NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】スイスのおすすめ観光地12選!エリア・都市別に厳選

スイスにはマッターホルンをはじめ、ブリエンツ湖やベルン旧市街など有名な観光地がたくさん!迫力のある景色は必見です。今回は、スイス旅行でおすすめ観光、絶景スポットをエリア・都市別に12選ご紹介します。チューリッヒの名所からツェルマットやベルンなどの絶景や定番スポットを厳選しました!ぜひスイス旅行の参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

スイスにはマッターホルンをはじめ、ブリエンツ湖やベルン旧市街など有名な観光地がたくさんあります!とくに迫力のある景色は必見です。
今回は、スイス旅行でおすすめの観光や絶景スポットをエリア・都市別にご紹介します。チューリッヒの名所からツェルマットやベルンなどの絶景や定番スポットを厳選しました!ぜひスイス旅行の参考にしてくださいね。

Contents

スイス観光における基本情報

日本との時差

-8時間(サマータイムは-7時間)

フライト時間

約13時間

公用語

ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語

通貨

スイスフラン

治安

犯罪率が低く治安が良い

物価

日本も含め他国に比べて物価が高い

電源プラグ

C/SEタイプ※変換プラグが必要

スイスには魅力的な人気観光地がいっぱい!


photo by pixabay

スイスはチューリッヒをはじめ、ツェルマットやユングフラウヨッホなどうつくしいアルプルなどの自然にも恵まれている国です。いつかは行ってみたい、あこがれの国として不動の人気を誇ります。

今回はスイスの人気観光地を紹介!エリア・都市別に名所から穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。迫力のある景色は必見ですよ。

スイス南部のおすすめ人気観光スポット2選

スイスの絶景をたのしみたいなら、人気のスイス南部がおすすめです!マッターホルンを中心に数々の名峰をロープウェイや登山鉄道などからたのしめます。

マッターホルン

アルプス山脈の名峰


photo by pixabay

スイスには世界的に有名な山が多くありますが、その中でも一際人気なマッターホルンは約4,478メートルの独立峰です。マッターホルンは、女王と称えられる登山家憧れの山で、スイスを訪れたらその姿を見ずには帰れません。


photo by pixabay

マッターホルンの山頂付近は切り立った崖になっているため、上級者以外の一般客が登ることは非常に難しいです。登る際はガイドをつけることをおすすめします。登山以外だと、周辺をハイキングでたのしむことができます。うつくしくそびえるマッターホルンを存分にたのしめますよ!

マッターホルンを一望できるゴルナーグラート展望台からの景色は圧巻です!マッターホルン近くを観光するなら、ぜひ足を運んでみてくださいね。

マッターホルン(Matterhorn)の基本情報
住所: ツェルマット, スイス
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: ゴルナーグラート展望台の場合、ツェルマット駅前からゴルナーグラート鉄道で約45分
料金:無料
公式サイト:https://www.myswitzerland.com/ja/destinations/matterhorn/

マッターホルンで大自然を満喫!歴史や観光、みどころを徹底解説

ツェルマット

街中からマッターホルンを一望


photo by pixabay

マッターホルンに近くにある山岳リゾートで、標高1,620メートル地点に位置しています。環境保護のため一部車両を除いて一般車両は通行できず、街にはかわいらしい電気自動車や馬車が行き交います。

マッターホルンのふもとにある街なので、街中から一望でき、壮大な景色をいつでもたのしめるなんともぜいたくな場所です。


photo by pixabay

街からマッターホルンが見えるかはお天気次第なので、予備日を含めてツェルマットに3日ほど滞在するのがおすすめです。2泊3日ならのんびりと山岳リゾートの雰囲気も堪能できます。

ホテルはせっかくなら、マッターホルンビューのお部屋を予約してみてください。1泊あたりの値段は上がってしまいますが、朝焼けのマッターホルンは一生に一度は見たい絶景です!

ツェルマット(Zermatt)の基本情報
住所: Zermatt, スイス
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし※店舗によって変わります
アクセス:チューリッヒ空港から鉄道で約3時間半
料金:無料
公式サイト:https://www.zermatt.ch/jp

ツェルマットは雄大なアルプスの自然が魅力!見どころや観光スポットなどを解説

スイス西部のおすすめ人気観光スポット2選

堂々たる姿でそびえ立つモンブランとレマン湖畔のリゾートが代表的なスイス西部のエリア。世界一小さな大都市と言われるジュネーブもスイス西部に位置する都市です。

モンブラン

アルプス3大名峰の一角


photo by Unsplash

アルプス3大名峰の1つとして知られるモンブランは、標高約4,807メートルです。フランスとイタリアの国境にまたがる山ですが、ジュネーブからの定期バスでアクセスしやすいとスイス観光に人気のスポット。

モンブランの絶景をたのしめると人気のエギーユ デュ ミディ展望台(標高3,842メートル)は、モンブラン観光では外せません!エギーユ デュ ミディ展望台にはレストランも完備されているので、絶景を心ゆくまでたのしみながら、食事ができます。


photo by pixabay

春から秋にかけてのすごしやすい季節は登山列車やハイキングが満喫できます。冬になると一面に銀世界が広がり、青空と雪化粧をしたモンブランのコントラストが見られますよ。

モンブラン(Mont Blanc)の基本情報
住所:サン=ジェルヴェ=レ=バン, フランス
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: エギーユ デュ ミディ展望台の場合、シャモニー(麓)からゴンドラで約20分
料金:無料
公式サイト:なし

シヨン城

レマン湖のほとりに建つうつくしい古城


photo by Unsplash

バイロンの叙情詩『シヨン城の囚人』で有名なシヨン城。フランスとスイスにまたがる大きなレマン湖畔にひっそりと建っています。モントルーの街のちょうど対岸に位置するこのお城は、まるでレマン湖に浮いているように見えることでも人気の古城です。


photo by Unsplash

ひっそりとした佇まいはなんとも幻想的で、外から眺めているだけでも満足感のあるスポットですが、せっかくなら内部見学もおすすめ!

内部には中世の様子を今に残していて見どころがたくさんあります。特に調度品に囲まれた領主の部屋と、暗く、重たい空気が流れる地下牢は注目です。

シヨン城(Chillon Castle)の基本情報
住所: Av. de Chillon 21, 1820 Veytaux, スイス
電話:+41219668910
営業時間:4〜5月・9月〜10月 9:00〜18:00、6月〜8月 9:00〜19:00、11〜3月 10:00〜17:00
休業日:12月25日、1月1日
アクセス:モントルー駅から徒歩約30~40分、またはモントルー駅からローカル電車に乗車し、Veytaux-Chillon駅で下車すぐ
料金:大人 13.5スイス・フラン(約1,970円)、子ども(6歳~15歳) 7スイス・フラン(約1,020円)
※2023年4月8日のレート、1スイス・フラン=145.94円で計算
公式サイト:https://www.chillon.ch/en/

スイス中央部のおすすめ人気観光スポット3選

アルプス初の世界遺産として有名な名峰、ユングフラウ・アレッチをはじめ、街並みがうつくしいと人気のバーゼルやベルンなどがあるエリアです。スイスで人気の絶景はもちろん、ヨーロッパらしい街並みもたのしみたいという方にぴったり!

ユングフラウヨッホ

氷河の観光やハイキングに人気


photo by Unsplash

ユングフラウヨッホはアルプスを代表するベルナーアルプスの1つで、世界自然遺産に認定されたエリアにあります。登山鉄道でアクセスできるユングフラウヨッホ駅は、標高3,454メートルとヨーロッパ最高地点の駅。展望台からの景色も人気で、広大なアレッチ氷河を望める絶景スポットです。

また、3,571メートル地点にあるスフィンクス展望台にもぜひ足を運んでみてください。屋外の展望台なので、臨場感があり、絶景を存分に肌で体感できます。吹雪いている日など天候次第でクローズとなることもあるため、訪れる際はしっかりと天候や営業状況を確認しましょう。


photo by Unsplash

頂上からの景色はもちろん、道中もさまざまな景色が見られるのが観光客に人気の秘密!ハイキングが人気のスポットで、たくさんのハイキングツアーが実施されています。ハイキングは初心者向けのものから上級者向けのものまで幅広くあり、自分のレベルにマッチしたものに参加できます。

ユングフラウヨッホ(Jungfraujoch)の基本情報
住所:スイス 〒3801 ラウターブルンネン
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: チューリッヒ空港から鉄道で約4時間半
料金:無料
公式サイト:https://www.myswitzerland.com/ja/destinations/jungfraujoch/

ユングフラウはアルプスの絶景が魅力!展望台など観光の見どころや行き方などを解説

ブリエンツ湖

クルージングもたのしめる神秘的な湖


photo by pixabay

ブリエンツ湖は、ベルナーオーバーラント地方のアルプス山麓に位置しています。湖の水は氷河から流れ込み、ターコイズブルーともエメラルドグリーンともいえるようなうつくしい色の湖になっています。その深い青緑色という色は、まさに神秘的な湖です。

最近では、人気韓国ドラマの主人公が湖畔の桟橋でピアノを弾いているシーンで登場したことでも知られ、さらに注目されているスポットです。


photo by Unsplash

暖かくなる4月上旬〜10月中旬は、クルーズ船が運航します。クルーズ船には、ランチクルーズやディナークルーズなどをはじめ、さまざまなイベントをたのしめるクルーズ船が運航しています。ブリエンツ湖をどのようにたのしみたいか次第で、クルーズ船をぜひ検討してみてください。

ブリエンツ湖(Brienzer see)の基本情報
住所:スイス
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:インターラーケオスト駅からバスで約20分
料金:無料
公式サイト:https://www.myswitzerland.com/ja/destinations/brienzersee/

ベルン旧市街

中世ヨーロッパ都市の街並みを今に伝える世界遺産


photo by pixabay

ベルン旧市街は、ツェーリンゲン公ベルヒトルト5世によって1191年に造られた街。中世ヨーロッパ都市の街並みが残るうつくしい街として、街全体が世界遺産に登録されています。

おすすめの観光地はベルンの時計塔。1191年から約60年間、城門の役割をしていましたが、大火事によって一部を残してなくなってしまいます。しかし1530年には新しく時計塔が造られ、天文時計やからくり時計も設けられました。ベルンのシンボルでもあるので、ぜひ訪れてみてくださいね。


photo by pixabay

また、街の名の由来になっている熊にまつわるものが街に散りばめられているのも見どころ!熊モチーフの銅像や噴水などを探しながら散策すると、より一層ベルン旧市街の街並みをたのしめます。

ぜひ天気のいい日に行き先を決めずに、のんびりと旧市街を散策してみてください。

ベルン旧市街(Old City of Berne)の基本情報
住所:Kramgasse 40, 3011 Bern, スイス
電話:+41 31 328 12 12
営業時間:24時間
休業日:なし ※店舗によって変わります
アクセス:ベルン中央駅から徒歩約5分
料金:無料
公式サイト:https://www.bern.com/en/detail/bern

ベルン旧市街はスイスにある世界遺産の街!見どころや行き方を解説

スイス東部のおすすめ人気観光スポット3選

スイスの玄関口であるチューリッヒを中心に、名作アニメ『アルプスの少女ハイジ』の世界が広がるマイエンフェルトや、高級リゾートのサンモリッツなどがあるエリアです。大都市とリゾートの両方が混じるエリアとして知られています。

グロスミュンスター大聖堂

2つの塔が特徴的なチューリッヒの象徴


photo by pixabay

グロスミュンスター大聖堂は、チューリッヒのランドマーク的存在です。街にそびえ立つ2つの塔が特徴的な大聖堂は、リマト川を挟み、フラウミュンスターと向かい合うように立っています。

ロマネスク様式の2つの塔は15世紀に建造されましたが、焼失のため18世紀に再建されました。


photo by pixabay

2つの塔のうちの1つ、カールス塔は登ることができて、チューリッヒの街並みが一望できるスポットです。天気のいい日には遠くのアルプス山脈まで見えることも!塔のてっぺんまでのらせん階段はかなり狭く、段数は187段あるので、歩きやすい靴で行くようにしましょう。

グロスミュンスター大聖堂(Grossmuenster)の基本情報
住所: Grossmünsterplatz, 8001 Zürich, スイス
電話:+41 43 322 15 30
営業時間:3月〜10月 10:00〜17:30、11月〜2月 10:00〜16:30(礼拝:日曜日10:00)
休業日:火曜日
アクセス: ヘルムハウス駅から徒歩約1分
料金:無料、タワーへの拝観料:大人 5スイス・フラン(約730円)、子ども(6歳~16歳)・学生 2スイス・フラン(約290円)
公式サイト:https://www.grossmuenster.ch/

リンデンホフの丘

チューリッヒの街並みを一望できる絶景スポット


photo by Unsplash
※画像はイメージです。

リンデンホフの丘は、チューリッヒにある小高い丘で、チューリッヒ旧市街を一望できる絶景スポットとして人気です!チューリッヒ中央駅から徒歩約7分とアクセスがいいため、気軽に訪れられるのも人気の秘密。

2つの塔が特徴的なグロスミュンスター大聖堂はもちろん、プレディガー教会や街を走る路面電車も見られます。


photo by pixabay
※画像はイメージです。

地元の人にも人気のスポットで、お散歩がてらリンデンホフの丘を訪れて、おしゃべりをたのしみながらのんびりとすごしている方の姿もあります。大きな駒のチェスやブランコ、ベンチなどもあるため、地元の人たちにとっても憩いの場なんだとか。時を忘れて、ただただのんびりとうつくしいスイスの街並みをたのしんでみてください。

リンデンホフの丘(Lindenhof Hill)の基本情報
住所:Lindenhof, 8001 Zürich, スイス
電話:なし
営業時間:24時間開放
休業日:なし
アクセス:チューリッヒ中央駅から徒歩約7分
料金:無料
公式サイト:https://www.zuerich.com/en/visit/attractions/lindenhof

マイエンフェルト

名作アニメ『アルプスの少女ハイジ』の世界観がたのしめる村


photo by Unsplash

マイエンフェルトは、名作アニメ『アルプスの少女ハイジ』の舞台になった村であり、その世界観がたのしめる街です。スイスをイメージした時に思い浮かべるような風景が広がる街で、ゆったりとした時間が流れています。

ハイジハウスを中心にめぐるハイキングコースがあり、ハイジの世界にどっぷりと浸りながらハイキングを満喫できます。


photo by Unsplash

ハイジハウスやハイジの泉など、ハイジの世界がたのしめるスポット以外にも多くの見どころがあります。ローマ時代から長い歴史を持つブランディス城や、一面に広がるぶどう畑などワイン産地らしい風景もおすすめです!

チューリッヒ中央駅から電車で約1時間と日帰りでもアクセスできるのが魅力で、チューリッヒを拠点にスイス観光をしたいという方にぴったりのスポットですよ!

マイエンフェルト(Maienfeld)の基本情報
住所:Maienfeld, スイス
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:チューリッヒ中央駅から電車で約1時間
料金:無料
公式サイト:https://www.myswitzerland.com/ja/destinations/maienfeld/

スイスのおすすめ人気観光鉄道2選

スイスは世界有数の鉄道王国で、人気の観光鉄道があります。観光鉄道とは次々に移り変わる車窓をたのしみながら、移動ができるとチケットが争奪戦になるほどの人気を誇ります。

観光鉄道の利用を考えている方には、主な鉄道、バス、湖船の路線が乗り放題になるスイストラベルパスがおすすめです。他にも主な山岳交通が半額になったり、スイスにある約500カ所の美術館・博物館が無料になったりと特典が盛りだくさん。

スイストラベルパスの料金は利用する日数と座席の等級によって異なり、最低価格は232スイス・フラン(約33,860円)からです。すべての交通機関が無料になるわけではないので、利用予定の鉄道やバスなどを確認してから購入するようにしましょう。

ベルニナ急行

ベルニナアルプスや氷河など見どころ満載な観光列車


photo by pixabay

ベルニナ急行は、世界遺産に登録されている観光列車です。クールからティラーノまでを約4時間かけて走り抜けます。

高低差約1,800メートルを一気に駆け抜けるのが特徴的で、道中ではアルプス山脈や氷河などのダイナミックな景観をたのしめます。他にもうつくしい湖や草木など移り変わるさまざまな景色を心ゆくまで堪能できます。

目の前に広がる絶景を存分に堪能できるようにと天井まで伸びるパノラマ窓が設置され、列車の中でありながらその壮大さが感じられます。


photo by pixabay

ベルニナ急行は、スイス観光でトップクラスの人気を誇ります。そのため、指定席チケットは連日争奪戦です。スイス旅行を計画し始めたら、指定席チケットの空席状況を確認し、そのチケットの日程を中心に他の予定を計画するのがおすすめです。

ベルニナ急行は氷河急行に比べて、ルートが短いので、全線乗車したいけど半日程度しか時間を確保できないという方にぴったりです!

ベルニナ急行(Bernina Express)の基本情報
住所:Bahnhofpl. 1, 7000 Chur, スイス
電話:+41812886565
営業時間:駅によって変わります
休業日:なし
アクセス:駅によって変わります
料金:指定席料金 シーズンA(6/1~9/30)26スイス・フラン(約3,790円)、シーズンB(3/1~05/31, 10/1~10/31)24スイス・フラン(約3,500円)、シーズンC(11/1~12/9)20スイス・フラン(約2,920円)
※運賃は乗車区間によって異なります
※別途乗車券の料金がかかります
※スイストラベルパスを利用した時の料金です
※2023年4月8日のレート、1スイス・フラン=145.94円で計算
公式サイト:https://tickets.rhb.ch/en/pages/bernina-express

氷河急行

移り変わるうつくしい景色が醍醐味の観光列車


photo by pixabay

氷河急行は、ツェルマット〜サンモリッツ/ダヴォス間を運行している観光列車です。マッターホルン ゴッタルド鉄道とレーティッシュ鉄道の路線をまたぎ、約7〜8時間かけてスイスの絶景を駆け抜けます。全線乗車すると、道中で291の橋梁(きょうりょう)、91のトンネルを通ります。どんどん景色が移り変わるため、約7〜8時間の全線乗車をしても飽きることがありません。

スイス旅行に行ったら外せない観光列車の1つとして有名で、指定席チケットの予約は争奪戦。スイス旅行の日程が決まったら、まずは観光列車の指定席チケットの空席状況をチェックしてみてください。


photo by Unsplash or pixabay

氷河急行は、1年を通じて運行をしていますが、夏季の1日最大4往復に対して冬季は基本的に1〜2往復のみです。冬も雪景色のスイスをたのしめますが、おすすめはやはり夏!ただし、夏は指定席チケットの争奪戦が一層激化するので、早めに計画するようにしましょう。

また、せっかく乗車されるのであれば、列車での食事もあわせて予約しておくのがおすすめです!

氷河急行(Glacier Express)の基本情報
住所: -
電話:+41 (0)81 288 65 65
営業時間:-
休業日:なし
アクセス: -
料金:指定席料金(区間に関わらず一律) 1等&2等/夏 39〜49スイス・フラン(約5,690円〜7,150円)、1等&2等/冬 29〜39スイス・フラン(約4,230円〜5,690円)
※運賃は乗車区間によって異なりますす
※別途乗車券の料金がかかります
※スイストラベルパスを利用した時の料金です
※2023年4月8日のレート、1スイス・フラン=145.94円で計算
公式サイト:https://www.glacierexpress.ch/en/

スイス観光を楽しむために

スイス観光を満喫するために、あらかじめ知っておきたい情報や注意点をまとめました。ぜひ旅行前にチェックしてみてくださいね。

スイス観光におすすめのシーズンは?


photo by pixabay

スイスは新緑や紅葉、雪景色など1年を通してうつくしい景色に恵まれているため、いつ訪れてもたのしめます。

スイスの街歩きをたのしむなら、春(4月~6月)と秋(9月~10月)、ハイキングや登山をたのしむなら夏(6月後半~9月)がベストシーズンです。スキーやスノーボードなどのウィンターアクティビティをたのしみたい方には冬(1月下旬〜2月)が雪が多く、ベストシーズンを迎えます。

スイス観光のベストシーズンは目的によって、適した時期が異なるため、目的にあわせて旅行を計画するようにしましょう!

スイス旅行に必要な費用や日数は?


photo by pixabay

スイスは小さい国ながらも、絶景やリゾートなど見どころがたくさんあります!そのため、せっかくスイスまで行くなら、スイス国内を周遊するのがおすすめです。各都市で天候次第では絶景に出会えないこともあるので、最低でも1週間確保しておくと満足感の高い旅行になります。

1週間のスイス旅行にかかる費用は、約30万円からが相場です。スイスは物価が高く、すごし方や宿泊するホテルのランクによっては、かなりのお金がかかります。スイス周遊旅行を計画されている場合は、早めに計画を立て始め、少し多めに予算を準備しておくと安心です。

スイス旅行にかかる費用の詳細はこちら!

【2024年最新】スイス旅行1週間の費用&予算を解説!物価や安い時期も紹介

スイスの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、スイスのおすすめの観光スポットをエリア別に紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるスイスでは、効率よく観光もグルメもたのしむのがおすすめです。どこも絶景ばかりで壮大な自然にきっと感動し続ける旅行となるでしょう。

ぜひ紹介した観光地を参考に、スイス旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年4月8日のレート、1スイス・フラン=145.94円で計算で計算しています。

よくある質問

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる