NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】スイス・ルツェルンでおすすめの観光地10選!名所や穴場を厳選

ルツェルンには、カペル橋やルツェルン湖などの有名な観光地がいっぱい! 今回は、スイス・ルツェルン旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ルツェルン旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

ルツェルンには、カペル橋やルツェルン湖などの有名な観光地がいっぱい!

今回は、スイス・ルツェルン旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ルツェルン旅行の参考にしてくださいね!

Contents

スイス・ルツェルンには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash

スイスの中央部に位置する都市・ルツェルン。美しい自然の風景と街並みが調和しているのが特徴で、ゆっくり旅行を楽しみたい方にぴったり!中世の古い街並みを感じられる一方で、近代的な建物もある文化的な都市です。

鉄道、バスなどへのアクセスが良いので、観光もしやすくグルメも堪能できます。

今回はルツェルンの人気観光地を紹介!人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

ルツェルンで絶対行きたいおすすめ観光地8選

まずは初めてのスイス旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地の見どころをご紹介していきます!ルツェルンにある多くのスポットは、公共交通機関でアクセスしやすいので、時間が限られている旅行中でも訪れやすいですよ。市内観光は、現地ツアーを利用して効率よく観光するのもおすすめです!

カペル橋

木造屋根付きがかわいらしいルツェルンのシンボル的存在


photo by pixabay

ルツェルンのランドマークともいえるカペル橋は、14世紀に建てられた木造橋です。要塞としても利用された歴史があります。八角形の形をした塔は、時代とともに、要塞や刑務所、保管庫などにも使われてきたとか。

残念ながら1993年に起きた火災で大部分が焼失してしまいましたが、翌年には再建され、中世の雰囲気を今に伝えています。


photo by pixabay

橋の内部には、17世紀の板絵(木製のパネルに描かれた絵)が110枚も飾られています。スイスとルツェルンの歴史が描かれており、見ごたえばつぐんです。

橋からはルツェルンのきれいな街並みを見渡せるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

カペル橋(Chapel bridge/Kapellbrücke)の基本情報
住所: Kapellbrücke, 6002 Luzern, スイス
電話:+41 41 227 17 17
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:ルツェルン駅から徒歩約4分
料金:無料
公式サイト:https://www.luzern.com/en/highlights/the-city/lucernes-landmarks-the-chapel-bridge/

瀬死のライオン像

フランス革命時代のスイス兵をたたえる慰霊碑


photo by pixabay

悲痛な顔が何かを訴えかけてくるような瀕死のライオン像は、旧市街から少し離れた公園内にあります。この像はフランス革命時代に王家のために戦い、殉職したスイス兵たちを称えるために、彫刻家トルバルセンによって作られました。

記念碑には、Helvetiorum Fidei ac Virtuti(スイス人の忠誠心と勇気のために)という文字が刻まれており、革命時の雰囲気が感じられます。


photo by pixabay

一見小さく見えるかもしれませんが、この記念碑の幅は約10メートル、高さは約6メートルと迫力満点。

悲しげな表情だけでなく、どこか勇敢さも感じられる雰囲気は見る人によってもそれぞれ感じ方が違うかもしれませんね。

瀬死のライオン像(Sacrifice Lion Statue/Löwendenkmal)の基本情報
住所: Denkmalstrasse 4, 6002 Luzern, スイス
電話:+41 41 227 17 17
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:最寄りのバス停Wesemlinrain駅から徒歩約3分
料金:無料
公式サイト:https://www.loewendenkmal-luzern.ch/en

ルツェルンの旧市街

中世ヨーロッパの街並を楽しむならココ!


photo by Unsplash

ルツェルンの旧市街はカペル橋や後にご紹介するシュプロイヤー橋がかかっているロイス川の近くの、中世の街並みが美しい観光地です。橋との距離も近いので組み合わせて観光するのもおすすめですよ。

旧市街の範囲はムーゼック城壁からイエズス会教会までとなっており、石畳が特徴のヴァインマルクト広場、コルンマルクト広場、ヒルシェン広場が含まれています。


photo by Unsplash

ルツェルンの旧市街はコンパクトな作りながらも、いたるところに壁画やフレスコ画が描かれており、歩いているだけで楽しめますよ。

また、雑貨屋さんや高級ショップなども立ち並んでいるのでショッピングにもぴったり。観光とお土産探しにいかがでしょうか?

ルツェルンの旧市街(Old Town of Lucerne)の基本情報
住所: Weinmarkt, 6004 Luzern, スイス
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:最寄りのバス停Schwanenplatz駅から徒歩約4分
料金:無料

ムーゼック城壁

ルツェルンの街並を一望できるスイス最大の城壁


lucerne_museggmauer_1 by Damien is licensed under CC BY-SA 2.0

ムーゼック城壁はルツェルンを囲むように作られた城壁で、その歴史は14世紀にまでさかのぼります。当時は全部で10の塔がありましたが、現在残っているのは9つで、そのうちの4つ(時計塔、ワハト塔、メンリ塔、シルマー塔)に登ることが可能です。ただし、営業しているのは4月から11月の間になるので要注意。

塔へは、木製の急で暗い階段を登る必要があるので、気をつけてくださいね。


View of Lucerne From the Museggmauer by edwin.11 is licensed under CC BY 2.0

9つある塔はそれぞれデザインが違うので見て回るのもおすすめです。塔からはルツェルンの美しい風景が見られる写真スポットとしても人気ですよ。

また、ムーゼック城壁周辺では希少な繁殖鳥類などが見られるスポットでもあるので、自然観察にもぴったり。風景を楽しんだり、城壁の歴史を知ったり、自然に触れたりとさまざまな楽しみ方ができる場所なので、時間が合えばぜひ足を運んでみてくださいね。

ムーゼック城壁(Museggmauer)の基本情報
住所: Auf Musegg, 6004 Luzern, スイス
電話:+41 41 227 17 17
営業時間:4月1日~11月1日 8:00~19:00
休業日:11月2日~3月31日
アクセス:最寄りのバス停Bramberg駅から徒歩約3分
料金:無料
公式サイト:https://www.museggmauer.ch/

ホーフ教会

2つの塔が美しいルネサンス様式の教会


photo by pixabay

2つの対照的な尖塔が美しいホーフ教会は、約1,000年以上の歴史がある教会。もともとは、ベネディクト修道会修道院として建てられましたが、火災で焼失してしまい、ルネサンス様式の教会として再建されました。瀕死のライオン像の近くに位置しており、組み合わせて見学するのがおすすめです。

教会はルツェルンの守護聖人である聖レオデガー(St. Leodegar)と聖マウリティウス(St. Mauritius)を祀っており、連日多くの地元民が参拝に訪れています。


photo by Unsplash

一見シンプルな作りに見えるかもしれませんが、黄金に輝く祭壇が豪華でひときわ目を惹きますよ。パイプオルガンも見ごたえばつぐん!現地で実際の荘厳な雰囲気を味わってくださいね。

ホーフ教会(Hofkirche St. Leodegar)の基本情報
住所: St. Leodegarstrasse 6, 6006 Luzern, スイス
電話:+41 41 229 95 00
営業時間:月~金 9:00~12:00、14:00~16:30、土・日・祝日 9:00~12:00
休業日:なし
アクセス:最寄りのバス停Weyから徒歩約2分
料金:無料
公式サイト:https://www.kathluzern.ch/meine-kirche/pfarreien-standorte/st-leodegar-im-hof

ルツェルン湖

湖畔沿いの景色を楽しみながらクルーズでゆったり過ごそう


photo by Unsplash

正式名称はフィアヴァルトシュテッテ湖(Vierwaldstattersee)ですが、現地ではルツェルン湖として親しまれています。その名の通りルツェルンを囲むような地形をしており、交通の要衝として重要な役割を果たしてきました。

スイス国内では5番目の面積の湖で、数多くの入り江や周辺の山々からなる風景は息を呑むような美しさです。


photo by pixabay

ルツェルン湖沿いには遊歩道が整備されているので散歩するのもおすすめですが、本格的に景色を楽しみたいのであれば、クルーズツアーに参加するのもおすすめ。
ツアーによっては、1時間ほどで終わるものからルツェルン湖全体をまわる食事つきのプランまであるので、時間に合わせて選ぶと良いでしょう。

ルツェルン湖(Lake Lucerne)の基本情報
住所: Lake, Luzern, Switzerland
電話:+41 41 367 67 67
営業時間:24時間
休業日:なし / ルツェルン湖クルーズは冬季休業
アクセス:ルツェルン中心部から徒歩すぐ
料金:無料ランチ・クルーズ(ルツェルン桟橋より出発)2等席 大人32スイス・フラン(約5,205円)/ショート・レイク・クルーズ(ルツェルン桟橋より出発)2等席 大人58スイス・フラン(約9,433円)
※そのほかのクルーズ料金は要確認
※2023年8月4日のレート、1スイス・フラン=162.63円で計算
公式サイト:https://www.lakelucerne.ch/en/

ルツェルン駅

重厚感と近代建築が混ざりあった注目の駅


photo by pixabay

ルツェルンに行くなら1度は使うことになるであろうルツェルン駅は、建築マニアにとってもおすすめのスポット。もともとはヨーロッパらしい重厚感ある石造りの駅でしたが、1971年に火災で焼失して以降、ガラスやコンクリートを使ったモダンな雰囲気に再建されました。

幸い、駅前広場にあるファザードは焼けなかったので、現在もそのままの姿が見られ、当時と現在の建築が入り混じった独特の雰囲気が感じられます。


Bahnhof Luzern by ccsmith85 is licensed under CC BY-ND 2.0

駅の中には、カフェやレストラン、数多くのショップも入っているので散策してみるのもおすすめです。

ルツェルン駅(Bahnhof Luzern)の基本情報
住所: Zentralstrasse 1, 6003 Luzern, スイス
電話:0848 44 66 88
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:ルツェルン中心部から徒歩約1分
料金:無料
公式サイト:https://www.sbb.ch/de/bahnhof-services/am-bahnhof/bahnhoefe/bahnhof-luzern.html

ルツェルン美術館

スイスの有名画家のたくさんの絵画が見られる場所


By WmcRahulSaini - Own work, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia commons
 
ルツェルン駅から歩いてすぐの場所にあるルツェルン美術館は建物の最上階にあります。全面ガラス張りの特徴的な建築はフランス人建築デザイナー、ジャン・ヌーヴェルによって考案されました。

常設展示はなく、スイスを中心に活躍した画家やアーティストの作品を期間限定で展示しています。主に18世紀以降のスイスの芸術家を知る機会としてもぴったり。


eingang by mabi2000 is licensed under CC BY-SA 2.0

また、ルツェルン美術館はルツェルン湖のすぐそばに建っているので景色も同時に楽しめます。館内にはカフェが、外に出てすぐのところにはバーもあるので休憩に立ち寄ってみるのもおすすめです。

ルツェルン美術館(Kunstmuseum Luzern)の基本情報
住所: Europapl. 1, 6002 Luzern, スイス
電話:+41 41 226 78 00
営業時間:火、木~日 11:00~18:00、水 11:00~19:00
休業日:月曜(祝日を除く)
アクセス:最寄りのルツェルン駅から徒歩約1分
料金:大人15.00スイス・フラン(約2,440円)、成人(16歳~25歳) 6.00スイス・フラン(約976円)
※2023年8月4日のレート、1スイス・フラン=162.63円で計算
公式サイト:https://www.kunstmuseumluzern.ch/

ルツェルンの知る人ぞ知る穴場観光地2選

文化の街・ルツェルンの穴場観光地を2つ厳選紹介します。有名音楽家の邸宅やルツェルンらしい作りがかわいらしい橋をピックアップしたのでルツェルンのリピーターはぜひ足を運んでみてくださいね。

リヒャルト・ワーグナー記念館

作曲家ワーグナーがかつて過ごした邸宅


By Alessandro Gallo - Own work, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia commons

楽劇王という別名も持つヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナーはドイツの有名な作曲家。ルツェルン郊外で約6年を過ごしました。その邸宅は現在記念館となっており、ワーグナーに関するさまざまな展示品を飾っています。


Richard Wagner, photograph by Franz Hanfstaengl (1804–77) by Royal Opera House Covent Garden is licensed under CC BY-SA 2.0

ルツェルンに住んでいる間に名曲『ニュルンベルクのマイスター・ジンガー』や『ジークフリート』が生まれたとも言われており、ワーグナー好きにはたまらない空間でしょう。

小高い丘にあり、ルツェルン湖を背景にした景色もきれいなのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。

リヒャルト・ワーグナー記念館(Richard-Wagner-Museum Stadt Luzern)の基本情報
住所: Richard-Wagner-Weg 27, 6005 Luzern, スイス
電話:+41 41 360 23 70
営業時間:火~日 11:00~17:00
休業日:毎週月曜、12月~3月
アクセス:最寄りのバス停Warteggから徒歩約8分
料金:大人 12.00スイス・フラン(約1,952円)、子ども(10歳~16歳) 5.00スイス・フラン(約814円)
※2023年8月4日のレート、1スイス・フラン=162.63円で計算
公式サイト:https://www.richard-wagner-museum.ch/

シュプロイヤー橋

中世の時代を物語る板絵が特徴の木造橋


Lucerne Spreuerbrücke by Tery14 is licensed under CC BY-SA 2.0

ルツェルンの有名な木造橋・カペル橋のほかに、もう1つおすすめの木造橋があります。それが今回ご紹介するシュプロイヤー橋です。小麦のもみ殻(シュプロイヤー)が川に捨てられていたことからこの名が付けられました。

橋の中央部分には礼拝堂もあり、重厚な雰囲気が感じられるだけでなく、景色も楽しめます。


Painting in the Spreuerbrucke, Lucerne (4) by Richard Mortel is licensed under CC BY 2.0

また、シュプロイヤー橋はカペル橋ほどの長さはないものの、45枚もの板絵が見られます。板絵に描かれているのは当時ヨーロッパで流行っていた黒死病(ペスト)を題材としたもの。カペル橋の板絵と比べると描かれているものは暗い内容にはなりますが、当時の歴史を知るうえで重要な橋となっています。

シュプロイヤー橋(Spreuerbrücke)の基本情報
住所: Spreuerbrücke, 6004 Luzern, スイス
電話:+41 41 227 17 17
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:最寄りのバス停Kasernenplatz駅から徒歩約4分
料金:無料
公式サイト:https://www.luzern.com/de/highlights/sehenswuerdigkeiten/die-spreuerbruecke/

ルツェルン観光を満喫するためのおすすめモデルコース


photo by Unsplash

観光スポットからグルメまで、見どころいっぱいのスイスの人気観光地・ルツェルン。せっかくなら朝から夜まで時間いっぱい楽しみましょう。グルメは、名物のクーゲリ・パステーテ(Kurgelipastete)というパイの包みに具材たっぷりのスープをつめこんだ料理がとくにおすすめですよ!

<スケジュール例>

1日目 ルツェルン到着→まずはシンボルのカペル橋を見学→中世の雰囲気が感じられるルツェルン旧市街のカフェで休憩→街並み散策→名物クーゲリ・パステーテ(Kurgelipastete)に舌鼓

2日目 ホテルで朝食→ムーゼック城壁で塔に登って絶景を堪能→周辺でルツェルングルメを楽しむ→瀕死のライオン像を見学→レストラン「シュタットケラー(Stadtkeller Swiss Folklore Restaurant)」で夕食やショーを楽しむ

3日目 ホテルで朝食→ルツェルン湖を巡るクルーズツアーに参加→ルツェルン駅でショッピング→帰国

ルツェルンは、市内観光から郊外の観光など、1日中見どころがいっぱい!なので、観光ツアーやクルーズツアーに参加したり、訪れたいスポットを絞ったりして、効率的に観光を楽しむことがおすすめです。ぜひ自分好みのルツェルン旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

スイス・ルツェルンの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、スイス・ルツェルンのおすすめの観光スポットをご紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるスイスの都市ルツェルンでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、スイス・ルツェルン旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年8月4日のレート、1スイス・フラン=162.63円で計算しています。

cover photo by Unsplash

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる