NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】オーストラリア・メルボルンの治安は?危険な場所や注意点を解説

オーストラリアは日本人の移住者や留学生が多く、観光客も訪れやすい人気の国ですが、 治安が良くないエリアも存在します。 今回はオーストラリア第二の都市・メルボルンの治安について、夜の様子や治安の悪いエリアなど、知っておきたい情報を紹介します。メルボルンを旅行する時は参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

オーストラリアは日本人の移住者や留学生が多く、観光客も訪れやすい人気の国ですが、
治安が良くないエリアも存在します。

今回はオーストラリア第二の都市・メルボルンの治安について、夜の様子や治安の悪いエリアなど、知っておきたい情報を紹介します。メルボルンを旅行する時は参考にしてくださいね。

Contents

メルボルンの治安はいい?悪い?

photo by Unsplash

メルボルンは留学生やワーキングホリデーなどを含め、在住日本人の数がとても多く、他の国と比べると治安は安定しています。日中や人通りの多い道路であれば、女性のひとり歩きも過剰な心配はいりませんが、海外であることを忘れず油断しないようにしましょう。

外務省の海外安全ホームページでは、国や地域ごとの危険度を4レベルに分けています。オーストラリア全土は2023年現在、すべてのエリアで危険度の対象外となっており、治安が落ち着いていることがわかります。

メルボルンを含むビクトリア州警察の統計によると、侵入・窃盗・暴行の発生件数が日本よりも多く、犯罪発生率は日本の10倍以上となっています。これは他の国と比べて特別高い水準ではありませんが、危険が全くないわけではありません。今回はメルボルンの夜の様子や治安の悪い場所、注意すべきポイントなどを紹介します。

\オーストラリア旅行をチェック!/

メルボルンの夜の治安は?

photo by Unsplash

メルボルンはヤラ川に映り込む街の光や、地上88階から景色を楽しめるスカイデッキなど、美しい夜景スポットが人気の街。また、バーやクラブなども深夜まで営業しており、ナイトライフも充実しています。

治安の安定しているメルボルンでは、夜のひとり歩きも可能ですが、必ず街頭がたくさんある明るい道や大通りを歩くようにし、路地裏は避けましょう。

夜出歩く場合、特に注意が必要なエリアはフリンダーズストリート駅周辺、キングストリート周辺だと言われています。スリやひったくりなどの窃盗や、酔っ払いからの暴行などの被害が発生しているエリアなので、なるべく通るのは避けましょう。もし通る際は、必ず貴重品の入ったバッグは体の前につけ、細心の注意をはらいましょう。

メルボルンで治安が悪いとされる要注意エリア・スポット

メルボルンは治安の安定した都市ではありますが、注意が必要なエリアもあります。昼は明るく人通りの多いエリアであっても、夜は雰囲気が一変し、警戒が必要なことも。また、昼間であっても地元の住民であっても避けている危険なエリアもあります。

ここでは、メルボルンで特に注意したいエリアを紹介します。

①フリンダーズストリート駅周辺付近は観光客を狙った犯罪が多発!

photo by Unsplash

フリンダーズストリート駅周辺は、メルボルン中心部に位置し、多くの観光客が訪れる人気のエリアです。人通りが多く、治安の悪いエリアではありませんが、観光客を狙ったスリやひったくりの被害が発生しています。

特に夜は薄暗く、日中より人目につきにくいため、その環境を狙った窃盗犯がいる可能性があるので、十分注意して歩きましょう。

②セント・アルバンズは地元の住民も避ける危険度の高いエリア

photo by pixabay ※画像はイメージです

メルボルン郊外の北西部は全体的に治安がよくありませんが、特に危険と言われているのがセント・アルバンズです。多様な文化と人種が混在する地域で、雰囲気も他のエリアと少し異なり、地元の人も避けるようにしているエリア。

ドラッグ中毒者やバイヤー、窃盗犯も多く報告されています。殺人事件も発生しているエリアなので、不用意に訪れるのはひかえましょう。

③ダンデノンは犯罪件数が多く注意が必要

photo by Unsplash 

セント・アルバンズと並んで危険と言われているのが、メルボルンの東南部に位置するダンデノン。緑豊かなチャーチル国立公園があり、観光で訪れる方もいるエリアです。

近年は再開発が進み、以前と比べて犯罪件数が減ってきたエリアではありますが、依然として他のエリアに比べて重犯罪が起きやすいエリアのため、不用意に訪れないようにしましょう。

メルボルンで観光客が被害にあいやすい犯罪は?

メルボルンの繁華街や、駅など人の集まる場所では、観光客を狙った犯罪が発生しています。置き引きやスリなどを避けるためにも、日本ではないことをしっかりと意識しながら旅行を楽しみましょう!

ここでは、メルボルンで観光客が被害に遭いやすい犯罪を紹介します。

①スリ・ひったくり

photo by Unsplash 

スリは日本人旅行者がもっとも巻き込まれやすい犯罪です。トートバッグや後ろに背負ったリュックのポケット、ズボンの後ろポケットに入れた財布やスマートフォンは狙われやすいため、貴重品専用の小さなカバンやセキュリティポーチを体の前に着けると安心です。

駅や繁華街などの人混みを歩くときは、スリやひったくりにあいやすいので、特に注意してください。

なお、基本的には治安が安定した都市のため、現地の人はリュックを後ろに背負ったり、ズボンの後ろポケットに貴重品を入れたりして歩いています。

しかし、観光客はファッションや行動などから観光客だと認識されやすく、スリやひったくりの対象となってしまう可能性が高いので、十分に気をつけて行動しましょう。

②置き引き

photo by pixabay

置き引きもスリ同様、日本人旅行者が巻き込まれやすい犯罪です。日本にいる感覚で、うっかり貴重品の入ったバッグを席に置いてきた、場所とりのためにスマートフォンを席に置いてきた、などしてしまうと、置き引きに遭ってしまう可能性があります。

海外にいることを常に意識し、貴重品は肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

③交通事故

photo by Unsplash

犯罪ではありませんが、交通事故もメルボルン観光の際に気をつけたいトラブルです。オーストラリアは歩行者優先の意識が低く、歩行者側が青信号の際も直進してくる車を見かけることがあるなど、日本と比べて運転が粗いです。

日本の感覚で、「車側が停止してくれるだろう」と思ってしまうようなシチュエーションでも、歩行者を優先せずに車が飛び出してくることも多々あるため、十分に気をつけましょう。

また、歩行者信号が青信号となる時間が日本の信号と比べて短いため、赤信号に変わるまでの時間が短い場合は無理して渡らず、次の青信号で渡るようにしましょう。

メルボルンで被害にあわないための防犯対策

異国の地で犯罪やトラブルに巻き込まれると、対処の方法がわからず、不安な気持ちで過ごすことになるだけでなく、せっかくの楽しい旅行が満喫できません。発生しうる犯罪やトラブルとその対策を事前に知っておくことが大切です。

ここでは、メルボルンで被害に合わないための対策を紹介します。

①深夜の一人歩きはしない

photo by pixabay

深夜は暗闇を利用した窃盗犯が出歩いている可能性があります。また、繁華街付近には酔っ払いや路上生活者の姿が見られ、奇声を発したり、観光客に絡んだりする姿も見かけます。繁華街付近にあるバックパッカーホテルに宿泊する場合は、なるべく早い時間にチェックインするようにしましょう。

深夜の時間帯は、万が一トラブルに巻き込まれた場合に頼れる人やお店が少なくなります。ホテルから近い場所であっても、一人で不用意に出歩くのは避けましょう。

また、格安ホテルやAirbnbなどで予約した宿では、宿泊施設が街灯の少ない路地や住宅街にあることも。早朝・深夜便などであたりが暗い時間に出歩くときは、宿の前までタクシーを呼ぶなどして対策しましょう。

②しっかり閉じることのできるカバンを持つ

photo by Unsplash 

スリやひったくり、置き引きなどの窃盗は、口が開いているカバンやトートバッグなどが狙われやすいです。しっかりとチャックを閉じることのできるカバンに貴重品を入れ、体の前に着けるようにしましょう。

③車やバイクに細心の注意を払う

photo by Unsplash 

前述の通り、オーストラリアは歩行者優先の意識が低く、運転も日本より粗い傾向にあります。

信号のない交差点や駐車場の出入り口を横断する際、日本であれば「車やバイク側が停止するだろう」と思う状況であっても、一時停止してくれないことが多々あります。車が進んでこないか注意深く確認してから横断するようにしましょう。

日本国総領事館発行の「安全の手引き」も確認しよう

在メルボルン日本国総領事館では、毎年、「安全の手引き」を発行しており、ホームページから無料でダウンロードできます。

メルボルン在住者を対象としていますが、事件や事故に巻き込まれないために注意すべきことや、緊急時の対処法などが記載されており、旅行者にも役立つ情報が多いので、ぜひ渡航前に確認するようにしましょう。

もしメルボルンで犯罪の被害にあってしまった時の連絡先

メルボルンで思わぬ犯罪や事故、トラブルに巻き込まれたときに焦ってしまわないよう、事前に緊急連絡先をメモしておくと安心です。

ここでは、メルボルンの緊急連絡先を紹介します。

緊急通報先

photo by Unsplash ※画像はイメージです

オーストラリアでは、救急・消防・警察すべて「000」が緊急通報先となっています。緊急通報時は以下のように用件を伝えます。なお、英語での対応となるため、あらかじめ最低限の英語を調べておくのがおすすめです。

①「000」にダイヤルする
②オペレーターに警察(Police)、火災(Fire)、救急車(Ambulance)のいずれの用件なのかを伝える
③事件・事故が発生した住所を伝えると、近隣のステーションに電話が切り替わる
④再度住所と現在の状況を伝える

また、オーストラリアで怪我や病気にかかった際、日本と異なり直接病院で診察を受けることは原則できません。GPと呼ばれる一般開業医に診察を受け、病院での診療が必要な場合のみ、GPからの紹介を受けて病院での診療を受ける形となります。

万が一、メルボルンで怪我や病気にかかってしまい、診療を受ける際、英語で病状を説明するのが不安な方は、日本語対応可能な医療機関を訪れるようにしましょう。これらの医療機関の中にはGPからの紹介状がなくとも診察を受けられる場合のある医療機関もあるので、もしもの場合はまずは問合せてみてくださいね。

在メルボルン日本国総領事館

photo by Unsplash 

メルボルンで犯罪・事故の被害や、パスポートの紛失・盗難に遭い、手続きなどで困った場合は、総領事館に相談・支援を受けることができます。

パスポートを紛失・盗難被害に遭った場合は、総領事館へ直接足を運ぶか、電話にて連絡が可能です。詳しくは在メルボルン日本国総領事館の公式サイトを参照してください。

在メルボルン日本国総領事館の連絡先

治安情報をチェックしてメルボルン旅行を楽しもう!

メルボルンは治安の安定した都市ですが、スリやひったくり、置き引きなどの軽犯罪が日々発生しています。旅行中は羽目を外して遊びたくなりますが、細心の注意を払いながら過ごすことが楽しい思い出作りにもつながります。

異国の解放感と旅行の楽しさについつい気が緩むことがあるかもしれませんが、日本とは文化や風習が違う異国へ来ているということを意識して、メルボルン旅行を楽しんでくださいね!

※治安は地域によっては短期間で変動する場合もあるため、渡航の際には必ず最新情報をお調べください。

cover photo by pixabay





おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

メルボルンの東京発のおすすめツアー

メルボルン旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる