防寒具を用意すると安心です。


photo by shutterstock

山への立ち入りは無料ですが、ドイ・インタノン国立公園は入園料がかかります。公園内にはメーヤ滝をはじめとしたタイ有数の滝が点在し、バードウォッチングやトレッキングなどのエコツアーも人気で、ひんやりした自然の空気の中、緑豊かな景色を楽しむことができます。自然に癒されたい人におすすめです!


photo by shutterstock

公園内にあるキューメーパン自然遊歩道は、熱帯雨林が続く3kmのハイキングコースであり、パワースポットでもあります。ランサデット滝の先にある広大な芝生の中庭からは、早朝の時間帯には運が良ければ美しい雲海が見られるかも!

15. サンカンペーン温泉

地面からふき出す温泉がインパクト大!


photo by shutterstock

サンカンペーン温泉はチェンマイの中心地から車で東に約1時間のところにある温泉公園!無料の足湯や温水プール、宿泊もできるバンガローや個室のお風呂、マッサージ店と充実しています。


photo by shutterstock

温泉の湧き出し口で卵をゆでることも!売店で竹かごに入った卵を買えば、自分好みでゆで卵を作れます!ゆで卵は半熟で5〜6分、温泉卵は10〜15分温泉につけておくとできあがります。温泉好きにはたまらないスポットですね!

16. メイサ滝

いくつもある滝壺を眺めながらハイキング!


photo by shutterstock

メイサ滝はチェンマイ中心市街地から車で30分ほどの、地元民もよく訪れる人気の観光地です。
ハイキングコースはレベル10まであり、小さい子どもがいる方はレベル5まで、川遊びがしたい方はレベル6、それ以降は川の流れが早くて危険なので、注意して行ける方のみ選んでくださいね!
頂上までは片道40分ほどと、長時間歩くことになるのでスニーカーなどで行くことをおすすめします。


photo by shutterstock

清流沿いのハイキングコースは全長1.5kmと初心者におすすめです。休憩所が多いので、ごはんを食べたり休憩したりしながらのんびりと楽しめます

17. ラーチャプルック花博記念公園

世界各国の花と建築物を楽しめる広大な公園


photo by shutterstock

ラーチャプルック花博記念公園は、チェンマイの旧市街にあるターペー門から車で約20分のところにあります。この公園は2006年に在位60周年・80歳になったプミポン前国王のお祝い行事として開催された花博の跡地に作られました。


photo by shutterstock

約2,000種の美しい植物や20か国以上の庭園がある広大な公園です。園内は巡回バスもあり、自転車やゴルフカートもレンタル可能!フォトジェニックなカラフルな花と写真を撮って楽しんでみてはいかが?

18. メーラム・オーキッド・ファーム

色とりどりの美しい蘭にいやされる


photo by shutterstock

メーラム・オーキッド・ファームは、チェンマイ市内中心部から車で約40分の、ランの栽培場・即売場です。いろいろなランの種類やカトレアやデンドロビウムなどの珍しい花、グッズもあるので、見て楽しめます。花が好きな人にはおすすめのスポットです。


photo by shutterstock

花だけでなく、蝶の飼育場「バタフライ・ファーム」も人気です!自由に飛びまわる美しい蝶を心ゆくまで鑑賞できます。
園内はそこまで広くはないので、車で10分ほどと近くにあるメーサーエレファントキャンプやメイサ滝などとセットでまわるといいでしょう。

チェンマイで買い物におすすめなスポット4選

19. チェンマイ・ナイト・バザール

約700店舗が並び、毎晩遅くまでにぎわう人気バザール


photo by shutterstock

チェンマイ・ナイト・バザールはチャンクラーン通りで毎日開かれている、チェンマイで有名なマーケットです。伝統工芸品から衣類、食品などの露店が約1kmの通りの両脇に立ち並び、毎晩遅くまで観光客でにぎわいます。
周辺にはホテルやショッピングセンター、観光客向けのレストランが多いので観光に便利なエリアです。


photo by shutterstock

シルクや石鹸の彫刻、軽食や飲み物なども売っていて、雑貨やアクセサリーは木製のものが多くタイらしさを感じられます。足湯のようなスパや屋外のマッサージもあり、伝統舞踊などのショーが行われるステージもありますよ。

20. ワローロット市場

チェンマイで最大の市場とよばれるマーケット


photo by ploypemuk / shutterstock

ワローロット市場はチェンマイの中心地から車で約10分ほどの場所にあり、地元の人々やたくさんの観光客でにぎわう大きな市場です。
市場は巨大な建物の中でひらかれており、山岳民族が作る高地の農作物、手工芸品、花など500店舗近くあります!お気に入りの品物が見つかるかも?

21. メオ・トライバル・ビレッジ

民族の歴史を感じながら美しい衣装を身にまとおう


photo by shutterstock

メオ・トライバル・ビレッジは、ドイ・プイにあるタイ北部の山岳民族の村です。
チェンマイ市街から車で1時間ほどで、チェンマイの有名な観光名所であるワット・プラタート・ドイ・ステープからすこし山奥に行ったところにあります。


photo by shutterstock

タイの山岳民族といえば、カレン族(首長族)などが有名ですが、ここドイプイには、美しい衣装を身にまとったモン族が暮らしています。
ここにはモン族の歴史を記した小さな資料館とおみやげ屋さんがあり、衣装レンタルもやっています。色とりどりであざやかな衣装はインスタ映えしますよ!非日常的な体験をしたい人におすすめです。

22. フルーツジュースショップ(ソンペット市場)

健康的でおいしい、人気のフルーツジュース


photo by shutterstock ※写真はイメージです

ソンペット市場はチェンマイ旧市街のムーンムアン通りのソイ6を入ったところにあります。ワローロット市場ほどの大きさはありませんが、地元の人々の台所的な存在で、食料品や日用雑貨やお惣菜などがそろっています。

市場の中でも人気なのが、フルーツジュースショップ。市場の周辺はフランス人が多いエリアで、フルーツジュースショップはそんなフランス人から大人気。氷や砂糖はすくなめでフルーツたっぷりのヘルシーなジュースは観光のおともにもぴったり!

チェンマイの穴場観光スポット5選

23. ワット・シースパン

銀細工職人が8年かけて完成!女性は立ち入り禁止なので要注意


photo by shutterstock

ワット・シースパンは、チェンマイ旧市街のチェンマイ門から徒歩約8分のところにある寺院では珍しい銀のお寺です。
銀細工職人が8年もの歳月をかけて完成させた手作りの銀細工の数々は異世界のような雰囲気!


photo by shutterstock

ラーンナー朝時代からの仏教上のしきたりにより、女性は立ち入り禁止なので注意が必要です。それでも、本堂の外側の繊細な銀細工の装飾を見るだけでも価値はあります。
また、売店でシルバーアクセサリーも売っています。

24. ブアトーン国立公園(ブアトーン滝)

マイナスイオンたっぷり!七色に輝く伝説の泉とは?


photo by shutterstock

ブアトーン国立公園は、チェンマイ市街地から車で1時間ほどの場所にあります。
国立公園は入場料がかかることがほとんどですが、ブアトーン国立公園は入場無料です!
ブアトーン滝にむかう道では湧水が流れているので、サンダルを持っていきましょう!また、岩肌にお尻をつけないと降りられない場所もあるので水着が必要になります。


photo by shutterstock

ブアトーン滝の近くに七色に輝く湧水池があります。
太陽の光が差し込んだ時に七色に輝くんだとか。そうでない時も透き通ったコバルトブルーの湧水池は神秘的で美しく、見ごたえがあります!

25. ムアンオン洞窟

大きなタケノコのような石がインパクト大!


photo by shutterstock

ムアンオン洞窟はチェンマイ市街地から車で1時間程度で、サンカンペーン温泉から10分と近いので一緒にまわるのとよいでしょう。
洞窟内は湿気が高く汗をかくので、洞窟に行ったあとに温泉に行くのがおすすめです。洞窟の入り口までは、この龍の階段を187段のぼります。


photo by shutterstock

洞窟内の見どころは、中央にあるこの大きな石筍(せきじゅん)。
これは天井から落ちてくる水滴の石灰分がたまって、タケノコ状に成長したんだとか!1センチ成長するのに130年かかるらしく、何万年もの長い年月をかけて成長した歴史を感じられますね。

チェンマイで楽しい観光を!


photo by shutterstock

数え切れないほどの歴史ある寺院や、美しい自然を味わえるスポットなど、魅力たっぷりのチェンマイ。
距離が近い観光名所もいくつかあるので、楽しめるように計画してみてくださいね!

cover photo by shutterstock

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる