NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】ロサンゼルスからニューヨークへの行き方4選!飛行機がおすすめ

ニューヨークは、ロサンゼルスから飛行機で約5時間半で行ける場所。ニューヨークはアートやファッション、グルメなどトレンド最先端のものが多く、アメリカ旅行の定番の旅行先です。本記事では、ロサンゼルスからニューヨークに行く方法をご紹介。 飛行機でのアクセス方法が一般的ですが、電車や長距離バス、レンタカーなどさまざまな方法があるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

ライター
NEWT編集部

ニューヨークは、ロサンゼルスから飛行機で約5時間半で行ける場所。ニューヨークはアートやファッション、グルメなどトレンド最先端のものが多く、アメリカ旅行の定番の旅行先です。本記事では、ロサンゼルスからニューヨークに行く方法をご紹介。
飛行機でのアクセス方法が一般的ですが、電車や長距離バス、レンタカーなどさまざまな方法があるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

Contents

ロサンゼルスからニューヨークに行く方法は?距離は?


photo by pixabay

ロサンゼルスからニューヨークまでの距離は、陸路で約2,800マイル(約4,506キロ)です。アメリカ大陸を横断するようなルートになります。日本に置き換えると、青森県から鹿児島県までの2倍以上の距離!時差も3時間あるので注意しましょう。

ロサンゼルスからニューヨークまでの行き方は4つ!


photo by pixabay

ロサンゼルスからニューヨークへのアクセス方法は、飛行機、バス、鉄道、レンタカーの4つがあります。

最も一般的な方法は、飛行機を利用してロサンゼルスからニューヨークまで移動する方法です。バスや鉄道などの移動方法も可能ではありますが、どの移動手段も基本的に3日以上かかるため、アメリカ縦断旅行などを計画している場合をのぞいて現実的ではありません。

それでは、ロサンゼルスからニューヨークまでのアクセス方法について、それぞれ料金や時間もふくめて、詳しく紹介します。ご自身の旅行スタイルにあわせてロサンゼルスからニューヨークへの移動方法を選んでみてくださいね。

ロサンゼルスからニューヨークまで飛行機でアクセス!


photo by pixabay

ロサンゼルスからニューヨークまでのアクセス方法で最も一般的なのが、飛行機での移動です。所要時間は直行便で約5時間半、費用は片道約12,000円〜20,000円が相場が相場です。アメリカは国内を飛行機で日常的に移動する文化があるため、アメリカ国内を横断するような中距離フライトでも比較的低価格なのが魅力になっています。

ロサンゼルスを抜け、ニューヨークが近づいてくると大都会のビル群が広がります。同じ大都会ではありますが、上空からでもロサンゼルスとニューヨークの雰囲気の違いが感じられますよ!

約5時間半でアクセスでき、1番おすすめ


photo by pixabay

ロサンゼルスからニューヨークまでの飛行時間は直行便で約5時間半です。

ロサンゼルスからニューヨークへのルートは、デルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空などアメリカの主要航空会社を中心に多くの航空会社が直行便を運航しています。そのため、1日を通してたくさんのフライトが飛んでいて、自分にとって利便性の高い時間帯が選びやすいです。

乗継便を利用するという選択肢もありますが、費用は基本的に変わらず、所要時間が約2時間ほど伸びます。ロサンゼルスからニューヨークへの移動は基本的に直行便を利用するのがおすすめです。

金額は航空会社や到着する空港によって変わる!


photo by pixabay

ロサンゼルスからニューヨークまでは片道、約12,000円〜20,000円が相場です。先ほど紹介した通り、多くの航空会社が就航しているので、豊富な航空会社からフライトを選べます。スピリット航空やジェットブルー航空などの格安航空は、機内持ち込み荷物の制限が厳しかったり、キャンセルの返金がなかったり、少し不便なところも。

ニューヨーク周辺には3つの空港があり、ロサンゼルス国際空港からのフライトは、基本的にニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際(JFK)かニューアーク(EWR)を利用します。どちらもニューヨークの中心部、マンハッタンまで約30分〜1時間かかります。ニューヨーク到着後すぐに予定がある方は、少し余裕を持って移動するようにしましょう。

ロサンゼルスから飛行機で移動するメリット&デメリット

メリット

  • 費用が安い
  • 移動時間が短い
  • 快適に移動できる

デメリット

  • 航空会社が多く、予約が面倒
  • 利用するフライトによっては市内中心部までの移動に時間がかかる

飛行機は、最速でニューヨークに行きたい人におすすめ!


photo by pixabay

ロサンゼルスからニューヨークまでは、約5時間半で移動できる飛行機がおすすめです!

ロサンゼルスからニューヨーク間のフライトを運航している航空会社は多く、それぞれ荷物規定やキャンセル規定、サービスなどが異なります。航空会社によっては、日本語対応していない場合もあり、英語での予約作業を強いられることもあります。

自分に最適なフライトがわからない、予約作業を英語でやるのは不安という方には、令和トラベルの「トラベルコンシェルジュ」がおすすめです!トラベルコンシェルジュは、一人ひとりにあったオーダーメードのご旅行をご提案するサービスです。お客様のご要望にあわせて、ホテル、航空券、現地での滞在など、あらゆるニーズに対応します。

海外旅行で不安を抱えている方は、まず相談してみてください。相談は無料なので、ぜひ気軽にチェックしてみてくださいね。

ロサンゼルスからニューヨークまでバスでアクセス!


photo by Unsplash
※画像はイメージです。

ロサンゼルスからニューヨークまでバスで移動することもできます。所要時間は約60〜70時間ですが、車窓を眺めながら、アメリカ横断をバスで実現させられます。費用は時期や予約のタイミングによって異なりますが、片道約200ドル〜400ドル(約26,690円〜53,390円)が相場です。

ロサンゼルスから出発し、アメリカの各都市をバスから眺めていると移り変わる風景がたのしめます。アメリカは広大な国土で、それぞれの都市でまったく異なる雰囲気を持つため、車窓からの景色に飽きないでしょう。

ただし、バスでロサンゼルスからニューヨークへ移動するのはあまりおすすめしません。長時間のバス移動は苦行になりかねません。安いイメージがあるバスですが、飛行機の方が安い場合もあります。

約60〜70時間でアクセスできる


photo by Unsplash
※画像はイメージです。

ロサンゼルスからニューヨークまでバスで移動する場合にかかる時間は、約60〜70時間です。乗り継ぎ回数は4〜5回するのが一般的なルートで、利用する時間帯や日程によって若干異なります。乗り継ぎ駅によっては、待ち時間が2時間以上発生する場合もあります。

また、約3日にも及ぶ移動のため、全てがスムーズに行くとも限りません。バスが時間通りに目的地に到着しないということも考えられるため、もしもの時に英語で対応をお願いできるように準備しておくようにしましょう。乗り遅れた場合など想定されるトラブル別に英文を用意しておくと、少し落ち着いて対応ができますよ。

金額は約200ドル〜400ドルが相場


photo by pixabay
※画像はイメージです。

ロサンゼルスからニューヨークまでのバスのチケット代は片道、約200ドル〜400ドル(約26,690円〜53,390円)が相場です。直前になると高騰しやすいため、予定が決まったら、なるべく早めの予約がおすすめです。バスのチケットはフリックスバスグレイハウンドのオンラインサイトから予約できます。

利用するバスによって、ニューヨーク市内で到着するバス停が異なりますが、いずれもマンハッタンの中心部なので、利便性が高いエリアで降車できます。

ロサンゼルスから飛行機で移動するメリット&デメリット

メリット

  • 市内中心部に到着できる

デメリット

  • 移動時間が長い
  • 乗継回数が多い

バスは、ローカルな旅をしながらニューヨークに行きたい人におすすめ!


photo by Unsplash

ロサンゼルスからニューヨークまでバスでの移動は、約3日という長い時間がかかることがデメリットです。また、乗り継ぎ回数も多いため、渋滞やトラブルに巻き込まれるとより一層時間がかかることになります。

長距離バスは安いというイメージがありますが、ロサンゼルスからニューヨークまでのバス移動は決して安くありません。移り変わる車窓をたのしみながら、のんびりとした時間をすごしたいという方にはおすすめですが、基本的にあまりおすすめできる方法ではありません。

ロサンゼルスからニューヨークまで鉄道でアクセス!


photo by pixabay

ロサンゼルスからニューヨークまで鉄道で移動するという選択肢もあります。利用するのはアメリカ国内を走る長距離列車、アムトラックです。所要時間は70時間前後、料金は利用する座席の階級によって異なり、約200ドル〜2,500ドル(約26,690円〜333,680円)が相場です。

ロサンゼルスから出発し、アメリカを横断するようなルートを列車で駆け抜けます。他の国でもこれほど長距離の列車に乗る機会はないので、なかなか貴重な経験となるでしょう。

しかし、ロサンゼルスからニューヨークまでの移動にかかる所要時間は70時間前後と約3日間かかります。特別な理由がない限り、飛行機を利用するのがおすすめです。

約70時間でアクセスできる!


photo by pixabay
※画像はイメージです。

ロサンゼルスからニューヨークまで鉄道で移動するには、70時間前後という長い時間がかかります。ロサンゼルスからニューヨークまで直行で行く列車はなく、基本的にシカゴで1回の乗り換えが必要です。

アメリカの列車は、日本のように時刻表通りに走らない場合もあるため、時間に余裕を持った移動が安心です。乗り換えで間違えてしまわないように、あらかじめよく調べておくようにしましょう。

金額は利用する座席の階級によって変わる!


photo by Unsplash
※画像はイメージです。

アムトラックの料金は利用する座席の階級によって異なり、約200ドル〜2,500ドル(約26,690円〜333,680円)が相場です。座席は全部で3階級あり、Coach、Business、Roomから選択可能です。Roomという1番上の階級になると部屋タイプになり、ベットやトイレが完備されているので、簡易的なホテルですごすような感覚で移動をたのしめます。

CoachとBusinessは、一般的な列車の座席でフルフラットになるようなタイプではありません。BusinessはCoachより少し豪華な席というイメージです。Coachは満席ということは少なく、運よく隣の席が空いているとかなりゆったりとスペースを確保できます。

アムトラックはマンハッタン中心部のモイニハン トレイン ホールに到着します。中心部なので、到着後はすぐに観光などをたのしめるのが魅力です!チケットはオンラインで予約するのが主流です。

ロサンゼルスから鉄道で移動するメリット&デメリット

メリット

  • 階級によっては寝ながら移動できる
  • 市内中心部に到着できる

デメリット

  • 時間がかかる
  • 個室タイプの階級は高い

鉄道は、車窓をたのしみながらニューヨークに行きたい人におすすめ!


photo by pixabay
※画像はイメージです。

ロサンゼルスからニューヨークまで列車で移動するには、約3日間という時間がかかることが大きなデメリットです。Roomという階級の席を予約すれば、簡易ホテルのような部屋で移動ができますが、かなり高額なので、よっぽど列車でアメリカ横断がしたいなどの理由がない限りおすすめはできません。

アメリカの長距離列車を体験してみたい方や、乗り換え回数が少ない移動手段で車窓をたのしみたいという方にはおすすめの移動手段です。

ロサンゼルスからニューヨークまでレンタカーでアクセス!


photo by pixabay

ロサンゼルスからニューヨークまでレンタカーを運転して移動するという方法もあります。ロサンゼルスからニューヨークまでの距離は、約2,800マイル(約4,506km)です。休憩なしで車を運転し続けて41時間かかる距離なので、少し休憩などを取りながら移動することを考えると最低でも3日間はかかる計算です。

アメリカ横断旅行で、あちこちで観光をたのしみながらニューヨークを目指す場合、約2〜3週間かかります。レンタカー(2週間)の相場は、乗り捨て料金込みで約1,000ドル(約133,470円)です。

必ず国際免許証もしくはアメリカの運転免許証が必要になるので、渡航前に取得しておきましょう。

休憩なしで約41時間でアクセスできる


photo by pixabay

ロサンゼルスからニューヨークまでは、休憩なしで約41時間の距離ですが、どんなにがんばっても1日に運転できるの​​は12〜14時間程度なので、最低でも3日間はかかる計算です。

アメリカはあちこちに人気の観光スポットがあるため、それらの観光スポットをたのしみながらニューヨークへ向かおうとすると約2〜3週間の日程が必要になります。グランドキャニオンや、ラスベガス、シカゴなどに立ち寄りながらのロードトリップがたのしめます。

金額は日数や車種によって変わる!


photo by pixabay

2週間レンタカーを利用した場合の料金(ニューヨークでの乗り捨て料金込み)は、約1,000ドル(約133,470円)からが相場です。レンタカーの料金は車種や利用するレンタカー会社によって異なります。コンパクトカーが約1,000ドル(約133,470円)から、SUVなど大型の車は1,500ドル(約200,210円)からが相場です。

レンタカーには基本的に別途ガソリン代がかかります。2023年3月時点でアメリカのガソリンは1ガロン(約3.78リットル)あたり約3.5ドル(約470円)が平均です。アメリカのガソリンの平均価格は日本より少し安いくらいが相場です。

西海岸地域(ロサンゼルスやラスベガスなど)や都市部(シカゴやニューヨークなど)は約5ドル(約670円)と高い傾向にあり、内陸や南部地域(テキサスやミシシッピ州など)は約3ドル(約400円)と安い傾向にあります。地域によって大きな差があるため、可能な限り安い地域でガソリンを入れながら、ロサンゼルスからニューヨークまで移動するとガソリン代が節約できます。

ロサンゼルスからレンタカーで移動するメリット&デメリット

メリット

  • 自由度が高い
  • 旅行をしながらニューヨークに行ける

デメリット

  • 時間がかかる
  • 他の移動手段に比べて高い
  • 自分で運転しなければならない

レンタカーは、アメリカ横断旅行をたのしみながらニューヨークに行きたい人におすすめ!


photo by pixabay

ロサンゼルスからニューヨークまでレンタカーを運転して移動するには、最低でも3日間かかります。観光スポットに立ち寄りながら、ニューヨークを目指す場合は、約2〜3週間かかると考えておきましょう。

休憩なしで行っても41時間という距離なので、アメリカ横断旅行を計画される方は、運転できる人が複数人いると安心です。また、これだけの長距離を運転するとパンクなどのトラブルに見舞われることもあるので、時間に余裕を持って移動することをおすすめします。

みんなでワイワイ、アメリカ横断旅行をたのしみたいという方に、レンタカーでの移動はぴったりです!

目的に合わせてロサンゼルスからニューヨークに行こう!


photo by shutterstock

本記事では、ロサンゼルスからニューヨークまでの移動手段を4つ紹介しました。主な移動手段は、飛行機、バス、鉄道、レンタカーの4つです。

それぞれメリットとデメリットがありますが、1番おすすめの移動手段は飛行機です。飛行機は毎日多くの直行便がロサンゼルスからニューヨークまで飛んでいて、片道あたりの料金は約12,000円〜20,000円と他の交通手段と比較しても安いです。所要時間も約5時間半と最速で移動できるため、時間が限られている方には特に適しています。

とはいえ、バスや列車から広大なアメリカを横断する車窓をたのしみたい方や、レンタカーでのアメリカ横断旅行をたのしみたい方は、飛行機以外の移動手段を検討してみるのもいいでしょう。

それぞれのメリット・デメリットを確認した上で、ロサンゼルスからニューヨークまでの移動をたのしんでみてください。

※2023年3月31日のレート、1アメリカドルは133.47円で計算しています。

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

アメリカの東京発のおすすめツアー

アメリカ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

ほかエリアの旅行・ツアー情報