NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】中国・蘇州でおすすめの観光地10選!名所や穴場を厳選

上海に隣接した蘇州には、拙政園(ジュオジョンユエン)や留園(リィウユェン)などの風情を感じる庭園、遺跡、貴重な展示物がある博物館がいっぱい! 今回は、中国・蘇州旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、蘇州旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

上海に隣接した蘇州には、拙政園(ジュオジョンユエン)や留園(リィウユェン)などの風情を感じる庭園、遺跡、貴重な展示物がある博物館がいっぱい!

今回は、中国・蘇州旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、蘇州旅行の参考にしてくださいね!

Contents
【2024年最新】中国・上海でおすすめの観光地10選!名所や穴場を厳選
【2023年最新】中国・北京でおすすめの観光スポット10選!名所や穴場を厳選

蘇州には人気の観光スポットがいっぱい!

photo by Unsplash

江蘇省東南部に位置する蘇州は、上海に隣接した風情のある街。古くから江南の主要都市として栄え、春秋戦国時代には呉の都が置かれていたことでも有名です。

中国を代表する四大庭園の2つが蘇州にあるほか、中国で3番目に大きい太湖(たいこ)の約4分の3が蘇州にあり、豊富な水資源と自然が趣のある風景を形成しています。

街を歩くと川沿いの趣のある風景を見かけることが多く、江東のグルメや絹織物を中心とした伝統工芸品も豊富。中国の歴史を肌で感じたい方におすすめの街です。

今回は、そんな江蘇省の蘇州でおすすめの定番観光スポットや穴場スポット、絶品グルメをおさえたおすすめの観光ルートを見ていきましょう。

蘇州で絶対行きたいおすすめ観光地5選

まずは蘇州で絶対に外せない人気の定番観光スポットを紹介します。

拙政園や留園、山塘街など、蘇州ならではの自然と歴史的な建造物が調和した景色を楽しめる観光スポットが多いです。

歴史のある中国の水の都を体感するにはもってこいの観光スポットばかり!効率的に観光スポットをまわるなら、周遊ツアーに参加してみるのもおすすめですよ。

拙政園(ジュオジョンユエン)

世界遺産の中国四大名園の一つ

拙政園 by Tzuhsun Hsu is licensed under CC BY-SA 2.0

拙政園は、中国四大庭園の一つで500年以上の歴史をもっています。四季折々の植物が彩を飾る庭園で、国内外の観光客らに広く愛されています。人口湖のまわりには美しい建築物や回廊、橋がかかっていて風情を感じさせてくれるでしょう。

四角や円の飾り窓がいくつもあり、飾り窓から池を撮影できるスポットも多数。SNS映えする写真を撮りたいと考えている方にもピッタリの観光名所です。

photo by Unsplash 

拙政園が見頃をむかえるのは初夏から夏にかけて一面に広がる蓮です。広大な池を蓮の葉や花が覆う光景は、蘇州の中でも随一との呼び声も高いですよ。中国の自然や歴史を感じられる風流な観光スポットを訪れたい方におすすめだといえます。

拙政園(ジュオジョンユエン)の基本情報

住所

178 Dongbei St, Gusu District, Suzhou, Jiangsu, China 215001 

電話

+86 512 6751 0286

営業時間

7:30〜17:30

休業日

無休

アクセス

蘇州駅からタクシーで5〜10分ほど

料金

大人 70元(約1,400円)、子ども 35元(約700円)

※2023年12月16日のレート、1中国人民元=20.01円で計算

公式サイト

https://web.lotsmall.cn/index?m_id=1939&currentLimiting=T&id=215839738633218

留園(リィウユェン)

中国四大名園のひとつ

66791-Suzhou by xiquinhosilva is licensed under CC BY 2.0

留園は、清の時代の1593年に建てられた中国四大名園・蘇州四大庭園のひとつです。自然との調和がコンセプトの拙政園とは異なり、留園は建築物や石像が主体。

冠雲峰(かんうんほう)と呼ばれる太湖石は高さ6.5メートルで蘇州庭園で最大です。太湖石には神や気が宿ると信じられています。

当時の建築技術や芸術を結集した庭園を、自分の目で見てみたいという方におすすめです。

66700-Suzhou by xiquinhosilva is licensed under CC BY 2.0

池のほとりにある明瑟楼では、伝統的な中国民族音楽の演奏や歌唱を楽しめます。拙政園と同様に蓮池があり、初夏から夏にかけては蓮の花の鑑賞を満喫できますよ。

留園(りゅうえん)の基本情報

住所

338 Liuyuan Rd, Gusu District, Suzhou, Jiangsu, China 215008 

電話

+86 512 6557 9466

営業時間

3/1〜10/31 7:30〜17:00、11/1〜2/28 7:30〜17:00

休業日

無休

アクセス

地下鉄1号線石路駅から徒歩で約8分

料金

4,5,7〜10月 55元(約1,100円)、1〜3,6,11,12月 45元(約900円)

※2023年12月16日のレート、1中国人民元=20.01円で計算

公式サイト

http://www.suzhou.gov.cn/szsenglish/sz5ajjq/201611/59f4244190954eeb9fe7e3cb3395eec4.shtml

山塘街(シャンタンジエ)

1,000年以上の歴史のある水路の町

photo by Unsplash 

山塘街は、1000年以上前の唐の時代に開かれた歴史のある街です。全長が7華里(約3.6キロメートル)あることから、「七里山塘」と呼ばれることもあります。

水路を挟んで両側に蘇州らしい瓦屋根と白い壁の家が軒を連ねています。赤い提灯が吊り下げられていて、どことなく可愛らしい雰囲気を醸し出していますよ。

蘇州 山塘街(夏夜) Shan Tong Street, Suzhou China_20140720_24 by PS Liu is licensed under CC0 1.0

夜になると赤い提灯がライトアップされ、水面に映る明かりがロマンチックな雰囲気を醸し出しています。ローカルグルメを食べ歩きながら、水路沿いをゆっくりと散歩するのがおすすめ。きんつばのようなお菓子”仙豆糕(ゴオ)"や蘇州麺が人気ですよ!

山塘街(シャンタンジエ)の基本情報

住所

Su Zhou Shi, Jiang Su Sheng, China

電話

-

営業時間

24時間営業

休業日

無休

アクセス

地下鉄2号線山塘街駅を降りてすぐ

料金

無料

平江路(ピンジャンルー)

古い街並みと現代的な文化の融合した場所

鱼食饭稻 by Ethen Rera is licensed under CC BY-SA 2.0

平江路は、蘇州の歴史や趣のある水路がある街並みが特徴のエリアです。小船が行き交う水路を眺めながら歴史を感じる小道を歩けば、リラックスした気分で散策を楽しめることでしょう。

photo by Unsplash

蘇州の歴史やのどかな街並みを楽しむなら、ぜひとも訪れたい観光名所です。中国茶や扇子、伝統工芸品を売っている商店も豊富なので、お土産探しにもピッタリ!

絶品の点心や蘇州の郷土料理を召し上がってみてはいかがでしょうか。

平江路(ピンジャンルー)の基本情報

住所

Su Zhou Shi, Jiang Su Sheng, China

電話

-

営業時間

24時間営業

休業日

無休

アクセス

地下鉄1号線相門駅を降りて 徒歩で3〜4分

料金

無料

蘇州博物館

古代中国の芸術を楽しめる

Foxy Who \(^∀^)/, CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons

蘇州博物館は1960年に建てられ、3万点を超える展示品の多さや26,500平方メートルに及ぶ敷地面積の大きさで、中国国内でも特に名高い博物館として有名です。

博物館はモダンでありながら、忠王府の歴史的な建物が趣を感じさせてくれる外観となっており、中国らしい伝統的な佇まいとなっています。


颐园居, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

蘇州博物館には、清や明の時代の貴重な工芸品や書画といった展示品を中心として、中国国内の歴史ある展示物が所狭しと陳列されています。中国の歴史ファンだけでなく、中国の文化・歴史に興味関心があるという方も必見です。

蘇州博物館の基本情報

住所

204 Dongbei St, Gusu District, Suzhou, Jiangsu, China 215005 

電話

+85 512 6757 5666

営業時間

9:00〜17:00

休業日

月曜日

アクセス

地下鉄4号線北寺塔駅で降りて800メートル歩いた場所

料金

無料 ※WeChatを使った事前予約制

※2023年12月16日のレート、1中国人民元=20.01円で計算

公式サイト

https://www.szmuseum.com/

蘇州の知る人ぞ知る穴場観光地5選

蘇州には知っている人は知っている穴場の観光スポットも数多くあります。ここでは、あまり知られていないおすすめの観光スポットについて見ていきましょう。 

獅子林(シーズーリン)

奇石がゴロゴロある面白い庭園

DSC06787 by JianEn Yu is licensed under CC BY 2.0

獅子林は、独特な穴やくぼみで知られている太湖石を使った石像や庭石、見応えのある石山が特徴の庭園です。とくに無数の太湖石を使用して作られた人工の岩山である「築山」は圧巻のスケール!大人から子どもまで楽しめるスポットです。

DSC06778 by JianEn Yu is licensed under CC BY 2.0

また太湖石で作られた九頭の獅子である九獅峰や、ガラスがはみ込まれていない幾何学紋様の窓「漏窓」もあるなど、非常に見どころが多い風流な庭園ですよ。

獅子林(シーズーリン)の基本情報

住所

23 Yuanlin Rd, Gusu District, Suzhou, Jiangsu, China 215005

電話

+86 512 6727 2428

営業時間

3/1〜10/15 7:30〜17:30、10/16〜2/28 7:30〜17:00

休業日

無休

アクセス

地下鉄4号線北寺塔駅から徒歩で約13分

料金

4〜5月、7〜10月 88元(約1,761円)、1〜3月、6月、11〜12月 70元(約1,400円)

※2023年12月16日のレート、1中国人民元=20.01円で計算

公式サイト

https://web.lotsmall.cn/detail/ticket?m_id=1939&id=8181

虎丘(コキュウ)

2400年前の春秋時代の伝説が伝わる丘と”東洋のピサの斜塔”

Suzhou, China by Sharon Hahn Darlin is licensed under CC BY 2.0

虎丘は、2400年前の春秋戦国時代に戦いに敗れた王様が埋葬された場所から虎が出現したことから名付けられた塔です。敷地内には”東洋のピサの斜塔”と呼ばれる雲岩寺塔があり、中国国内では世界第二の斜塔といわれて人気のスポットになっています。七層八角形の形をした塔は高さ47.5メートル。1階内部のみが見学可能ですが、内部の写真撮影は禁止です。

Suzhou, China by Sharon Hahn Darlin is licensed under CC BY 2.0

虎丘の入り口は全部で2ヶ所あり、南入り口から入るとオレンジ色の門構えのお寺が見えてきます。石畳の階段や古井戸、春秋時代の呉王が鋳造した剣の試し切りをしたとされている試剣石などがあり、敷地内の見学スポットが豊富です。

ぜひゆっくり時間をかけて巡りたいですね!

虎丘(コキュウ)の基本情報

住所

No.8 Jinchang District, Suzhou City, Jiangsu Province 215008, China

電話

+86 512 6531 3484

営業時間

5/1〜10/7 7:30〜18:00、10/8〜4/30  

休業日

無休

アクセス

蘇州駅からタクシーで約8分 

料金

80元(約1,601円)

※2023年12月16日のレート、1中国人民元=20.01円で計算

公式サイト

https://web.lotsmall.cn/index?m_id=1939&currentLimiting=T&id=215860948687874

金鶏湖(ジンジーフー)

商業エリアに隣接する大きな湖

photo by Unsplash 

金鶏湖は中国最大の都市内湖で、湖畔を取り囲むように公園が整備されています。湖畔にかかっている橋は、石造りのノスタルジックなデザインで魅力的です。

photo by Unsplash 

李公堤エリアは高級レストランやホテル、お土産屋さんが立ち並ぶエリア。湖には風流な釣り殿がありますよ。近外的な高層ビルを湖の向こうの方に望めます。蘇州の自然と中国の発展具合を同時に体感できる観光スポットです。

金鶏湖(Jinji Lake)の基本情報

住所

North side of Jinji Lake Avenue, Suzhou Industrial Park, Suzhou City, Jiangsu Province, China

電話

-

営業時間

24時間

休業日

無休

アクセス

湖浜大通バス停から徒歩で約11分

料金

無料

蘇州シルク博物館

絹織物の歴史や伝統を学べる

photo by Unsplash ※画像はイメージです

蘇州シルク博物館は、絹製品の文化財が陳列され、養蚕のプロセスが紹介されているほか、絹織機の実演や現代におけるシルクの活用方法が学べる博物館です。


中国の伝統的な絹織物やその歴史、絹織物が製造されるプロセスについて詳しく知りたいという方には、ぜひ訪れて欲しい観光名所となっています。  

蘇州シルク博物館(Suzhou Silk Museum)の基本情報

住所

88 Xibei St, Ping Jiang Qu, Suzhou, Jiangsu, China 215005 

電話

+86 512 6753 6506

営業時間

9:00〜17:00

休業日

月曜日

アクセス

平門バス停から徒歩で約3分

料金

無料

公式サイト

https://www.szsilkmuseum.com/#/

同里古鎮(トンリーコフン)

街と運河が合体した町

photo by Unsplash ※画像はイメージです

同里古鎮は、中国江南6大水郷に数えられる水の里です。蘇州から18キロほど離れた場所に位置し、1000年以上の歴史をもつ街となっています。水路と伝統的な住宅が一体となった景観が有名で、映画やドラマのロケ地としても使われていますよ。

同里古鎮の街の中心にある太平橋、吉利橋、長慶橋を通ると、それぞれ健康・商売繁盛・長生きといったご利益があると考えられています。

小船で水路をわたって、ゆったりと街並みを堪能してみてはいかがでしょうか?

同里古鎮(トンリーコフン)の基本情報

住所

Tongli Ancient Town, Wujiang District, Suzhou City, China 

電話

+86 512 6333 1390

営業時間

4〜10月 7:30〜17:30、11〜3月 7:30〜17:15

休業日

無休

アクセス

地下鉄4号線「同里駅」からトラムに乗り換えて終着駅で下車してすぐ

料金

17:00以前は100元、17:00以降は無料

※2023年12月16日のレート、1中国人民元=20.01円で計算

蘇州観光を満喫するためのおすすめモデルコース

photo by Unsplash

歴史や伝統を感じられる観光スポットの数々やグルメスポットが多い蘇州。せっかく蘇州を訪れるなら、時間をフル活用しながら観光を満喫しましょう。

郷土料理や手軽な点心、宮廷料理のお店もあります。蘇州の歴史や伝統を感じた後はご当地料理を食べたいという方はグルメ巡りも行ってみてはいかがでしょうか?

<スケジュール例>

1日目 上海から蘇州に到着→極細麺と鶏の優しいだしが特徴の蘇州麺を頂く!→拙政園と留園、獅子林の庭園めぐり→夜は本格蘇州料理としょうこう酒で締める

2日目 屋台で中国粥を食べる→山塘街で水の里たるゆえんを身をもって体感する→街歩きで仙豆糕を頬張る→金鶏湖のまわりを散策し、おしゃれなディナーも楽しむ

3日目 蘇州博物館で中国の歴史的な展示物の数々に感動!→蘇州シルク博物館で絹織物の歴史や製造工程を学ぶ→松鶴楼(ショウカクロウ)で乾隆帝が愛した松鼠桂魚(ソンシュウグイユウ)に舌鼓を打つ

蘇州は、風流や庭園や歴史的な観光地区、中国最大規模の展示数をほこる博物館など、見どころがいっぱい!なので、観光ツアーを利用したり、訪れたいスポットを絞ったりして、効率的に観光を楽しむことがおすすめです。

ぜひ自分好みの蘇州旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

蘇州の人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、蘇州のおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。見どころがいっぱいある蘇州では、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、中国・蘇州旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年12月16日のレート、1中国人民元=20.01円で計算しています。

cover photo by unsplash

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる