NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

セビリア大聖堂はスペインにある世界遺産の絶景スポット!歴史や見どころなどを解説

セビリア大聖堂は、世界最大のゴシック様式の大聖堂。ユネスコ世界遺産にも登録されている人気の観光スポットです。 この記事では、セビリア大聖堂の見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひセビリア大聖堂へ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

セビリア大聖堂は、世界最大のゴシック様式の大聖堂。ユネスコ世界遺産にも登録されている人気の観光スポットです。

この記事では、セビリア大聖堂の見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひセビリア大聖堂へ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね。

Contents

セビリア大聖堂の基本情報


photo pixabay

スペインの南に位置する、アンダルシア地方の街・セビリアにあるセビリア大聖堂。バチカンのサン・ピエトロ大聖堂、ロンドンのセント・ポール大聖堂に次ぐ、世界で3番目に大きい大聖堂で、その壮大な規模感と美しい建築様式で観光客が毎日絶えません。

まずは、そんなセビリア大世道の歴史や特徴などの基本情報を解説します。

\NEWTでスペイン旅行をチェック!/

セビリア大聖堂の歴史


photo by Unsplash 

この地域はかつてイスラム王朝の支配下にあり、モスクなど多くの建築物が築かれました。セビリア大聖堂も同じく、かつてのイスラム教のアルモハッド朝によって建てられたモスクがあった場所でした。しかし、13世紀のレコンキスタ(キリスト教国家の征服活動)によって、その後大聖堂として使用されることになりました。

さらに14世紀になるとキリスト教会としての改築が始まり、1世紀以上もの歳月をかけて建てられたことで、その圧倒的な規模の大聖堂へと生まれ変わったのです。

モスク特有のミナレット(塔)はルネサンス風に再建され、ヒラルダの塔としてセビリアの象徴的存在となりました。

セビリア大聖堂が世界遺産に登録されたのはなぜ?

photo by Unsplash

セビリア大聖堂が世界遺産に登録された理由は多岐にわたります。

13世紀のレコンキスタから16世紀までの間に建設された大聖堂は、イスラム教・アルモハード朝の文明とキリスト教・スペイン古代文明の融合を象徴していることから、文化遺産として高い評価を獲得。さらに世界最大のゴシック建築であることや高い芸術性も理由のひとつとなっています。

セビリア大聖堂は、スペインがアメリカ大陸の植民地を獲得し、新たな貿易ルートを開拓した黄金時代の重要な役割も果たしています。その証拠として、コロンブスの墓が大聖堂内にあります。

その歴史的な背景や建築の優れた特徴、そしてスペインの黄金時代や新世界の発見といった普遍的に重要な出来事との関連性から、セビリア大聖堂は世界遺産に登録されたのです。

セビリア大聖堂のあるセビリアってどんな街?

photo by Unsplash

セビリアはアンダルシア地方にある、人口約70万人のスペインで4番目に大きな都市。文化、政治、経済、芸術の分野でスペイン南部で最も重要な都市としても知られており、毎年多くの観光客でにぎわいます。

かつてはイスラム教の王朝の支配下であったため、セビリアの街のいたる場所には、イスラム教とキリスト教の文化の融合が見られます。歴史的な建築物や街並みはどれも保存状態が良く、中世の風情をぞんぶんに感じられるでしょう。

セビリア大聖堂観光の見どころ


photo by pixabay

セビリア大聖堂はその圧巻の外観もさることながら、内部にもたくさんの遺産があります。そのひとつひとつにはさまざまな歴史背景や特徴があるので、事前に知ってから訪れるとより一層観光が充実しますよ。

偉人・コロンブスの墓や、絶景を眺められるヒラルダの塔など、見どころをまとめました。

息をのむほど壮大なゴシック建築


photo bypixabay

世界最大のゴシック建築であるセビリア大聖堂を訪れると、まずはその壮大なスケールに圧倒されるでしょう。高さ約46メートル、奥行きは約126メートルを誇り、気が遠くなるほどの細かな装飾がほどこされています。

1世紀以上にわたる祭壇の建設には、数々の巨匠たちが関与しました。ピーテル・ダンカールによるトレースから始まり、6人以上の彫刻家たちの傑作となりました。

祭壇は豪華な金で塗装された木製祭壇で、その中心にはキリストではなく聖母マリアが鎮座しています。スペインのマリア信仰が息づく、独特の文化を感じられるでしょう。

歴史上の偉人、コロンブスが眠る墓


photo by Unsplash

セビリア大聖堂の内部に入ってすぐにあるのが、大航海時代の偉人・コロンブスの墓。彼の遺体はキューバから移送され、この豪華な墓に安置されました。

青銅の棺はかつてのスペインの王国、カスティーリャ王国、レオン王国、アラゴン王国、ナバラ王国の4人の国王に担がれています。前列右側の王は、十字架の付いた槍でザクロを刺しています。これは、キリスト教徒がレコンキスタによってセビリアからイスラム教徒を追い出した歴史を象徴しているのだとか。

まるで美術館のような宗教画コレクション


photo by Unsplash 

セビリア大聖堂には、宗教画をはじめとする芸術品が貯蔵されています。その数は833点に及び、スペイン国内でも最高のアートギャラリーのひとつといっても過言ではないほど。

コレクションはかつてセビリアの名高い家族が、大聖堂を埋葬の場所として選んだ際に、遺言によってコレクションの一部が扶養され、礼拝堂に絵画を飾ったことがきっかけなんだとか。

その後も議会や司祭たちによって、何世紀にもわたって芸術品が収集されてきました。そのため、大聖堂では長きにわたる絵画の歴史を辿ることができますよ。

特に注目すべき作品のひとつは、ゴヤ作「聖フスタと聖ルフィーナ(聖ユスタと聖ルフィナ)」。この作品は天からの光を浴びる2人の聖人や、足を舐めるライオン、壊れた女神像が描かれており、必見の作品です。

神秘的な光が差し込む参事会室


photo by Unsplash 

セビリア大聖堂の参事会室は、楕円形の形を持つルネサンス様式の部屋です。部屋の目を引く場所には、ムリーリョ作の「無原罪のお宿り」が誇らしげに飾られています。

壁面や天井には美しい浮き彫りや装飾が施されており、光が天窓から差し込むため、神秘的な雰囲気を味わえることでしょう。

部屋の正面には大司教座が置かれており、その周りには大理石の床が広がっています。この床の模様は、ミケランジェロがデザインしたローマのカンピドリオ広場を手本にして作られたそうです。16世紀後半のルネサンス様式を見事に再現した、美しい空間をぞんぶんに味わえますよ。

絶景を一望!ヒラルダの塔


photo byor pixabay

セビリア大聖堂の隣にそびえ立つヒラルダの塔は、この街の象徴。約94メートルの高さを誇り、展望台からはセビリアの街の景色を一望できますよ。

この塔はイスラム時代のミナレットを基にして建てられたため、ルネサンス様式の装飾との融合がユニークなデザインとなっています。


photo by pixabay

ヒラルダの塔へは、大聖堂内にある入口から登ることができます。塔の内部は階段ではなく、らせん状のスロープになっているため、比較的登りやすいです。これは当時、馬に乗ったままでも登れるようにするために設計されたものなんだとか。

展望台に到着すると、白壁の家が美しいサンタクルス地区や大聖堂の中庭など、素晴らしい景色を一望できます。展望台には多くの鐘がそなえられており、鐘の音色が響きわたるため、特別なひとときを過ごせることでしょう。

セビリア大聖堂の混雑状況・見学所要時間は?


photo by pixabay

セビリア大聖堂は、訪れる時期や時間によって混雑状況が変わります。事前に混雑状況や所要時間などを確認して、効率的に見学しましょう!

入場は行列ができる場合も


photo by Unsplash

セビリア大聖堂に入場する場合、入り口に行列ができることがあります。なので、混雑しやすい午前中を避けた時間帯に訪れるのがおすすめ!またセルビア観光のベストシーズンが、過ごしやすい気候の5月と10月となるため、それ以外の月を避けるのも良いでしょう。

所要時間は1時間半〜2時間が目安


photo by pixabay

セビリア大聖堂の見学は大聖堂内の見学に1時間、ヒラルダの塔に登って30分、合計1時間半〜2時間の見学時間を見込んでおくと良いでしょう。訪れる日程によっては、10分〜15分ほどの待ち時間がかかることもあります。

大聖堂内には数々の芸術コレクションや彫刻、ヒラルダの塔では美しい展望などをじっくりと見学したい人は、さらに余裕を持って訪れるのがおすすめです。

セビリア大聖堂の見学方法は?予約は必要?


photo by Unsplash

セビリア大聖堂を見学するためには、いくつかの方法があります。予約やチケットは必要なのか、詳しくご紹介していきます!

入場にはチケットの購入が必要!


photo by pixabay
※画像はイメージです

セビリア大聖堂を見学するには、チケットの購入が必要です。チケットは、大聖堂にあるチケットオフィスで直接購入ができます。

料金は12ユーロ(約1,850円)で、音声ガイドを付ける場合は追加で5ユーロ(約770円)、アプリ形式の音声ガイドは4ユーロ(約620円)となっています。

チケットは時間指定となっており、希望の時間帯が売り切れてしまう可能性もあるため、訪れる際はあらかじめ公式サイトを確認しておくと良いでしょう。

公式チケットサイト:https://catedraldesevilla.entradasdemuseos.com/

事前購入のオンラインチケットがおすすめ


photo by Unsplash
※画像はイメージです

チケットはオンラインでも購入できます。あらかじめ購入しておくことでチケット売り場に並ばなくて済むほか、時間指定でスケジュールを立てやすいのでおすすめです。

さらにオンラインチケットは11ユーロ(約1,700)なので、当日券よりもお得に入場できますよ。

公式チケットサイト:https://catedraldesevilla.entradasdemuseos.com/

特別時間枠なら無料で入場できる!


photo by pixabay
※画像はイメージです

観光の予算をできるだけ抑えたい人や、お得に入場したい人は、特別な時間枠を狙って訪れるのがおすすめ!大聖堂とヒラルダの塔は月曜日〜金曜日(祝日を除く)の14時〜15時の1時間の間、無料で入場できます。

こちらはオンラインでの予約が必須となります。また、予約の数には制限があるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

公式チケットサイト:https://catedraldesevilla.entradasdemuseos.com/visit/catedral-y-giralda-gratuita

ガイドツアーに参加するのもおすすめ


photo by Unsplash
※画像はイメージです

セビリア大聖堂の歴史やストーリーをじっくりと学びたい人は、ガイドツアーに参加するのもおすすめ!ツアーは英語とスペイン語対応のみとなりますが、ツアーだからこそ体験できる大聖堂の魅力を味わえますよ。

大聖堂全体を周遊するツアーや、繊細なステンドグラスを見学するツアー、大聖堂のルーフトップへ行けるツアーなど、さまざまな視点から新しい発見ができるでしょう。

公式チケットサイト:https://catedraldesevilla.entradasdemuseos.com/

セビリア大聖堂へのアクセス・行き方


photo by pixabay

セビリア大聖堂はセビリア市内の中心地にあります。ここでは、セビリア市内に宿泊の場合、スペインの他都市から訪れる場合、空港から訪れる場合のアクセス方法をご紹介します。

市内中心地からは徒歩ですぐ


photo by Unsplash 

セビリア大聖堂は、セビリア市内中心地から徒歩約10分ほどの場所に位置します。セビリア市内に滞在している場合は、徒歩でアクセスできるため、便利なロケーションとなっています。

街は石畳で歴史的な建築物などが所々に見られ、中世の雰囲気をぞんぶんに満喫できるので、ぜひ散策をしながら訪れてみてくださいね。

他の都市を結ぶ駅からはバスが便利


photo by Unsplash 

セビリアには、アンダルシア地方の他都市とあわせて周遊する人も多いです。セビリア市内中心地から徒歩約15分の場所にあるセビリア・サンタ・フスタ駅は、グラナダやマラガなどからの特急列車の発着駅となっています。

セビリア・サンタ・フスタ駅からセビリア大聖堂に向かう場合は、バスが便利です。駅から21番のバスに乗車し、メネンデス・プラヨ駅で下車後、徒歩で約10分で着きます。

空港からはバスまたはタクシーで行ける


photo by Unsplash 

セビリア空港から市内までは、バスかタクシーで行けます。

旅の予算を抑えたい人は、バスがおすすめです。価格は約4ユーロ(約618円)でお手頃な値段がうれしいですね。ただし、セルビア大聖堂のある旧市街には入れないため、バス停を降りてから約10分ほど歩く必要があります。

時間を短縮したい人は、タクシーがおすすめ!空港から旧市街まで、約15分ほどで移動できます。バスよりも値段が張ってしまいますが、セビリア大聖堂まで直行できるので便利です。

セビリア大聖堂の見学におけるマナー


photo by Unsplash

セビリア大聖堂は、歴史ある神聖なキリスト教会。世界遺産でもあり、毎年何十万人もの信者や観光客が訪れます。その素晴らしさを維持するために、見学の際に気をつけたい、マナーや注意点などをご紹介します。

入場の際は過度な露出を避けた服装で


photo by Unsplash
※画像はイメージです

敷地内に入る際は、極端な露出の服装は避けましょう。過度にドレスアップする必要はなく、平服で問題ありません。夏場は、長袖などの羽織ものを持っていくと安心です。

静かに見学をする


photo by pixabay

大聖堂内は、静かに見学をするのがマナー。小さな子ども連れの場合は、必ず保護者が付き添い、走り回らないようにしましょう。

お祈りをしている人の迷惑にならないよう、スマートフォンはマナーモードか電源を切っておくのが良いでしょう。

世界遺産のセビリア大聖堂を満喫しよう

この記事では、セビリア大聖堂の観光に関する見どころや歴史、アクセス方法、見学する際のマナーなどをご紹介しました。スペインのセビリア大聖堂は、世界最大規模を誇る、人気の観光スポットです。

ぜひ紹介した情報を参考に、セビリア大聖堂の観光を満喫してみてくださいね!

セビリア大聖堂(Catedral de Sevilla)の基本情報
住所:Av. de la Constitución, s/n, 41004 Sevilla, Spain
電話:+34 902 099 692
営業時間:月〜土 10:15~18:00、日 14:30〜18:00(7月17日と25日のみ11:30開場)
休業日:なし
アクセス: セルビア市内中心地から徒歩で約10分
料金:当日券 12ユーロ(約1,850円)、オンラインチケット 11ユーロ(約1,700円)、成人同伴の13歳以下の子どもは無料
※2023年7月11日のレート、1ユーロ=154.48円で計算
公式サイト:https://www.catedraldesevilla.es/

cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

スペインの東京発のおすすめツアー

スペイン旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる