NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

モンゴル料理のおすすめ15選!絶対食べたい人気メニューを厳選

モンゴル料理といえば、揚げ肉まんホショルや蒸し餃子ボーズなど、中華風のメニューが人気!香辛料はほぼ不使用でシンプルな塩コショウの味付けが基本です。 この記事では、モンゴル料理の特徴や人気メニューを厳選してご紹介します。伝統的な料理やスープ、米料理、スイーツなどのジャンル別にわけて紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

モンゴル料理といえば、揚げ肉まんホショルや蒸し餃子ボーズなど、中華風のメニューが人気!香辛料はほぼ不使用でシンプルな塩コショウの味付けが基本です。

この記事では、モンゴル料理の特徴や人気メニューを厳選してご紹介します。伝統的な料理やスープ、米料理、スイーツなどのジャンル別にわけて紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

Contents

モンゴル料理の特徴

photo by Unsplash 

モンゴル料理は、伝統的な遊牧民族の食事で、塩コショウのシンプルな味つけの肉料理や小麦粉を使った料理が多いです。中国や中央アジア、ロシアなどの近隣諸国の料理にも共通する揚げパンホーショールや蒸し餃子ボウズなどがあります。

新鮮な羊肉を使った肉料理も絶品です。クミンシードの香りがたまりません。

スパイスの使用は限定的でシンプルな味つけが多いので、エスニック料理のようなスパイシーで独特の強い風味が苦手という方にも食べやすいでしょう。

もし機会があれば馬乳酒(アイラグ)や塩っぱいミルクティーステーツァイなどに挑戦してみるのもおすすめ。独特な風味や味わいがクセになるかも?

この記事では、モンゴルに行ったら食べて欲しいおすすめの料理をご紹介します。

モンゴル料理の伝統的なメイン料理5選

モンゴル料理のメイン料理には、揚げパンホーショールや蒸し餃子ボウズ、羊肉を何時間も煮込んだチャンサンマハ、羊肉のBBQ串ショルラッグなどがあります。中華料理に近い料理や羊肉を使ったメニューが多いのが特徴。それぞれについて見ていきましょう。

ホーショール

肉を包んで揚げたモンゴル風の揚げパン

Empanadas de papa y cebolla by Seba Della y Sole Bossio is licensed under CC BY 2.0

ホーショールは、豚や羊肉のひき肉や玉ねぎを包んで揚げたモンゴル風の揚げパンです。外はカリッと、中はジューシー!口に入れると肉汁が一気にあふれ出します。屋台や飲食店、家庭のお母さんの味として数多くの場所で親しまれています。

朝ごはんや昼ごはん、ちょっと小腹が空いた時などに手軽に買える料理です。

ボウズ(ボーズ)

まるで肉まん?モンゴル風の蒸し餃子

Dornogovi Province - Mongolia by David Berkowitz is licensed under CC BY 2.0

ボウズは、羊肉や玉ねぎから作った餡を包み、せいろで蒸しあげた餃子です。ロシアのペリメニや中国の小籠包や蒸し餃子、チベット料理のモモなどの仲間ですね。

ボウズの特徴は羊肉を使っていることで、羊肉ならではの独特の香りやうま味が口いっぱいに広がる餃子で、羊肉好きな人にとっては食べやすい餃子です。

モンゴルではお正月や祝日などには欠かせない料理となっていて、各家庭で料理され来客者に振る舞われるのが通例となっています。

チャンサンマハ

羊肉を塩水でとろとろになるまで煮込んだ伝統料理

FV7A9483 by sunriseOdyssey is licensed under CC BY-SA 2.0

チャンサンマハは、羊肉やジャガイモ・人参・玉ねぎといった野菜を塩水で柔らかくなるまで煮込んだ料理です。伝統的なチャンサンマハは骨付きの羊肉のみを豪快に塩茹でし、柔らかくなるまで煮込みます。羊肉ファンにとってはたまりません!

現在のチャンサンマハは色とりどりの野菜が入っていて、唐辛子入りのスパイシーなニンニク醤油をつけて食べるのが主流。素材の味を楽しみましょう。

羊肉以外には、牛肉やトナカイの肉が使用されることもあるそうですよ。

ショルラッグ

クミンが薫る!豪快な羊肉のBBQ串 

Lamb Skewers - Little Lamb Mongolian Hotpot, Box Hill by Alpha is licensed under CC BY-SA 2.0

ショルラッグは、羊肉にクミンや唐辛子パウダーをまぶして焼いたBBQ串です。新鮮でジューシーな羊肉にたっぷりとスパイスをかけて頂きます。遊牧民族で牧畜文化が根づくモンゴルの羊肉は、日本ではなかなかお目にかかれないレベルの鮮度。

お酒と一緒にモンゴルの新鮮な羊肉を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ツォイワン

具沢山なモンゴル風の焼きうどん

Mongolian Barbeque by Bev Sykes is licensed under CC BY 2.0

ツォイワンは、具沢山のモンゴル風の焼きうどんです。自家製麺を作るところから始まり、たくさんの肉や野菜を入れて高火力でサッと炒めます。家庭やお店によって麺の太さや形状が異なるので、ぜひ色々な場所でチャレンジしてみてください。

日本のうどんが恋しくなった時などに食べたいメイン料理ですね。

モンゴル料理のおすすめスープ・飲み物5選

モンゴル料理には馬乳酒や塩っぱいミルクティーステーツァイ、肉野菜スープのノゴートイシェルなど、モンゴル独自の料理が多いです。モンゴルらしい料理にチャレンジしたいなら、スープや飲み物のメニューをチェックしましょう。

馬乳酒(アイラグ)

酸味と独特の香りがある馬乳

Salted milk anyone? by whatleydude is licensed under CC BY 2.0

馬乳酒(アイラグ)は、馬の乳を発酵させて作った乳製品であり、お酒です。馬乳独特の臭みや酸味、コクがあり、好きな人にはクセになる飲み物となっています。

毎年6〜8月になると馬の乳を搾乳し、容器で何百回・何千回とかき混ぜます。前年の馬乳酒を発酵のスターターとして利用し、かき混ぜて一晩おいておけば馬乳酒の完成です。

アルコール濃度は2%前後とライトで、ミネラルやビタミンが豊富な健康飲料です。遊牧民族で野菜や果物が不足しがちだったモンゴル人たちの貴重な栄養源となってきました。

スーテーツァイ

ほんのり塩っぱいミルクティー

mongolia08-305 by Jocelyn Saurini is licensed under CC BY 2.0

ステーツァイは、塩入りのミルクティーです。茶葉を水で煮出して、牛乳と多少の塩を加えて仕上げた塩味のある珍しい味わいのミルクティーとなっています。

その飲み方や原材料からモンゴル風のミルクティーと言われることが多いですが、実際は食卓を彩るスープの一種としてあつかわれていますね。

お好みの塩加減を見つけて、モンゴル風のミルクティーを楽しんでみましょう。

ノゴートイシュル

野菜と肉がたくさん入ったスープ

Everyday food in Mongolia by hiroo yamagata is licensed under CC BY-SA 2.0

ノゴートイシュルは、羊肉やジャガイモ、人参、玉ねぎ、キャベツなどがたくさん入った肉野菜スープです。味のイメージは塩味のポトフに近いですね。

モンゴル人の中には野菜をあまり食べないという方も少なくなく、野菜を摂取できるメニューを探すのは大変。そんな時はノゴートイシュルを注文しましょう。

肉料理や野菜スープ、主食をバランスよく摂取できるのが魅力です。ノゴートイシュルを街の食堂などで積極的に探してみて、野菜のうま味を堪能してみては?

バンタン

スープに小麦粉を入れたクリーミィなスープ

chicken soup by Mike W. is licensed under CC BY-SA 2.0

バンタンは、羊肉や玉ねぎたっぷりのスープに小麦粉の生地をちぎって入れたクリーミーな白色のスープです。出来上がりはまるでおかゆのよう。離乳食としても作られます。

にんじんを入れたり、アクセントに香菜を追加したりすれば彩りがより豊かになるスープです。自分好みの具材をトッピングしてみましょう。

ゴリルタイシェル

羊肉入りの塩うどん

Lamb Stew Noodles at Togi's Mongolian Cuisine by Gary Stevans is licensed under CC BY 2.0

ゴリルタイシェルは、野菜や羊肉入りの塩うどんです。羊肉ベースのダシがでた塩味のスープに人参やほうれん草、青ネギといった野菜をのせます。シンプルな味付けで、肉のうま味をダイレクトに感じたい方におすすめの麺料理ですよ。

食欲がない時でもつるっと食べられるのがうれしいポイントですね。

モンゴル料理のおすすめ米料理3選

モンゴル料理では、米料理もよく食べられます。羊肉をベースにしたチャーハンや栄養バランスがとれた定食、焼肉プレートなど日本人に馴染みのある料理も!

ここでは、モンゴル料理のおすすめの米料理についてチェックしましょう。

ボタータイホーラガ

炒めた具材を米と混ぜた料理

Mongolian Chicken & Brown Rice by flippinyank is licensed under CC BY 2.0

ボタータイホーラガは、羊肉や玉ねぎ、人参、グリーンピースなどを炒めて、ご飯と混ぜて作った混ぜご飯です。日本や中国のチャーハン、インドのビリヤニのような炒め飯のバリエーションの一つで、麺やパン食が多いモンゴルでの米の摂取量不足を解消してくれます。

ゴリヤシ

ハンガリーから伝わった?!モンゴル風の定食

999 Fast Food 01 by Mike W. is licensed under CC BY-SA 2.0

ゴリヤシは東欧のハンガリーのスープ料理「グヤーシュ」にルーツをもつとされる煮込み料理とご飯です。牛肉や羊肉をたっぷりのトマトやジャガイモ、玉ねぎで煮込んだ料理で、バターや塩コショウ、鶏ガラスープのうま味が凝縮されています。

バリエーション豊富な副菜や米と一緒に煮込み肉を食べたい方におすすめです。

シャルスン マハタエ ホールガ

炒めた肉料理とご飯が一緒になったプレート

Mongolian Beef by Craig Dugas is licensed under CC BY 2.0

シャルスン マハタエ ホールガは、羊肉や牛肉などの肉を炒めた料理とご飯が一緒のプレートにのっている料理です。お好みで副菜などもトッピングできます。

食堂や定食屋などで注文して、自分好みのプレートを完成させてみましょう。

モンゴル料理のおすすめスイーツ・飲み物2選

モンゴル料理のスイーツは素朴でシンプルなものが多いです。ここでは、食後やおやつに飲み食いしたいモンゴル料理について見ていきましょう。

ボールツォグ

モンゴルの素朴な揚げドーナツ

Dornogovi Province - Mongolia by David Berkowitz is licensed under CC BY 2,0

ボールツォグは、モンゴル風の小さな揚げパンです。砂糖や蜂蜜をつけて食べたり、モンゴルバターのウルムをつけて食べたりします。手軽なおやつですよ。

羊脂で揚げて香りづけすることが多いです。

その一方で、中央アジアの揚げパンはパン自体に砂糖や牛乳、バターが練り込まれていたり、原材料のバリエーションが幅広かったりします。

モンゴルのボールツォグは素朴な味が魅力。砂糖や蜂蜜、バターなど、自分が好きな味つけを見つけて、手軽なおやつとして楽しんでみてはいかがでしょうか?

シーバックソーンジュース

栄養豊富なシーバックソーンの果汁を使ったジュース

photo by Unsplash ※画像はイメージです

シーバックソーンジュースは、酸味と程よい甘味、独特の爽快感のある香りが特徴のジュースです。砂漠やステップ草原といった過酷な自然環境でも育ち、ビタミンC・A・E、アスパラギン酸などが豊富なシーバックソーンのジュースです。ロシアから中央アジア、モンゴルにかけて広く飲まれています。

ジュースだけでなく、シーバックソーンティーも人気で、柑橘系にも似た爽快感のあるシーバックソーンの香りと程よい酸味のある味わいは、日本ではなかなか体験できない味でしょう。

モンゴルを訪れたら、ぜひ一度はシーバックソーンジュースを試してみては?

おいしいモンゴル料理を満喫しよう!

モンゴル料理で食べてみたいメニューは見つかりましたか?

モンゴル料理は羊肉を使ったシンプルな味付けの料理から、日本人も食べやすいご飯もののプレート料理まで幅広くあります。

今回紹介したモンゴル料理はどれもおすすめのものばかりなので、ぜひ食べてみてくださいね!

cover photo by unsplash


えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる