NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】中国・ハルビンでおすすめの観光地10選!名所や穴場を厳選

ハルビンには、聖ソフィア大聖堂やハルビン氷雪祭りなどの有名な観光地がいっぱい! 今回は、中国・ハルビン旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から10選紹介します。ハルビン旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

ハルビンには、聖ソフィア大聖堂やハルビン氷雪祭りなどの有名な観光地がいっぱい!

今回は、中国・ハルビン旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から10選紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ハルビン旅行の参考にしてくださいね!

Contents

中国黒竜江省・ハルビンには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash 

中国の北東、黒龍江省にあるハルビンは、ロシアに近いこともありロシアの影響を強く受けている都市です。極東のパリとも呼ばれ、ヨーロッパと中国の文化を上手く融合させている観光スポットがハルビン市内にはいくつもあります。

今回はハルビンの人気観光地を紹介!人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

ハルビンで絶対行きたいおすすめ観光地7選

まずは初めてのハルビン旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地のおすすめポイントや見どころを紹介します。

市内観光は、現地ツアーを利用して効率よく観光するのもおすすめ!ハルビン市内は地下鉄やバス路線が充実しているので、時間が限られている旅行中でも訪れやすいですよ。

聖ソフィア大聖堂

繁華街の中のロシア建築物!ハルビンを代表する観光スポット


photo by pixabay

聖ソフィア大聖堂は、ハルビンの中心地にあるロシア正教会の聖堂。ハルビンといえばここ!といわれるシンボル的な観光スポットで、茶色の壁に緑色の屋根が目を引きます。中国にいながらロシアを感じられる建物です。

こちらの大聖堂は日露戦争が終わった2年後の1907年に、ロシア帝国の兵士の軍用教会として創建されました。創建後もロシア人の出資によって拡張工事が行われ、1932年に現在の姿になりました。


photo by Unsplash 

聖ソフィア大聖堂は現在、聖堂としては使用されておらず、博物館として一般に開放されています。内部にはハルビンに関する写真や模型、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐のレプリカ絵画などが飾られていますよ。

聖ソフィア大聖堂の周りは広場になっており、観光のあとはここで休憩するのもいいですね。また、結婚式の写真撮影の名所でもあり、カップルやご夫婦でウエディングフォトを撮るのもおすすめですよ!

聖ソフィア大聖堂(せいそふぃあだいせいどう)の基本情報
住所:88 Toulong St, Daoli District, Harbin, Heilongjiang, China, 150020
電話:+86-451-8468-6904
営業時間:8:30~17:00
休業日:月曜
※最新情報をご確認ください
アクセス:ハルビン駅から徒歩で約16分
料金:要確認

中央大街

中国なのにヨーロピアン!全長約1,450メートルの商店通り


https://www.flickr.com/photos/pigmon_tatara/12710636543
中央大街 by pigmon_tatara is licensed under CC BY 2.0

中央大街は、全長約1,450メートルの目抜き通りです。通りの両側にはロシア料理店や中華料理店、ショップが軒を連ねており、ショッピングやグルメを楽しめます。

極東のパリとも称されるヨーロッパ調の街並みはたいへん美しく、見ているだけでも楽しいですよ!中央大街は歩行者天国なので、ぜひ足を止めてゆっくりと観光してみてくださいね。

夜は通り全体がライトアップされ、昼間とは違った雰囲気を楽しめます。時期によってはレインボー色のトンネルが出ることもあり、こういった演出も観光客に人気です。

中央大街(ちゅうおうたいがい)の基本情報
住所:Daoli District, Harbin, China, 150020
電話:-
営業時間:24時間
休業日:無休
アクセス:ハルビン駅から徒歩で約20分
料金:無料

ハルビン氷雪祭り

札幌、ケベックと並ぶ世界3大雪祭り!


photo by pixabay

ハルビン氷雪祭りとは、毎年1月~2月に開催される、世界3大雪まつりとして有名な冬の大イベント。メイン会場は3カ所あり、東京ドーム12個分の会場には約2,000点の氷の彫刻や建築物が展示されます。

氷の彫刻は、中国らしい建築物の中にもどことなくロシアの雰囲気も感じられます。会場内に馬車が走っていたり、巨大な彫刻がライトアップされたりなど、そのスケールの大きさに圧倒されるでしょう!


photo by Unsplash

期間中は氷雪祭りの大観覧車が運転されます。観覧車に乗るためには予約が必要です。料金はかかりますが、氷雪祭りの中で最も目を引くおすすめアトラクションですので、ぜひ乗ってみてくださいね!

また、ハルビンの冬はたいへん寒く、1月の平均気温はマイナス15℃からマイナス30℃であるため、防寒をしっかりして観光を楽しみましょう。

ハルビン氷雪祭り(はるびんひょうせつまつり)の基本情報
住所:280 Guogeli Ave, 果戈里 Nangang, Harbin, Heilongjiang, China, 150001
電話:-
営業時間:10:00~22:00
アクセス:ハルビン氷雪祭り駅下車すぐ
料金:大人330元(約6,270円)
※2023年4月11日のレート、1元=19円で計算

東北虎林園

虎だらけの迫力満点サファリパーク!


photo by Unsplash

東北虎林園は、シベリア虎の保護施設です。おなじみの茶色い虎やホワイトタイガーをはじめ、ベンガル虎、黒ジャガーなどの希少動物も見られる珍しい施設です。

園内は歩いて回れる部分とバスに乗って見学できる放し飼いエリアがあります。普通のバスの他に、追加代金を払えば乗れる網囲いのバスもあり、迫力満点!至近距離からシベリア虎を観察できるのはこのスポットだけです。


photo by pixabay
※画像はイメージです

東北虎林園では虎に餌やりもできるので、この機会に体験してみてはいかがでしょうか?

園内はどこを見ても虎だらけで、お土産も虎一色です。ぜひハルビンを訪れた際には東北虎林園に行ってみてくださいね!

東北虎林園(とうほくこりんえん)の基本情報
住所:China, Heilongjiang, Harbin, Songbei District, 松北街88号 邮政编码: 150025
電話:+86-451-8808-0606
営業時間:要確認
休業日:無休
アクセス:ハルビン市内中心部から車で約30分
料金:要確認

黒龍江省博物館

恐竜やマンモスの化石が見どころ!黒龍江省の歴史に触れられる博物館


photo by Unsplash 
※画像はイメージです

黒龍江省博物館は、ハルビンがある黒龍江省の歴史や文化などを展示する博物館です。館内には63万点を超えるコレクションがあり、歴史、自然、芸術、文学の4分野からなります。

自然分野では白亜紀のハドロサウルスやマンモスの骨格化石があり、必見!元、唐、宋、清、明時代の磁器や服飾品などもあり、古き良き中国の文化が詳しく理解できます。

入場は無料なので、空いた時間にふらりと立ち寄ってみるのもおすすめです!

黒龍江省博物館(こくりゅうこうしょうはくぶつかん)の基本情報
住所:Nangang, Harbin, China, 150001
電話:+86-451-5364-4151
営業時間:9:00~16:30
休業日:月曜(祝日の場合は開館)
アクセス:地下鉄1号線博物館駅で下車後すぐ
料金:無料
公式サイト:http://www.hljmuseum.com/

太陽島公園

ハルビン氷雪祭りの会場!自然豊かな庭園や滝が見どころ。


photo by Unsplash 
※画像はイメージです

太陽島とはハルビンを流れる松花江という川の北部に位置する小さな島。太陽島公園はこの太陽島のなかにあります。太陽島公園は冬の時期、ハルビン氷雪祭りの会場になっていることでも有名です。

氷雪祭りの期間中は多くの人で賑わいますが、それ以外の時期は人も少なく、のんびりと公園を散策できます。


photo by pixabay
※画像はイメージです

約38平方キロメートルの公園内には、太陽島公園のシンボルでもある太陽石、高さ7メートルの人造の太陽滝などがあります。また、四季折々の花が植えられた花壇や庭園なども整備されており、美しい自然の風景が楽しめるでしょう!

現地で四季を感じたり、自然の中でゆったりとくつろいだりしたい方は、ぜひ太陽島公園を訪れてみてくださいね。

太陽島公園(たいようとうこうえん)の基本情報
住所:Taiyang Blvd, Songbei District, Harbin, Heilongjiang, China, 150010
電話:+86-451-8819-0230
営業時間:8:30~17:00
休業日:無休
アクセス:地下鉄2号線太陽島駅下車すぐ
料金:要確認

ハルビン極地館

ショーがテーマの水族館!


https://www.flickr.com/photos/beggs/24676988973
IMG_5520 by Brian Jeffery Beggerly is licensed under CC BY 2.0
 
ハルビン極地館は、エントランスの白クジラのオブジェが目を引く、中国唯一のショーをテーマとした水族館です。

ここの一番のおすすめは、白クジラと女性調教師の水中ショー!深さ8メートルもある水中で繰り広げられるショーは、幻想的で心を揺さぶられます。


photo by pixabay
※画像はイメージです

その他にも、蝶の姿になったウォーターダンサーのショーや、エイのショー、イルカショーなどさまざまなショーがあり、ここでしかできない体験ができます!

白クジラやイルカショーは1日に2回ほど行われています。詳しい時間は公式サイトを確認してみてくださいね。

日本とは異なる雰囲気を持つ海外の水族館。ハルビンを訪れる際はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

ハルビン極地館(はるびんきょくちかん)の基本情報
住所:3 Taiyang Blvd, Songbei District, Harbin, Heilongjiang, China, 150010
電話:+86-451-8819-0909
営業時間:9:00~17:00
休業日:無休
アクセス:地下鉄2号線太陽島駅下車後すぐ
料金:大人160元(約3,040円)
※2023年4月11日のレート、1元=19円で計算
公式サイト:http://www.hrbpolarland.com/

ハルビンの知る人ぞ知る穴場観光地3選

ここからは知る人ぞ知る、ハルビンの穴場スポットを3つ紹介します。ここへ行けば、ハルビンの旅行がさらに充実したものになること間違いなしです!

老道外

西洋と中華的要素が融合した写真映えスポット


photo by pixabay
※画像はイメージです

老道外は、ハルビンの歴史ある通りです。一歩足を踏み入れると、20世紀の西洋のバロック建築と中華的なスタイルが見事に融合したノスタルジーな空間が広がります。

老道外の通りには人気レストランや酒場などの食事処があり、通りを観光したあとはレストランで食事を楽しむのもいいですね。

老道外は中央大街の建築物とはまた違い、中国の古い伝統文化が建物から感じられます。写真撮影スポットとしてもおすすめなので、ぜひ思い出に残る写真をたくさん撮ってくださいね!

老道外(ろうどうがい)の基本情報
住所:QJJR+R5H, S Toudao St, 靖宇 Daowai District, Harbin, Heilongjiang, China, 150020
電話:-
営業時間:店舗により異なる
休業日:店舗により異なる
アクセス:ハルビン中心部から車で約15分
料金:-

防洪紀念塔

夜のライトアップが美しい!市民に親しまれている紀念塔


https://www.flickr.com/photos/claire202/6908285645
DSC05458 by Claire.L is licensed under CC BY-ND 2.0

防洪紀念塔は、中央大街を北に向かって進んだ先のスターリン公園にある銅像です。1957年に起こった、松花江の大洪水と見事に戦った功績を記念して建てられました。ハルビン市民の誇りとして親しまれています。

塔の頂上には、農民や職人、知識人が洪水に立ち向かう様子を表現した彫像が彫られています。夜は銅像とその周辺が美しくライトアップされるので、こちらもおすすめです。

防洪紀念塔(ぼうこうきねんとう)の基本情報
住所:China, Heilongjiang, Harbin, Daoli District, 中央大街 邮政编码: 150010
電話:-
営業時間:24時間営業
休業日:無休
アクセス:ハルビン駅から車で約17分
料金:無料

文廟

清王朝時代を感じられる孔子を祀るお寺


https://www.flickr.com/photos/lawriecate/5985407253
Harbin confucius temple by Lawrie Cate is licensed under CC BY 2.0

文廟は、儒教の始祖である孔子を祀っているお寺です。1926年にハルビンの商人たちがお金を出し合い、創建しました。赤い壁や弓なりに曲がった屋根が特徴的で、清王朝時代の伝統的な中国建築が見どころ!

広い敷地内には、文廟のほかに孔子の像や民族博物館もあり、興味深い資料が展示されています。文廟周辺はきれいに整備されており、観光客も比較的少なく静かです。入場は無料なので、ゆっくりと散歩がてらに訪れてみてはいかがでしょうか。

文廟(ぶんびょう)の基本情報
住所:25 Wenmiao St, Nangang, Harbin, Heilongjiang, China, 150009
電話:+86-451-8254-0093
営業時間:要確認
休業日:要確認
アクセス:ハルビン駅から車で約17分
料金:無料

ハルビン観光を満喫するためのおすすめモデルコース


photo by Unsplash 

観光スポットからグルメまで、見どころいっぱいの街、ハルビン。せっかくなら朝から夜まで時間いっぱい楽しみましょう。グルメはロシアに近い都市らしく、ロシア料理と中国料理の両方の店を取り入れるのがおすすめ。朝と夜で姿を変える、ハルビン氷雪祭りも欠かせません!

<スケジュール例>

1日目 ハルビン到着→東方餃子王で水餃子のランチ→太陽島に渡り、太陽島公園、ハルビン極地館を見学→東北虎林園で虎に餌やり体験→ハルビン中心地に戻り、ライトアップされた中央大街で夕食&ショッピング

2日目 ホテルで朝食→黒龍江省博物館・聖ソフィア大聖堂を見学→中央大街の华梅西餐厅でロシア料理のランチ→防江紀念塔を見学→美しくライトアップされたハルビン氷雪祭りに参加

3日目 ホテルで朝食→ハルビン氷雪まつりを満喫→老道外でお土産探し&ショッピング→帰国

ハルビンは、中心地の観光や氷雪祭りの観光、そして夜のライトアップ散策など、1日中見どころがいっぱいなので、観光ツアーを利用したり、訪れたいスポットを絞ったりして、効率的に観光を楽しむことがおすすめです。

ぜひ自分好みのハルビン旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

中国・ハルビンの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、中国・ハルビンのおすすめ観光スポットを10選紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるハルビンでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、ハルビン旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。
※記事内の金額は2023年4月11日のレート、1元=19円で計算しています。

cover photo by Unsplash

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる