NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】ニューヨークの治安は?危険な場所や注意点を解説

アメリカ最大都市・ニューヨークは、世界中から多くの観光客が訪れるため、治安は比較的安全なエリアが多いです。今回はアメリカの中心であるニューヨークの治安について、夜の様子や注意すべきエリア、女性が気をつけたいポイントなど知っておきたい情報を紹介します。

ライター
NEWT編集部

東海岸に位置するニューヨークは、世界経済の中心とも言われるアメリカ最大都市。観光客をはじめ、多くのニューヨーカーが集結しているため、治安は比較的安全なエリアが多いです。しかし治安が悪い場所もあります。

今回はアメリカの中心であるニューヨークの治安について、夜の様子や注意すべきエリア、女性が気をつけたいポイントなど知っておきたい情報を紹介します。

Contents

ニューヨークの治安はいい?悪い?

photo by Unsplash

アメリカ・ニューヨークは、世界経済の中心でありながら、一度は行ってみたいとあこがれる人も多いほど、アメリカ屈指の観光都市でもあります。マンハッタン、クイーンズ、ブルックリン、ブロンクス、スタテンアイランド島の5つの地区に分かれているため、都市としてもアメリカでも最大規模を誇ります。

アメリカ全土は2024年3月現在、外務省から発表されている海外安全ホームページによると、すべての州において渡航の危険度はレベル0と、治安は比較的安定している状態です。

ニューヨークも治安がいい都市として知られていますが、地区によって安全なエリアと注意すべき危険なエリアも存在します。また、観光客が多く集まる反面、観光客を狙った犯罪も多く事前の安全対策が必要です。

今回はニューヨークの治安の悪い場所や夜の様子、注意すべきポイントなどを紹介します。

ニューヨークで犯罪の被害にあってしまった時の連絡先

連絡先

電話番号

警察・救急車・消防署

すべて911
※「ジャパニーズ・プリーズ」と言えば日本語通訳につながります

在ニューヨーク日本国総領事館

212-371-8222(国内からかける場合)

+1-212-371-8222(国外からかける場合)

ニューヨークで治安が悪いとされる要注意な区域・スポット

大都市であるニューヨークは5つの地区に分けられており、観光客も多い比較的安全なエリアと、危険なエリアがあります。また、ダウンタウンエリアになると観光客を狙った犯罪が多く、巧妙な手口での詐欺や脅迫、窃盗が行われているため要注意です。

ここでは、ニューヨークの中でも気をつけるべき危険なエリアを詳しく解説します。

①ブルックリン・ブラウンズビルは犯罪が多発!

Brownsville by Jon Dawson is licensed under CC BY-ND 2.0

ブルックリンのブラウンズビルは、ニューヨークで最も治安の悪いエリアとして知られています。住宅街が立ち並んでいますが貧困層が多く住んでいることから、銃撃、強盗、ドラッグといった犯罪が蔓延。近年では、乱射事件で多くの犠牲者を出したとして、大きなニュースになりました。

レンタカーを利用する時にも、うっかりこのエリアには立ち入らないように。ブランズビル近隣のエリアでも同様の事件が起こる可能性があるので、ブルックリンのイーストニューヨークの周辺には近づかないようにしましょう。

②サウスブロンクスは麻薬取引や重犯罪が多発!

photo by Unsplash

ブロンクス区のサウスブロンクスは、ニューヨークヤンキースの本拠地であるスタジアムがあることで有名です。試合を見るために多くの観光客が集いますが、治安は危険な地域となっているため、野球観戦以外では近づかないようにしましょう。

サウスブロンクスは麻薬取引が盛んに行われている場所で、1980年代にかけてはギャングの活動拠点となってスラム街化している状況にありました。今なおギャング同士の暴行や殺人といった凶悪な犯罪も発生しているので、サウスブロンクスの街中を歩くのは大変危険です。

ヤンキースタジアムは駅の目の前にありますので、野球観戦に行く場合には、試合終了後はなるべくすぐに移動するようにしましょう。

③クイーンズ・JFK空港周辺はぼったくりに注意

photo by pixabay

クイーンズ区は比較的安全なエリアですが、ジョン・F・ケネディ国際空港周辺にはぼったくりのタクシーが多いため注意が必要です。

空港からホテルの多いマンハッタンまでは距離があるため、移動手段としてタクシーを利用する場合がほとんど。そのため空港周辺では、正規より高額な乗車料金を請求する個人タクシーが多く待ち構えています。白タクとも呼ばれていますが、正規タクシーであるイエローキャブとは車体の色が違うので見分けやすいです。

さらに空港周辺では、グループとなって違法タクシーに勧誘することがあり、空港内外で偽の制服を着て声をかける人もいるのでご注意ください。空港には、24時間利用できるタクシー乗り場があるので、声かけには付いて行かず必ず正規の乗り場で待ってイエローキャブに乗る、配車アプリを利用するなど、ぼったくりの被害に遭わないように対策を取っておくのがおすすめです。

④マンハッタン・ミッドタウンは観光客を狙った犯罪に要注意!

photo by pixabay

タイムズスクエアやセントラルパークがあるマンハッタン区は、ニューヨークの中で最も有名な観光地エリアです。外国人が多く集まるエリアということもあり、観光客を狙った犯罪が多発しています。中でもタイムズスクエアでは、写真撮影を装って高額なチップを要求したり、強引にCDを売りつけたりなど、詐欺に引っかかってしまうケースが多いので注意しましょう。

さらに気をつけてほしいのがミッドタウンエリアです。ブライアントパークやエンパイアステートビルなど有名な観光スポットが点在するエリアですが、スリや強盗などの犯罪も多く発生しています。

また人通りが少ない路地も多いため、ホームレスやアルコール中毒者などが居座っている可能性があります。いきなりモノを投げられたり、罵声を浴びせたりするので、人通りが少ない場所には行かないようにしましょう。

photo by Unsplash

以前までは危険エリアと言われていたハーレムは都市開発が進み、近年では人気の観光スポットエリアとして、観光客も増えてきました。

昼間は比較的安全ではありますが、人通りが減る夕方から夜にかけては犯罪に巻き込まれやすいので、ハーレム周辺を観光したい場合には、人通りが多い日中に行くようにしましょう。

⑤ニューヨークの地下鉄は時間帯によっては危険!

photo by pixabay

ニューヨーク旅行の移動に欠かせないのが地下鉄。24時間運行しているためとても便利ですが、地下鉄で発生する犯罪もあるので注意が必要です。

地下鉄は誰でも自由に出入りできるため、ホーム内にホームレスが寝転んでいたり、時間帯によっては酔っ払いや麻薬中毒者が渡り歩いて行くことも。犯罪に巻き込まれないためにも、利用する時間帯は利用者が多い日中の時間だけに限定しましょう。

ニューヨークの夜の治安は?

photo by Unsplash

ニューヨークは、バーやクラブだけでなく、ブロードウェイミュージカル、コンサート、オペラなどのエンターテイメントも多く、眠らない街と言われるほど夜中まで賑わっています。また地下鉄は24時間運行しているため、時間を気にせずに楽しむ人も多いです。

ナイトスポットも魅力がたくさんあるニューヨークですが、大通りから一歩外れると人通りが少ない路地も多く、時間帯によっては犯罪が起こりやすくなります。男女問わず夜のひとり歩きは避けるようにしましょう。特に観光客を狙った、金銭目当てでの暴行や脅迫といった危険性も高まります。

夜に出かける際には、人通りが少ない場所は避け、ひとり歩きは控えましょう。また、観光客が多い大通りを歩いたり、目的地まではタクシーを使うなど安全を徹底すれば、夜の散策も楽しむことができます。

ニューヨークで観光客が被害にあいやすい犯罪は?

ニューヨークでは、ひったくりや恐喝といった観光客が被害にあいやすい犯罪をはじめ、多様な人種や民族が住むアメリカならではの被害にも気をつける必要があります。旅行へ行く前にあらかじめ巻き込まれやすい犯罪を知り、対策を練っておくと安心です。

ここでは、ニューヨークで観光客が被害にあいやすい犯罪を詳しくご紹介します。

①スリ・ひったくり

photo by pixabay

ニューヨーク旅行で、観光客が最も狙われやすい犯罪が、スリ・ひったくりです。日中のダウンタウンエリアは、ニューヨーカーや観光客でどこも混雑しているため、気づかれないうちに盗難の被害にあってしまうケースが非常に多いです。特に日本のパスポートは狙われやすいほか、財布や携帯などは外出先で出し入れする場面が多いため、細心の注意を払うようにしましょう。

また、タイムズスクエアなどは大型店舗の飲食店も多く、どの時間帯でも混雑しています。カバンを置いて席の確保をしてしまうと、置き引きの被害に遭う可能性が高いです。複数人いる場合は、荷物を見守る人と注文する人に分けるなど、予防対策をするように心がけましょう。

②恐喝・詐欺

photo by Unsplash

ニューヨークのダウンタウンエリアでは、観光客を狙った恐喝や詐欺の被害に巻き込まれる可能性があるので注意しましょう。例としては、観光客をターゲットにわざとぶつかり、メガネや荷物が壊れたと一方的に弁償を要求してくるケースです。巧妙な手口で行われることが多く、相手の雰囲気に圧倒され、最後にはお金を渡してしまう観光客も多いです。

またタイムズスクエアでは、路上パフォーマンスや着ぐるみを着た人たちが一緒に撮影した後に多額の写真代を請求する場合もありますので、注意しましょう。

③女性を狙った性犯罪・特定の人に対するヘイトクライム

photo by Unsplash

ニューヨークでは、女性一人のタイミングを狙って、グループで性犯罪におよぶケースも後を断ちません。特に、人通りが少ない狭い路地や地下鉄、さらにエレベーターなどの密室になりやすい場所には注意が必要です。複数人で犯行に及ぶことが多いため、エレベーターや地下鉄の場合には、危険だと感じたらすぐ降りるか、ほかの乗客がいる場所に移動するようにしましょう。

また、昨今では緊迫した世界情勢が続いていることもあり、特定の人を狙っての嫌がらせ、脅迫、暴行などの犯罪行為を行うヘイトクライムが起こっています。パンデミックの直後はアジア人へのヘイトクライムが目立っていましたが、2023年11月現在は中東問題によるヘイトクライムやデモが多発しているので、注意が必要です。

④タクシーのぼったくり

photo by pixabay

旅行中の移動手段として便利なタクシーですが、ニューヨークにはイエローキャブと呼ばれる正規タクシーのほかに、個人タクシーも見かけます。特に、ジョン・F・ケネディ国際空港周辺には白タクと呼ばれる個人タクシーが多く、ドライバーさんからフレンドリーに話しかけるパターンが多いです。

白タクは、高額の乗車料金を請求されるケースがほとんどです。悪質な場合は、手持ち金を全部渡すように脅迫されることも。銃社会であるアメリカでは武器を隠し持っている可能性があり、車内は密室なので抵抗すると命の危険に晒しかねません。

タクシーで移動する時には、正規タクシーのイエローキャブや、配車アプリのUberを利用するようにしましょう。

⑤クレジットカードのスキミング

photo by pixabay

旅行中に街中のATMから、クレジットカードで現金を引き出すことはよくある光景です。しかしニューヨークでは、ATMから特殊な機械でクレジットカード情報を抜き取るスキミングの犯罪も多いので注意しましょう。手元にクレジットカードがあるため、気づかないうちに犯罪に巻き込まれる場合がほとんどです。

ATMを使用する際は、セキュリティーが良い場所や警備員が常駐しているATMを使うのがポイント。海外のATMは安全ではないということを念頭に、注意深く利用するようにしましょう。

ニューヨークで被害にあわないための防犯対策

楽しいアメリカ旅行でも、トラブルや犯罪に巻き込まれてしまったらせっかくの旅行も台無しになってしまいますよね。トラブルや被害に遭わないためにも、事前にどのような対策ができるのか知っておくことで、安心して旅行を楽しむことができます。

ここでは、ニューヨークで被害に遭わないための、防犯対策をご紹介します。

①早朝・夜間は出歩かない

photo by pixabay

眠らない街とも言われているニューヨークですが、人通りが少ない早朝や夜の時間帯は、犯罪に巻き込まれやすいので注意しましょう。比較的安全なエリアであっても、ひとりで外に出歩くことはあまりおすすめできません。もし夜間や早朝に外出する場合は、人通りが多い大通りを歩くようにしましょう。小さい路地は、夜になるとさらに人通りがまばらになるため、犯罪に巻き込まれやすいです。

またホテル周辺が治安が不安定なエリアである場合には、近距離での外出であっても早朝や夜間は出歩くのは危険です。人通りがある時間に外出をするか、目的地まではタクシーを利用するなど、安全対策を徹底するようにしましょう。

②地下鉄では時間帯・車両などに注意する

photo by pixabay

ニューヨークの地下鉄は、24時間運行しているためいつでも利用できる反面、時間帯や利用方法には注意が必要です。とくに深夜や早朝の時間帯は利用者が少なく、地下鉄のホームや車両内でホームレスや酔っ払い、不良グループに遭遇する場合があります。この時間帯に地下鉄を利用する場合には、ほかの乗客がいる車両に乗るようにしましょう。

また電車を待っている場合にも、周辺には十分警戒を。ホームで待っている間に背中を押されたり、複数人に囲まれて絡まれるといった被害もあります。電車を待っている間は背後に誰も来ないように壁に寄りかかったり、乗客が多いエリアで待ったりと、対策を取っておくのがおすすめです。

③持ち物は最小限の現金と貴重品にする

photo by pixabay

観光客を狙ったスリや盗難は、手口が強引な上に武器で脅迫をされるなど、危険を伴う場合があります。手持ち金を全て盗まれないようにするためにも、必要最低限の現金とクレジットカードだけを持ち歩くようにしましょう。ニューヨークでは、ほとんどのお店でクレジットカードやキャッシュレスでの決済が可能です。

現金は万が一に備えて最小限に抑え、財布代わりにポーチの中に入れて持ち歩くと、ブランド物の財布や金銭目当ての犯行の目くらましになるので、おすすめです。

④ラフな服装を心がける

photo by pixabay

観光客を狙った犯罪は、身だしなみから金目のものがあるかを判断することが多いので、外出時の服装に気をつけることも予防対策の一つです。とくにハイブランドの時計やネックレス、カバンを身につけている場合には、強引な手口で犯行に及ぶ可能性があります。

ニューヨーカーは、Tシャツにデニムズボン、スニーカーとラフな格好で外出する人がほとんど。目立つ格好をすると観光客と見分けがつきやすいので、予防対策として動きやすいラフな格好を心がけましょう。

カバンは、身体の前にかけられる小さなセキュリティーポーチを選び、財布代わりのポーチ、貴重品も最低限のものを入れるようにすると、金目のものの判断が見分けづらいため、スリや盗難の予防にも有効的です。

⑤記念撮影の声がけには応じない

photo by Unsplash

タイムズスクエアの一角では、路上パフォーマンスをしたり、キャラクターの仮装や着ぐるみで道ゆく人に声をかける人も多く見かけます。フレンドリーに話しかける人が多いため、そのまま会話を楽しむのもいいのですが、記念撮影をしようと誘われた時には、断るようにしましょう。ほとんどの場合、高い金額のチップ代を要求されます。

また、建物の写真を撮っているだけでもパフォーマー達が映りそうな場所で撮影してしまうと、自分たちを撮ったと言いがかりをつけて写真代を要求される悪質な場合も。そのエリアを避けて写真を撮るようにし、またその周辺を通る際には、声がけに応じないよう注意してください。

在ニューヨーク日本国総領事館発行の「安全の手引き」も確認しよう

在ニューヨーク日本領事館では、毎年、安全の手引きを発行しており、ホームページから無料でダウンロードや印刷ができます。ニューヨーク在住者を対象としていますが、事件や事故に巻き込まれないために注意すべきことや、緊急時の対処法などが記載されていて、旅行者にも役立つ情報が多いので、渡航前に確認するようにしましょう。

もしニューヨークで犯罪の被害にあってしまった時の連絡先

ニューヨークでの旅行において自己管理や注意事項に気をつけていても、思わぬ犯罪や事故、トラブルに巻き込まれるケースもあります。被害に遭ってしまった時には慌ててしまわないように、事前に緊急連絡先をメモしておくと安心です。

ここでは、ニューヨークでもし犯罪にあってしまった際の緊急連絡先をご紹介します。

緊急通報先

photo by Unsplash

ニューヨーク旅行で被害にあった場合にはただちに「911」に連絡しましょう。日本では警察は「110」、消防や救急車は「119」と連絡先はそれぞれ異なりますが、アメリカではどちらも「911」で統一されています。被害の直後はパニックに陥りやすいため、日本の番号と間違ってかけてしまう可能性もあります。心配な方は、見やすいところにメモしておくのもおすすめです。

オペレーターが出たら、通報場所と内容(警察または消防)を告げてください。オペレーターに英語で説明できないときには「ジャパニーズ・プリーズ」と伝えれば、日本語通訳サービスを介して通話することができます。

また盗難などに遭った場合など、緊急時以外は「911」ではなく、最寄りの警察署に相談するようにしましょう。

在ニューヨーク日本国総領事館

photo by Unsplash

もしニューヨークで被害にあった場合、在ニューヨーク日本国総領事館に連絡することもできます。緊急の場合は24時間受け付けているので安心です。

また、パスポートの盗難や思わぬ犯罪の被害に遭った時は、まずは最寄りの警察署でポリスレポートを作成してもらう必要があります。手続きなどで困った時は、総領事館へ連絡することでサポートしてもらえることも。現地警察への届け出に関する助言をしてもらえたり、パスポートの盗難に関しては、発給手数料はかかるものの「帰国のための渡航書」の発給手続きなどを行ってくれます。

総領事館の方へは直接足を運ぶか、電話にて連絡が可能です。詳しくは在ニューヨーク日本国総領事館の公式サイトを参照してください。

在ニューヨーク日本国総領事館の連絡先

住所

46 - 47/F, One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong Kong

電話

212-371-8222(国内からかける場合)

+1-212-371-8222(国外からかける場合)

メールアドレス

ryoji@ny.mofa.go.jp

営業時間

9:30~17:00※緊急の場合は24時間対応

休業日

土曜・日曜・祝日

公式サイト

https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/hanzai.html#callcgi

治安情報をチェックしてニューヨーク旅行を楽しもう!

アメリカ・ニューヨークは、夜の外出や観光客を狙った犯罪に注意すれば、比較的治安が安定しています。ただし、海外にいるということを忘れずに、細心の注意をはらってすごすことが大切です。人通りが少ない路地、危険なエリアは避けると安心でしょう。

また犯罪に巻き込まれないために、身なりや貴重品の管理など、自分自身で予防対策をすることがポイントです。旅行の開放感でついつい気持ちが緩むことがあるかもしれませんが、日本とは文化や習慣も違う異国に来ているということを、常に意識して旅行をたのしむようにしてください。

※治安は地域によっては短期間で変動する場合もあるため、渡航の際には必ず最新情報をお調べください。

cover photo by Unsplash

よくある質問

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

ニューヨークの東京発のおすすめツアー

ニューヨーク旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

ほかエリアの旅行・ツアー情報