NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】スペインのコンセントはC/SEタイプ!変換プラグや電圧などを徹底解説

スペイン旅行に行く際に確認しておきたいのがコンセントのタイプ。観光に欠かせないスマホやカメラをはじめ、ヘアアイロンやドライヤーなどを使うために電源の確保は欠かせません。スペインのコンセントは、日本とは異なるタイプの形状のため、日本の電化製品をスペインで使う場合は、変換プラグや変圧器が必要になります。 この記事では、旅行の前に知っておきたい、スペインのコンセントタイプや電圧について徹底解説!事前に必要なものを準備して、スムーズなスペイン旅行を実現しましょう。

ライター
NEWT編集部

スペイン旅行に行く際に確認しておきたいのがコンセントのタイプ。観光に欠かせないスマホやカメラをはじめ、ヘアアイロンやドライヤーなどを使うために電源の確保は欠かせません。スペインのコンセントは、日本とは異なるタイプの形状のため、日本の電化製品をスペインで使う場合は、変換プラグや変圧器が必要になります。

この記事では、旅行の前に知っておきたい、スペインのコンセントタイプや電圧について徹底解説!事前に必要なものを準備して、スムーズなスペイン旅行を実現しましょう。

Contents

スペインのコンセントはCタイプとSEタイプの2種類

photo by Unsplash,Cタイプのコンセント

スペインの一般的なコンセントは、おもにCタイプとSEタイプ。これらのプラグは、スペインをはじめ、ヨーロッパで広く採用されています。日本のAタイプのコンセントとは異なり、差し込み口の形状が丸いのが特徴です。

ホテルなどでもCタイプとSEタイプのコンセントが備わっているため、日本のAタイプのプラグはそのまま使用することができません。

CタイプとSEタイプのプラグの違いは?

photo by Unsplash 

CタイプとSEタイプのコンセントプラグは、非常に形が似ているため、一見すると違いがほぼ分かりません。比べてみると、Cタイプはピンの太さが約4mm、SEタイプは約4.8mmで、わずかにCタイプの方が細いことが分かります。

形状がほとんど同じため、CタイプのプラグはSEタイプのコンセントに差し込むことができますが、若干不安定なため、上手く差し込むことができず充電ができないことがあります。故障や火災の原因にもなりかねないので、コンセントのタイプにあった正しいプラグを使いましょう。

スペインのコンセントは変換プラグを使用

photo by Unsplash

スペインのCタイプとSEタイプのコンセントでは、日本のAタイプのプラグとは形が違うためそのまま使用できません。そのため、日本から持参した電化製品のプラグの先にはめ込んで、AタイプからC/SEタイプに形状を変えるための変換プラグが必要です。

変換プラグは、簡易型とマルチ型の2種類があります。簡易型は、1種類のプラグ形状に対応しており、もとのプラグに差し込むだけで使えます。例えば、Cタイプの変換プラグを使用する場合は、AタイプのプラグをCタイプのコンセントにのみ使うことができるようになります。

マルチ型は、1つの変換プラグに複数の種類の形状のプラグが備わっており、コンセントの形状に合わせてカスタマイズすることができます。CタイプやSEタイプだけでなく、多種類のプラグ形状に対応できるため、コンセントプラグのタイプが異なるさまざま国で使えます。

変換プラグはどこで買える?

photo by Unsplash 

変換プラグは、基本的に家電量販店で手に入ります。店頭では、さまざまな種類のプラグが豊富に取りそろえられているため、目的や予算に合わせて選ぶことができます。対応するプラグが分からなくても店員さんに相談できるので便利です。

価格は、簡易型であれば安いものだと300円から購入できるものも。マルチ型は簡易型よりも多少高価ですが、さまざまな形状に変換できるため、1つ持っていると便利ですよ。また、ダイソーやセリアなどの100円ショップでも取り扱っている場合があり、格安で購入できます。ただし、クオリティは正規のものより多少劣るので注意して選びましょう。

出発前に変換プラグの買い忘れに気づいたら、空港のショップを確認してみましょう。空港によっては、家電量販店やトラベル用品店で取り扱っている場合があります。価格は通常よりも割高なものが多いです。

差し込み口が複数ある電源タップはあると便利

photo by Unsplash

スマートフォンやパソコン、カメラなどを海外に持ち込むと、ホテルのコンセントでは足りなくなることも。そんな時に便利なのが、差し込み口が複数ある電源タップ。滞在先にコンセントが1つしかない場合でも、一度に複数の充電ができるのでおすすめです。

海外のどのコンセントの形状でも使えるよう、プラグが変更できるユニバーサルタイプのものを選ぶことが電源タップを選ぶポイント!USBポートが複数ついたものも充電などに便利です。

スペインの電圧は220V!変圧器が必要な場合も

スペインと日本では、コンセントやプラグの形状だけでなく、電圧も異なります。スペインでは主流の電圧が220Vとなっています。

日本の電圧は100Vで、スペインのほうが電圧の数値が高いため、日本から持参する電化製品を使用する際には変圧器が必要な場合も。日本の電化製品をそのまま使うと製品の破損や火災の危険性もあるので、使用の際は必ず電圧を確認しましょう。

ただし、現在は変圧器なしで海外利用に対応している電化製品も多いほか、変圧器は高価なものも多いため、あらかじめ海外で使用できる製品を購入しておくのもひとつの手です。

スマートフォン(iphoneやAndroid)・パソコンは変圧器は必要なし!

photo by pixabay

スマートフォンやパソコンは、基本的に変圧器の必要はなし!ほとんどの製品が世界各国の電圧に対応しているグローバル規格となっているため、変換プラグさえあればそのまま充電できます。スマートフォンであれば、USBポートがあればそのまま差して使えます。

ただし、使用する際には必ず表示をしっかりと確認しましょう。電化製品のアダプターを確認して、INPUT: 100〜240Vと書かれていれば、それはグローバル規格製品ということになり、変圧器なしで使えます。

ドライヤー・ヘアアイロンの場合は基本的に変圧器が必要

photo by Unsplash

海外旅行に持っていく人も多いヘアアイロンは100〜240W、ドライヤーは400〜1200Wといった高い電圧を持つことが一般的です。特にドライヤーは、スペインで使用するとなると大容量の変圧器が必要となってしまいます。

旅行で大容量の変圧器を持っていくのは価格や重さから現実的ではないため、変圧器がいらない海外対応のドライヤーを購入するのがベスト。家電量販店などに行けば、海外対応はもちろん、かさばらないコンパクトサイズのものなど、さまざまな種類があるのでチェックしてみてくださいね。

ドライヤーであればホテルに完備されている場合がほとんどなので、宿泊の際は事前に確認すると良いでしょう。

デジタルカメラなどの撮影機器の場合

photo by Unsplash

海外旅行では、一眼レフやミラーレスカメラをはじめとする、デジタルカメラを持ち込む人も多いのではないでしょうか。これらのカメラの電圧は100V〜240Vに対応しており、スペインに持ち込む際は変圧器の必要はありません。変換プラグのみを利用して、充電ができます。

ただし、稀に100Vにのみ対応しているデジタルカメラなどもあるので、うっかり充電が原因で故障してしまわないよう、充電前に対応電圧を確認しておくと安心です。

電化製品の対応電圧の調べ方

photo by Unsplash

電化製品の対応電圧を調べるには、製品のラベルやアダプターなどをチェックします。製品のサイトでも対応電圧が紹介されていることがあるので、確認してください。

記載されている電圧が100V~240Vとなっている場合は、海外利用に対応している電化製品であることを意味し、スペインでも変圧器なしで利用できます。

一方で、100Vと書かれているものは日本仕様のものであり、電圧が220Vのスペインでは規格外となり利用できません。出発前までに、持参する電化製品の対応電圧をチェックしておくようにしましょう。

また、変圧器には3つのタイプがあり、海外で日本の家電製品を使う場合は現地の電源電圧を100Vに下げる「ダウントランス」タイプの変圧器が必要となります。

変圧器を使用する際は消費電力もチェック!

photo by Unsplash 

変圧器を使用する際には、変圧器の容量が使用する電化製品の消費電力よりも大きいかどうかを必ず確認しましょう。電化製品の消費電力のプラス20%を基準に選ぶのがおすすめです。主な電化製品の消費電力の目安は、スマートフォンで15W、ドライヤーで600~1200W。

総消費電力量が変圧器の容量を越えなければ、電化製品を使用する際に複数の電化製品をタップなどに繋いで同時に使用できます。

変換プラグや変圧器を忘れた場合は?

photo by Unsplash

渡航先で変換プラグや変圧器を忘れたことに気付いた場合は、滞在先のホテルで変換プラグや変圧器の貸し出しサービスがされているかを確認しましょう。日本人宿泊者が多いホテルや5つ星の高級ホテルなどでは、貸し出しサービスがある場合があります。

また、ホテルによってはコンセントのほかにUSBポートが備え付けられている場合も。USBで繋げればスマートフォンなどの電化製品を変換プラグなしで充電できます。ただし、USBケーブルで繋げられないものや電圧の高い電化製品には使えないので注意しましょう。

ホテルで変換プラグや変圧器が手に入らないできない場合は、現地の空港や大型の電気屋をチェックしてみてくださいね。

スペインのコンセントをチェックしてスムーズな旅を

この記事では、スペインのコンセントの形状の違い、変換プラグの種類や使い方などについて解説しました。スペインのコンセントはCタイプとSEタイプで、日本の電化製品を使う場合は変換プラグが必要です。事前にコンセントの確認をして、スペイン旅行を快適に楽しんでくださいね。

cover photo by Unsplash

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

スペインの東京発のおすすめツアー

スペイン旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる