NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】イギリス・バーミンガムでおすすめの観光地10選!名所や穴場を厳選

バーミンガムには、バーミンガム・バック・トゥ・バックスやバーミンガム市立中央図書館、ガス・ストリート・ベイシンなどの有名な観光地がいっぱい! 今回は、イギリス・バーミンガム旅行でおすすめの観光スポットを、人気ランキング上位から10選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、バーミンガム旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

バーミンガムには、バーミンガム・バック・トゥ・バックスやバーミンガム市立中央図書館、ガス・ストリート・ベイシンなどの有名な観光地がいっぱい!

今回は、イギリス・バーミンガム旅行でおすすめの観光スポットを、人気ランキング上位から10選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、バーミンガム旅行の参考にしてくださいね!

Contents

イギリス・バーミンガムには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash

バーミンガムは、産業革命の影響を受けて成長した街。イングランドの中心部に位置しており、人口はイギリスで2番目に多い街です。歴史を感じることができる古き良き建物から、新しくできたモダンな現代建築まで、さまざまな景色を楽しむことができます。

人気の観光地の多くが街の中心地に集まっており、徒歩での観光も可能。地下鉄やバスを利用するとより便利にバーミンガムを満喫することができます。

今回はバーミンガムの人気観光地を紹介!人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

バーミンガムで絶対行きたいおすすめ観光地7選

まずは初めてのバーミンガム旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地の見どころをご紹介していきます!バーミンガムにある多くのスポットは、中心地に集まっており、徒歩や公共交通機関でアクセスしやすいです。時間が限られている旅行中でも訪れやすいですよ。

バーミンガム・バック・トゥ・バックス

産業革命の面影が残る労働者向け共同住宅


https://www.flickr.com/photos/hisgett/3873707471
Birmingham back to backs by Tony Hisgett is licensed under CC BY 2.0

バーミンガム・バック・トゥ・バックスは、ナショナルトラストというボランティア団体に保護されている歴史的家屋博物館。別名はコート15(Court 15)。

19世紀の産業革命による急激な人口増加に対応するために建てられたコートハウスと呼ばれる中庭の周りの住宅で、現在も修復・保存されています。1875年には17万人が暮らしていたと言われていますが、貧しい労働者のための安価な住居だったため、衛生上の質は低く、公衆衛生法の成立以降は建設されなくなりました。

1988年にイギリス指定建造物2級に登録され、外観だけでなく内装も当時のままが保存されています。バーミンガムの発展を支えた労働階級の人々の過酷な暮らしを知ることができる観光地です。

バーミンガム・バック・トゥ・バックス(Birmingham Back to Backs)の基本情報
住所:50-54, 55-63 Inge St, Hurst St, Birmingham B5 4TE United Kingdom
電話:+441216222442
営業時間:日ごとに異なるため、公式サイトでご確認ください。
休業日:月曜
アクセス:バーミンガム ニューストリート駅(Birmingham new street)から徒歩で約4分
料金:
【フルエリア ガイド付きツアー】大人 10.00ポンド(約1,713円)、子ども(5歳~17歳) 5.00ポンド(約857円) 5歳以下は無料 
【グランドフロア ガイド付きツアー】大人 8.00ポンド(約1,370円)、 子ども(5歳~17歳)、 4.00ポンド(約685円)、 5歳以下は無料
※2023年5月1日のレート、1ポンド =171.24円で計算
公式サイト:https://www.nationaltrust.org.uk/birmingham-back-to-backs

バーミンガム公共図書館

ヨーロッパ最大規模の公立図書館


photo by Unsplash

バーミンガム公共図書館は、2013年9月にオープンした公共図書館です。総面積は35,000平米で総建築費はなんと約1億8,800万ポンド(約322億円)!蔵書数は約100万冊あり、ヨーロッパ最大の公立の図書館です。

バーミンガム公共図書館は外観だけでなく、内部も見応えがありますよ。歴史的書物や、大量のシェイクスピアのコレクションなど、膨大な展示物に圧倒されます。


photo by Unsplash

建物の設計は、オランダを拠点とするメカノーという建築事務所が中心となっており、その設計を「人々の宮殿(People’s Palace)」と表現しています。

革新的なデザインと社会的影響力が認められ、ナショナル コンストラクティング エクセレンス アワード 2014(National Constructing Excellence awards 2014)で、プロジェクト オブ ザ イヤー(Project of the Year)などの賞を多数受賞していますよ!

バーミンガム公共図書館(Library of Birmingham)の基本情報
住所:Centenary Square, Broad Street, Birmingham B1 2EA United Kingdom
電話:+441212424242
営業時間:月曜・火曜 11:00〜19:00、水曜〜土曜 11:00〜17:00
休業日:日曜、5月1日・8日・29日、8月28日、12月25〜26日
アクセス:ライブラリ メトロ駅(Library Metro)から徒歩で約3分
料金:無料
公式サイト:https://birmingham.spydus.co.uk/cgi-bin/spydus.exe/MSGTRN/WPAC/HOME

バーミンガム美術館

絵画から陶磁器まで幅広いコレクションを誇る美術館


photo by pixabay

バーミンガム美術館は、1885年にオープンした美術館。通称BM&AG。絵画作品だけでなく、古代ギリシャや古代ローマなどのあらゆる時代の陶磁器、宝石、考古学や民俗学上の重要なコレクションも所蔵しています。

中でも、14〜21正規の絵画を集めたギャラリーは見応えがあり、ラファエル前派のコレクションは2,000点以上あって世界最大!イギリス人芸術家のエドワード・バーン=ジョーンズのコレクションは他のどの美術館よりも充実しています。


photo by Unsplash

古代遺物のコレクションでは、北インドで発見されたスルタンガンジ ブッダという西暦500〜700年ごろのブッダの銅像をはじめとする、古代のインドや中央アジア、エジプト、ローマなどの古代文明の遺物を見ることができます。

バーミンガム美術館(Birmingham Museum & Art Gallery)の基本情報
住所:Chamberlain Square, Birmingham B3 3DH United Kingdom
電話:+441213488000 
営業時間:2023年5月1日現在閉鎖中。2024年に再オープン予定。
休業日:2023年5月1日現在閉鎖中。2024年に再オープン予定。
アクセス:メトロ タウンホール駅(Town Hall)から徒歩で約1分
料金:無料
公式サイト:https://www.birminghammuseums.org.uk/birmingham-museum-and-art-gallery/

バーミンガム大聖堂/聖フィリップ大聖堂

18世紀に建設された荘厳で高貴なバロック様式の教会


photo by Unsplash

バーミンガム大聖堂は、バロック様式英国国教会聖公会のキリスト教会で、バーミンガムの司教座。1711年にトーマス アーチャーが設計し、1715年にロバート フィリップスに捧げられた、バーミンガム市内で最も古い建物です。

バロック様式のデザインは、トーマス アーチャーがローマを訪れた時に影響を受けたとのこと。エドワード・バーン=ジョーンズ作のステンドグラスも見どころのひとつで、キリストの昇天、キリストの降誕、キリストの受難、最後の審判を描いた窓は必見です!

バーミンガム大聖堂では、さまざまなイベントが開催されています。聖歌隊のコンサートやウェストミンスター寺院での戴冠式のライブストリーミングなど、誰でも参加できますので、参加してみてはいかがでしょうか。

バーミンガム大聖堂/聖フィリップ大聖堂(Birmingham Cathedral/St. Philip's Cathedral)の基本情報
住所:Cathedral Square, Colmore Row, Birmingham B3 2QB United Kingdom
電話:+441212621840
営業時間:日ごとに異なるため、公式サイトでご確認ください。
休業日:年中無休
アクセス:バーミンガム ニューストリート駅(Birmingham new street)から徒歩で約4分
料金:無料
公式サイト:http://www.birminghamcathedral.com/

ガス・ストリート・ベイシン

煉瓦造りの建物が残る運河の合流地点


photo by Unsplash

ガス・ストリート・ベイシンは、バーミンガムの運河網の中心の主要運河の合流地点。産業革命時のバーミンガムの発展とともに、物流運搬の中心地として貢献しました。

現在は運河沿いに、バーやパブ、レンガ造りの古い建物や近代的な建物が並んでおり、バーミンガムらしい景色を楽しむことができる人気観光スポットです!


photo by Unsplash

バーミンガムの中心部には35マイル(約56キロメートル)、市域には100マイル(約160キロメートル)の運河があり、運河で有名なイタリアのベネチアよりも多くの運河があると言われています。
ナローボート(細長い船)で運河を巡るツアーもありますよ。市内中心部を周遊するウォーターバスと、バー設備と食事付きのクルーズを楽しむことができるパーティボートがあるので、目的に合わせて乗船してみてはいかがでしょうか。

ガス・ストリート・ベイシン(Gas Street Basin)の基本情報
住所:42A Gas St, Birmingham B1 2JT United Kingdom
電話:なし
営業時間:年中無休
休業日:年中無休
アクセス:ブリンドレイ プレイス メトロ駅(Brindley Place Metro)から徒歩で約2分
料金:無料

ウィンターボーン・ハウス・アンド・ガーデン

エドワード朝時代の邸宅と庭園


https://www.flickr.com/photos/ell-r-brown/8452803597
Winterbourne House - University of Birmingham - Edgbaston Park Road, Edgbaston by Elliott Brown is licensed under CC BY-SA 2.0

ウィンターボーン・ハウス・アンド・ガーデンは、エドワード朝時代の邸宅と骨董品、庭園が保存されている珍しい施設です。1904年にネトルフォールド家の邸宅として建設され、28,000平米の庭園があります。

邸宅内ではエドワード朝様式のお部屋を見学することができます。ウィリアム モリスの壁紙をあしらったお部屋には、年代物の家具が配置されており、イギリスらしいクラシカルでレトロなお部屋を見学することができますよ!


photo by Unsplash

ウィンターボーン・ハウス・アンド・ガーデンには、ティールームがあります。10時30分から16時30まで営業しており、ドリンクやケーキ、サンドイッチ、イギリス名物のジャケットポテトなどを注文することができます。

また、アフタヌーンティーも予約なしでオーダーすることができますよ。

ウィンターボーン・ハウス・アンド・ガーデン(Winterbourne House and Garden)の基本情報
住所:58 Edgbaston Park Road, Birmingham B15 2RT United Kingdom
電話:+441214143003
営業時間:11〜2月 10:30~16:00、3〜10月 10:30~17:00
休業日:なし
アクセス:ユニバーシティ駅(University)から徒歩で約14分
料金:大人 8.20ポンド(約1,405円)、子ども(5歳~16歳)・学生・65歳以上 7.20ポンド(約1,233円)
※2023年5月1日のレート、1ポンド =171.24円で計算
公式サイト:https://www.winterbourne.org.uk/

バーミンガムタウンホール

音楽からパフォーマンスまで幅広く楽しめるコンサートホール


https://www.flickr.com/photos/veryveryquiet/3331363862
Birmingham Town Hall by Very Quiet is licensed under CC BY-SA 2.0

バーミンガムタウンホールは、ビクトリア広場にあるコンサートホール。1784年にバーミンガムトリエンナーレの会場として作られ、1996年の大規模修繕を経て今日も現役のコンサートホールとして活躍しています。

ジャズやフォーク、ロック、ポップス、クラシックなどの音楽に加え、ダンスやパフォーマンス、ファッションショーなど、幅広い演目が公演されており、バーミンガムの観光名所の一つとなっています。

コリント式の神殿のような外観は、ローマの神殿をイメージしていると言われてます。6,000本のパイプでできているパイプオルガンも見どころのひとつですよ!


バーミンガム タウンホール(Birmingham Town Hall)の基本情報
住所:Victoria Square, Birmingham B3 3DQ United Kingdom
電話:+441217803333
営業時間:公演によって異なるため、公式サイトをご確認ください。
休業日:公演によって異なるため、公式サイトをご確認ください。
アクセス:バーミンガム ニューストリート駅(Birmingham new street)から徒歩で約5分
料金:公演によって異なるため、公式サイトをご確認ください。
公式サイト:https://bmusic.co.uk/your-visit/town-hall

バーミンガムの知る人ぞ知る穴場観光地3選

誰もが知っている観光地以外にも、バーミンガムには観光名所がたっぷりあります。今回ご紹介する3つの穴場観光地は、公共交通機関を利用して簡単にアクセスできるロケーションなので、ぜひ訪れてみてくださいね。

ヴィラ パーク

サッカーチーム・アストン ヴィラの本拠地


https://www.flickr.com/photos/bensutherland/26309563974
DSC05498 by Ben Sutherland is licensed under CC BY 2.0

ヴィラ パークは、バーミンガム中部のアストンにあるサッカースタジアム。アストン・ヴィラFCの本拠地です。サッカーの人気が高いイングランドで、ワールドカップやヨーロッパ選手権の会場として活躍してきました!

ヴィラパークは建築家のアーチボルド・リーチの設計で1897年に建設され、彼の生涯最高傑作の一つに挙げられるほど洗練されたスタジアムでしたが、第二次世界大戦により半壊し、1954年に修復されました。

2022年3月に改修計画が発表されており、第1期改修には1億ポンド(約170億円)が投じられる予定。


https://www.flickr.com/photos/jwillier/5140082958
Villa Park by Jonathan Willier is licensed under CC BY-ND 2.0

また、アストン・ヴィラFCのファンからの要望で、座席数を増やす方向で、5万人以上を収容できるようにする方針とのことです。

ヴィラ パークではスタジアムツアーが催行されており、ガイドから説明を受けながら、サッカープレイヤーと関係者だけが立ち入ることができるエリアまで見学することができます。

ヴィラ パーク(Villa Park)の基本情報
住所:Trinity Rd, Birmingham B6 6HE United Kingdom
電話:部門によって異なるため、公式サイトをご確認ください。
営業時間:【スタジアムツアー】10:30〜・13:00〜
休業日:【スタジアムツアー】不定期催行のため、公式サイトでご確認ください。
アクセス:アストン駅(Aston)から徒歩で約13分
料金:【スタジアムツアー】大人 17.00ポンド(約2,912円)、 14歳以下 15.00ポンド(約2,569円)
公式サイト:https://www.avfc.co.uk/

ブルリング&グランド・セントラル・ショッピングセンター

バーミンガムのNo.1ショッピングスポット


photo by pixabay

ブルリング&グランド・セントラル・ショッピングセンターは、バーミンガムニューストリート駅のすぐ近くにある大型ショッピングモール。

ブルリングは古くからバーミンガムの商業の中心地として栄えたエリアで、現在はセルフリッジズ デパートからH&Mなどのプチプラショップまで、多種多様な店舗が軒を連ねています。


photo by Unsplash

エアキャップを被ったような、丸い粒が特徴的な外観は、新旧いろいろな建物が混ざり合っているバーミンガムの街らしさ満点です。写真映えするので、SNSにもぴったりです。

バーミンガム旅行でショッピングを楽しみたい方は、ぜひブルリング&グランド・セントラル・ショッピングセンターに立ち寄ってみてくださいね!

ブルリング&グランド・セントラル・ショッピングセンター(Bullring & Grand Central Shopping Centre)の基本情報
住所:Moor St, Birmingham B5 4BU United Kingdom
電話:+441216321526
営業時間:月曜〜金曜 10:00〜20:00、土曜 9:00〜20:00、日曜 11:00〜17:00、祝日 10:00〜19:00
休業日:年中無休
アクセス:バーミンガム ムーアストリート駅(Birmingham Moor Street)から徒歩で約4分
料金:無料
公式サイト:http://www.bullring.co.uk/

アストン ホール

幽霊が出る?17世紀築の豪邸


https://www.flickr.com/photos/56380499@N06/15107235863
Aston Hall-5  by Andrew Callow is licensed under CC BY 2.0

アストン ホールは、1618〜1635年に建てられた、裕福な地主・トーマス ホルテ氏の邸宅。

ジャコビアン様式の豪邸で、1817年までトーマス ホルテ氏が居住し、蒸気機関の発明家・ジェームズ ワット氏の息子が暮らしたりしたのち、1864年にバーミンガムコーポレーションに買い取られ、歴史的なカントリーハウスとして初めて氏の所有物となりました。

現在はバーミンガム ミュージアム トラストによって管理されており、内部はミュージアムになっています。


https://www.flickr.com/photos/hisgett/4627087702
Aston Hall Dining Room by Tony Hisgett is licensed under CC BY 2.0

アストン ホールでは家具や絵画、金属細工などが展示されており、歴史を感じることができる施設です。

また、この建物は幽霊が出るとしても有名で、2019年10月にザ スペクトラム パラノーマル インベスティゲーションズ アンド ナショナル ロッタリー(the Spectrum Paranormal Investigations and National Lottery)からイギリスで最も幽霊が出る場所と称されました。

アストン ホール(Aston Hall)の基本情報
住所:Trinity Rd, Birmingham B6 6JD United Kingdom
電話:なし
営業時間:
【アストンホール】水曜〜日曜 12:00〜16:00 
【The Stable Yard Café and gardens】水曜〜日曜 11:00〜16:00 
休業日:月曜 ・火曜 
※貸切などにより営業日に休業する場合があるため、公式サイトでご確認ください。
アクセス:ウィットン駅(Witton)から徒歩で約14分
料金:大人 11.00ポンド(約1,884円)、子ども(3歳~15歳) 5.50ポンド(約942円)、 2歳以下は無料 
※寄附を含む料金
公式サイト:http://www.birminghammuseums.org.uk/aston

バーミンガム観光を満喫するためのおすすめモデルコース


photo by Unsplash

見どころいっぱいのバーミンガム。せっかくなら朝から夜まで時間いっぱい楽しみましょう。見どころが中心地に集まっているため、ロンドンからのショートトリップにもぴったりです。

グルメは、フィッシュ&チップスやジャケットポテトなどがイギリスを感じられるのでおすすめ!今回は、ロンドンからの2泊3日のショートトリップを想定したスケジュールを紹介します。

<スケジュール例>

1日目 バーミンガム ニューストリート駅到着→バーミンガム市内観光(バーミンガム美術館・バーミンガム大聖堂)→カフェでテイクアウェイし、ビクトリア広場でランチ→バーミンガムタウンホールでコンサート鑑賞→バーミンガム市内観光(バーミンガム公共図書館)→ガス・ストリート・ベイシンで運河を見ながらディナー

2日目 ホテルで朝食→アストンホール観光→カフェでテイクアウェイしアストンパークでランチ→ヴィラ・パークでアストン ヴィラFCのサッカーの試合を観戦→バーミンガム市内のパブでディナー

3日目 ホテルで朝食→ウィンターボーン・ハウス・アンド・ガーデン観光→ウィンターボーン・ハウス・アンド・ガーデンのティールームでランチ→バーミンガム・バック・トゥ・バックス観光→ブルリング & グランド・セントラル・ショッピングセンターでショッピング

バーミンガムは、ロンドンから電車で1時間30分の立地で、乗り換えなしでアクセスすることができるため、初めてのイギリス旅行でも簡単に個人でショートトリップを楽しむことができます。

1日中見どころがいっぱいあるので、観光ツアーを利用したり、訪れたいスポットを絞ったりして、効率的に観光を楽しむことがおすすめです。ぜひ自分好みのバーミンガム旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

イギリス・バーミンガムの人気観光スポットを満喫しよう


photo by Unsplash

この記事では、バーミンガムのおすすめの観光スポットを紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるバーミンガムでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、バーミンガム旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!


※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。
※記事内の金額は2023年5月1日のレート、1ポンド =171.24円で計算しています。

cover photo by Unsplash

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

イギリスの東京発のおすすめツアー

イギリス旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる