NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】フランス・ボルドーのおすすめの観光地12選!名所や穴場を厳選

ボルドーには、カンコンス広場やシテ・デュ・ヴァン(ワイン博物館)などの有名な観光地がいっぱい! 今回は、フランス・ボルドー旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から12選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ボルドー旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

ボルドーには、カンコンス広場やシテ・デュ・ヴァン(ワイン博物館)などの有名な観光地がいっぱい!

今回は、フランス・ボルドー旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から12選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ボルドー旅行の参考にしてくださいね!

Contents

フランス・ボルドーには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash

ボルドーは人気のスポットやおいしいワイン、ショッピングなど観光地がたくさん!人気の観光スポットはボルドー市街地近くだったり、行きやすい場所にあるので初心者にもおすすめです。

また、ガロンヌ川が三日月形に湾曲した地点の南岸に沿って発達した交易港であったことにちなんで月の港と呼ばれており、“月の港 ボルドー”という名称で世界遺産に登録されています。

今回はボルドーの人気観光地を紹介!人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

ボルドーで絶対行きたいおすすめ観光地9選

まずはボルドー旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地の見どころをご紹介していきます!ボルドーにある多くのスポットは、公共交通機関でアクセスしやすいので、時間が限られている旅行中でも訪れやすいですよ。

市内観光は、現地ツアーを利用して効率よく観光するのもおすすめです!

カイヨ門/パレ宮殿広場

15世紀の雰囲気ただようボルドーの玄関口


photo by Unsplush

宮殿広場の入り口にあるカイヨ門は、1494年に造られて以来、ボルドーとともに歳月を過ごしてきました。とんがり帽子のような高さ35メートルの塔が目印で、以前は街を囲む壁の一部としてボルドーを守り続けてきた歴史があります。


photo by Unsplush

門の最上階の窓からは、ボルドー最古の橋であるポン・ド・ピエール(Pont de Pierre)を眺めることができます!カイヨ門から美しさと歴史を併せ持つ橋をゆっくりと楽しんで見てくださいね。

カイヨ門(Porte Cailhau)の基本情報
住所: Pl. du Palais, 33000 Bordeaux, フランス
電話:+33556006600
営業時間:【4月〜10月】10:00〜13:00/14:00〜18:00 【11月〜3月】水〜金曜 14:00~18:00、土日曜 11:00~13:00/14:00~18:00
休業日:4月〜10月 無休、11月〜3月 月・火・祝日
アクセス: Place du Palais駅から徒歩1分
料金:5ユーロ(約720円)、ボルドーシティパスと12歳未満の子どもは無料
※2023年3月12日のレート、1ユーロ=143.87 円で計算
公式サイト:https://www.visiter-bordeaux.com/fr/decouvrir-bordeaux/la-porte-cailhau.html

カンコンス広場

ヨーロッパ最大の面積を誇る広場


photo by Unsplash 

カンコンス広場はボルドーの中心にある広場です。ヨーロッパでは最大規模の広さで、その広さは12万6,000平米もあります。

広場内にあるジロンダン記念碑は、高さ43メートルもあり迫力満点!1894年から1899年の間にフランス革命で処刑されたジロンド派をたたえて建てられたもので、柱の上には自由を象徴する像が立ち、足元の2つの噴水が記念碑の荘厳さを際立たせています。


photo by Unsplash 

広場では、季節に応じてワイン祭りやボルドー音楽祭、サーカス、骨董市など様々なイベントが開催されていますよ。ゆっくりと時間を過ごせるので、ぜひ立ち寄ってみてください!

カンコンス広場(Place des Quinconces)の基本情報
住所:Pl. des Quinconces, 33000 Bordeaux, フランス
電話:なし
営業時間:24時間営業
休業日:なし
アクセス: Quinconces駅から徒歩1分
料金:なし

サン・タンドレ大聖堂/ペイ・ベルラン塔

世界遺産にも登録されている大聖堂


photo by pixabay

サン・タンドレ大聖堂は、キリスト教聖地巡礼路の一部として1998年に世界遺産に登録をされた教会です。聖堂内では、緻密な彫刻やバラ装飾の窓、ゴシック様式の尖塔、ステンドグラス、古い天文時計、宗教画が見どころ。


photo by pixabay

聖堂内のほかにも、大きな見どころとして鐘楼のペイ・ベルラン塔があります。本来なら、大聖堂と一体になるはずの鐘楼ですが、サン・タンドレ大聖堂では敷地内の別の場所に建てられています。12世紀の技術では、大鐘の重さに耐えられる建築ができなかったことが理由のようです。


photo by Unsplash 

大聖堂の内部ををひと通り見学したら、ぜひ鐘楼にのぼってみましょう!ボルドーの街並みを一望でき、テンションが上がりますよ。

サン・タンドレ大聖堂(Cathédrale Saint-André de Bordeaux)の基本情報
住所: Pl. Pey Berland, 33000 Bordeaux, フランス
電話:+33556446729
営業時間:【大聖堂】7〜8月 月曜 15:00〜19:00、火曜〜土曜 10:30〜13:30・15:00〜19:00、日曜 9:30〜13:30・15:00〜20:15/9月〜6月月曜 14:00〜19:00、火曜〜土曜 10:00〜12:00・14:00〜18:00、日曜 9:30〜12:00・14:00〜18:00 【ペイ・ベルラン塔】10〜5月 10:00〜12:30・14:00〜17:30、6月〜9月 10:00〜13:15・14:00〜18:00
休業日:1月1日、5月1日、12月25日
アクセス:Palais de Justice駅から徒歩5分
料金:【大聖堂】無料、【ペイ・ベルラン塔】6ユーロ(約860円)
※2023年3月12日のレート、1ユーロ=143.87 円で計算
公式サイト:https://www.pey-berland.fr/

シテ・デュ・ヴァン(ワイン博物館)

ワインを知って味わうことができる博物館!


photo by  pixabay

ボルドーで大人気のシテ・デュ・ヴァンは、ワインを知り、ワインを学び、そしてワインを味わうことができる博物館。スタイリッシュな建築も魅力で、ボルドーの街並みの中でもひときわ目を引きます。

館内には19ものテーマ別スペースがあり、ブドウの産地や品種、ワインの歴史や製造過程に関する知識まで、ユニークで個性的な展示を交えながら、楽しく学ぶことができます。


photo by Unsplash 

またシテ・デュ・ヴァンの見学チケットには、博物館8Fにある展望フロアでのワインの試飲特典が付いています。ボルドーの景色を眺めながら飲むワインは、特別な味わいを感じられるそうですね。

シテ・デュ・ヴァン(La Cité du Vin)の基本情報
住所:134 Quai de Bacalan, 33300 Bordeaux, フランス
電話:+33556162020
営業時間:2〜3月 10:00〜18:00、4〜8月 10:00〜19:00、9月〜12月 平日 10:00〜18:00・土日・学校休暇期間 10:00〜19:00
休業日:12/24の16:00以降、12/25
アクセス: La Cite du Vin駅から徒歩3分
料金:大人 22ユーロ(約3,170円)、子ども9ユーロ (約1,300円)、ファミリー(大人2名+子ども2名)54ユーロ(約7,770円)
※2023年3月12日のレート、1ユーロ=143.87 円で計算
公式サイト:https://www.laciteduvin.com/fr

ブルス広場/ミロワール・ドー(水鏡)

幻想的な雰囲気の水の演出がおすすめ


photo by Unsplash 

18世紀に20年の歳月をかけて造られたブルス広場は、ボルドーの繁栄のシンボルとなってきました。

完成当時はロワイヤル広場(Place Royal)という名で呼ばれており、広場の中央には、当初王の騎馬像が飾られましたが、大革命のあとは短期間だけナポレオンの像に置き換えられていて、その後1869年からは三美神の噴水が置かれています。その美しさから、ボルドーの中でも人気のあるフォトスポットとなっています。


photo by pixabay

またブルス広場には、ランドスケープ・アーキテクトのミシェル・コラジューによってデザインされた、世界最大の水鏡・ミロワール・ドーがあります。ボルドーで最もインスタ映えするスポットとしても有名です。

大きな花崗岩が敷き詰められたスラブからは、石の隙間から自動的に水が溢れる設計となっており、15分間の水鏡と3分間の霧を交互にくりかえす流れとなっています。あたり一面が水鏡に反射したり、霧に包まれたりと、幻想的な光景が楽しめます。

夜には、宮殿や美術館の照明の光も反射するので、ファンタジーの世界に迷い込んだかのような感覚になりますよ。

ブルス広場(Pl. de la Bourse)とミロワール・ドー(Miroir d'eau)の基本情報
住所:Pl. de la Bourse, 33000 Bordeaux, フランス
電話:なし
営業時間:ブルス広場 24時間、ミロワール・ドー 10:00〜22:00
休業日:なし(冬季メンテナンス期間あり)
アクセス:Place de la Bourse駅から徒歩1分
公式サイト:https://www.bordeaux.fr/l10812

グラン・テアトル(ボルドー国立歌劇場)

1700年代に建設された世界で最も美しいとされる劇場


photo by Unsplash

グラン・テアトルは、建築家ヴィクトル・ルイによって設計され1780年に完成した建造物で、ボルドーの象徴とされてきました。均等に配置された12本の柱と、その上には9人のミューズと3人の女神像が並び、美しい劇場としても知られています。

内装は細かな装飾で仕上げられており、外観に引けを取らない美しさ。装飾には青、白、金色とフランス王族を表す色が使われています。バレエ、オペラなどの公演を楽しむのもボルドーならではの過ごし方です。


photo by Unsplash

一人10ユーロ(約1,440円)で楽しめる見学ガイドツアーがあるので、ガイドツアーを利用するのがおすすめです!

グラン・テアトル(Opéra National de Bordeaux - Grand-Théâtre)の基本情報
住所:Pl. de la Comédie, 33000 Bordeaux, フランス
電話:+33556008595
営業時間:公演によって異なる
休業日:公演によって異なる
アクセス: Grand Théâtre駅から徒歩3分
料金:見学ガイドツアー 10ユーロ(約1,440円)
※2023年3月12日のレート、1ユーロ=143.87 円で計算
公式サイト:https://www.opera-bordeaux.com/

サン・ミッシェル大聖堂

高さ114メートルの尖塔が圧巻!


photo by Unsplash

サン・ミッシェル大聖堂は、15~16世紀に建てられたゴシック様式の教会です。サンチャゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の教会の一つとして、世界遺産にも登録されています。

サン・ミッシェル大聖堂といえば何といっても尖塔!その高さは114メートルにもおよび、ボルドーの街並みを一望できるスポットとして知られています。


photo by Unsplash

なお尖塔は老朽化のため、2021年11月1日から5年間入場が禁止されているため、2023年5月現在は入場できません。尖塔目的で訪れる方は注意してくださいね!

サンミッシェル大聖堂(Basilique Saint-Michel)の基本情報
住所: Pl. Meynard, 33000 Bordeaux, フランス
電話:+335556916713
営業時間:9:00~19:00
休業日:なし
アクセス: Saint-Michel駅から徒歩1分
料金:【大聖堂】無料
※2023年3月12日のレート、1ユーロ=143.87 円で計算
公式サイト:https://www.sacrecoeurbordeaux.info/

ボルドーの大鐘楼

18世紀から今もなお鳴り続ける鐘


photo by pixabay

ボルドー市内の中心部には、18世紀から今なお鳴り続ける大鐘楼があります。フランス最古の鐘楼の一つで、ボルドーの象徴とも言える存在となっています。

1775年に設置されたこの大鐘楼は、幅2メートル、重さは7,800キログラムもの大きさで、アルモンド・ルイーズ(Armande-Louise)という洗礼名も持っています。


photo by pixabay

大鐘楼は老朽化のため毎日鳴らされているわけではありませんが、年6回ある祭日(1/1、5/1、5/8、7/14、8/28、11/11)の11時と、毎月第1日曜日の正午に鐘の音を聞くことができますよ。また外からの見学はいつでもできるので、空き時間で回るのがおすすめです!

ボルドーの大鐘楼(Grosse Cloche)の基本情報
住所: Rue Saint-James, 33000 Bordeaux, フランス
電話:+33556006600
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: Musée d'Aquitaine駅から徒歩5分
料金:ガイド付き内部見学ツアー 6ユーロ(約860円)
※2023年3月12日のレート、1ユーロ=143.87 円で計算

ポン・ド・ピエール(ピエール橋)

17のアーチが印象的なボルドーで最も古い橋


photo by pixabay

ポン・ド・ピエールは、ボルドーにかかっている橋のなかで、もっとも古くに造られた石橋です。ナポレオンの命を受けて造られたことから、Napoleon Bonaparteの文字数17にちなんで、17個のアーチから成り立っています。


photo by pixabay

全長は490メートルあり、現在でもボルドーの交通の要として旧市街と右岸をつなぐ役割をはたしています。全長は490メートルあり、橋の上は自動車では通れませんが、歩行者は通行はもちろん、トラムも走っています!

夜にはライトアップされ、橋と川は幻想的な雰囲気に。夜の散策などにも訪れたいスポットです。

ポン・ド・ピエール橋(Pont de Pierre)の基本情報
住所:et la, Entre la place Bir Hakeim, Pl. de Stalingrad, 33000 Bordeaux, フランス
電話:なし
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: Porte de Bourgogne駅から徒歩1分
公式サイト:https://www.bordeaux.fr/p7033/le-pont-de-pierre-premier-pont-de-bordeaux

ボルドーの知る人ぞ知る穴場観光地3選

次に、ボルドー旅行でおすすめな穴場観光地をご紹介します。ボルドーにあるスポットのなかでは知る人ぞ知るスポットなので、長期滞在する方や、時間に余裕のある方におすすめ!ツアーでは回れない場所もあるので、のんびりと巡ってみてくださいね。

バッサン・ド・リュミエール

360°アートが楽しめるアートセンター


photo by Unsplash

バッサン・ド・リュミエールは2020年にオープンした観光スポットです。もともとは潜水艦基地だった場所のため、内部の係留池を利用し、プロジェクターを使ってアート作品を360°投影することで、まるで絵画の世界に迷い込んでしまったかのような体験ができます。


photo by Unsplash

館内には6つのエリアがあり、足元の水面に投影されるスペースをはじめ、防音で隔離されたエリアで没入型のアートを楽しめる空間などもあります。年間を通じて、数種類のイベントが同時に開催されていますので、ボルドーの新名所となっている場所で、ぜひアートに触れてみてくださいね。

バッサン・ド・リュミエール(Les Bassins des Lumières)の基本情報
住所:Imp. Brown de Colstoun, 33300 Bordeaux, フランス
電話:+33535000090
営業時間:月~木曜 10:00~18:00、金~土 10:00~22:00、日 10:00~19:00 ※展示内容によって変動あり
アクセス: Place Ravezies - le Bouscat駅から徒歩10分
料金:大人 15ユーロ(約2,090円)、5歳~25歳 9ユーロ(約1,370円)、65歳以上 14ユーロ(約1,940円)、5歳未満 無料、
※2023年3月12日のレート、1ユーロ=143.87 円で計算
公式サイト:https://www.bassins-lumieres.com/fr

ジャック・シャバン・デルマ橋

ヨーロッパ最長の垂直昇降可動式の橋


photo by pixabay

ジャック・シャバン・デルマ橋は、ヨーロッパ最長の垂直昇降可動式の橋です。2013年に開通し、そびえたつ4つのパイロンが特徴的です。


photo by Unsplash

昇降可動式の橋なので、大型船が通る際は、橋が上昇します。タイミングが合えば、橋の昇降を見られるかもしれません。この大きさの昇降可動式の橋はなかなか見られないので、じっくりと見学するのがおすすめです。

ジャック・シャバン・デルマ橋(Pont Jacques Chaban Delmas)の基本情報
住所: Pont Jacques Chaban-Delmas, Pont Jacques Chaban Delmas, 33300 Bordeaux, フランス
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:La Cité du Vin駅から徒歩1分
公式サイト:https://www.bordeaux-tourisme.com/patrimoine-culturel/pont-jacques-chaban-delmas.html

ピラ砂丘

海と緑が一望できる!夕日もおすすめの観光スポット!


photo by Unsplash

ピラ砂丘は、ボルドーから車で1時間ほどの郊外にある、アルカション湾の湾口に位置している砂丘です。高さ100メートルとヨーロッパでもっとも高さがある砂丘と言われており、4000年もの歴史を持っています。

ピラ砂丘からは海はもちろん、近くの森なども一望することができ、夕日の絶景を眺められることでも有名です。


photo by Unsplash 

砂丘をひと通り楽しんだら、砂丘をくだったところにあるコルニッシュ海岸で一休みするのがおすすめ。周辺ではパラグライダーも体験でき、上空からの景色も楽しめます!

ピラ砂丘(Dune du Pilat)の基本情報
住所: Av. de Biscarrosse, 33115 La Teste-de-Buch, フランス
電話:+33556221285
営業時間:24時間
アクセス: Gare d'Arcachon駅からバスで30分
料金:駐車場4時間 6ユーロ(約860円)
※2023年3月12日のレート、1ユーロ=143.87 円で計算
公式サイト:https://ladunedupilat.com/

ボルドー観光を満喫するためのおすすめモデルコース


photo by pixabay

観光スポットからグルメまで、見どころいっぱいのフランスの都市・ボルドー。せっかくなら朝から夜まで時間いっぱい楽しみましょう。グルメは、名物のワインやチーズからボルドーの郷土料理まで取り入れると、現地の文化を感じられるのでおすすめですよ!

<スケジュール例>

1日目 ボルドー到着→ボルドー中心地でランチ→市内観光(カンコンス広場とジロンドの記念碑、サン・ミッシェル大聖堂、サン・タンドレ大聖堂)→夕暮れ時のブルス広場&ミロワール・ドーを見学→ラ・テュピナで郷土料理を満喫

2日目 ホテルで朝食→ポン・ド・ピエール橋を散歩→大鐘楼の見学→シテ・デュ・ヴァンを見学→ラ・ブラッスリー・ボルドレーズでランチ→グランド・テアトルを見学→ボルドー中心地でディナー

3日目 ホテルで朝食→カイヨ門&パレ宮殿広場を散歩→カヌレやチョコレートを満喫する→お土産探し→帰国


photo by pixabay

ボルドーは、市内観光から市外とを結ぶ橋の見学、そして旧市街地巡りなど、見どころがいっぱい!観光ツアーやオプショナルツアーを利用したり、訪れたいスポットを絞って、効率的に観光を楽しむことがおすすめです。ぜひ自分好みのボルドー旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

フランス・ボルドーの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、フランス・ボルドーのおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるボルドーでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、フランス旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!


※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。
※記事内の金額は2023年3月12日のレート、1ユーロ=143.87 円で計算しています。

cover photo by pixabay

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

フランスの東京発のおすすめツアー

フランス旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる