NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】オーストラリアの2月の気温は?おすすめの服装や持ち物を解説

オーストラリアの2月、夏の陽射しが強く、各地で暑さが続きます。北部は雨季で湿度も高く、南部は乾燥した暑さが特徴。旅行の際は、地域によって大きく異なる気候に合わせた服装選びと暑さ対策が必須。この記事では、オーストラリアの2月の気温やおすすめの服装・持ち物について、地域ごとに詳しく解説します。ぜひ、オーストラリア旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部(AIサポート)

オーストラリアの2月、夏の陽射しが強く、各地で暑さが続きます。北部は雨季で湿度も高く、南部は乾燥した暑さが特徴。旅行の際は、地域によって大きく異なる気候に合わせた服装選びと暑さ対策が必須。

この記事では、オーストラリアの2月の気温やおすすめの服装・持ち物について、地域ごとに詳しく解説します。ぜひ、オーストラリア旅行の参考にしてくださいね!

Contents

オーストラリアの2月の気温概要

photo by PIXTA

オーストラリアは広大な国土を持ち、地域によって気候が大きく異なります。2月は夏真っ盛りの時期で、全体的に気温が高くなります。 オーストラリアの主要都市の2月の平均気温と降水量は以下の通りです。

都市名

平均最高気温(℃)

平均最低気温(℃)

降水量(mm)

シドニー

25.0

18.0

119

メルボルン

25.0

14.0

46

ブリスベン

29.0

21.0

174

ケアンズ

31.5

24.1

454

アデレード

29.0

16.0

22

北部のケアンズは2月が雨季にあたり、高温多湿で降水量が非常に多くなります。一方、南部のメルボルンやアデレードは比較的乾燥した暑さが続くのが特徴。 オーストラリアのリゾート地の多くでは2月に海水浴を楽しめます。ただし北部は雨季のため天候が不安定で、南部は水温が低めです。

オーストラリアの主要都市ごとに2月の気温や気候の特徴、おすすめの服装をご紹介します。各都市の平均気温や降水量を参考に、旅行の持ち物選びに役立ててくださいね。

\オーストラリア旅行をチェック!/

シドニーの2月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

シドニーの2月は夏真っ盛りで、日中は気温が高くなります。最高気温は27度前後まで上がる日も多いので、半袖Tシャツにショートパンツなどの夏服がおすすめですよ。日差しが強いので、帽子や日焼け止めは必需品。サングラスもあると快適ですね。

ただし朝晩は気温が18度前後まで下がるので肌寒く感じることも。薄手のカーディガンやパーカーを羽織れるようにしておくと安心です。日中と朝晩の寒暖差に注意しましょう。

シドニーは2月でも海水浴を楽しめますが、紫外線対策は万全に。ラッシュガードを着たり、こまめに日焼け止めを塗り直すのを忘れないでください。日傘や帽子もあるといいですよ。

シドニーの2月を快適に過ごすためには、暑さ対策と朝晩の冷え込みへの備えが大切。服装選びのポイントを押さえて、夏のシドニーを満喫しましょう。

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

シドニー

22.5℃

25.0℃

18.0℃

119mm

メルボルンの2月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

メルボルンの2月も日中はかなり暑くなり、最高気温は25度前後になります。半袖Tシャツなどの夏服でも過ごしやすいですよ。日差しが強いので帽子とサングラス、日焼け止めは必需品です。

ただしシドニーと同様に朝晩は気温が下がるのが特徴。平均最低気温は14度前後まで下がるので、長袖シャツなど、羽織れるものを用意しておきましょう。薄手のカーディガンなどもあると便利ですよ。

またメルボルンは夏でも冷房が強く効いている施設が多いので要注意。屋内用にも羽織れる上着があるとぴったりです。

2月のメルボルンは水温が低めなので、海水浴にはあまり適していません。その代わりにビーチでのんびり散歩を楽しむのがおすすめ。日傘や帽子で日差し対策をしつつ、海風を感じてリラックスしましょう。

暑さ対策と朝晩の冷え込み、冷房対策をバランスよく行って、夏のメルボルンを満喫してくださいね!

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

メルボルン

20.0℃

25.0℃

14.0℃

46mm

ブリスベンの2月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

ブリスベンの2月は雨季に入り、高温多湿な日が続きます。平均最高気温は29度、平均最低気温は21度と、一日を通して蒸し暑いのが特徴。半袖Tシャツにショートパンツなど、なるべく薄手の夏服を選ぶのがおすすめですよ。 湿度が高いので、吸水速乾性に優れた素材の服だと快適に過ごせます。

またにわか雨に備えて折りたたみ傘やレインコートも必需品。スコールのような強い雨が降ることもあるので、しっかりとした雨対策が欠かせません。

また晴れたときの日差しの強さにも要注意。帽子や日焼け止めは絶対に忘れないでください。サングラスもあるとより快適ですよ。虫よけスプレーや虫刺されの薬も用意しておくと安心。蚊やブヨが多い時期なので、しっかりと虫対策をしましょう。

ブリスベンは2月でも海水浴を楽しめる時期ですが、雨季のため天候不順の日もあります。海に行く際は、事前に天気予報をチェックするのがおすすめ。晴れた日は日傘や帽子で紫外線対策をしつつ、ビーチを満喫しましょう。

ブリスベンの2月は暑さ対策と雨対策、虫対策がカギ。湿度の高さにも負けない服装選びを心がけて、夏のブリスベンを思う存分楽しんでくださいね!

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

ブリスベン

25.0℃

29.0℃

21.0℃

174mm

ケアンズの2月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

ケアンズの2月は1年で最も高温多湿な時期で、雨季真っ只中。平均最高気温は31.5度、平均最低気温は24.1度とかなりの蒸し暑さが続きます。服装は薄手の夏服一択で、半袖Tシャツとショートパンツがおすすめです。

ただしクーラーの効いた室内は意外と肌寒く感じることも。薄手のカーディガンなど温度調節できる羽織ものがあると便利です。

スコールのような強い雨が頻繁に降るのもこの時期の特徴。折りたたみ傘とレインコートは必ず用意しておきたいアイテムです。ザックなどの荷物は防水性の高いものを選ぶと安心ですよ。 そして何より、紫外線対策は必須!晴れた日の日差しは猛烈に強いので、帽子と日焼け止めは絶対に欠かせません。こまめに日焼け止めを塗り直すことを忘れずに。サングラスや日傘もあると心強い味方になりますよ。

ケアンズは雨季のため、海水浴は天候次第。晴れた日なら存分にビーチを楽しめますが、天気予報をこまめにチェックするのがおすすめです。雨の日のアクティビティも調べておくと安心ですね。 

ケアンズの2月は暑さ対策と雨対策、紫外線対策がポイント。フル装備で挑めば、雨季ならではのケアンズも思いっきり満喫できます。ぜひ準備を万端にして、夏のケアンズを体感してみてください。

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

ケアンズ

27.8℃

31.5℃

24.1℃

454mm

アデレードの2月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

アデレードの2月は乾燥した暑さが特徴で、昼夜の寒暖差が大きいのが特徴。最高気温は29度まで上がる一方、最低気温は16度前後と肌寒くなります。日中は半袖Tシャツなどの夏服で過ごしやすい気候ですが、夜は上着が必要になるので注意しましょう。 冷房対策も忘れずに。薄手の長袖シャツなど、温度調節しやすいアイテムを用意しておくと便利ですよ。

また乾燥した暑さのため、こまめな水分補給が欠かせません。マイボトルを持ち歩いて、のどの渇きを感じる前に水分をとるようにしましょう。帽子や日焼け止めなどの紫外線対策も万全に。

2月のアデレードは海水浴を楽しむには少し水温が低めです。ビーチで遊ぶ際は、ラッシュガードなどを着て防寒対策をするのがおすすめ。日光浴を楽しむなら、日傘や帽子を忘れずに。

アデレードの2月の服装選びは、昼夜の寒暖差への備えがポイント。日中の暑さ対策はもちろん、朝晩の冷え込みや冷房への備えもしっかりと行い、乾燥対策と紫外線対策も万全にして、夏のアデレードを思う存分楽しんでくださいね!

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

アデレード

22.5℃

29.0℃

16.0℃

22mm

2月のオーストラリアの注意点

photo by PIXTA

2月のオーストラリアは地域によって天候に注意が必要な時期。とくに気をつけたいポイントを解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

1日の寒暖差に注意しよう!

オーストラリアの2月は夏真っ盛りですが、地域によって気候が大きく異なります。とくに南部のメルボルンやアデレードでは、日中は気温が30度近くまで上がる一方、朝晩は15度前後まで冷え込むことも。

この寒暖差に対応するには、羽織ったり脱いだりできる服装がおすすめです。屋内の冷房対策としても、長袖シャツやカーディガンなど薄手の羽織ものは欠かせません。気温変化に対応できる服装選びを心がけましょう!

北部は、雨季の真っ只中!

オーストラリアの北部、とくにケアンズは2月が雨季のピークです。連日の高温多湿に加えて、スコールのような強い雨が頻繁に降ります。旅行の際は、折りたたみ傘やレインコートの用意が欠かせません。ゲリラ豪雨になることもあるので、防水性の高いザックも役立ちますよ。

また雨季のジメジメした気候は、蚊などの虫の活動も活発になります。虫よけスプレーや虫刺されの薬も忘れずに用意しておきましょう。湿度対策と雨対策をしっかりすれば、快適に旅行を楽しめます。

紫外線が猛烈に強い!

オーストラリアの2月は紫外線がとても強いので、日焼け対策は必須です。とくに北部は晴れた日には日差しが容赦なく照りつけるので、こまめな対策が欠かせません。

帽子や日傘で直射日光を避け、サングラスで目を保護しましょう。日焼け止めは、汗で流れやすいので、こまめに塗り直すことが大切。SPF50以上の高い日焼け止めがおすすめです。

海水浴を楽しむ際は、ラッシュガードなどの紫外線防止の水着も効果的。日焼けは肌の大敵なので、しっかりと対策してください。

2月のオーストラリアを楽しもう!

オーストラリアの2月は北部と南部で気候が大きく異なります。旅行先に合わせて服装と持ち物を慎重に選ぶことが、快適な旅行のポイント。暑さ対策と雨対策を万全にして、オーストラリアの夏を思う存分楽しんでくださいね!

cover photo by Unsplash

※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)

オーストラリアの東京発のおすすめツアー

オーストラリア旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる