NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】バンクーバーからトロントへの行き方3選!おすすめは飛行機

トロントはバンクーバーから飛行機で約4時間半で行ける場所。活気にあふれた大都市で、カナダ旅行でも人気の旅行先です。本記事ではバンクーバーからトロントまでの行き方を紹介します。飛行機や鉄道、車などなどさまざまな方法があるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

ライター
NEWT編集部

トロントはバンクーバーから飛行機で約4時間半で行ける場所。活気にあふれた大都市で、カナダ旅行でも人気の旅行先です。本記事ではバンクーバーからトロントまでの行き方を紹介します。飛行機や鉄道、車などなどさまざまな方法があるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

Contents

バンクーバーからトロントに行く方法は?距離は?

photo by pixabay

バンクーバーからトロントまでの最短距離は約3,300キロメートル、陸路の場合は4,300キロメートル以上もあります。東京-名古屋間で約340キロメートルなので、最短距離でもその約10倍の距離ということです。

ほとんどカナダの端から端まで移動するようなもので、とても遠いため、基本的には日帰り旅行などはできません。

バンクーバーからトロントまでの行き方は3つ!

photo by Unsplash

飛行機をはじめ、鉄道や車と主に3つのアクセス方法があり、シーンや目的にあわせて選べます。ただし、飛行機以外の移動手段は最低でも2日以上かかるため、基本的には効率のいい飛行機を利用するのがおすすめです。

移動手段によって移動時間や価格は異なります。所要時間、値段などそれぞれ詳しく説明するので、ご自身の予算や滞在時間に合った行き方を選んでくださいね。

バンクーバーからトロントまで飛行機でアクセス!

photo by Unsplash

バンクーバーからトロントまでは飛行機がおすすめです。約3,300キロメートルの移動となるとやはり飛行機での移動が効率的。複数の航空会社が直行便を就航しているため、ご自身の都合に合わせてフライトを選べます。

飛行機が1番おすすめの移動手段

photo by Unsplash

バンクーバーからトロントまでのフライト時間は約4時間半。どちらの空港もダウンタウンエリアからはタクシーを利用した場合でも最低30分程度かかります。そのため、バンクーバーからトロントへの移動には半日を要すると考えるといいでしょう。

バンクーバー・トロント間はカナダではおなじみのエアカナダをはじめ、ウエストジェットやポーター航空、Lynx airなどさまざまな航空会社が就航しています。運航時間も朝から晩まで幅広い時間帯に発着しているため、スケジュールに合わせて柔軟な移動が叶えられます。

相場は片道約6,000円〜

photo by Unsplash

バンクーバーからトロントまでのフライト相場は、約6,000〜15,000円。日程が近づけば近づくほどチケット代が高くなる傾向にあるので、予定が決まった段階で予約しておくのがおすすめです。ただし、チケットはキャンセル・返金不可の場合も多いため注意しましょう。

直前予約の場合、チケット代の相場は約10,000円〜となる日もあります。なるべく安いチケットを購入したいなら、最低でも2週間〜1ヶ月前までには予約をしておくと安心です。

フルサービスエアラインのエアカナダなど以外にも、コストを抑えられるLynx airなどのLCCもあります。LCCを利用する場合は、荷物に別途料金がかかる可能性もあります。LCCだから安いと決めつけず、荷物の追加コストなども含めた料金を比較するようにしましょう。

バンクーバーから飛行機で移動するメリット&デメリット

飛行機を利用して移動する場合の最大のメリットは移動時間が短いことです。ほかにもさまざまなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 移動時間が短い
  • 最安値で移動ができる

デメリット

  • 早めに予約しないとチケット代が高い

飛行機は効率的に移動したい人におすすめ!

photo by Unsplash

バンクーバーからトロントまでの移動に飛行機を利用すれば、最短での移動を叶えられます。最速の移動方法ですが、早めにチケットを手配すれば、費用も抑えられます。ただし、空港での手続きや市内までの移動に多少時間はかかるので、最低でも半日はかかると考えておくと安心です。

上空からの風景をたのしんだり、ゆったりとリラックスしていればあっという間に到着しますよ。

バンクーバーからトロントまで鉄道でアクセス!

photo by Unsplash

バンクーバーからトロントまでは鉄道を利用して移動もできます。カナディアン号(The Canadian)では、ロッキー山脈の絶景などをたのしみながら4泊5日の列車旅ができます。運行本数はそれほど多くありませんが、広大なカナダの景色を心ゆくまで堪能しながら、移動時間もたのしめるのが魅力です。

4泊5日の列車旅で移動

photo by pixabay ※画像はイメージです。

カナディアン号の走行距離は4,000キロメートル以上、所要時間は約92時間(4泊5日)です。92時間と聞くととても長く感じますが、カナディアン号は世界遺産カナディアンロッキーの中を通り抜け、うつくしい山々や大平原、氷河湖などのそれぞれの地域で異なる風景を車窓からたのしめます。

なかなかできない貴重な体験を移動しながらたのしめる、ワクワクが詰まった移動方法です。

相場は片道約500カナダドル〜

photo by pixabay ※画像はイメージです。

カナディアン号はバンクーバーから週2回(月曜日と金曜日)の運行があります。そのため、列車の旅をしたい場合はスケジュールを合わせる必要があります。バンクーバーではパシフィック・セントラル駅、トロントはユニオン駅を利用します。

料金は日程によって異なりますが、相場は500〜1,000カナダドル(約55,020〜110,030円)です。列車の座席には等級があり、エコノミークラスからプレスティージ寝台車クラスまで幅広く等級が分かれています。プレスティージ寝台車クラスになると10,000カナダドル(約1,100,308円)を超えてきます。エコノミークラスは新幹線のようなシートに近く、リクライニングが可能。プレスティージ寝台車クラスでは個室寝台車が利用でき、サービスもまるでホテルのようです。

食事の有無や荷物のサイズ規定など、申し込むプランによって細かく料金が変化します。目的や予算に合わせてプランを選択するのがおすすめです。

バンクーバーから鉄道で移動するメリット&デメリット

カナダの風景をたのしみながら移動できる鉄道旅には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 旅行気分で移動ができる
  • ラグジュアリー体験ができる

デメリット

  • 運賃が高い
  • 時間がかかる

鉄道は旅情を味わいながら移動したい人におすすめ!

photo by Unsplash ※画像はイメージです。

バンクーバーからトロントまでカナディアン号を利用して、列車旅を満喫しながら移動することができます。運賃は飛行機やレンタカーよりもかさむ傾向ですが、カナダの壮大な自然を体感しながら移動ができる、夢のような時間です。

列車での旅はロマンが詰まっていて、いつもとはちょっと違った移動手段を試してみたいという方におすすめ!季節によって出会える景色も異なるので、一度試した方にもおすすめです。

バンクーバーからトロントまでレンタカーでアクセス!

photo by Unsplash

バンクーバーからトロントまではレンタカーを利用することも可能。レンタカーの場合、自由度が高く、寄り道しながらトロントを目指せるのが魅力です。しかし、運転時間が長いため、運転手1人では厳しいことも。複数人でロードトリップをするような感じで移動するのがおすすめです。

またレンタカーを利用するには、国際免許証の準備が必要です。細かい規定や保険の補償範囲などはレンタカー会社によって異なる場合があるため、事前に充備しておくものがないかよく確認しておくようにしましょう。

片道40時間以上かかるので数日かけて横断

photo by Unsplash

バンクーバーからトロントまでの移動にかかる時間は、最短約41時間、走行距離は約4,300キロメートルです。最短ルートはアメリカを通るため、一度アメリカへ入国、そして再びカナダに入国する必要があります。

カナダ国内のみを通るルートの所要時間は、約46時間。走行距離は約4,400キロメートルです。アメリカを通るルートより距離も時間も長いですが、アメリカへの入国が必要ないため、スムーズな移動ができます。また、道中にはカナディアンロッキーもあり、壮大なカナダの絶景を堪能できます。

レンタカーの相場は24時間あたり約5,000円〜

photo by Unsplash

バンクーバー市内には複数のレンタカー会社があり、価格設定はさまざまですが、相場は1日(24時間)約5,000円〜15,000円です。トロントまでの道のりを考えると片道最低でも3〜4日はかかるため、レンタカー料金は約20,000円〜かかると考えておきましょう。途中で宿泊が必要になるため、宿泊代金も予算に含みましょう。

また、基本的にガソリン代や保険料、乗り捨て料金などが別途かかります。場合によっては駐車場代や有料道路代もかかるため、予算を考える際はレンタカー料金以外についても把握しておきましょう。

バンクーバーからレンタカーで移動するメリット&デメリット

レンタカーでトロントまで移動するメリットとデメリットは、以下の通りです。

メリット

  • 自由度が高い
  • ロードトリップ感覚でたのしめる
  • 複数人で利用するなら費用を抑えられる

デメリット

  • 自分で運転する必要がある
  • 時間がかかる

レンタカーは自由度高く移動したい人におすすめ!

photo by Unsplash

バンクーバーからトロントまでレンタカーで移動する場合、自由度が高く、気ままに寄り道をたのしみながら移動できるのが魅力です。ただし、複数日かかる上、1人で運転するのは現実的ではありません。

そのため、ロードトリップ感覚でみんなでワイワイとたのしみながらトロントを目指すのがおすすめです!道中にはたくさんの見どころがあり、飽きることはないでしょう。

目的に合わせてバンクーバーからトロントに行こう!

photo by shutterstock

本記事では、バンクーバーからトロントまでの移動方法について、飛行機、鉄道、レンタカーの3つを紹介しました。

それぞれメリットやデメリットはありますが、1番おすすめの移動手段は飛行機。広大なカナダの西海岸から東海岸側まで効率的に移動できます。早めに航空券を手配したり、LCCを利用したりすることで気になるコストを抑えられます。移動時間もたのしみたいというかたには鉄道やレンタカーがおすすめです!

それぞれのメリット・デメリットを確認した上で、ぴったりの移動手段でトロントまでアクセスしてみてください。

※記事内の金額は2024年1月21日のレート、1カナダドル=110.03円で計算しています。


cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

カナダの東京発のおすすめツアー

カナダ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

ほかエリアの旅行・ツアー情報