NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】タイ・パタヤのおすすめ観光地20選!絶対行きたい人気観光地から穴場まで

バンコクから日帰りできるリゾート地といえば、パタヤ! 夜遊びのイメージが強いエリアですが、子連れファミリーに人気のテーマパークや、透明度の高い海が広がる離島など、日帰りで帰ってしまうのはもったいないくらい、魅力的なスポットなんです。今回はパタヤビーチ付近の観光地を、人気スポットから穴場までご紹介します。

ライター
Ayumi
幼少期からタイに13年間、高校生の時はシンガポールに3年間在住。 個人のSNSは総フォロワー数2万人を超え、海外旅行やタイの魅力を発信しています。

バンコクから日帰りできるリゾート地といえば、パタヤ! 夜遊びのイメージが強いエリアですが、子連れファミリーに人気のテーマパークや、透明度の高い海が広がる離島など、日帰りで帰ってしまうのはもったいないくらい、魅力的なスポットなんです。今回はパタヤビーチ付近の観光地を、人気スポットから穴場までご紹介します。

Contents

まずはパタヤの基本情報!

photo by expedia

日本との時差

-2時間

フライト時間

約6時間

公用語

タイ語

通貨

バーツ

治安

比較的安全
※観光客が集まるエリアではスリやひったくりに注意が必要

物価

日本に比べて物価が低い傾向

電源プラグ

A/B3/Cタイプ

パタヤはタイ東部チョンブリー県の西海岸に位置するリゾート地。バンコクの南東約160キロメートルの場所にあって、車で約2時間でアクセスできることから日帰り旅行先としても人気です。

小さな漁村だったパタヤの開発が始まったのは1960年代。今ではタイ屈指のリゾート地として、地元民だけでなく海外からの観光客もたくさん集まります。

パタヤはナイトライフを楽しみたい旅行者にぴったり。バーやディスコ、クラブなど、一晩中遊べるスポットがたくさんあります。また、パタヤはマリンアクティビティが盛んで、ラン島など沖合の離島へ行くツアーも人気を集めています。

【2022年版】バンコクからパタヤへの行き方5選!おすすめはバス!

パタヤのおすすめビーチ&エリアは?


photo by unsplash

パタヤの海岸線は約20キロメートルで、中心あたりに約4キロメートル続くのがパタヤビーチです。パタヤの中で一番にぎやかなエリアで、マリンアクティビティやナイトライフを楽しむならここ!バンコク~パタヤ間のバスもパタヤビーチから発着しています。

パタヤビーチから車で南へ15分ほど行った場所にあるジョムティエン・ビーチは、パタヤビーチと正反対の落ち着いた雰囲気。パタヤパークやパタヤ・ドルフィン・ワールドなどの観光スポットも近く、子連れ旅行におすすめです。

ナクルア(ナークルア)ビーチ周辺は漁村の名残を感じるエリア。市場もあるので、ローカル気分でのんびり過ごしたい方にぴったりの場所です。

また、パタヤビーチから行ける沖合の島々の中で、一番大きいのがラン島です。パタヤビーチから近くて海の透明度が高いことから、シュノーケリングスポットとしても多くの観光客が訪れます。

【2023年最新】タイ・パタヤのおすすめホテル12選!高級からビーチ近くの人気ホテルまで

パタヤの移動&交通手段


photo by Helissa Grundemann / shutterstock

パタヤにはメータータクシーがほとんど走っていないので、利用する場合はチャーターするか、GrabやBOLTなどの配車アプリで呼ばなくてはいけません。

そんなパタヤで移動手段のメインとなるのは、ソンテウという乗り合いタクシーです。一番利用することが多いのは、パタヤビーチ沿いにのびるビーチロード、さらに並行にのびるセカンドロードを中心にグルグルと巡回するルート。

一方通行なので、行きたい方向へ進むソンテウが来たら手を横に伸ばして合図をして、停まったら後方から乗車します。1回の乗車料金は10タイバーツ(約38円)ほどで、降りるときはブザーを鳴らして知らせます。

ジョムティエンやナクルア方面に向かうルートもあって、少し遠くまで乗ると料金は20タイバーツ(約77.2円)ほどになります。はじめは戸惑いますが、慣れてきたら簡単!到着したらまずは地図をチェックして、通りの位置やソンテウの進む方向などを把握しましょう。

\NEWTでおトクなタイ旅行をチェック!/

人気のタイ旅行ツアーで在庫に限りがあるため、ご予約はお早めに!

パタヤビーチエリア内のおすすめ観光地5選

まずはパタヤ観光の中心でもあるパタヤビーチ付近の観光地をご紹介します。

パタヤビーチ

バンコクから日帰りで行ける人気ビーチ


photo by shutterstock

パタヤのメインビーチといえばここ!約4キロメートル続くビーチでは、パラセーリングやジェットスキーなどのアクティビティを楽しめます。

近くのショップで申し込む必要がありますが、外国人観光客は高い料金にされてしまうことがあるので、いくつかチェックして安いところを選びましょう。ビーチチェアは有料で、座るとスタッフが集金に来ます。ドリンクなどをオーダーすることもできますよ。


photo by shutterstock

海はあまり綺麗ではないので、ビーチでゆっくり過ごすのがおすすめ。周辺にはショッピングセンターもあるので、買い物したり、食事したり、目的にあわせて楽しんでみてくださいね。この写真のパタヤの看板は海から見えるので、ぜひ探してみてください!

パタヤビーチ(Pattaya Beach)の基本情報
住所:Pattaya Beach, Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20150, Thailand
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:ウタパオ国際空港から車で約15分
料金:-
公式サイト:https://www.tourismthailand.org/Attraction/pattaya-beach

パタヤヒル

パタヤを一望できる人気観光地


photo by chaweekun / shutterstock

パタヤヒルには展望台(パタヤビューポイント)があるので、パタヤの眺望を楽しむのにおすすめスポット。夕日がきれいな場所としても有名なので、夕方に行くのもいいですね!


photo by @spank.onny / instagram

展望台のすぐ近くにはCoffeebreak.pattaya(コーヒーブレイクパタヤ)という絶景カフェがあります。ドリンクを飲みながら、パタヤの街並みや海をのんびり眺めることができますよ。

新鮮なフルーツを使ったスムージーのほかに、トーストやサラダ、スイーツなどもあるので、ランチやおやつタイムにもおすすめ!

このほかに展望台近くには、ワット・カオ・プラ・バートというこぢんまりとした寺院もあります。パタヤ中心地からパタヤヒルの展望台までは坂道を30分ほど上る必要があるので、ソンテウやタクシーの利用がおすすめです。

パタヤヒル(Pattaya Hill)の基本情報
住所:Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ
電話:-
営業時間:-
休業日:-
アクセス:パタヤ中心部から車で約10分
料金:-
公式サイト:-

ウォーキングストリート

賑やかな繁華街で過ごすパタヤナイト


photo by Kittipong Chararoj / shutterstock

先ほど紹介したパタヤビーチの近くにあり、約600メートルの通りにはレストランやバー、クラブなどが並び、きらびやかな夜が楽しめます!


photo by jointstar / shutterstock

ウォーキングストリートは歓楽街のイメージがありますが、気軽に立ち寄れる屋台や、シーフードのおいしいレストランなどもたくさん!

ただし不慣れな方は、細い路地や脇道に入らず、メインの通りで散策を楽しむようにしましょう。夜間の女性の一人歩きも危険なので注意してくださいね。

ウォーキング ストリート (Walking Street)の基本情報
住所:Walking St, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150 タイ
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:パタヤ中心部から車で約5分
料金:-
公式サイト:-

ターミナル21 パタヤ


photo by expedia

ターミナル21はバンコク、コラートにも支店を持つ、空港のターミナルをイメージしたショッピングセンターです。ターミナル21パタヤは6階建てで、各フロアごとにパリ、ロンドン、東京といったように、さまざまな都市をテーマにしたデザインが話題を集めています。

グランデ・センターポイント・パタヤというホテルが直結しているので、宿泊者は直接行き来することができます。


photo by Mr.Piya Meena / shutterstock

とにかく圧巻なのは、各階のデザイン! エッフェル塔やピサの斜塔など、各都市の観光名所を館内にそのまま再現しています。さらに建物の前には実物大の飛行機が2機あるなど、とにかく見ているだけで楽しめてしまうショッピングセンターです。


photo by expedia

ちなみにグランデ・センターポイント・パタヤにはウォーターパークがあるので、家族旅行の宿泊におすすめ。ホテル内で遊んで、ターミナル21パタヤでお買い物、というように、館内ですべてが完結します。

ターミナル21パタヤにはスーパーマーケットもあり、フードコートのPier21(ピア21)にはタイ料理や日本食、ファーストフード店などもそろい、どれも格安!パタヤビーチからは、ソンテウやタクシーで約15分の場所にあります。

ターミナル 21 パタヤ(Terminal 21 Pattaya)の基本情報
住所:Moo 6 456, 777, 777/1 Pattayasaisong Rd, Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20150
電話:033-079-777
営業時間:11:00~22:00
アクセス:パタヤビーチから車で約15分
料金:店舗により異なる
公式サイト:https://www.terminal21.co.th/pattaya/

ティファニーズショー


photo by @kanno2980 / instagram

パタヤの老舗キャバレー、ティファニーズショーといえば、華やかなニューハーフショー! はるな愛さんが優勝したことで知られるトランスジェンダーのビューティーコンテスト、ミスインターナショナルクイーン世界大会の会場としても有名です。


photo by Thanachet Maviang / shutterstock

1,000人収容できる会場には2階席まであって、100人を超える美しいダンサーによるショーが行われます。世界的に有名な曲や各国の伝統舞踊などを取り入れていて、言葉が分からなくても楽しめる内容です。

ショーの終わりには出演者と写真撮影できるサービスも! チップは100タイバーツ(約386円)必要です。思い出に一緒に撮影してみてくださいね。

場所は先ほどご紹介したターミナル21パタヤから5分ほど歩いた場所にあります。

ティファニーズショー(Tiffany’s show)の基本情報
住所:464, Pattaya 2 Alley, Muang Pattaya, Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ
電話:+66 38 421 700
営業時間:ショーにより異なる
休業日:なし
アクセス:パタヤ空港から車で約15分
料金:座席により異なる
公式サイト:https://www.tiffany-show.co.th/

パタヤでおすすめの人気観光地11選

ラン島

サンゴ礁に囲まれた船で行ける離島


photo by shutterstock

パタヤの沖合にはいくつか島がありますが、その中で一番近くにあるのがラン島。パタヤから約7キロメートルの場所にあって、透明度の高い海ではサンゴ礁が見られるので、シュノーケリングやダイビングを楽しむのにぴったりの場所です。

観光のメインとなるビーチは6か所あって、それぞれのビーチでパラセーリングなどのマリンアクティビティに参加できます。シャワー設備やレストランもあるので安心。ビーチチェアは100タイバーツ(約386円)で利用できますよ。


photo by shutterstock

ラン島に行く方法で一番簡単なのは、スピードボート。パタヤビーチのバリハイ桟橋から約20分で行くことができて、料金は片道1人200タイバーツ(約円)。

料金が安いのはフェリーで片道1人30タイバーツ(約115.8円)、所要時間は約40分です。船のチャーターもできて、大きさによって1,000(約3,860円)~3,500タイバーツ(約13,510円)。予約の必要はなく、直接フェリー乗り場へ行って料金を払えばOK。

ラン島の船着き場は2か所あって、乗船時刻によって下船場所が変わります。到着してからビーチを移動する場合はソンテウか、1日300タイバーツ(約1.158円)のレンタルバイクを利用しましょう。

ラン島(Koh Lan)の基本情報
住所:バーンラムン チョンブリー タイ
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:パタヤからフェリーで約40分
料金:-
公式サイト:https://www.thailandtravel.or.jp/ko-lan/

ジョムティエン ビーチ


photo by shutterstock

落ち着いた雰囲気の中でのんびり過ごしたい方には、ジョムティエン ビーチがおすすめです。ビーチではダイビングやジェットスキー、パラセーリングなどのアクティビティを楽しめます。


photo by expedia

再開発が進められている地域で、Jomtien Complex(ジョムティエンコンプレックス)というコンドミニアムの周辺には飲食店や屋台などがあります。ウォーキングストリートのようにゴーゴーバーやクラブはないので、安心して散策できますよ。

ジョムティエン ビーチ(Jomtien Beachの基本情報
住所:ジョムティエン・ビーチ, タイ
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:パタヤ中心部から車で約8分
料金:-
公式サイト:https://www.thailandtravel.or.jp/jomtien-beach/

サンクチュアリ オブ トゥルース

パタヤの海沿いにたたずむ真実の聖域


photo by shutterstock

パタヤの海沿いにある、ひときわ目立つ寺院です。真実の聖域と呼ばれており、1981年から工事が始まって以来、現在も完成していません。


photo by shutterstock

寺院内は外観から想像できないような繊細な造りになっています!寺院内の撮影は禁止ですが、入館料を払う価値は十分あるのでぜひ訪れてみてくださいね!パタヤビーチからはタクシーかソンテウで約20分です。

サンクチュアリ オブ トゥルース(Sanctuary of truthの基本情報
住所:206/2 Moo.5 Naklua, Banglamuang Pattaya 20150
電話:038-367-229, 038-367-230, 038-367-815, 038-225-407
営業時間:8:00~18:00
休業日:なし
アクセス:パタヤビーチから車で約20分
料金:大人 500タイバーツ(約1,931円)、子ども 250タイバーツ(約965円)
※2023年3月14日のレート、1タイバーツ=3.86円で計算
公式サイト:https://sanctuaryoftruthmuseum.com/

パタヤ・パーク


photo by APChanel / shutterstock

ウォータースライダーやプール、ホテルなどを併設したアミューズメントパークで、回転レストランのあるパタヤタワーが目印。敷地内にはモノレールも走っています。

夕方から営業を始めるパタヤパークナイトプラザでは、屋台グルメやショッピングも楽しめます。


photo by shuttertstock

一番の見どころはやはりパタヤタワー!55階にある展望室からはパタヤを一望することができます。勇気のある方は56階から滑り降りるジップラインに挑戦してみて! ほかにもゴンドラなどで降りられます。

パタヤビーチからはソンテウかタクシーで約10分です。

パタヤ パーク(Pattaya Park)の基本情報
住所: 345 Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ
電話:+66(0)38 251201-8
営業時間:施設により異なる
休業日:-
アクセス:パタヤビーチから車で約10分
料金:アクティビティにより異なる
公式サイト:https://www.thailandtravel.or.jp/pattaya-water-park/

タイガー パーク パタヤ 


photo by @gion_ikeda / instagram

約300頭のトラを飼育するタイガー パーク パタヤは、赤ちゃんから生後36か月までのトラとふれあえる体験施設です。国立公園・野生動物・植物保全局の認可を受けて、獣医やトレーナーの管理の下で飼育されているので、安心してふれあうことができます。


photo by @gion_ikeda / instagram

お気に入りのトラを選んだらケージの中へ。モフモフさわったり、一緒に写真を撮ったりして、約15分間を過ごせます。自分のカメラで撮影する場合は追加料金がかかりません。ケージ内ではトレーナーが一緒にいてくれるので、安心です。

どのトラも人懐っこくてかわいいですよ!素敵な思い出作りにいかがですか?


photo by @gion_ikeda / instagram

タイガーパークパタヤはジョムティエンビーチより南に位置していて、パタヤビーチからはタクシーやソンテウで約25分かかります。

タイガー パーク パタヤ(Tiger PARK)の基本情報
住所:12 349/9 Sukhumvit Road, Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ
電話: (+66) 38 255 221
営業時間:9:00〜18:00
休業日:なし
アクセス:パタヤビーチから車で約25分
料金:-
公式サイト:http://tigerpark.co.th/

ノン・ヌッ・トロピカル・ボタニカル・ガーデン


photo by shutterstock

広大な公園内には、フランス庭園やイタリア庭園、マンモス庭園などテーマごとにデザインされた庭があります。アニマルキングダム、恐竜の谷にはそれぞれ動物や恐竜のオブジェが展示されているので、子供も大喜びでしょう!


photo by shutterstock

ゾウ乗り体験や、レンタサイクル、園内バスツアーなどアクティビティも充実。ホテルやスパ施設も併設されています。タイの古典舞踊、ゾウが登場するショーなどが楽しめるシアターもあるので、1日たっぷり滞在できますね。

先ほどご紹介したタイガーパークパタヤよりさらに南下し、パタヤビーチからはソンテウかタクシーで約40分かかります。

ノンヌット・トロピカル・ボタニカル・ガーデン(Nong Nooch Tropical Botanical Garden)の基本情報
住所:34 Na Chom Thian, Sattahip District, Chon Buri 20250 タイ
電話:+66(038)238061
営業時間:8:00〜18:00
休業日:なし
アクセス:パタヤビーチから車で約40分
料金:-
公式サイト:https://www.nongnoochpattaya.com/en/

ヒルトライブビレッジパタヤ



少数民族として知られる首長族(カレン族)に会うにはタイ北部まで行く必要がありますが、パタヤのヒルトライブビレッジパタヤでも暮らしぶりを見学することができます。


photo by @random.travelss / instagram

施設内はタイ山岳民族の村が再現されていて、タイシルクやアクセサリーなどの工芸品を買うことも。ほかにもゾウ乗り体験やワニのエサやり体験、観光場所があり、これらは入場料にふくまれているので都度お金を払わなくていいのもうれしいポイントです!

ヒル トライブ ビレッジ パタヤ(Hill Tribe Village Pattaya)の基本情報
住所:26/9 Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ
電話:-
営業時間:8:00〜18:00
休業日:なし
アクセス:パタヤ中心部から車で約15分
料金:-
公式サイト:-

パタヤ・エレファント・ビレッジ


photo by APChanel / shutterstock

ゾウのショーやアクティビティが楽しめるパタヤ・エレファント・ビレッジは、タイらしい体験ができるおすすめの観光地。トレッキングアクティビティは約1時間のエレファントトレッキングと約3時間30分の2種類あり、事前予約が必要です。

公式サイトから予約ができて、パタヤエリア内ならピックアップしてもらえます。


photo by Kendo Nice / shutterstock

かわいらしいゾウを間近で見られるなんて、タイならではの体験ですよね。ゾウとたくさんふれ合いたい方はぜひ訪れてみてください!パタヤビーチからソンテウかタクシーで約30分かかります。

パタヤ・エレファント・ビレッジ(Pattaya Elephant Villageの基本情報
住所:48/120 Moo 7 Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ
電話:+66 (0) 38-249818
営業時間:10:00〜17:00
休業日:なし
アクセス:パタヤビーチから車で約35分
料金:アクティビティにより異なる
公式サイト:https://www.elephant-village-pattaya.com/

アンダーウォーター・ワールド・パタヤ


photo by THANAN KONGDOUNG / shutterstock

パタヤ唯一の水族館で、一番の見どころは約100m続くアクアトンネル! ほかにもタッチプールや爬虫類ゾーンなどもあります。ゾーンごとに午前と午後のエサやりタイムがあるので、スケジュールをあわせて観に行きましょう!

パタヤビーチからはソンテウまたはタクシーで約20分です。

アンダーウォーター・ワールド・パタヤ(Underwater World Pattaya)の基本情報
住所:22 22 Moo 11 Sukhumvit Road, Nong Prue Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ 
電話:+66 81 575 1006
営業時間:9:00〜18:00
休業日:なし
アクセス:パタヤビーチから車で約20分
料金:大人 500タイバーツ(約1,931円)、子ども 300タイバーツ(約1,158円)
※2023年3月14日のレート、1タイバーツ=3.86円で計算
公式サイト:https://underwaterworldpattaya.com/

パタヤ フローティング・マーケット


photo by Sumeth anu / shutterstock

パタヤ フローティング・マーケットは、水上マーケットを再現した観光施設です。水上に並ぶタイの伝統建築家屋には、お土産店や飲食店、マッサージ店などが入っていて、ショッピングや食べ歩きをすることができます。


photo by Aathi94 / shutterstock

変わった水上ボクシングやジップラインなどのイベント、アクティビティも充実!ボートに乗ると、より水上マーケットらしい雰囲気を味わえるのでおすすめです。パタヤビーチからはソンテウかタクシーで約20分です。

パタヤ フローティング・マーケット(Pattaya Floating Marketの基本情報
住所:451 304 Moo 12 Sukhumvit Road, Muang Pattaya, Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ
電話:+66 88 444 7777
営業時間:9:00〜20:00
休業日:なし
アクセス:パタヤビーチからはソンテウかタクシーで約20分
料金:店舗やアクティビティにより異なる
公式サイト:https://www.pattayafloatingmarket.com/

テパシット ナイト マーケット


photo by APChanel / shutterstock

パタヤ最大規模のナイトマーケットです。昼間は静かな場所ですが、夕方になると屋台にあかりが灯り、にぎやかな雰囲気に! 衣料品やバッグ、アクセサリー、靴やおもちゃ、電化製品にいたるまで品ぞろえが豊富なので、見て回るだけでも楽しいですよ!


photo by shutterstock

シーフードやタイの屋台グルメなども格安で楽しめます。タイ伝統のスイーツや、新鮮なフルーツを使ったスムージーも食べ歩きにぴったり。お寿司など生ものを販売する屋台もありますが、お腹の弱い方は避けておいた方がいいかもしれません。

金曜〜日曜の17時30分~23時までの営業で、パタヤビーチからはソンテウかタクシーで約15分です。

テパシット ナイト マーケット(Thepprasit Night Market)の基本情報
住所:Thepprasit Rd, Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ
電話:-
営業時間:金曜〜日曜 17:00〜23:00
休業日:月曜〜木曜
アクセス:パタヤビーチから車で約15分
料金:お店により異なる
公式サイト:-

パタヤの知る人ぞ知る寺院&穴場観光地4選

ワット・ヤンサンワララーム


photo by shutterstock

ワット・ヤンサンワララームの建設は1976年。プミポン(ラーマ9世)前国王に贈られた第一級王室寺院です。広大な敷地内にはたくさんの建物があって、すべて見ていたら1日では足りないくらい!

インドにある世界遺産、ブッダガヤの大菩提寺(だいぼだいじ)をモチーフにした仏塔は、ワット・ヤンサンワララームで一番の見どころ。9階建ての塔の内部では、ブッダは悟りから何を発見したのかをテーマにした展示を見学できます。


photo by shutterstock

ラッタナコーシン王朝を称えるために建てられた石造りの仏塔は、高さ39m、幅37mという迫力のサイズ! こちらも内部を見学できて、2階には仏足のレプリカもあります。

池のほとりにあるパビリオンには日本の建築様式のものもあるので、ぜひ探してみてください。

ワット・ヤンサンワララーム(Wat Yanasangvararamの基本情報
住所:999 Moo 11 Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20260 タイ
電話:+66815860188
営業時間:8:00〜17:00
休業日:なし
アクセス:パタヤ中心部から車で約30分
料金:入場料無料
公式サイト:http://watyanasangvararam.com/?lang=en

ワット・カオシーチャン

 巨大な仏像が描かれた山のアート


photo by shutterstock

なんと高さ160メートルの山に描かれた、世界最大級のブッダがあるんです!プミポン国王(タイの前国王)の即位50年を記念して彫られました。


photo by shutterstock

パタヤビーチからは、タクシーかソンテウで約30分。現地の人から人気があり、混雑するスポットなので、写真を撮りたい方は早朝かクローズ時間近くに訪問するといいでしょう。7時~18時まで見学することができます。

ワット・カオシーチャンの基本情報
住所:Soi Khao Chi Chan, Na Chom Thian, Sattahip District, Chon Buri 20250 タイ
電話:-
営業時間:7:00〜18:00
休業日:なし
アクセス:パタヤビーチから車で約30分
料金:-
公式サイト:https://www.thailandtravel.or.jp/buddha-mountain-khao-chi-chan/

ワット・プラヤイ


photo by neotemlpars / shutterstock

ワット・プラヤイは先ほど紹介したパタヤヒルの展望台から徒歩15分ほどの場所にある寺院です。階段の下からすでに見えるビッグ・ブッダは、圧倒されてしまうほどの迫力!


photo by NavyBank / shutterstock

ビッグ・ブッダの高さは約18m、チョンブリー県で一番大きな仏像です。ビッグ・ブッダのまわりには誕生曜日ごとに決められた守護仏があります。ご自分の産まれた日の曜日をチェックして、守護仏をお参りしましょう。

入場は無料です。パタヤ中心地から坂道を30分ほど上る必要があるので、ソンテウかタクシーの利用がおすすめです。

ワット・プラヤイ(Wat Phra Yai)の基本情報
住所:384 Regent Soi 2, Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ
電話:-
営業時間:-
休業日:なし
アクセス:パタヤ中心部から車で 約15分
料金:入場料無料
公式サイト:https://www.thailandtravel.or.jp/wat-phra-yai-pattaya/

レジェンド・サイアム・パタヤ


photo by shutterstock

レジェンド・サイアム・パタヤは2018年にオープンした、比較的新しい観光地。タイにある77県の文化や伝統、歴史を学べるテーマパークです。

3つのゾーンに分かれていて、タイの古代文明であるシャム文明やタイの伝統と文化などテーマに沿った建築物やアトラクションを見ることができます。


photo by Panwasin seemala / shutterstock

お土産店や飲食店、スパ、観覧車やメリーゴーラウンド、水上マーケット、マジックショーなど、とにかく見どころが多くて、1日過ごせてしまうくらい。たっぷり時間を取って出かけましょう。

入場料は450タイバーツ(約1,737円)、アトラクションやショー鑑賞などがセットになったチケットもあります。当日チケットブースで購入するより安くなるオンラインチケットがあるので、公式サイトをチェックしてくださいね。パタヤビーチからはタクシーかソンテウで約30分です。

レジェンド・サイアム・パタヤ(Legend Siam Pattayaの基本情報
住所:139 Moo 8 Sukhumvit Road, Na Chom Thian, Sattahip District, Chon Buri 20250 タイ
電話:(+66) 3 307 3333
営業時間:10:00〜20:00
休業日:なし
アクセス:パタヤビーチから車で約30分
料金:チケット窓口 500タイバーツ(約1,931円)、オンライン 450タイバーツ(約1,737円)
※2023年3月14日のレート、1タイバーツ=3.86円で計算
公式サイト:https://legendsiam.com/en/

パタヤで観光を満喫しよう!

テーマパーク、寺院、市場、離島と何でもそろうパタヤは、日帰りだけでなく、宿泊して楽しみたいエリアです。ソンテウに乗っていろんな場所を観光してみてくださいね。

※記事内の金額は2023年3月14日のレート、1タイバーツ=3.86円で計算しています。

cover photo by expedia

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる