NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】中国でおすすめの観光地12選!エリア別に厳選

中国には、万里の長城や故宮博物館などの有名な観光地がいっぱい!中国の悠久の歴史に思いをはせながら、現地での観光を思う存分に楽しめますよ。今回は、中国旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。首都北京の名所から上海・成都の穴場スポットまでエリア別に厳選したので、中国旅行をする際の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

中国には、万里の長城や故宮博物館などの有名な観光地がいっぱい!中国の悠久の歴史に思いをはせながら、現地での観光を思う存分に楽しめますよ。今回は、中国旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から12選ご紹介します。首都北京の名所から上海・成都の穴場スポットまでエリア別に厳選したので、中国旅行をする際の参考にしてくださいね!

Contents

中国には魅力的な人気観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash

中国は、首都である北京や絶景の夜景で有名な港湾都市の上海・香港だけでなく、三国志時代の博物館やパンダ園で有名な成都など、魅力的な観光スポットが豊富!

日程に余裕がある方は、中国の内陸部にまで足を伸ばしてみるのがおすすめです。

今回は中国の人気観光地12選を紹介します。エリア別に定番の観光名所から穴場の観光名所までまとめたので、中国旅行の予習にぜひ活用してみてくださいね。

北京のおすすめ人気観光スポット4選

北京は、言わずと知れた中国の首都です。観光名所も多く、世界遺産の万里の長城や博物館としても有名な紫禁城、天安門広場が特徴的な街だといえます。

万里の長城

世界七不思議に数えられる世界遺産


photo by Unsplash

万里の長城は、世界七不思議に数えられる世界遺産。現存する主要な壁の部分で約3,000キロ、総延長距離は12,000キロにも及ぶと言われる世界最長の石垣です。急峻な山々を通る万里の長城からは、古代の人々の努力と力強さを感じられます。


photo by Unsplash 

紀元前7世紀の春秋時代から明代に至るまで2000年以上の年月をかけて増築が繰り返されたとされる建築物で、圧巻の景観と複雑な建造物を楽しめます。

とくに北京周辺で見られる長城は石やレンガ造りの重厚な建造物で、監視台や狼煙台が均等に配置されている芸術性の高い遺跡。北京観光には外せない観光名所ですよ!

万里の長城(ばんりのちょうじょう)の基本情報
住所:中国 北京市 懐柔区 邮政编码 101406
電話:+86 10 6162 6022
営業時間:月〜金 7:00~18:00、土〜日 7:00~18:30
※シーズンによって営業時間が異なるため公式サイトをご確認ください
休業日:なし
アクセス: 北京市内から車で約1時間半
料金:40元(約818円)
※2023年11月4日のレート、1元=20.46円で計算
公式サイト:https://www.mutianyugreatwall.com/enTickets

紫禁城(故宮)

中国の古代建築と歴史を学ぶ


photo by pixabay

紫禁城は、北京旧市街の中央部分を占める故宮のこと。世界最大規模の木造古建築群で、世界五大宮(紫禁城・ロシアのクレムリン・フランスのベルサイユ宮殿・イギリスのバッキンガム宮殿・アメリカのホワイトハウス)の一角に数えられます。


photo by Unsplash 

明朝・清朝時代に24人にも渡る皇帝の居城として利用され、何度も火災に見舞われるも修繕され、現在に至るまで大理石の上に立つ荘厳な故宮の様子を楽しめます。

紫禁城の中には貴重な芸術品や庭園などがあり、故宮の建築だけでなく、貴重な芸術品を楽しめる博物館としての側面もあるのが特徴です。

紫禁城(しきんじょう)の基本情報
住所:4 Jingshan Front St, Dongcheng, Beijing, 中国 100009
電話:+86 400 950 1925
営業時間:4月〜10月 8:30~17:00、11月〜3月 8:30~16:30
休業日:月曜
アクセス: 天安門西駅から徒歩約18分、天安門東口から徒歩約10分
料金:4月〜10月は60元(約1,227円)、11月〜3月は40元(約818円)
※2023年11月4日のレート、1元=20.46円で計算
公式サイト:https://www.dpm.org.cn/Home.html

天安門広場城

北京中心部にある有名な広場


photo by pixabay

天安門広場城は、長らく紫禁城の正門として使われてきた門です。門の中央には毛沢東の肖像画があり、赤・オレンジ色の壁や屋根とのコントラストは有名。

元々は承天門として知られていましたが、幾度となく火災や落雷によって修繕が繰り返され、最終的に1651年の再建時に天安門に改名されたという経緯があります。


photo by Unsplash 

高さ約12メートルの城壁に二層の楼閣があり、とても写真映えするスポット!この門からは重要な法律や新皇帝の即位が伝えられ、毛沢東が中華人民共和国の成立を宣言した政治的・歴史的に重要な意味をもつ場所としても知られています。

ちなみに、天安門前の広場は、南北約880メートル、東西300メートルの広さ。敷地に100万人もの人が集まれるとされる圧巻のスケール感を堪能できますよ!

天安門広場(てんあんもんひろば)の基本情報
住所:中国 北京市 Dongcheng, 前門
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: 天安門東駅から徒歩で約10分
料金:無料
※一部有料エリアあり
※最新情報は確認ください

頤和園

北京の観光名所!美しい庭園を満喫しよう


photo by Unsplash

頤和園は、18世紀、皇帝が母の還暦祝いに造営した北京最大の庭園。1998年にユネスコの世界遺産に登録され、総面積はなんと290万平方メートルにも及びます。

北京の観光名所と言われている頤和園は、敷地面積の4分の3を占める昆明湖や頤和園のシンボルである仏香閣(ぶっこうかく)、全長728メートルにも及ぶ長廊など見どころがたくさん!


photo by Unsplash

頤和園はこれまで破壊と再建を繰り返しながらも、建築や景観デザインなどの観点で高い評価を受けてきました。まさに歴史と文化を感じられる必見スポットといえるでしょう。北京を訪れる際はぜひ中国屈指の庭園、頤和園に足を運んでみてくださいね!

頤和園(いわえん)の基本情報
住所:19 Xinjiangongmen Rd, Haidian District, 中国 100091
電話:+86 10 6288 1144
営業時間:6:00~19:00(4月1日~10月31日)、6:30~18:00(11月1日~3月31日)
休業日:なし
アクセス: 北宮門駅から徒歩約10分
料金:
【入場券】繁忙期(4月1日~10月31日)は30元(約613円)、閑散期(11月1日~3月31日)は20元(約409円)
【共通券】繁忙期(4月1日~10月31日)は60元(約1,227円)、閑散期(11月1日~3月31日)は50元(約1,023円)
※2023年11月4日のレート、1元=20.46円で計算
公式サイト:http://www.summerpalace-china.com/

上海のおすすめ人気観光スポット3選

上海は近代的な高層ビル群や上海随一の大通りである南京東路だけでなく、明朝時代に建造された建造物が楽しめるユイアンなど、古今が融合した面白い街です。

この章では、上海でおすすめな観光スポット3選を紹介します。

外灘(ワイタン)

高層ビルが立ち並ぶエリア


photo by Unsplash

外灘(ワイタン)は、租界建築と呼ばれる洋風の高層ビル群が林立するエリアで、昼には太極拳を楽しむ人々の様子を観察でき、夜にはキレイにライトアップされたビル群の写真や動画を撮影すれば、旅行気分を思う存分に味わえます。


photo by Unsplash 

また、周辺エリアは洗練されたショッピングモールやレストランが多いです。外灘の景色を撮影するだけでなく、現地上海ならではのお土産やグルメを堪能してみてはいかがでしょうか?

外灘(ワイタン)の基本情報
住所:Zhongshan Rd (E-1), Waitan, Huangpu, Shanghai, 中国 200002
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: 南京東路駅から徒歩で約10分
料金:無料

南京東路

上海随一の繁華街


photo by Pixabay

南京東路は、上海随一の繁華街として知られています。人民広場から外灘まで続くほとんど全ての地点が歩行者天国になっており、上海らしいお土産やグルメなお店を徒歩で探すのにぴったりな観光名所ですよ。


photo by Unsplash

また、夜になるとカラフルなネオンが特徴的な大通りの様子を楽しめます。老舗の飲食店が多いので、上海のお土産を物色したり、高級なレストランで上海の食を楽しんだりしてみたいという方は、南京東路に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

南京東路(なんきんとうろ)の基本情報
住所:中華人民共和国 上海市 黄浦区 人民広場 邮政编码: 200003
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: 南京東路駅から徒歩で約3分
料金:無料

豫園(ユイアン)

明朝時代に建設された歴史的な建造物


photo by Unsplash

豫園(ユイアン)は、明朝時代の傑作との呼び声高い風光明媚な庭園や当時の街並みを再現した美しい景観、幅広い種類のお店が集結した観光名所です。高層ビルが立ち並ぶ外灘や商業エリアの浦東にも近く、アクセス性もばつぐんですよ!


photo by Unsplash 

豫園(ユイアン)は無料で通行できるエリアと有料の庭園エリアがあります。中心地に近い通りは混雑するので、有料の庭園エリアと中心地の通りを訪れるなら、朝の早い時間帯に足を運ぶことをおすすめします。

豫園(ユイアン)の基本情報
住所:279 Yu Yuan Lao Jie, 四牌楼 Huangpu, Shanghai, 中国 200000
電話:+86 21 6326 0830
営業時間:9:00〜16:30
休業日:月曜
アクセス: ユイアン駅から徒歩で約10分
料金:
【商店街エリア】
無料
【植物園】
4月〜6月、9月〜11月 大人 40元(約818円)
 7月〜8月、12月〜3月 大人 30元(約613円)
※2023年11月4日のレート、1元=20.46円で計算
公式サイト:https://www.yugarden.com.cn/page/articleView/message.html

成都のおすすめ人気観光スポット3選

成都は四川省の省都で、三国志時代の博物館や遺跡、国内最大規模のパンダ園があり、歴史やパンダ好きの方は必見の地方の観光都市です。

この章では、おすすめの観光スポット3選について紹介します。

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地

中国随一のパンダ動物園


photo by Unsplash

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地は、パンダの故郷として知られている成都に設立されたパンダ園です。成都郊外にあり、車で約40分ほどの距離にあります。

パンダ園には50頭ものジャイアントパンダがいて、パンダの生態を観察できるだけでなく、パンダの繁殖シーンをビデオ鑑賞することもできますよ!


photo by Unsplash 

生後1年未満の赤ちゃんパンダもいるので、幅広い年代のパンダを楽しめる点が特徴で、半日程度で回れるので、観光プランにも柔軟に組み込める点がポイント。

パンダの生態について詳しく知りながら、パンダ園を周りたいという方は、日本語対応のガイドツアーなどを利用するのがおすすめです。

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(せいとジャイアントパンダはんしょくけんきゅうきち)の基本情報
住所:1375 Xiongmao Blvd, Chenghua District, Chengdu, Sichuan, 中国 610016
電話:+86 28 8351 0033
営業時間:7:30〜18:00
休業日:なし
アクセス:熊猫大道駅から徒歩すぐ
料金:55元(約1,125円)
※2023年11月4日のレート、1元=20.46円で計算
公式サイト:http://www.panda.org.cn/jp/

武侯祠博物館

三国志時代に思いを馳せる


photo by Unsplash

武侯祠博物館は、三国志時代の蜀で策士として活躍した宰相諸葛亮を祀った社です。明朝時代に隣接する劉備元徳の陵墓と併合されました。劉備・諸葛亮・関羽・張飛の像や当時の文物を鑑賞できるので、三国志マニアにはたまりません!


photo by Unsplash 

このように、武侯祠博物館の敷地内では、三国志ゆかりの文物を鑑賞しながら、三国志時代に思いを馳せられます。当時風の着物を着て写真撮影するサービスもあるので、三国志愛を存分に表現できる観光名所だといえますね。

三国志好きな方はぜひ武侯祠博物館を訪れてみてはいかがでしょうか?

武侯祠博物館(せいとぶこうしはくぶつかん)の基本情報
住所:中国 Sichuan, Chengdu, Wuhou District, Wuhouci Ave, 231号附2号 
電話:+86 28 8553 5951
営業時間:9:00〜18:00
休業日:年中無休
アクセス: 高昇橋駅D出口から徒歩で約10分
料金:大人 50元(約1,023円)
※2023年11月4日のレート、1元=20.46円で計算
公式サイト:http://www.wuhouci.net.cn/

九寨溝

成都から飛行機で1時間!絶景を楽しめる自然スポット


photo by pixabay

中国の四川省に位置する九寨溝は、黄龍とともに世界自然遺産に指定されている観光スポットです。多くの多彩な湖と滝はまさに神秘的な美しさ!

複数の民族文化が混在する地域にある九寨溝では 、自然を満喫できるのはもちろん、文化や伝統を感じられるスポットでもあります。


photo by pixabay

九寨溝は四季折々の美しい風景が楽しめるのも魅力。花が咲き誇る春、緑が広がる夏、紅葉が美しい秋、白い雪の世界が満喫できる冬など、季節によってさまざまな景色が楽しめます。

成都からは飛行機で1時間ほどで行けるので、時間に余裕がある方はぜひ九寨溝にも足を運んでみてはいかがでしょうか?

九寨溝(きゅうさいこう)の基本情報
住所: Jiuzhaigou County, アバ Sichuan, 中国 623402
電話:+86 8377739753
営業時間:4月1日〜11月15日 8:00〜17:00、11月16日〜3月31日 8:30〜17:00
休業日:なし
アクセス: 成都から飛行機で約1時間
料金:4月1日〜11月15日 190元(約3,887円)、11月16日〜3月31日 80元(約1,636円)
※2023年11月4日のレート、1元=20.46円で計算
公式サイト:https://www.jiuzhai.com/

西安のおすすめ人気観光スポット2選

西安は、古代には長安と呼ばれた政治と商業の首都でした。近年では機械工業やバイオテクノロジー産業が盛んな工業都市となっています。秦の始皇帝が建設した兵馬俑や大雁塔などの古代の建築物や歴史を身をもって体感できる都市です。

この章では、西安の人気観光スポットを紹介します。

兵馬俑

8,000体以上にのぼる陶製の兵馬の展示は圧巻!


photo by Unsplash

兵馬俑は、判明しているだけで8,000体以上の陶製の兵馬が展示されている遺跡。1万4,260メートルに及ぶ1号坑の発見に続き、2号坑、3号坑が続々と発掘され、20世紀で最大の発見と考古学者のみならず、世界中の人々を驚かせました。


photo by Unsplash 

2200年前に中国を統一した秦の始皇帝は、権力を永遠のものにするために兵馬俑の建設に着手しました。70万人もの囚人を動員して36年もの歳月をかけて作られた兵馬俑は、地下宮殿のようであったとする『史記』の記載があります。

顔形や身長、装飾品など、兵馬俑にはどれ一つ同じ形のものはないとされ、始皇帝の軍が多数の民族から構成されていたことを想起させてくれる世界遺産です。

始皇帝陵(しこうていりょう)の基本情報
住所:Lintong District, Xi'An, Shaanxi, 中国 710612
電話:+86 29 8139 9001
営業時間:要確認
休業日:なし
アクセス: 西安市内から車で約1時間
料金:大人 150元(約3,069円)
※2023年11月4日のレート、1元=20.46円で計算

​​大雁塔(だいがんとう)

唐時代に建設されたレンガ作りの巨大な塔


photo by Unsplash

大雁塔(だいがんとう)は、唐時代に建設された西安のシンボルといえる塔です。インドから帰国した西遊記でも有名な玄奘三蔵法師によって大雁塔が建設され、数々の経典が保存されるに至りました。

慈恩寺の境内にある塔で、建設された当時はかなり大規模なものでしたが、唐時代末期の戦乱期の火災でその大部分が失われてしまいました。


photo by Unsplash 

また、則天武后の時代に元々は5層建築であったものが、10層に増築されましたが、戦乱で一部が倒壊して現在では7層になっています。

木製のらせん階段を登れば、塔の頂上に登ることができます。太古の昔に思いを馳せながら、大雁塔の歴史的な建築を楽しみたい方におすすめの観光スポットですよ!

大雁塔(だいがんとう)の基本情報
住所:1 Cien Rd, Yanta District, Xi'An, Shaanxi, 中国 710064
電話:+86 29 8552 7958
営業時間:8:30〜17:30
休業日:なし
アクセス:大雁塔駅から徒歩約5分
料金:要確認

中国観光を楽しむために

中国観光を楽しむために、事前に知っておきたい情報や注意点をまとめました。ぜひ旅行前にチェックしてみてくださいね。

中国観光におすすめのシーズンは?


photo by Unsplash

中国観光のベストシーズンは、程よく温かく、観光できるスポットも多い4月〜5月と9月〜10月の時期がおすすめ。暑さと人混みの多さが許容できるなら、6月〜8月もおすすめです。北京・上海は観光地へのアクセスがよく、年間を通して観光しやすいですよ。

ただし、旧正月の2月初旬から中旬、国慶節にあたる10月1日〜7日の観光は避けるべきでしょう。多くの中国人が帰省するので、極端な混雑や目当てのお店が営業していないなどのトラブルに遭うリスクも考えられます。

中国旅行にビザは必要?

コロナ禍で長らくビザ発給が停止されていた中国渡航のビザ発給ですが、2023年3月15日に各種中国ビザの発給が再開されました。ただし、コロナ禍以前に認められていた15日以内の滞在の観光ビザ免除措置は復活しておらず、滞在日数に関係なくビザが必須です。

観光ビザの申請に必要なものは、下記のとおりとなっています。

【申請に必要なもの】
・パスポートの原本
・6ヶ月以内に撮影された写真(写真の要件
・ビザ申請書(申請書の原本
・航空券(Eチケット)コピー
・ホテル手配書、招聘状のいずれか

これらの必要なものをそろえたら、オンライン申請予約のページでビザ申請する日程を選択し、オンライン予約をします。

あとは、最寄りの中国ビザセンターで申請すればビザ申請の手続きは完了です。

中国の人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、中国のおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。名所や見どころ、絶品グルメの宝庫である中国では、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、中国旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年11月4日のレート、1元=20.46円で計算しています。

cover photo by Unsplash

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる