NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2022年最新】シンガポール旅行2泊3日の費用&予算!安い時期や節約方法も紹介

今回はシンガポールの情報や物価、2泊3日にかかる1人分の費用&予算を徹底解説します。おすすめの安い時期や旅費を安くするコツも紹介しているので、シンガポール旅行の参考にしてくださいね。

更新日:
NEWT編集部

シンガポールは話題のマリーナベイサンズなど、近未来を感じられる人気の旅行先。今回はシンガポールの情報や物価、2泊3日にかかる1人分の費用&予算を徹底解説します。おすすめの安い時期や旅費を安くするコツも紹介しているので、シンガポール旅行の参考にしてくださいね。

Contents

シンガポール旅行の基本情報

シンガポールはどんな国?


photo by unsplash

日本から7時間ほどでアクセスできるシンガポール。東京23区ほどの大きさなので、コンパクトに短期間で観光を楽しめます。とくにマリーナベイサンズやマーライオン、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは絶対に訪れたい観光地です。

また、シンガポールは中国やインド、マレーシアなどの多民族国家なので、各国の文化や食事なども満喫できます。異国情緒をたっぷりと感じながらも、100万ドルの夜景ともいわれるきらびやかな景色を堪能できますよ!

シンガポールの気候&ベストシーズン、安い時期は?


photo by unsplash

シンガポールは熱帯モンスーン気候に属しているため、年間を通して26℃~27℃と温暖な気候です。季節は大きく11月~2月の雨季と、3月~10月の乾季に分かれています。観光するなら、雨の少ない3月~10月がベストシーズン!ホテルのプールやビーチなどを満喫するなら、この時期がおすすめです。

逆に、旅行費用が安い時期を狙うのなら、オフシーズンである雨季の時期が狙い目。12月の年末年始前や1月の連休明けなどは値段が下がる傾向があります。旅行費用が高くなる時期は、年末年始、GW、お盆、3連休など。ホテルや飛行機代が値上がりするので、旅行費用も高くなります。

\ NEWTでおトクな特大セール開催中 /

NEWTでは20以上の限定ツアーを超おトクな価格で販売しています!詳しくは下のボタンからチェック


※2022年12月26日11:59AMまでの販売です

シンガポールの物価はどれくらい?


photo by unsplash

シンガポールは、東南アジアの国でありながらも、日本よりも物価が高いことで知られています。とくに、観光客用のレストランや観光スポットの入場料は高くなるので、観光という観点から言うと物価は高いです。

ただ、ローカル向けの食堂やフードコートなどでは食事を格安で楽しめる場合も。旅行費用を安く抑えたい方は、ローカル向けのグルメをチェックしておきましょう!参考までに下記を確認してみてください。

タクシー初乗り:4シンガポールドル(約392円)
地下鉄(1区間):0.77シンガポールドル(約75円)
ミネラルウォーター(500ミリリットル):1.25シンガポールドル(約122円)
レストランでの食事:35シンガポールドル(約3,430円)
食堂などでの食事:10シンガポールドル(約980円)

シンガポールは入場料がかかる観光スポットが多いので、観光地をどれだけ巡るかによっても費用は変動しそうです。

※2022年7月23日のレート、1シンガポールドル=98円で計算しています。

シンガポール旅行2泊3日の費用&予算は?

シンガポール旅行2泊3日の費用を項目別に解説していきます!シンガポール旅行の予算を立てる際の参考にしてくださいね。

1人 約14万円~の予算でOK(帰国のPCR検査込み)


photo by unsplash

航空券はLCCで安い飛行機を利用し、ホテルをコスパのよいシティホテルにした場合です。食事をローカル向けのレストランや食堂で済ませれば、もっと安く旅行を楽しめますよ。格安ツアーを活用してみるのもおすすめです。それでは、それぞれの費用を項目別に解説します!

シンガポール旅行の費用&物価を解説

シンガポールへの航空券費用


photo by unsplash

費用の目安:往復で約4万円~約27万円
シンガポール行きの航空券は、時期によって大きく異なります。年末年始などの長期休暇では往復30万円近くになることも。ちなみに、現在直行便で運航している航空会社は、日本航空(JAL)や全日空(ANA)、シンガポール航空、スクート、ZIPAIRなど。

日本航空やシンガポール航空などを利用すると往復12万ほどが相場です。連休の前後の平日やオフシーズンでは、格安航空会社(LCC)で往復4万円の料金で安く行けることもあります。

\ 今だけシンガポール旅行が超おトク /

NEWTの特大セールでは、今だけおトクにシンガポールへ行けます!詳しくは下のボタンをチェック


※2022年12月26日11:59AMまでの販売です

シンガポールのホテル費用


photo by pixabay

費用の目安:1泊あたり約1万円~
シンガポールのホテルは、マリーナベイサンズやリッツカールトンなどの高級ホテルもあれば、コスパのいいシティホテルもあり、価格はピンキリ。旅行の目的や過ごし方によって旅行費用は大きく変動します。シティホテルは1泊1室あたり1万円~2万円ほど、高級ホテルに泊まる場合は、1泊1室5万円以上を予算にしておくといいでしょう。

ちなみにマリーナベイサンズに泊まると1泊1室6万円ほど。費用を抑えつつもあこがれのマリーナベイサンズに泊まってみたい!という方は、最後の1泊だけマリーナベイサンズに宿泊、というようなスケジュールを立てるのもおすすめです。

\ おトクなシンガポール旅行をチェック/

航空券とホテルでこの価格です!詳しくは下のボタンをクリックしてくださいね。


※2022年12月26日11:59AMまでの販売です

シンガポールの食費


photo by unsplash

費用の目安:1日あたり約1万円~
シンガポールでの食事は、夜景が見えるホテルのレストランで食事をすれば、80シンガポールドル(約7,841円)、街中のレストランで食事をすれば20シンガポールドル(約1,960円)ほど、ローカル向けの食堂(ホーカーズ)では5シンガポールドル(約490円)。

どこでどんなシーンで食事を楽しみたいかによって、旅行費用は大きく変わります。また、シンガポールでは朝食付きのホテルは少ないので、朝食代も必要に。朝と昼は食費を抑えて1食あたり1,000円ほど、夜は豪華に5,000円~1万円ほどを予算にしておくといいでしょう。

シンガポールの交通費


photo by unsplash

費用の目安:1日あたり約1,000円~
シンガポールでの移動は、おもに地下鉄(MRT)やタクシー。地下鉄の運賃は0.77~2.02シンガポールドル(約75円~198円)、タクシーの初乗りは3~4シンガポールドル(約294円~392円)と日本よりも安く利用できます。シンガポール内の主要観光地を訪れるのであれば1日あたり1,000円ほどで満喫できますよ。

シンガポールのおみやげ費用


photo by unsplash

費用の目安:約1万円~
シンガポールでのおみやげは、世界的に有名なTWGの紅茶(25シンガポール/約2,450円)や、ヤ クン カヤトーストのお菓子(3シンガポールドル/約294円)、ばらまき土産に最適なマーライオンクッキー(8シンガポールドル/約784円)などが定番。

さらに、自分用のお土産として、かわいらしい柄が魅力のプラナカン雑貨やジャマル カズラ アロマティックスの香水瓶などもおすすめです。

シンガポール観光&アクティビティの費用


photo by unsplash

費用の目安:1スポット約3,000円~約8,000円
シンガポールでは、観光スポットを訪れるのに入場料がかかる場合が多いです。おもな観光スポットの入場料は以下の通り。

シンガポール動物園:48ドル(約4,704円)
ナイトサファリ:55シンガポールドル(約5,391円)
リバーサファリ(リバー・ワンダーズ):40シンガポールドル(約3,920円)
ユニバーサルシンガポール:61シンガポールドル(約5,979円)

PCR検査費など、ほかにシンガポール旅行でかかる費用


photo by unsplash

費用の目安:約2.5万円~
そのほかシンガポール旅行でかかる費用は以下の通り。

・海外旅行保険(約1,500円~3,000円)
・PCR検査(日本帰国前/英文陰性証明書発行:約2万円~)
・Wi-Fiレンタル(使い放題:約2,000円~)

2022年10月16日現在、日本帰国時に必要だったPCR検査・陰性証明書は、ワクチンを3回接種していれば不要になりました。また、万が一の怪我や病気に備えて、海外旅行保険に加入することをおすすめします。


シンガポール旅行の費用を安くするコツ

①航空券とホテルがセットになった格安ツアー


photo by unsplash

シンガポール旅行を安くしたい場合、航空券とホテルの費用がセットになった格安ツアーを狙うのもおすすめです。ツアー商品は、航空券とホテルだけでなく、空港からホテル間の往復送迎やホテルの朝食代金が含まれていることも。あこがれのマリーナベイサンズにも通常よりも旅行会社の方が安く仕入れをしている場合もあります。

\ NEWTでおトクな特大セール開催中 /

NEWTでは20以上の限定ツアーを超おトクな価格で販売しています!詳しくは下のボタンからチェック


※2022年12月26日11:59AMまでの販売です

②無料の観光地へ


photo by pixabay

シンガポール旅行の費用を抑えたい方は、無料で楽しめる観光スポットに行くのもおすすめ!有名スポットであっても無料で楽しめる場所がたくさんありますよ。

  • マーライオン公園
  • ガーデンズバイザベイ(ガーデン自体は入場無料)
  • シンガポール植物園
  • アラブストリート(サルタンモスク)
  • リトルインディア
  • カトン地区

などは、無料で満喫できるので、旅行費用を抑えたい方は無料スポットを多くスケジュールに組み込むのがおすすめです。

③ローカルな食事


photo by unsplash

食事をローカル向けの食堂や屋台、フードコートなどで食べるのも旅行費用を抑えるコツ!シンガポールには、ホーカーズという屋台で食事を楽しめるスポットがいたるところにあります。中華系、マレー系、インド系などの多国籍の料理が楽しめるので、リーズナブルに異国情緒を味わいたい方におすすめです!

④交通手段はバスか電車


photo by unsplash

公共交通機関が充実しているシンガポールでは、タクシーではなくバスや地下鉄(MRT)を利用するのがおすすめ。日本よりも安い価格で利用でき、英語のアナウンスなども充実しているので、旅行費用を節約したい方は積極的に利用してみて。

シンガポール旅行をお得に満喫しよう

この記事では、シンガポール旅行にかかる費用の詳細や旅行費用を安くするコツを紹介しました。高級なイメージのあるシンガポールですが、無料の観光スポットを巡ったり食事をローカル向けの場所でしたりすれば、意外と費用はかかりません!それぞれの目的や予算に合ったスケジュールを組むことができますよ。

ぜひ旅行費用が安くなるコツを活用して、シンガポール旅行をお得に満喫してくださいね。

cover photo by shutterstock

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる