NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】銀山温泉周辺のおすすめ観光スポット12選!

銀山温泉は大正時代にタイムスリップしたような街並みが人気の観光スポット。東北地方を代表する温泉街として多くの観光客が訪れています。 今回は、山形県・銀山温泉の旅行でおすすめしたい観光スポットを12選ご紹介します。特に人気の観光スポットと見どころを厳選したので、ぜひ銀山温泉旅行の参考にしてくださいね!

ライター
Satoshi Nakamura

銀山温泉は大正時代にタイムスリップしたような街並みが人気の観光スポット。東北地方を代表する温泉街として多くの観光客が訪れています。
今回は、山形県・銀山温泉の旅行でおすすめしたい観光スポットを12選ご紹介します。特に人気の観光スポットと見どころを厳選したので、ぜひ銀山温泉旅行の参考にしてくださいね!

Contents

銀山温泉周辺には観光スポットがいっぱい!

Ginzan-onsen Yamagatapref japan by Koichi Hayakawa is licensed under CC BY-SA 2.0

銀山温泉は、山形県の秘湯。東京から自動車なら高速道路で約5時間、その後一般道で約50分で約5時間50分という所要時間となります。また電車の場合は、JR山形新幹線の大石田駅から路線バスで45分。いずれにしても交通の便が良いところではありません。

このように気軽に訪れる観光スポットではない銀山温泉ですが、それでも界隈の旅館の予約がすぐに埋まってしまうほどの人気を誇るのは、それに見合うだけの魅力があるから。時間をかけて銀山温泉まで行くなら、温泉街の見どころや近場の観光スポットもぜひ堪能したいものです。

今回は、銀山温泉とその周辺の観光スポットと見どころを12選ご紹介します。銀山温泉を訪れる際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

銀山温泉の観光スポット8選

銀山温泉は趣のある街並み、とくに美しい夜景で知られる温泉街。実はこの光景は、温泉街を作り上げてきた人々の工夫と努力があって生まれたものです。

その秘密はどこにあるのでしょうか?東北を代表する人気温泉街の見どころを、その歴史とともにご紹介します。

延沢銀山遺跡

銀山温泉のルーツに迫る銀坑洞

銀鉱洞 by ume-y is licensed under CC BY 2.0

延沢銀山遺跡は、銀山温泉の歴史が始まった銀の坑洞。銀山温泉街から歩いて15分ほどで行けるため、温泉宿に宿泊する多くの人が探検に訪れます。

延沢銀山は室町時代から採掘が行われ、江戸時代初期には日本を代表する銀山でした。しかし採掘量が減っていき、1689年(元禄2年)に大崩落が起きて廃山。その銀山で働いていた人たちに発見されたのが銀山温泉でした。

銀山温泉は奥州街道から約12キロメートルも山に入った辺境にあったため、銀山の衰退後、人口は激減しましたが、残った人々は湯治客相手に宿屋を開いて生活したそうです。

延沢銀山遺跡の基本情報

住所

山形県尾花沢市銀山新畑

電話

0237-28-3933(銀山温泉案内所)

営業時間

日の出から日没まで

休業日

冬季は閉鎖

アクセス

銀山温泉共同駐車場から徒歩20分

料金

無料

公式サイト

https://www.city.obanazawa.yamagata.jp/kanko/nature/1398

歴史ある旅館と鏝絵

大正時代の風情を感じられる意匠

銀山温泉 Ginzan Onsen by ume-y is licensed under CC BY 2.0

銀山温泉の魅力といえば、3階建てや4階建ての趣ある旅館です。

大正初期の銀山温泉は、かやぶき屋根の木造平屋や2階建ての旅館ばかりでした。しかし大正2年の銀山川の洪水でほとんどの温泉宿が流されてしまったそうです。その後、温泉街は復興し、昭和元年には高温のお湯が多量に湧出するようになったことから、各旅館は一斉に3、4層の立派な建物を建設しました。

昭和61年には、銀山温泉家並保存条例が制定され、古い旅館が並ぶ街並みを守ることに。そんな銀山温泉の名物が、壁の鏝絵(こてえ)です。鏝絵は壁に使う漆喰に左官ごてで装飾を描いたもの。昭和初期に各旅館が競い合って壁を飾り、銀山温泉の名物になりました。

銀山温泉の旅館の基本情報

住所

山形県尾花沢市銀山新畑

電話

0237-28-3933(銀山温泉案内所)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

銀山温泉共同駐車場から徒歩10分

料金

外観の見学は無料

公式サイト

https://www.ginzanonsen.jp/

ガス灯

銀山温泉の夜景を彩るやわらかい灯り

銀山温泉 by tyoro is licensed under CC BY-SA 2.0

銀山温泉はとくに夜景の美しさが有名。銀山温泉は昼間の立ち寄りも人気ですが、予約が難しい宿にぜひ宿泊したいという人が多いのは、宿泊してこの夜景を眺めたいからといわれています。

その夜景に欠かせないのが、街のガス灯。電灯にはないやわらかい夜景を彩るよう、伝統的なガス灯を使っています。

宿泊して夜景を撮影するなら、おすすめなのは、日没後30分ほどの時間。周囲にまだ少しだけ明るさが残っている方が、雰囲気のある写真を撮ることができます。宿泊したらぜひ撮影に挑戦してみてくださいね!

ガス灯の基本情報

住所

山形県尾花沢市銀山新畑

電話

0237-28-3933(銀山温泉案内所)

営業時間

夏季は17:00頃〜21:00頃

冬季は16:30頃〜〜21:00頃

休業日

なし

アクセス

銀山温泉共同駐車場から徒歩10分

料金

無料

銀山川

巨大ニジマスにも注目!趣のある川

DSC03942 by ume-y is licensed under CC BY 2.0

銀山温泉の宿は、きれいな川の左右に並んでいます。この川は最上川へと合流する銀山川。温泉街滞在中は常にこの静かな川の音に癒やされます。

そして子どもたちにとってうれしいのは、銀山川にたくさん放流されているニジマス。各旅館で餌付けして育てているもので、中にはかなりの大型のものもいます。魚好きなら眺めているだけでも楽しくなりますよ。

銀山川の基本情報

住所

山形県尾花沢市銀山新畑

電話

0237-28-3933(銀山温泉案内所)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

銀山温泉共同駐車場から徒歩10分

料金

無料

和楽足湯

銀山温泉の源泉を楽しめる無料の足湯

By bryan... - Flickr, CC BY-SA 2.0

和楽足湯(わらしゆ)は銀山温泉のメインの通りにたくさん並んでいる無料の足湯。趣のある温泉街と銀山川を眺めながら、足を温めることができます。

この足湯は、銀山温泉の源泉をそのまま使っているぜいたくなもの。橋の上の足湯などではお湯を自分で調整して足すこともできます。ただし源泉そのままなので、入れすぎるとかなり熱くなってきますから注意してくださいね!

この和楽足湯は人気スポットなので、なかなか入れないことも。空いていたらすぐに入ってみるのがおすすめですよ。

和楽足湯の基本情報

住所

山形県尾花沢市銀山新畑

電話

0237-28-3933(銀山温泉案内所)

営業時間

6:00~22:00

休業日

なし

アクセス

銀山温泉共同駐車場から徒歩10分

料金

無料

公式サイト

https://www.ginzanonsen.jp/ginzan/walk.html

銀山遊歩道

温泉街から銀山まで静かに散策

Bridge over the stream in Ginzan Onsen by Sergiy Galyonkin is licensed under CC BY-SA 2.0

銀山温泉は近くの駐車場に車を停めて、送迎バスか徒歩でしか入れないエリア。銀山川の左右にあるメインの通りは、車が入れない遊歩道になっています。

その遊歩道を川の上流に向かって歩いていき、温泉街が終わると、周囲は一気に豊かな自然に包まれます。そこは白銀公園。銀山川の渓流を眺めながら、1時間ほどの散策が楽しめます。

延沢銀山遺跡があるのもその先。途中には斎藤茂吉の歌碑などもあるので、見落とさないようにしてくださいね。

銀山遊歩道の基本情報

住所

山形県尾花沢市銀山新畑

電話

0237-28-3933(銀山温泉案内所)

営業時間

24時間

休業日

なし

白銀公園は冬季閉鎖

アクセス

銀山温泉共同駐車場から徒歩15分

料金

無料

公式サイト

https://www.ginzanonsen.jp/ginzan/walk.html

白銀の滝

間近で迫力を感じられる瀑布

Lower Cascades of Shirogane-no-taki Falls, Ginzan Onsen by Sergiy Galyonkin is licensed under CC BY-SA 2.0

遊歩道を歩いて白銀公園の入り口で見えてくるのが、白銀の滝。落差は22メートルもあり、かなりの迫力です。大小2つの流れがありますが、水量によっては3本目が現れることも。周囲を深い山に囲まれた滝は、新緑の緑や秋の紅葉など、四季折々の美しさを楽しむことができます。

白銀の滝の基本情報

住所

山形県尾花沢市大字銀山新畑

電話

0237-28-3933(銀山温泉案内所)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

銀山温泉共同駐車場から徒歩15分

料金

無料

洗心峡

心が洗われる清らかな渓流

Waterfall in Ginzan Onsen by Sergiy Galyonkin is licensed under CC BY-SA 2.0

川の流れに沿って散策ができる白銀公園の中で、せことい橋と呼ばれる橋の周辺は、洗心峡というエリア。清らかな流れで心も洗われるようだといわれる場所です。

また、せことい橋からは、籟音滝(らいおんのたき)と呼ばれる滝も見ることができます。こちらは激しい水流が岩に当たりながら落ちる迫力のある滝。雪深い冬は閉鎖になりますが、夏に訪れたらぜひ涼みにいきたいスポットです。

洗心峡の基本情報

住所

山形県尾花沢市大字銀山新畑

電話

0237-28-3933(銀山温泉案内所)

営業時間

24時間

休業日

冬期間は閉鎖

アクセス

銀山温泉共同駐車場から徒歩15分

料金

無料

銀山温泉周辺の観光スポット4選

銀山温泉を訪れる際には、周囲の観光スポットを巡るのもおすすめ!

続いては、少し距離が離れますが銀山温泉の観光のついでにぜひ立ち寄りたいスポットをご紹介します。

小杉の大杉

トトロの木として人気の大木

By Cp9asngf - Own work, CC BY-SA 4.0

小杉の大杉は、樹齢1,000年以上と言われる杉の大木。トトロに似ていることで人気の木です。映画『となりのトトロ』公開後しばらく経った頃から、トトロの木と呼ばれて話題を集め、今では定番の観光スポットになりました。

しかしこの杉はそれよりずっと前からこの地区では有名だった木。小杉地区の大杉ということで、小杉の大杉と呼ばれ親しまれてきました。また夫婦杉や縁結びの木とも言われています。

小杉の大杉の基本情報

住所

山形県最上郡鮭川村大字曲川113-2

電話

0233-55-2111(鮭川村観光協会)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

新庄駅より 車で30分、銀山温泉から車で1時間

料金

無料

公式サイト

https://www.vill.sakegawa.yamagata.jp/kanko/tourist-spot/172

最上峡

松尾芭蕉も驚いた日本三大急流

By 京浜にけ (Keihin Nike) - Own work, CC BY-SA 3.0

松尾芭蕉が奥の細道で『五月雨をあつめて早し最上川』と詠んだ最上川は、古くから急流として知られた川。日本三大急流の一つにも数えられています。

最上川は河口付近まで下るとあまり急流のイメージがないはず。しかし上流の最上峡では松尾芭蕉が驚いた急な流れを見ることができます。

最上峡の基本情報

住所

山形県最上郡戸沢村大字古口

電話

0233-72-2110(戸沢村観光物産協会)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

銀山温泉から車で約1時間

料金

無料

宝珠山立石寺

蝉の声でおなじみの山寺

By Zairon - Own work, CC BY-SA 4.0

立石寺は松尾芭蕉の『閑さや岩にしみ入る蝉の声』という句で知られる寺。通称は山寺ですが、正式な名前は宝珠山立石寺です。

山寺といえば、岩の上の赤い小さなお堂が有名。これは山寺で最も古い建物で、写経を納める納経堂です。他にも修行者の道である百丈岩四寸道や、雨風が岩を削って阿弥陀如来の姿をつくり出したという弥陀洞、展望もすばらしい道場である五大堂など、立石寺には見どころがたくさん。時間の余裕を持って訪れるのがおすすめですよ。

宝珠山立石寺の基本情報

住所

山形県山形市山寺4456-1

電話

023-695-2843

営業時間

8:00~17:00

休業日

なし

アクセス

JR山寺駅より登山口まで徒歩5分、銀山温泉から車で約1時間

料金

入山料(山門・奥之院)大人300円、中人(中学生)200円、小人(4歳以上)100円

※宝物殿・根本中堂内陣参拝は別料金

公式サイト

https://rissyakuji.jp/

関山大滝

豪快に滑り落ちる幅広の滝

By Tak1701d - Own work, Public Domain

関山大滝は、たくさんの奇岩が並ぶ乱川の渓谷にある豪快な滝。国道48号沿いの大滝ドライブイン泉やのすぐ裏手にあって訪れやすいのも魅力です。

高さ10メートルで幅が15メートルもある滝は、自然の力を感じられるパワースポットとしても人気。上から見下ろすだけでなく大迫力の滝壺に近づいて見ることもできます。エメラルドグリーンの川は神秘的な美しさ。また秋の紅葉も有名です。

関山大滝の基本情報

住所

山形県東根市関山大滝

電話

0237-41-1200(東根市商工観光課)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

東北中央自動車道東根ICから車で30分、銀山温泉から車で約50分

料金

無料

銀山温泉周辺の観光スポットを満喫しよう

この記事では、山形県の銀山温泉とその周辺のおすすめ観光スポットを紹介しました。

気軽に行くことが難しい銀山温泉。訪れた際には見どころスポットを見落とさないよう、ぜひ紹介した観光スポットを参考にしてくださいね!

cover photo by pixabay

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる