NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】スイス・バーゼルでおすすめの観光地10選!名所や穴場を厳選

スイス・バーゼルには、バーゼル市庁舎やマルクト広場などの有名な観光地がいっぱい! 今回は、スイス・バーゼル旅行でおすすめの観光スポットを10選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、バーゼル旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

スイス・バーゼルには、バーゼル市庁舎やマルクト広場などの有名な観光地がいっぱい!

今回は、スイス・バーゼル旅行でおすすめの観光スポットを10選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、バーゼル旅行の参考にしてくださいね!

Contents

スイス・バーゼルには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash

バーゼルはスイスの中でチューリッヒに次ぐ規模の都市で、ドイツ・フランスと国境を接している都市です。魅力的な観光地が多いものの、まだまだヨーロッパの穴場観光都市なので、人混みを避け、ゆっくりと観光をたのしみたいという方におすすめの都市!

バーゼルには歴史的なうつくしい街並みや、有名美術館などたくさんの見どころがあり、芸術や文化の街として知られています。バーゼルの王道観光地は公共交通機関を利用して短時間でアクセスできるところばかりなので、効率的に観光をたのしみたいという方にもぴったりです。

今回はスイス・バーゼルの人気観光地を紹介!人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

バーゼルで絶対行きたいおすすめ観光地7選

まずは初めてのバーゼル旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地の見どころをご紹介していきます!

バーゼルにある多くのスポットは、公共交通機関でアクセスしやすいので、時間が限られている旅行中でも訪れやすいですよ。市内観光は、現地ツアーを利用して効率よく観光するのもおすすめです!

バーゼル市庁舎

真っ赤な外観が目を引くバーゼルのランドマーク


photo by pixabay

バーセルの街の中で一際目を引く真っ赤な建物が、バーゼル市庁舎です。マルクト広場に面し、堂々たる姿は、まさにバーゼルのランドマーク的存在。1501年、バーゼル市がスイス連邦に加盟したことをきっかけに、1504年から約10年間もの歳月をかけて造られました。500年以上もの歴史がある貴重な建築物です。


photo by pixabay

ハッキリとした赤色の外壁をしたゴシック様式の建物には、大きな時計塔や黄金に輝く尖塔など見どころが満載。特に赤い壁面に描かれた美しいフレスコ画は必見です。赤ベースの外壁に緑や青なども見られてとっても華やか!見るものを魅了します。

バーセル市庁舎を訪れる際は、代表議会室の見事な絵もお見逃しなく!

バーゼル市庁舎(Basler Rathaus)の基本情報
住所:Marktpl. 9, 4001 Basel, スイス
電話:+41612678181
営業時間:要確認
休業日:土曜・日曜
アクセス:Marktplatz駅から徒歩約1分
料金:無料
公式サイト:https://www.bs.ch/

マルクト広場

マーケットが開催されるバーゼル観光の中心エリア


photo by pixabay

マルクト広場はバーゼル市庁舎の前に広がる広場で、バーゼル観光の中心地としても人気のスポット。マルクト広場を拠点に観光へ出かけるととっても利便性が高いです。

広場では、マーケットを開催していることも多く、スイスらしいものをはじめ、さまざまなものが手に入ります。地元の商品も並ぶので、お土産探しにもぴったりなスポットです!早めの時間帯に行った方が、商品のラインナップが豊かなので、少し早起きをして足を運んでみるのがおすすめ。


photo by Unsplash

また、マルクト広場周辺にはカフェが多くあります。観光の休憩に広場近くのカフェで道ゆく人々やトラムを眺めながら、ゆったりとしたひとときをすごしてみるのはいかが?バーゼルらしい景色をたのしめますよ!

マルクト広場(Marktplatz)の基本情報
住所:スイス 〒4001 バーゼル
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:Marktplatz駅から徒歩約1分
料金:無料
公式サイト:https://www.basel.com/en/attractions/marktplatz-677bd677e0

バーゼル大聖堂

バーゼルの街に威風堂々とそびえる大聖堂


photo by Unsplash

バーゼルの街に威風堂々た姿でそびえるバーゼル大聖堂。バーゼル旧市街の中にある市庁舎やマルクト広場と並んで、外せない人気観光スポットです。

大聖堂はとても大きく、その姿に圧倒されてしまうほど。12世紀の建設当初はロマネスク様式でしたが、その後震災で倒壊し、現在のゴシック様式の姿に再建されました。バーゼル大聖堂は観光で内部を見学できるので、外観だけではなくぜひ内部も見学してみてください。


photo by Unsplash

バーゼル大聖堂には、2つの高い塔、ゲオルク塔とマルティン塔があり、両方の塔からはライン川対岸の旧市街や、ドイツ南部の黒い森地方まで見渡せます。スイス国内でありながら、塔に登れば、隣国が見れるというのは3ヵ国の国境があるバーゼルならではの体験ですね。

ライン川に面した展望スペースからは、ゆったりと流れる川の様子とバーゼルの景色がたのしめます。塔に登らないという方は、ぜひ展望スペースでうつくしい景色を満喫してみてください。

他にも祭壇を囲むうつくしいステンドグラスや重厚感のある建築も見どころの1つ!バーゼル市立美術館から歩いてすぐなので、セットで観光するのがおすすめです。

バーゼル大聖堂(Basler Münster)の基本情報
住所:Münsterpl. 9, 4051 Basel, スイス
電話:+41612729157
営業時間:【夏季】月〜金 10:00~17:00、土 10:00〜16:00、日祝 11:30〜17:00、【冬季】月〜土 11:00〜16:00、日祝 11:30〜16:00
休業日:元日、聖金曜日、クリスマスイブ
アクセス:Bankverein駅から徒歩約5分
料金:無料
公式サイト:https://www.baslermuenster.ch/

バーゼル市立美術館

芸術の街バーゼルを代表する美術館


Basel Kunstmuseum by Elodie M is licensed under CC BY-SA 2.0

バーゼル美術館は1662年に創設され、世界有数規模の由緒ある、世界で最も古い公立美術館。ルネサンスから現代までの西洋画が数多くコレクションされていて、ゆっくり鑑賞しようとすると1日かかってしまうほどの規模感です。特に15〜16世紀のルネサンスや19〜20世紀の印象派やキュビスムなどの西洋絵画のコレクションが展示されています。

アルノルト・ベックリンの有名作『死の島』や、オスカー・ココシュカの『風の花嫁』などが代表的なコレクションとして知られています。他にもモネやゴッホ、ピカソなど世界的な画家たちの作品が鑑賞可能です。


Kunstmuseum Basel by Olivier Bruchez is licensed under CC BY-SA 2.0

美術館の中にはカフェやロダンの彫刻があります。アート鑑賞を一通り堪能したら、中庭で少しゆったりとした時間をすごすのもおすすめですよ。

常設展以外にも期間限定の企画展も開催されています。お目当ての作品が展示されるタイミングを狙って、バーゼル市立美術館を訪れてみるのもいいですね!

芸術の街、バーゼルには街中にたくさんの美術館がありますが、バーゼル市立美術館は必見スポットです。アートにそれほど興味がないという方も、バーゼルの文化や芸術のうつくしさを知るためにもぜひ足を運んでみてくださいね。

バーゼル市立美術館(Kunstmuseum Basel)の基本情報
住所:St. Alban-Graben 16, 4051 Basel, スイス
電話:+41612066262
営業時間:火 10:00〜18:00、水 10:00〜20:00、木〜日 10:00〜18:00
休業日:月曜
アクセス:Bankvereinから徒歩約3分
料金:大人 26スイス・フラン(約4,260円)、学生(20歳~30歳) 13スイス・フラン(約3,270円)、子ども(13歳~19歳) 8スイス・フラン(約2,130円)、12歳以下 無料
※2023年7月23日のレート、1スイス・フラン=163.73円で計算
公式サイト:https://www.kunstmuseumbasel.ch/

ティンゲリー美術館

機械仕掛けの作品は子どももたのしめる!


Museum Tinguely by Olivier Bruchez is licensed under CC BY-SA 2.0

ティンゲリー美術館は、スイス出身の有名芸術家ジャン・ティンゲリーの美術館でです。現代アートが多く展示されており、子どもも大人もたのしめる美術館になっています。ティンゲリーは、キネティック・アートと呼ばれる動く芸術作品で知られている芸術家で、ティンゲリー美術館にも仕掛けが施された作品がたくさん展示されています。

ボタンを押すいろんな動きをする作品ばかりが展示され、ワクワクした気分でアートをたのしめると人気!ぜひ1つ1つの作品の仕掛けをたのしみながら、アート鑑賞を満喫してみてください。


Museum Tinguely by Olivier Bruchez is licensed under CC BY-SA 2.0

また、ティンゲリー美術館はスイスの建築家マリオ・ボッタがデザインしたことでも有名です。とても不思議な形をしていて、屋根部分はメガネのようになっています。庭の池にある噴水では、ティンゲリーの不思議なオブジェが鑑賞可能です。

美術館の外観も見どころの1つなので、館内に入る時間がないという方は、外観だけでも観光しに行ってみてください。

ティンゲリー美術館(Museum Tinguely)の基本情報
住所:Paul Sacher-Anlage 2, 4002 Basel, スイス
電話:+41616819320
営業時間:火・水・金〜日 11:00〜18:00、木 11:00〜21:00
休業日:月曜
アクセス:Breite駅から徒歩約8分
料金:大人 18スイス・フラン(約2,950円)、学生 12スイス・フラン(約1,960円)、子ども(16歳以下) 無料
※2023年7月23日のレート、1スイス・フラン=163.73円で計算
公式サイト:https://www.tinguely.ch/de.html

マルクトハレ バーゼル

再び脚光を浴びている注目の多国籍料理のフードコート


Markthalle by Alexandre Prevot is licensed under CC BY-SA 2.0

マルクトハレ バーゼルは、バーゼルの玄関口であるバーセルSSB駅から徒歩約3分という好立地に位置するフードコート。スイス国内はもちろん、隣国のフランスやドイツにもアクセスできる駅からすぐという驚くべき好立地にあるフードコートです。

このフードコートは2000年代に入ってから再び脚光を浴びているスポットで、日本とは異なるおしゃれな雰囲気が漂います。多国籍料理を取り扱い、みんなでワイワイと食事をたのしむ感じはまさに海外!不思議なドーム型の建物内にはそれぞれ食事やおしゃべりをたのしむ人々の姿が見られます。


ISMBECCB19-103 by ismb is licensed under CC BY 2.0

多くのお店がひしめき合うフードコートの中で特に注目なのが、日本人女性が経営するアイス屋さん、Eisuruです。黒胡麻や抹茶などの日本らしい味をはじめ、幅広いラインナップ!アフォガードやコーヒーの販売もしています。

他の都市へ移動する前の隙間時間や、早朝に列車で到着した後の腹ごしらえにふらっと訪れてみるのもおすすめです!

マルクトハレ バーゼル(Markthalle Basel)の基本情報
住所:Steinentorberg 20, 4051 Basel, スイス
電話:なし
営業時間:月 8:00〜19:00、火〜木 8:00〜24:00、金・土 8:00〜26:00、日 8:00〜17:00
休業日:なし
アクセス:Basel SBB駅から徒歩約3分
料金:無料
公式サイト:http://www.altemarkthalle.ch/

三国国境

スイス、ドイツ、フランス3つの国境が交わるスポット


Dreiländereck by charlotteshj is licensed under CC BY-SA 2.0

バーゼルは世界的にも珍しく、3つの国境を持つ都市です。スイス、ドイツ、フランスの3つの国境を持ち、三国国境を表す大きなモニュメントが建っています。モニュメントがある場所は、実際の国境ではありませんが、バーゼルを象徴するモニュメントなので、観光客に人気のスポットとなっています。

モニュメントのすぐ近くには、ドイツのヴァイル・アム・ラインとフランスのユナングが見えるため、記念撮影スポットとしても定番です!


Dreiländereck by JuWi Foto is licensed under CC BY-ND 2.0

モニュメントを観光するだけではなく、ライン川クルーズや船上レストランをたのしんでみるのもおすすめです!日本ではできないような体験なので、ぜひバーゼル観光のプランに組み込んでみてはいかがでしょうか?

三国国境(Dreiländereck)の基本情報
住所:Westquaistrasse 75, 4057 Basel, スイス
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:Kleinhüningen駅から徒歩約13分
料金:無料
公式サイト:https://www.basel.com/en/Media/Attractions/Leisure-time-excursions/Border-triangle

バーゼルの知る人ぞ知る穴場観光地3選

ここからはバーゼルの穴場も観光したいという方におすすめの観光スポットを3つご紹介します。どの観光地も穴場でありながら見どころ満載なので、時間がある方はぜひ足を運んでみてくださいね。

バーゼル大学

心理学者のユングが卒業生したスイス最古の大学


Basel, old University by Hans Suter

ピウス2世法王の署名によって大学となったバーゼル大学は、1460年に創立されました。スイス国内では最古の大学として知られ、観光客でも自由に入れることからバーゼル観光で人気を博しています。

バーゼル大学といえば、心理学者であるユングが卒業生であり、かつては教鞭をとったことでも知られています。また哲学者ニーチェが先生だった時代があることでも有名です。

これほどまでに歴史があるバーゼル大学は、世界中から憧れの存在。スイス国内からの学生だけではなく、国外からの留学生もたくさん在籍しています。

バーゼル大学の見どころは、箱のような形をした平面的な建物です。中には心地よい中庭があり、外観からは想像もできないような空間が広がっています。


photo by Unsplash

大学のすぐ横には、スイス最古の植物園・バーゼル大学植物園もあります。珍しい植物が多く、観光客も入れるようになっています。時間がある方はバーゼル大学だけではなく、植物園の方まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

バーゼル大学(Universität Basel)の基本情報
住所:Peterspl. 1, 4001 Basel, スイス
電話:+41612073111
営業時間:7:00〜20:30(大学校舎)
休業日:土日(大学校舎)
アクセス:Universität駅から徒歩約2分
料金:無料
公式サイト:https://www.unibas.ch/de

聖アントニウス教会

両面に華やかなステンドグラスが輝く教会


St Anton Church by John Lord is licensed under CC BY 2.0

聖アントニウス教会は、スイス人建築家カール・モーザーによって1927年に設計された教会。外観のとてもシンプルな造りとは裏腹に、中は華やかな造りになっています。表面にはうつくしいステンドグラスが輝き、外観からは想像できないような空間です。

ステンドグラスに太陽光が当たると、教会内が明るくなり、どこか柔らかな雰囲気になります。


St Anton Church by John Lord is licensed under CC BY 2.0

また、パイプオルガンも見どころの1つです!ステンドグラスとともに教会内でその存在感を放っています。

ガイドブックなどではあまり紹介されていないスポットなので、バーゼル観光で穴場スポットを見つけたい人にぴったり!観光客で教会内が大混雑することは基本的になく、ゆったりと教会の雰囲気を堪能できます。

聖アントニウス教会(Kirche St. Anton)の基本情報
住所:Kannenfeldstrasse 35, 4056 Basel, スイス
電話:+41613869060
営業時間:7:00~19:00
休業日:なし
アクセス:Kannenfeldplatz駅から徒歩約3分
料金:無料
公式サイト:https://www.antoniuskirche.ch/home

スイス建築博物館

バーゼル出身の建築家の作品に出会える博物館


photo by Unsplash
※画像はイメージです。

バーゼルは芸術の街として有名ですが、建築も注目されている街です。有名建築家で知られるマリオ・ボッタをはじめ、多くの建築家がバーゼルから誕生しています。そのため、街を歩いているだけでも珍しい建築物に出会えるのがバーゼルの街の魅力です。

そんなバーゼルの建築の歴史について学べるのが、スイス建築博物館。1984年に設立され、国内外のさまざまな展示を開催しています。

2022年11月から2023年3月にかけては、日本の現代建築をテーマにした建築展「Make Do With Now:日本の建築の新たな方向性」も開催され、篠原祐馬氏を中心に24組の建築家やキュレーターが参加しました。


photo by Unsplash
※画像はイメージです。

スイス建築博物館は、木曜日のみ20時30分まで営業しているので、夜の観光にもぴったり。他の曜日は比較的営業時間が短いため、訪れる際は注意しましょう。

スイス建築博物館(S AM Schweizerisches Architekturmuseum)の基本情報
住所:Steinenberg 7, 4051 Basel, スイス
電話:+41612611413
営業時間:火〜水・金 11:00~18:00、木 11:00〜20:30、土〜日 11:00〜17:00
休業日:月曜
アクセス:Bankverein駅から徒歩約1分
料金:大人 12スイス・フラン(約1,960円)、学生・シニア 8スイス・フラン(約1,310円)、18歳以下 無料
※2023年7月23日のレート、1スイス・フラン=163.73円で計算
公式サイト:https://www.sam-basel.org/

バーゼル観光を満喫!おすすめモデルコース


photo by Unsplash

観光スポットからグルメまで、見どころ盛りだくさんなスイス・バーゼル。せっかくなら気になる観光スポットをめぐり、心ゆくまで旅行をたのしみましょう。観光以外に、チーズフォンデュやソーセージなどスイスらしいグルメも満喫してみてくださいね。

<スケジュール例>

1日目 バーゼル到着→旧市街を中心に観光(バーゼル市庁舎、マルクト広場、バーゼル大聖堂など)

2日目 ホテルで朝食→バーゼル大学を観光→スイスグルメをランチに満喫→バーゼス市立美術館でアートを堪能

3日目 ホテルで朝食→三国国境→マルクトハレ バーゼルでランチ→ティンゲリー美術館で機械仕掛けの作品を鑑賞→帰国

バーゼルはコンパクトな街なので、2泊3日ほどの旅行日数で滞在できるとのんびりと観光がたのしめます。

また、バーゼルはドイツとフランスと国境を接している都市。なので、他の国や都市との周遊旅行もおすすめですよ。スイス国内ならベルンやチューリッヒ、国外ならフランスのコルマールや、ドイツのニュルンベルクなどが近くにあります。列車でアクセスできるので、バーゼルを拠点に他の都市を巡るのもいいですね!

スイス・バーゼルの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、スイス・バーゼルのおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるバーゼルでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、バーゼル旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年7月23日のレート、1スイス・フラン=163.73円で計算しています。
cover photo by Unsplash

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる