NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

ブルーマウンテンズは青い山並みと岩石層が魅力!行き方や見どころを解説

オーストラリアを代表する観光スポット・ブルーマウンテンズ国立公園。シドニーから西へ約80キロメートル行った場所にある、世界遺産に指定された国立公園です。 この記事では、ブルーマウンテンズの見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひブルーマウンテンズに行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

オーストラリアを代表する観光スポット・ブルーマウンテンズ国立公園。シドニーから西へ約80キロメートル行った場所にある、世界遺産に指定された国立公園です。

この記事では、ブルーマウンテンズの見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひブルーマウンテンズに行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

Contents

ブルーマウンテンズの基本情報

<photo by pixabay>

オーストラリアの世界遺産として有名なブルーマウンテンズ。まずは、ブルーマウンテンズの歴史や特徴などの基本情報を解説します。

\オーストラリア旅行をチェック!/

ブルーマウンテンズ国立公園の歴史

<photo by pixabay>

古くから観光地として愛されてきたブルーマウンテンズは、1778年頃に総督フィリップによって発見されました。

元々は、カーマーセンヒルズ・ランズダウンヒルズと名付けられましたが、後にブルー・マウンテンズという呼び名になったそう。

やがてこの地に鉄道や道路が整備されていきましたが、1930年代に自然保護官のマイルス・ダンフィーによって保護が呼びかけられ、1959年に国立公園に指定されます。

その後、動物から植物まで多彩な生き物の種があることが判明されたことが評価されて、2000年にユネスコの世界自然遺産に登録されました。

現在でも、オーストラリアを代表する観光地として、多くの観光客がブルーマウンテンズを訪れています。

ブルーマウンテンズの特徴

<photo by pixabay>

ブルーマウンテンズは、標高1,300メートル近い山岳地帯に砂岩や滝、渓谷などの雄大な大自然が連なっているのが最大の特徴です。茶色の荒々しい岩肌の絶壁と、約90種類にも及ぶ広大なユーカリの林で埋め尽くされています。

ブルーマウンテンズとは、ブルーマウンテンという山があるわけでは無く、この地域一体に広がっている山々の総称。

高地に位置していて、シドニーよりも涼しい気候であることから、夏場には避暑を求めて多くの観光客が訪れます。

シドニーから電車や車で簡単にアクセスできることから、初めてオーストラリアに訪れた人でも行きやすく、オーストラリアでも有数の人気観光地です!

ブルーマウンテンズのあるカトゥーンバってどんな街?

By Adam.J.W.C. - Own work, CC BY-SA 2.5

シドニーから約80キロメートル西にあるカトゥーンバは、ブルーマウンテンズ観光の拠点にあたる町で、シドニーから電車で約2時間、車で約2時間半で行くことができます。

人口は約8千人ほどの小さな町ですが、街の中にはお洒落なレストランやお土産店が多く点在していて、ブルーマウンテンズ観光と一緒に楽しめる町。

カトゥーンバには、昔ながらのアール・デコ様式の建物が多く建っているので、昔ながらのオーストラリアの雰囲気を満喫できるでしょう。

また、その気候の良さと自然の美しさから多くの芸術家が暮らす町でもあり、お洒落なアンティークショップや路地裏のアート作品は必見です!

ブルーマウンテンズが世界遺産に登録されたのはなぜ?

<photo by unsplash>

ブルーマウンテンズが世界遺産に登録された理由は、太古の昔からある貴重な地層や絶滅危惧種とされている動植物が多く住んでいるためです。

こうした美しく雄大な大自然が評価されて、2000年にユネスコの世界自然遺産に登録されました。

ブルーマウンテンズ観光の見どころ

<photo by pixabay>

ブルーマウンテンズは、雄大な自然と絶景が広がる国立公園です。観光できる場所は広範囲に広がっているので、事前にどのポイントを訪れるかを決めておくことがおすすめ!

ここでは、エコー・ポイント展望台やルーラ、シーニックワールドなど、人気のスポットの見どころをまとめてみました。

スリーシスターズを眺めるエコー・ポイント展望台

<photo by pixabay>

ブルーマウンテンズで最も有名なスポットとして知られるエコー・ポイント展望台は、奇岩スリーシスターズを間近に見られる場所として人気!

カトゥーンバ駅からバスを利用して約4分、徒歩で約20分ほどのところにあるエコー・ポイント展望台から見える眺めは、ブルーマウンテンズを紹介する写真でよく使用される象徴的な景色です。

ブルーマウンテンズ観光の拠点でもあり、展望台にはビジターセンターや、森の中を歩けるウォーキングコースの入り口にもなっています。

また、エコー・ポイント展望台は無料で見学可能。カトゥーンバ駅からエコー・ポイント展望台までのバスは混雑する場合もあるので、早めに訪れるようにしましょう!

スリリングなアクティビティシーニックワールド

<photo by pixabay>

シーニックワールドは、ブルーマウンテンズの雄大な大自然をロープウェイやケーブルカー、レールウェイで楽しめるアトラクション。

ロープウェイに乗って上空からブルーマウンテンズを満喫できるBeyond Skywayや滑車に乗って最大52度の傾斜を一気に下降するスリリングな冒険ができるScenic Railway、谷底まで降りて美しいジャミソン渓谷を満喫できるScenic Cablewayなど、魅力的なアトラクションが揃っています。

ぜひ青々とした自然を見たり歩いたりしながら、美しい景色と貴重な動植物の観察を楽しんでみてはいかがでしょうか。

可愛くてお洒落な田舎町レウラ

By Adam.J.W.C. - Own work, CC BY-SA 2.5

少し時間に余裕があったら、電車でカトゥーンバ駅の隣町のレウラを訪れてみましょう。

ブルーマウンテンズの見学後に散策するにはおすすめの町で、可愛らしい建物のカフェやアンティーク、雑貨屋などが立ち並び、買い物好きの方にとっておすすめの町です。

古き良きオーストラリアの雰囲気が味わえ、のどかでのんびりとした空気が流れているので、ぶらぶらと町を散策するだけでも楽しめます。

少しでも時間を作って、ゆっくりと街歩きや買い物を満喫してみてはいかがでしょうか。

スリル満点の展望台リンカーンズロック

<photo by Unsplash>※画像はイメージです

ブルーマウンテンズ観光の穴場と言うべきリンカーンロックは、平らな岩盤から雄大な自然を眺めることができるスリル満点の展望台です。

前述したレウラの隣にあるウェントワース・フォールズという町の郊外にあり、エコー・ポイント展望台とは異なり、柵も何も無い状態なので、高い所が苦手な人は注意が必要かもしれません。

車でアクセスしないと困難な場所ではありますが、ブルーマウンテンズの雄大な自然を満喫するのにおすすめのスポットです!

ただし、かなり危険を伴う場所になりますので、見学の際は注意してくださいね。

ブルーマウンテンズ観光に最適なシーズンは?

<photo by  pixabay>

大自然の魅力に溢れたブルーマウンテンズですが、どの時期に行けばよいのか気になる方も多いのではないでしょうか?基本的にブルーマウンテンズは、1年を通して楽しめる観光地です。

オーストラリアの夏は暑いですが、ブルーマウンテンズは標高が高いので涼しい気候の中で気持ち良く観光できます。それぞれの時期の特徴を比較しながら、訪れるタイミングを検討してみてくださいね。

ベストシーズンは暖かく過ごせる9月〜4月

<photo by Unsplash>

ブルーマウンテンズ観光のベストシーズンは、夏にあたる季節で暖かく過ごせる9月〜4月の間です。

シドニーの夏は30度、時には40度に到達するなど厳しい暑さで知られていますが、ブルーマウンテンズ周辺は標高1,300メートルに位置しているので涼しく、夏場でも快適に観光できます。

ただ、山の天候は非常に変わりやすく、急な雨に備えて雨具の準備を忘れないようにしましょう。

また朝と夜は冷え込むので、寒さ対策として薄い上着を持って行くのがおすすめ。

観光客が少ない時期を狙うなら5月〜8月

<photo by pixabay>

気候が良く観光客の多い夏を避け、オフシーズンで観光したいと思ったら、秋から冬にあたる5月〜8月の時期がおすすめです。

真冬の時期は気温が一日中低く、寒い日には気温が10度以下になることも。ただ、降水量は夏に比べて少ないので、森の中を歩く際には最適の時期となります。

ごく稀にですが、雪がチラつくこともあるなどかなり寒くなる場合もあるため、観光には厚手の防寒具を着て万全の装備をしてください。

運がよければ雪に覆われた森林が見られるなど、夏とは違った光景を楽しめますよ!

ブルーマウンテンズの見学方法は?予約は必要?

<photo by Unsplash>

ブルーマウンテンズの景色は自由に見ることができますが、見学方法によって費用が異なります。予約が必要になる場合もあるので、観光にどれだけ費用と所要時間がかかるのかを解説していきます。

エコーポイント展望台は入場料不要!

<photo by pixabay>

スリー・シスターズを見られるエコーポイント展望台は、入場料金はかからず無料で見学できます。その他の周辺の展望台に関しても、基本的にはすべて無料で見学できるのがうれしいポイント!

ただ週末やスクールホリデーなどの日には、無料ということで展望台は大変な混雑が予想されます。

もし週末に行くのであれば、なるべく早い時間に到着するなど、時間に余裕を持って行動するのがおすすめ!

シーニックワールドの乗り物代金は?

<photo by pixabay>

ブルーマウンテンズの見学を楽しむなら先述したシーニックワールドのアクティビティに参加するのもおすすめ!

特に、ロープウェイやケーブルカーなど複数のアクティビティに参加できるディスカバリーパスは、ブルーマウンテンズの大自然を堪能したい方におすすめのチケットです。

このチケットを持っていれば、

  • シーニックスカイウェイ
  • シーニックケーブルウェイ
  • シーニックウォークウェイ
  • ダイノサオバレー

の4つのアトラクションが利用可能です。

チケット料金は50ドル〜(約4,720円〜)で、週末は55ドル(5,350円)と5ドル高くなります。

ディスカバリーパスの詳細は、こちらの公式サイトからご確認ください。

オプショナルツアーに参加するのもおすすめ

<photo by pixabay>

個人でも十分満喫できるブルーマウンテンズですが、見どころを効率良く回りたいならオプショナルツアーに参加するのがおすすめです。

指定された時間にバスに乗れば、そのままブルーマウンテンズに行けるので、事前に電車の時刻表を調べる必要はありません。

日本語ツアーも多く用意されていて、初めてのオーストラリアで言葉が不安な方でも、旅行会社が色々と手配してくれるので観光中も安心です。

日本語ツアーは安くて日帰りで13,000円ほどから用意されているので、便利で安心なオプショナルツアーを利用して、旅行をより充実したものにしてみてはいかがでしょうか。

ブルーマウンテンズ観光に要する時間

<photo by pixabay>

ブルーマウンテンズ観光の所要時間は、どの場所を訪れるのかによって異なります。ただ、シドニー市内から電車やバスで移動する場合には1時間半〜2時間かかるので、移動には往復4時間かかるのを想定しておきましょう。

移動時間に加えて、エコーポイント展望台で約1時間、シーニックワールドで約2時間〜3時間くらい過ごすのであれば、ブルーマウンテンズの日帰り滞在の時間は約6時間ほどとなります。

他にもレウラの街を散策したり、リンカーンズロックなどの展望台を細かく周るなら、カトゥーンバの街に一泊するのがおすすめです。

ブルーマウンテンズへのアクセス・行き方

<photo by pixabay>

ブルーマウンテンズへの行き方は、電車だけでなくバスや車でもアクセスすることができます。初めて行く方にとっては、どうやって行けば良いのか不安な方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ブルーマウンテンズへのアクセスについて解説します。

最も一般的な移動は電車とバス

<photo by pixabay>

ブルーマウンテンズに足を運ぶには、シドニー中心部から電車とバスを利用して行きます。カトゥーンバ駅到着後は、ローカルバスまたは駅前から30分間隔で運行するブルーマウンテンズ・エクスプローラーバスに乗れば、アクセスできます。

ブルーマウンテンズ・エクスプローラーバスの料金は1日49ドル(約4,570円)で、シーニックワールドの利用券がついているLYREBIRD PASSは99ドル(約9,350円)なので、シーニックワールドを満喫するならこちらを購入しましょう。

電車はシドニーセントラル駅から発着していて所要時間は約2時間ほど。カトゥーンバ駅までの料金は、6.51ドル(約615円)となります。

ただし、NSW州で発行している交通系ICカードのオパールカードを利用すれば、土日祝日に限って往復8.40ドル(約793円)で行くことが可能。

オパールカードは平日と土日によって料金の差があるので、少しでも電車代を安くしたいなら週末に行くのがおすすめですよ。

言葉の心配無く行くならツアーを利用

<photo by pixabay>

電車で簡単にアクセスできるブルーマウンテンズですが、初めて行く人にとっては言葉の問題など不安な部分も多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、バスによるツアーの利用です。

シドニーでは、日本語の通じるツアーを主催している会社がいくつかあって、ツアーを予約すれば移動手段やアトラクションの手配も代行してくれます。

いくつかのプランから、行きたい場所に行けるツアーを選択すれば、効率良く観光を楽しめますよ。希望のツアープランに合わせて、上手に活用してみましょう。

ブルーマウンテンズ観光における注意点

<photo by  pixabay>

ブルーマウンテンズを楽しく観光するには、事前の注意と準備しておくと良い点がいくつかあるので解説します。

天気の変化に注意する

<photo by pixabay>

ブルーマウンテンズは、標高1,300メートルの高地に位置しているので、夏場でも朝夕はかなり冷え込む場合があります。そこで防寒対策として、夏場は薄手の上着を1枚用意しておくのがおすすめ!

冬場は時に雪が降る時もあり、かなり寒さが厳しくなります。冬の時期に訪れる場合は万全な装備をして出かけるようにしてくださいね!

時間に余裕を持って電車に乗車する

<photo by pixabay>

シドニーからカトゥーンバまでアクセスする電車に乗る時は、なるべく時間に余裕を持って乗車しましょう。

なぜなら電車の本数は、1時間に1、2本とそれほど本数が多いわけではないからです。

ブルーマウンテンズは見どころも多く、国立公園内の移動に時間がかかる場合もあるので、事前に時刻表をしっかり確認し、計画的に移動することをおすすめします。

シーニックワールドのチケットは事前に入手しておく

Scenic World by Roderick Eime is licensed under CC BY-ND 2.0 DEED

シーニックワールドでアトラクションを満喫したいなら、チケットは事前に入手するのをおすすめします。人気のある施設なので、週末には大混雑してチケット売り場もかなり混むことが予想されます。

アトラクションのチケットは、公式サイトから簡単に購入できます。

訪門日程が事前に決まっている場合は、チケットを購入しておけばスムーズに移動できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ブルーマウンテンズの観光を満喫しよう

この記事では、ブルーマウンテンズの観光に関する見どころや歴史、見学方法、アクセスなどをご紹介しました。ブルーマウンテンズは大迫力の自然に満ち溢れて、オーストラリアの雄大な自然を満喫できます。

ぜひ紹介した情報を参考に、ブルーマウンテンズの観光を満喫してみてくださいね!

ブルーマウンテン(Blue Mountains)国立公園の基本情報

住所

オーストラリア ニューサウスウェールズ ブルー山脈

電話

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

カトゥーンバ駅からバスで10分、徒歩で約30分

料金(シーニックワールド)

Discovery Pass 大人$50〜$55(約4,800円〜約5,200円)

Annual pass 大人99ドル(約9,350円)、3歳〜15歳 54ドル(約5,100円)

2023年10月5日のレート

1オーストラリアドル=94.39円

公式サイト

https://www.bluemts.com.au/

Cover photo by pixabay

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

オーストラリアの東京発のおすすめツアー

オーストラリア旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる