NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2023年最新】タイ・プーケット国際空港を解説!アクセスからターミナル、ラウンジまで

プーケット旅行の起点となるプーケット国際空港。この記事では、プーケット国際空港からの各アクセス、ラウンジや免税店について徹底解説していきます!

ライター
NEWT編集部

プーケット旅行の起点となるプーケット国際空港。この記事では、プーケット国際空港からの各アクセス、ラウンジや免税店について徹底解説していきます!プーケット島は空港からホテルまでの移動手段が限られているため、事前にリサーチしてスムーズな旅を実現してみてくださいね!

Contents

プーケット国際空港とは?

By Alex Beltyukov - RuSpotters Team - Gallery page http://www.airliners.net/photo//2272038/LPhoto http://cdn-www.airliners.net/aviation-photos/photos/8/3/0/2272038.jpg, CC BY-SA 3.0

プーケット国際空港(空港コード:HKT)は、タイ最大のリゾート地・プーケット島で唯一の国際空港です。タイ国内だけでなく、ヨーロッパやアジアを中心とした海外の観光客にも人気の旅行先として、毎年多くの旅行客がプーケット国際空港を利用しています。

2023年10月現在、日本からプーケットへの直行便は就航しておらず、乗り継ぎが必要となります。バンコクからのトランジットでは、スワンナプーム国際空港から就航している航空会社が多いので便利。主にタイ・ベトジェットエア(VZ)、タイ・エアアジア(FD)、タイ・スマイル(WE)、タイ国際空港(TG)、バンコクエアウェイズ(PG)の5社が就航しています。

\おトクなプーケット旅行をチェック!/

プーケット国際空港のターミナルは3ヶ所!

photo by pixabay

プーケット国際空港の敷地には、国際線と国内線に分かれた2つのターミナルがあります。国内線(第1ターミナル)は、バンコクやチェンマイといった主要都市から就航している航空会社が5社あります。日本からはバンコク経由が多いので、国内線ターミナルを利用する場合がほとんど。

一方で、中国やマレーシアなどのアジア圏を中心とした国際線の航空会社が離着陸するターミナルは、国際線ターミナルです。また、ターミナルXと呼ばれるターミナルがありますが、混雑した時のみに使用されるターミナルで、10台のチェックインカウンターのみが設けられています。

国内線ターミナルと国際線ターミナルの間には連絡通路があり、徒歩5分程度で行き来することができるので移動も便利です。以下では、それぞれのターミナルについて詳しくご紹介します。

国内線ターミナル(第1ターミナル)

photo by pixabay

国内線が離着陸する国内線ターミナルは、第1ターミナルとも呼ばれています。主にタイ・ベトジェットエア(VZ)、タイ・エアアジア(FD)、タイ・スマイル(WE)、タイ国際空港(TG)、バンコクエアウェイズ(PG)の5社が就航しています。

日本からプーケット国際空港へ行く場合は、バンコク経由の乗り継ぎがほとんどで、スワンナプーム空港またはドンムアン国際空港を利用しますよ。

ターミナルビル内には、軽食を中心としたカフェやタイ料理のレストランがあります。国際線ターミナルよりは小規模ではあるものの、飲食料品のお土産屋さんもあるので、出発前にお土産探しをするのもおすすめです!

国際線ターミナル(第2ターミナル)

photo by pixabay

国際線が離着陸する国際線ターミナルは、第2ターミナルとも呼ばれています。ヨーロッパやアジア圏を中心とした42社の航空会社が就航しています。

日本からバンコク経由以外での乗り継ぎでプーケット空港へ行く場合は、主に中国国際空港(CA)、マレーシア航空(MH)、香港航空(HX)の航空会社を利用することが多いです。このようにタイ国内以外を経由地にした際には、国際線ターミナルに降り立ちます。

ターミナルビル内には、多彩なジャンルのレストランやカフェがあります。タイならではのお土産屋さんや免税店などもあるので、早めにチェックインして待ち時間はショッピングを楽しむのもいいですね!

プーケット国際空港のラウンジは?

photo by Unsplash

プーケット国際空港には、国際線と国内線ともにいくつか空港ラウンジがあります。国内外から観光客が訪れるリゾート地ということもあり、プライオリティパスで利用できるラウンジがほとんどです。

以下がプーケット国際空港にあるラウンジです。空港ラウンジの利用条件などの最新情報は、必ず公式サイトでご確認ください。

【国内線ターミナルにあるラウンジ】

  • ロイヤル・オーキッド・ラウンジ
  • バンコク・エアウェイズ・ブルー・リボン・ラウンジ
  • コーラル・ビーチ
  • ザ・コーラル・エグゼクティブ・ラウンジ

【国際線ターミナルにあるラウンジ】

  • コーラル・プレミアム・ディパーチャー・ラウンジ
  • ザ・コーラル・エグゼクティブ・ラウンジ

ご紹介したラウンジは全てプライオリティパスでの利用が可能です。また、利用するラウンジがあるエリアが分かれているので、事前にラウンジのエリアを確認しておくようにしましょう。

ザ・コーラル・エグゼクティブ・ラウンジ

photo by Unsplash ※写真はイメージです

ザ・コーラル・エグゼクティブ・ラウンジ(The Coral Executive Lounge)は国内線、国際線ともに2つのターミナルにある空港ラウンジです。

どちらも広々としたラウンジとなっており、高級感ばつぐんのインテリアが魅力!大きめのイスとソファが設置されているので、ゆっくりとくつろげるでしょう。

こちらのラウンジでは、洋・中・和食の種類豊富なメニューとデザートがビュッフェ式で食事が楽しめます。マッサージの無料サービスもあるので、待ち時間を優雅に過ごすことができますね!

こちらのラウンジは食事を楽しみたいプライオリティパスを持っている方に特におすすめ。最長3時間まで滞在が可能です。

ロイヤル・オーキッド・ラウンジ

photo by Unsplash ※写真はイメージです

ロイヤル・オーキッド・ラウンジ(Royal Orchid Lounge)は、国内線ターミナルにある空港ラウンジです。煌びやかなインテリアが魅力的なラウンジで、ソファやテーブル、カウンター席など場所によって異なった雰囲気が楽しめます。

ラウンジ内ではタイ料理を中心としたメニューがビュッフェ形式で味わえますよ!広々とした席がたくさんあるので、ゆっくり過ごしたい方には特におすすめです。プライオリティパスを持っていれば最長2時間半まで滞在が可能です。

国内線出発エリアのゲート5の向かい側にあるので、国内線ターミナルを利用する際は、ぜひチェックしてみてくださいね!

プーケット国際空港での過ごし方

プーケット国際空港は、ファーストフードや軽食が楽しめるカフェといった飲食店が充実しているので、待ち時間も食事に困りません。

また、タイのお土産が買えるショップや、国際線ターミナルには免税店もあります。フライト前にショッピングを楽しんだり、カフェでひと休みしたりと過ごし方はさまざまです。

ここでは、プーケット国際空港でのおすすめの過ごし方をご紹介します。

飲食スポット&レストランで食事をとる

photo by Unsplash ※写真はイメージです

国内線(第1ターミナル)の3階には、タイ料理のレストランやカフェ、バーガーキングやサブウェイなどのチェーン店があります。特にカフェが多くそろっているので、待ち時間でひと休みしたい時や小腹が空いた時に便利です。

また、コーヒーワールド(COFFEE WORLD )や、ドイ・チャン・コーヒー(DOI CHAANG COFFEE)など、タイで人気のチェーン店のカフェがあるので、出発前にタイならではのドリンクを飲むのもおすすめですよ!

photo by pixabay

国際線ターミナル(第2ターミナル)は海外の観光客が多いことから、飲食店も国内線よりも多く立ち並んでいます。

4階はレストラン街となっており、3階にはファーストフード店やカフェがあります。レストラン街ではタイ料理はもちろん、ラーメン屋からおしゃれなレストランまで、様々なジャンルの食事を楽しめます。

また、カフェはスターバックスやエイムズカップコーナーなど国際線にしかないお店もあります!

どちらのターミナルビルにも、軽食を中心としたカフェやレストラン、ファーストフード店が点在しているので、早めにチェックインして気になるお店でゆっくり過ごすのもおすすめですよ。

免税店・お土産店でショッピングを楽しむ

photo by pixabay  ※写真はイメージです

国内線ターミナルには、タイの飲食料品を中心としたお土産屋さんがいくつかあります。国内線ということもあり、商品も地元の人向けの商品が多いです。タイならではのお菓子やジュースなどのお土産を買いたい人は特におすすめですよ!

photo by pixabay ※写真はイメージです。

国際線ターミナル内には、MEMORIES OF THAILAND、KING POWERなどの免税店があります。特にKING POWERには、DIORやSEIKOといったハイブランドから、LAMCOMEなどの高級コスメ、さらにディズニーストアなど、多彩なジャンルのブランドが勢揃いしています。

他にも、ロイヤルプロジェクトなどの有名なお土産ショップもあるので、タイならではのお土産も買うことができますよ!

フライト前にターミナルビル内でショッピングやお土産探しをしながら過ごすのもおすすめです。

プーケット国際空港に近いホテル

乗り継ぎが長時間の人や深夜便・早朝便を利用する方は、プーケット国際空港周辺ホテルを利用すると良いでしょう。空港に寝泊まりするのは、盗難やスリなどに巻き込まれる可能性もあるため、おすすめできません。

ここでは徒歩圏内で行くことができるプーケット空港周辺のホテルをそれぞれご紹介します。

プーケット・エアポート・プレイス

photo by Expedia

プーケット・エアポート・プレイスは、プーケット国際空港から徒歩7分の場所にあるアットホームで快適な3つ星ホテルです。ダークブラウンの木目で統一された高級感ただようデザインのお部屋には、エアコン、冷蔵庫、液晶テレビ、シャワー、アメニティを完備。

またさまざまなお部屋のタイプが用意されており、スタンダードなツインルームから、ファミリールーム、さらには格安で泊まれるドミトリールームまで。ホテル内には屋外プールもあるので、家族連れの方には特におすすめです!

プーケット・エアポート・プレイス(Phuket Airport Place)の基本情報

住所

66 22 Mai Khao, Thalang District, Phuket 83110 タイ

電話

+66 76 327 317

チェックイン

14:00

チェックアウト

12:00

料金

5,254円/1泊

アクセス

プーケット国際空港から徒歩で約7分

公式サイト

https://phuketairportplace.com/

※税金が別途かかる場合があります。
※掲載料金は2023年10月14日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。

デイビッド・レジデンス

photo by Expedia

デイビッド・レジデンスは、プーケット国際空港から徒歩8分の場所にあるアットホームで快適な3つ星ホテルです。

シンプルで落ち着いたデザインのお部屋には、エアコン、冷蔵庫、液晶テレビ、シャワー、アメニティを完備。バスルームにはバスタブもあるので、フライト前にゆっくり旅の疲れを癒すことができます。

ホテル内にはプールやコインランドリー、空港送迎まで多様なサービスが受けられます。また、多国籍料理のレストランも併設されているので食事も安心ですね。

デイビッド・レジデンス(David Residence)の基本情報

住所

Nai yang 13 ,, Maikhao, Thalang, Phuket 83110 タイ

電話

+66 63 428 7555

チェックイン

14:00

チェックアウト

12:00

料金

6,208円/1泊

アクセス

プーケット国際空港から徒歩で約8分

※税金が別途かかる場合があります。
※掲載料金は2023年10月14日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。

プーケット国際空港からプーケット市内へのアクセス

プーケット空港からプーケット市内へのアクセス方法は、おもに4つです。

  • エアポートバス
  • ミニバン
  • タクシー
  • ホテル送迎リムジン

ホテルやツアーによっては空港からホテルまでの送迎リムジンがついている場合もあります。自分でホテルまで向かう場合は、エアポートバスまたはタクシーを利用するのがおすすめ。ここからは空港から市内までのアクセス方法について詳しく解説します。

エアポートバスの場合

photo by Unsplash ※写真はイメージです

エアポートバスは、プーケット国際空港〜プーケット・バスターミナルを巡回して運行しているバスです。終点のバスターミナルまで複数のバス停に停車するため、バス停周辺にホテルがある場合には、エアポートバスを利用するのがおすすめです。

プーケット国際空港〜バスターミナル間の主要時間は約1時間30分で、乗車料金は100バーツ(約412円)とリーズナブル。運行時間は8時30分〜20時30分までで、1時間に1本の運行数となっています。

時刻表と停留場の最新情報は、エアポートバスの公式サイトに記載されているので、利用する場合は事前に調べておくといいでしょう。

タクシーの場合

photo by Unsplash 

タクシーを利用する場合には、リムジンタクシーとメータータクシーの2種類があります。どちらも予約カウンターがあるので、正規の値段より高い金額を請求されることはあまりありません。

  • リムジンタクシー:目的地までの料金が予め固定されている
  • メータータクシー:基本料金は150バーツ(約618円)+キロ数によって加算される

タクシーでプーケット国際空港からプーケット市内への所要時間は1時間30分ほど。料金はプーケットタウンに行く場合はおよそ700バーツ(約2,884円)です。

移動距離によっては、メータータクシーの方が安くなる場合がありますが、乗車する前に目的地までの料金をドライバーに確認しておくと、トラブルを避けられるでしょう。

また、コミュニケーションを取るのが不安な方は、固定料金のリムジンタクシーで行くのがおすすめです!

プーケット国際空港を便利に利用して、旅行を楽しもう!

この記事では、プーケット国際空港からプーケット市内までのアクセス方法や、空港ラウンジの様子、空港周辺のホテルついて解説してきました。空港での時間を最後まで楽しめば、タイ・プーケット旅行もぐっと充実したものになるはず。ターミナル内の施設を事前に調べ、空港での時間をより有効に使ってみてはいかがでしょうか?

※記事内の金額は2023年10月14日のレート、1バーツ=4.12円で計算しています。

※空港内の設備・航空機の発着情報については変更となることも多いため、利用時は最新情報をご確認ください。

cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

タイの東京発のおすすめツアー

タイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる