NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】シンガポールのコンセントはBFタイプ!変換プラグや電圧などを徹底解説

シンガポールに行く際にぜひチェックして欲しいのが、コンセントのタイプ。シンガポールでスマホやカメラ、パソコンなどの電子機器を充電するために、必ずチェックしておきたいポイントです。シンガポールのコンセントは日本とは異なるタイプの形状なので、日本の電化製品を使用する時は、変換プラグや変圧器をしなければいけません。 この記事では、旅行の前に知っておきたい、シンガポールのコンセントや電圧について徹底解説します!事前にしっかりと準備して、快適なシンガポール旅行を楽しみましょう。

ライター
NEWT編集部

シンガポールに行く際にぜひチェックして欲しいのが、コンセントのタイプ。シンガポールでスマホやカメラ、パソコンなどの電子機器を充電するために、必ずチェックしておきたいポイントです。シンガポールのコンセントは日本とは異なるタイプの形状なので、日本の電化製品を使用する時は、変換プラグや変圧器をしなければいけません。

この記事では、旅行の前に知っておきたい、シンガポールのコンセントや電圧について徹底解説します!事前にしっかりと準備して、快適なシンガポール旅行を楽しみましょう。

Contents

シンガポールのコンセントはBFタイプ!

BFタイプのコンセント
photo by pixabay

シンガポールで使用されている一般的なコンセントは、3つ穴がついているBFタイプ(Gタイプ)。こちらのプラグはシンガポールのほかにもイギリスやベトナム、マレーシア、イギリスなどの国で使われており、日本のコンセントの形状とは異なります。

ホテルや施設によっては、ユニバーサルタイプのコンセントがついている場合も!この場合は日本で使用している電化製品のプラグをそのまま接続できます。電化製品によっては電圧に対応していないこともあるので、接続する前にコンセント部などに記載されている電圧の数値をチェックしてみてくださいね。

シンガポールのコンセントは変換プラグを使用

Outlet by Gavin St. Ours is licensed under CC BY 2.0

シンガポールで使用されているBFタイプのコンセントは、日本の電化製品に対応しているAタイプのプラグとは異なります。そのまま接続できないため、日本から持って行く電化製品を使用する場合、プラグの先端に取り付けられる専用の変換プラグが必要です。

なるべく手軽に購入したいなら、簡易型の変換プラグがぴったり。シンガポール以外にも海外旅行を楽しむ方は、BFタイプ以外にもさまざまなタイプにアレンジできるマルチ型の変換プラグがおすすめです。

複数のパーツを組み合わせて使用するマルチ型の変換プラグは、かさばるだけでなく紛失の危険もあります。ユニバーサルタイプのマルチ変換プラグだと単体で使用できるため、安心!急速充電や通電検知などの機能がついていると、とても便利です。

変換プラグはどこで買える?

photo by Unsplash 

変換プラグは、家電量販店などのお店で購入できます。BFタイプの変換プラグは使用している国が多いため、ほとんどのお店で種類豊富に取り扱われており、実際に目で見てデザインや形状、軽さなど、お好みの変換プラグをチョイスできますよ!

また、変換プラグをお手軽に購入したい方は、ダイソーなどの100円ショップがおすすめ。家電量販店よりもかなり格安で販売されていますが、壊れやすい変換プラグもあるので、予備として余分に購入してくといいかもしれません。

フライト直前に変換プラグを購入していないことに気づいた際は、空港内にあるコンビニやショップをチェックしてみましょう。国際線が就航している空港の場合、かなりの確率で変換プラグを取り扱っています。フライト前に必ず忘れていないか、チェックしてみてくださいね。

差し込み口が複数ある電源タップはあると便利

photo by Unsplash 

スマホやカメラ、パソコンなどの電子機器は、毎日の充電が必要不可欠!短時間で充電できないものが多いからこそ、1人で旅行する時もプラグは1つだけでは足りません。差し込み口が複数搭載されている電源タップがあると一度に複数の電化製品を充電できるので、助かるシーンが多いはず!

電源タップも変換プラグ同様に、BFタイプ以外のコンセント形状でも使用できるユニバーサルタイプがおすすめです。USBポートが搭載されていると、アダプターを用意しなくとも充電コードだけでチャージできますよ。

シンガポールの電圧は220〜240V!変圧器が必要な場合も

シンガポールと日本では、コンセントやプラグの形状以外にも、電圧がちがいます。日本の電圧は100V。電圧が230Vのシンガポールと比べるとかなり低いため、基本的に海外で日本の電化製品を使用する際は、変圧器が必要です。そのまま差し込んでしまうと、電化製品が壊れてしまうだけでなく火災の危険もあるため、注意が必要です。

スマートフォン(iphoneやAndroid)・パソコンは変圧器は必要なし!

photo by pixabay

iPhoneなどのスマートフォンやパソコンはグローバル仕様になっているため、変圧器がなくともそのまま充電できます。プラグの形状は異なるため、変換プラグが必要です。なお、一部の電化製品は日本の電圧にしか対応していないものもあります。必ずアダプターに記載されている数値を確認してから、コンセントに接続するようにしてくださいね。

ドライヤー・ヘアアイロンの場合は基本的に変圧器が必要

photo by Unsplash

身だしなみに使用するヘアアイロンやドライヤーは、シンガポール旅行でも持って行きたいアイテム。特にドライヤーは高いワット数が必要なので、大容量の変圧器を用意しなければいけません。

持ち運びに便利な大容量タイプの変圧器も販売されているので、ぜひ家電量販店などを事前にチェックしてみてくださいね。ドライヤーはホテルに完備されていることも多いため、宿泊するホテルが決まったら、公式サイトなどで情報を確認しておくと安心です。

デジタルカメラなどの撮影機器の場合

photo by Unsplash

一眼レフやミラーレスカメラはスマートフォンなどと同様に、100V〜240Vに対応しています。そのため、シンガポールで充電する際も、変圧器の必要はなく、変換プラグさえあれば普段通りに充電できます。

ただ一部のデジタルカメラは、日本の電圧にしか対応していないものもあります。大切な思い出を残せるデジタルカメラが旅行先で壊れてしまったら大変!念の為、デジタルカメラの電圧を確認してから、充電するようにしてくださいね。

電化製品の対応電圧の調べ方

photo by pixabay

電化製品の対応電圧は、電源アダプターなどの製品本体や製品仕様書に記載されています。スマートフォンやパソコンなどの一部の電子機器を除いて、100Vとなっている場合は電圧機を使用しないと利用できません。

電圧が100V〜240Vと記載されている電子機器は海外規格になっているものであれば、変圧器なしで使用可能です。シンガポール旅行中に使用する電子機器は、事前に電圧を確認しておきましょう。

変圧器を使用する際は消費電力もチェック!

photo by pixabay

それぞれの変圧器には消費電力の容量が決まっているため、使用する電子機器の消費電力を事前に確認しておきましょう。特にドライヤーは消費電力が大きいので、要注意!消費電力が超過してしまうと、熱を持ってしまうだけでなく、壊れやすくなってしまうこともあります。

差し込みタップが複数あるものだと消費電力はその分高くなってしまうので、消費電圧に余裕がある変圧器を用意してくおくと安心です。

変換プラグや変圧器を忘れた場合は?

photo by Unsplash 

変換プラグや変圧器を日本から持って行き忘れてしまった時は、まずホテルで借りれないか確認してみましょう。空港や人気観光地に近いホテルをはじめ、5つ星などの高級ホテルでは、貸し出し用の変換プラグや変圧器の用意があることが多いため、フロントで「Do you rent conversion plugs?」などと聞いてみてください。

ホテルによっては、さまざまなタイプのコンセントに対応しているユニバーサルタイプのコンセントやUSBポートが部屋についている場合もあります。スマホやパソコンなどの一部の電化製品以外は、電圧の関係で使えないことも多いため、注意してくださいね。

シンガポールのコンセントを事前に確認して快適な旅を

この記事では、シンガポールのコンセントの形状の違い、変換プラグの種類や使い方などについて解説しました。シンガポール旅行の際はBFタイプの変換プラグや変圧器を利用する必要があります。

事前にコンセントの確認をして、シンガポール旅行を快適に楽しんでくださいね。

cover photo by unsplash

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

シンガポールの東京発のおすすめツアー

シンガポール旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

シンガポール旅行・ツアー情報