NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

ハブ空港とは?世界で有名な空港をランキングでご紹介!

ハブ空港とは、飛行機の乗り継ぎなどにより多くの航空路線が集中している空港のこと。海外旅行では、ハブ空港の特徴を知っておくと、旅がもっと楽しくなりますよ! 今回は、旅行の拠点ともなるハブ空港の特徴を解説。世界のハブ空港ランキングと、気になるハブ空港の特徴もあわせて紹介します。

ライター
NEWT編集部
海外ツアー・ホテル予約 NEWTのアプリで7%OFF はじめての予約につかえるクーポンもらえる🤳海外ツアー・ホテル予約 NEWTのアプリで7%OFF はじめての予約につかえるクーポンもらえる🤳

ハブ空港とは、飛行機の乗り継ぎなどにより多くの航空路線が集中している空港のこと。海外旅行では、ハブ空港の特徴を知っておくと、旅がもっと楽しくなりますよ! 

今回は、旅行の拠点ともなるハブ空港の特徴を解説。世界のハブ空港ランキングと、気になるハブ空港の特徴もあわせて紹介します。

Contents

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

ハブ空港とは?

photo by PIXTA

国際線・国内線が数多く集まり、乗り継ぎや都市間の移動に便利な空港のことを意味するハブ空港。拠点の空港ともいわれています。まずは言葉の意味と、ハブ空港がある理由から解説します。

ハブ空港の言葉の意味

ハブ空港のハブとは、車軸のことを指します。自転車をはじめとする車輪は中心に車軸があり、そこからスポーク(棒)が伸びてタイヤを支えている構造。

それにたとえ、空港でも中心となるハブ空港と、その路線となるスポークという考え方が適用されています。航空ネットワークは、各空港をバラバラに結ぶのではなく、ある空港を中心にして結んだ方が効率がいいため、ハブ&スポークネットワークという形で運営されているのです。

そのため、乗り継ぎをするときなどの中心となる拠点空港はハブ空港と呼ばれるようになりました。

ハブ空港の2つの種類

ハブ空港=乗り換えができる空港と思われがちですが、実はハブ空港には2つの種類があります。

1つは航空会社のハブ空港。それぞれの航空会社が運用の中心にしている空港のことで、自社の航空便や機材、スタッフなどを集約している空港です。航空会社は自社のハブ空港を設定することで運営を効率化しています。

たとえば全日空(ANA)のハブ空港は、東京国際空港(羽田空港)、成田国際空港、大阪国際空港、関西国際空港。日本航空(JAL)のハブ空港は、東京国際空港(羽田空港)、成田国際空港、大阪国際空港、関西国際空港、中部国際空港です。

一方で、乗客にとってハブ空港を意識するのは、乗り換えをするとき。他社の便も含めて乗り換えができれば、それがハブ空港となります。このようにエリアの拠点として利用される空港は拠点都市ハブ空港と呼ばれます。

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

ハブ空港の特徴

photo by PIXTA

ハブ空港には国際線と国内線の路線が多いこと以外にも、他の空港とは異なる特徴があります。知っておくと役に立つかもしれませんよ!

空港内の施設が充実している

ハブ空港では乗り換えが行われることが多いため、次の便までの待ち時間を飽きずに過ごせるように施設が充実しています。バラエティ豊かなレストランがあるほか、ショッピングモールや映画館、スパがある空港も!

乗り換えが必要な際にはハブ空港の楽しさも参考にスケジュールを組むといいかもしれませんね。

空港使用料が安い

空港使用料は、航空会社が着陸する際に空港に支払う料金になります。空港使用料が高いと利用者が離れ、航空会社にもマイナスとなります。航空会社が撤退してしまわないためにも、ハブ空港は空港使用料を安く設定しているのが一般的。

乗り換えをしなくてもハブ空港を利用するメリットは大きいですね。

世界のハブ空港ランキング

photo by PIXTA

世界にはたくさんのハブ空港があり、実は毎年、ハブ空港のランキングが発表されています。利用者数のランキングと、利便性ランキング、施設の充実度などのランキングです。どれも気になりますよね!

ここからはハブ空港のランキングを紹介しましょう。

利用者数ランキング

利用者数ランキングは、国際空港評議会(ACI)が発表しています。
2023年に世界で最も利用者(旅客総数)の多かった空港トップ10がこちら!

順位

空港名

利用者数

1位

アトランタ国際空港(米国)

1億450万人

2位

ドバイ国際空港(UAE)

8700万人

3位

ダラス・フォートワース国際空港(米国)

8180万人

4位

ヒースロー空港(英国)

7920万人

5位

羽田国際空港(日本)

7870万人

6位

デンバー国際空港(米国)

7780万人

7位

イスタンブール空港(トルコ)

7600万人

8位

ロサンゼルス国際空港(米国)

7510万人

9位

オヘア国際空港(米国)

7390万人

10位

インディラ・ガンディー国際空港(インド)

7220万人

※出典:国際空港評議会(ACI)

アトランタ国際空港とダラス・フォートワース空港の利用者が多いのは、アメリカの国内線の乗り継ぎ空港として中心的な役割を担っているから。国際線のみの比較ではアメリカの空港や羽田空港はトップ10圏外になります。

国際線のみのランキングではドバイ国際空港が1位、ヒースロー空港が2位です。

利便性ランキング

利便性ランキングは航空データOAG社が発表しているもの。世界の主要空港を対象に、6時間以内の乗り継ぎでアクセスできる都市数など、国際線からの乗り継ぎ便が最も充実しているハブ空港機能のランキングを出しています。

2022年9月から2023年8月までのデータを集計したランキングがこちら!

順位

空港名

1位

ヒースロー空港(英国)

2位

ジョン・F・ケネディ国際空港(米国)

3位

スキポール空港(オランダ)

4位

クアラルンプール国際空港(マレーシア)

5位

羽田国際空港(日本)

6位

フランクフルト国際空港(ドイツ)

7位

イスタンブール空港(トルコ)

8位

仁川国際空港(韓国)

9位

シャルル・ド・ゴール国際空港(フランス)

10位

オヘア国際空港(米国)

出典:航空データOAG

日本からは羽田国際空港が5位に入ったほかは低迷し、次は福岡空港の31位となっています。 

施設の充実度ランキング

施設の充実度ランキングは、SKYTRAXワールド・エアライン・アワードのこと。世界500以上の空港を対象に、顧客満足度調査で評価が行われます。評価のポイントは、清潔さ、空港スタッフの親しみやすさ、空港への出入りのしやすさ、空港のデザイン、食事など。航空業界のアカデミー賞とも呼ばれています。

その2024年ランキングがこちら!

順位

空港名

1位

ドーハ・ハマド国際空港(カタール)

2位

チャンギ空港(シンガポール)

3位

仁川国際空港(韓国)

4位

羽田国際空港(日本)

5位

成田国際空港(日本)

6位

シャルル・ド・ゴール国際空港(フランス)

7位

ドバイ国際空港(ドバイ)

8位

ミュンヘン空港(ドイツ)

9位

チューリッヒ空港(スイス)

10位

イスタンブール空港(トルコ)

出典:SKYTRAX

日本からは羽田と成田のほか、中部国際空港セントレアが16位、関西国際空港が18位にランクインしています。 

ワールド・エアライン・アワードの注目空港

photo by PIXTA

ハブ空港のランキングの中でも、利用者にとってもっとも気になるのは、施設の充実度を評価するSKYTRAXワールド・エアライン・アワードではないでしょうか。

このアワードの各賞を受賞した注目の空港をご紹介しましょう。

ドーハ・ハマド国際空港(カタール)

まずは総合1位のハマド国際空港。隣接するドーハ国際空港に代わるハブ空港として2014年にオープンしました。この空港の目玉は、空港内施設の1つであるオーチャード。6,000平方メートルの屋内熱帯庭園の中に65の小売店や飲食店が入った施設です。世界中の森林から集められた樹木と植物が植えられていて、廃棄物を植物の肥料として再利用しています。

またハマド国際空港には世界のラグジュアリーショップも集結。2024年の世界最高の空港ショッピング賞も受賞しています。

仁川国際空港(韓国)

韓国・ソウルの仁川国際空港は、カプセルホテルやサウナルーム、リラクゼーション、スパを完備しているほか、子ども専用の遊び場も充実。SKYTRAXワールド・エアライン・アワードでは、世界で最も家族連れに優しい空港に選ばれました。

【2024年最新】韓国・仁川空港を徹底解説!アクセスからターミナル、ラウンジまで

イスタンブール空港(トルコ)

イスタンブール空港は、美食を楽しめるレストラン街があちこちにある空港。世界で最も美味しい空港に選ばれています。

また、子どもの遊び場が11カ所、仮眠エリア、ミュージアムなど乗り継ぎ時間や待ち時間にゆっくり過ごせる施設が充実しています。

【2024年最新】イスタンブール空港を徹底解説!アクセスからターミナル、ラウンジまで

羽田国際空港

世界で最も清潔な空港に選ばれたのは、日本の羽田国際空港。この部門では9年連続世界第1位に選ばれているほか、高齢者や障がいのある人やけが人に配慮された施設の評価部門でも6年連続世界1位を獲得しています。

【2024年最新】羽田空港のターミナルの違い!行き方、楽しみ方を解説

ハブ空港を上手に楽しもう!

航空機の乗り換えで立ち寄ることが多いハブ空港は、空港使用料が安く、施設が充実しているのも特徴。各空港は利用者を増やすために激しい競争を繰り広げ、魅力を高め合っています。

旅行の際には途中で立ち寄るハブ空港についても調べておいて、トランジットの時間も満喫してくださいね! 

cover photo by PIXTA 

NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる