NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

タイのメークロン市場は線路上の市場!見どころやアクセスなどを解説

線路ギリギリに露店がひしめき、電車が通るたびにすばやくテントを折りたたむ迫力満点の観光スポットとして有名なタイのメークロン市場。 この記事では、メークロン市場の見どころ、周辺観光情報、アクセス方法、観光の注意点などを解説します。メークロン市場へ行く前に情報をぜひチェックして、観光を楽しむ参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

線路ギリギリに露店がひしめき、電車が通るたびにすばやくテントを折りたたむ迫力満点の観光スポットとして有名なタイのメークロン市場。

この記事では、メークロン市場の見どころ、周辺観光情報、アクセス方法、観光の注意点などを解説します。メークロン市場へ行く前に情報をぜひチェックして、観光を楽しむ参考にしてくださいね!

Contents

メークロン市場の基本情報

photo by Unsplash

タイで注目を集める観光スポット・メークロン市場。まずは、メークロン市場の特徴や歴史などの基本情報を解説します。

\NEWTでおトクなバンコク旅行をチェック/

メークロン市場とは?

Maeklong by chee.hong is licensed under CC BY 2.0 DEED

メークロン市場とは、タイの首都・バンコクから南西に約70キロ離れたサムットソンクラーム県にある地元民向けの市場です。

タイ国鉄・メークロン駅の手前の線路沿い両脇で開かれている市場で、1日8本の電車が通るたびにテントや商品をすばやく片付ける迫力ある市場です。地元では傘たたみ市場という意味のタラート・ロムフップと呼ばれています。

メークロン市場の歴史

PC037083 by nnice is licensed under CC BY 2.0 DEED

現在は国鉄の駅であるメークロン駅ですが、当初は私鉄の駅でした。しかし、1946年に国有化されたことをきっかけに、線路脇の国有地に貧しい人々が無許可で家を建てはじめ、1980年代から商売を始めたのがメークロン市場のはじまりです。

野菜や果物、肉や魚といった食材や、衣類や日用品が売られている地元民向けの市場でしたが、その一風変わった光景が世界中の旅人に広まり、次第に人気観光地となっていきました。

メークロン市場のあるサムットソンクラーム県はどんな県?

photo by pixabay

サムットソンクラーム県はバンコクから南西に約70キロ離れた場所にある、タイ国内77県で最も小さい県です。タイ湾に面したメークローン川の河口があることから、昔から水運の要所として発展してきました。

メークロン市場のほか、アンパワー運河沿いで軒を連ねる水上マーケット、メークローン川ボートクルーズでのホタル鑑賞などが人気です。ホテルや民宿など宿泊施設も点在しており、大都会・バンコクとは異なるゆっくりとしたステイを楽しむことができます。

メークロン市場観光の見どころ

photo by pixabay

他ではなかなか見られない、迫力のある光景を見ることができるメークロン市場。その見どころや注目ポイントをご紹介します。

大迫力!露店すれすれを電車が通る!

photo by pixabay

メークロン市場の一番の魅力といえばこちら!1日8本電車が通過するたびに、露店のテントがすばやく折りたたまれ、商品も線路の内側に仕舞われます。折りたたまれたテントと電車の距離は、なんとわずか50センチほど!

列車が通過するというアナウンスが流れると、商人たちは一斉にテントや商品を仕舞いだし、電車が通過すると何事もなかったかのように再び元通りにテントや商品を戻して営業再開します。

タイのローカルな雰囲気を味わう

Maeklong Railway Market by Fabio Achilli is licensed under CC BY 2.0 DEED

いまやタイの一大観光スポットとして人気のあるメークロン市場ですが、もともとは地元民が日常的に利用するローカルな市場でした。最近では観光客向けのカフェや雑貨店もオープンしてきてはいるものの、多くの店では野菜・果物・肉・魚といった生鮮食品や、Tシャツやスリッパなどの日用品・衣類など生活に必要な商品を売っています。

お土産を購入したり食べ歩きをしたりといったことはあまり楽しめませんが、リアルなタイの生活に触れられる、旅情あふれる市場です。

線路上で露店を背景に写真を撮る

photo by Unsplash

メークロン市場の線路は、1日8本しか電車が通らないため、その時間帯以外は安全に線路上に立ったり歩いたりすることができます。線路の上に立ち、露店をバッグにいれて撮影すれば、日本では撮ることのできない異国情緒あふれる写真が撮れるでしょう。

電車の中から市場を眺める

Maeklong train station- the action starts her by shankar s. is licensed under CC BY 2.0 DEED

線路近くから市場と電車の様子を見るだけでなく、電車に乗って電車の中から迫りくる市場を眺めるというのも面白い体験です。

メークロン市場に向かう、もしくはメークロン市場からバンコク方面に帰る際に電車を利用しても良いですし、他の交通手段でメークロン駅まで向かい、一駅だけ電車に乗ってみるのもおすすめです。

メークロン市場観光に最適なシーズンは?

สถานีรถไฟแม่กลอง by m-louis .®  is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

メークロン市場があるタイは、年間を通して暖かい気候です。その中でも観光におすすめのベストシーズンを紹介します。

ベストシーズンは快適に過ごせる11〜3月

photo by Unsplash

タイの季節は乾季(11月〜3月)・暑季(4・5月)・雨季(6月〜10月)の3つに分かれています。その中でも乾季は雨量が少ないため、雨の心配をせずに観光が楽しみやすい季節です。

雨が少なく日照時間が長く、気温も毎日30度を超えますので、熱中症対策や日焼け止めをしっかりしましょう。

観光客が少ない時期を狙うなら6~10月

photo by Unsplash

雨季にあたる6〜10月は、観光客も他のシーズンより少なくなります。しかし、日本の梅雨とは違い、1日に何度かスコールのような雨が1〜2時間続くのが特徴で、雨上がりに観光すると涼しく快適です。とくに9月の雨量は多いですが、10月中旬頃から雨量は少なくなります。

この時期に訪れる場合は、折り畳み傘やレインコートなど、雨具を常に携帯しましょう。

メークロン市場観光に要する時間 

The lady in the foreground was particularly vocal by shankar s. is licensed under  CC BY 2.0 DEED

メークロン市場自体の大きさは、メークロン駅手前の約180メートルほどと大きくないため、市場を見て回るだけであれば20~30分もあれば全て見ることができます。

メークロン駅に電車が発着する時間を調べて行っても、タイの電車は大幅に遅れることもしばしばあるので、時間に余裕をもって訪れましょう。また、メークロン駅に到着した電車は、折り返しでメークロン駅を発車するまでに約30分から1時間構内に停車しており、停車中は乗車しない観光客も自由に電車の中を出入りして見学することができます。

このように、メークロン市場を訪れる際は、市場を散策する時間と電車の発着の時刻を考慮して、必要な時間数をあらかじめ想定していきましょう。

メークロン市場へのアクセス・行き方

สถานีรถไฟแม่กลอง by m-louis .®  is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

メークロン市場観光の拠点となる都市はバンコクです。バンコクからメークロン市場まではミニバス・電車・タクシーや配車サービス・ツアーで向かうことができます。自身の目的や海外旅行への自信度合いでアクセス方法を選びましょう。

最も簡単なアクセス方法はタクシー・配車サービス

photo by Unsplash

迷うことなく確実にメークロン市場にアクセスするなら、タクシーか配車サービスのGrabです。道の混雑具合によりますが、バンコク中心部から約1時間半でアクセスすることができます。

タクシーであれば、片道約1000バーツ(約4070円)ほどの料金となります。メークロン市場以外にもタクシーで効率よく観光地を回りたい場合、3500〜4000バーツ(約14245円~16280円)ほどで1日チャーターすることもできるので、運転手に交渉してみましょう。

費用を抑え、市場の臨場感を味わうなら電車

photo by Unsplash

メークロン市場をめいっぱい味わうのであれば、市場の間を走っていく臨場感を味わえる電車でアクセスするのがおすすめです。価格もバンコク市内の国鉄ウォンウェンヤイ駅からメークロン駅まで(電車2回・渡し船1回)片道23バーツ(約94円)とアクセス方法の中で一番安いです。

まず、バンコク市内の国鉄ウォンウェンヤイ駅からマハチャイ駅まで電車に乗ります。マハチャイ駅を降り、渡し船に乗って国鉄バーレーン駅に向かいます。そして、バーレーン駅からメークロン駅まで電車に乗ると、メークロン市場を通って終着メークロン駅に到着します。所要時間は約2時間半です。電車の本数は少ないので必ず時間を確認するようにしてくださいね。

費用を抑えつつ、行き方がわかりやすいのはミニバス

photo by Unsplash ※画像はイメージです

12〜13人乗りの乗り合いミニバス(ロットゥー)はバンコク市内のバスターミナルからノンストップでメークロン市場までアクセスでき、費用も片道60〜100バーツ(約244円~407円)と抑えることができます。所要時間は約1時間半です。

バンコク市内のチャトゥチャック ミニバスステーションと旧南バスターミナルから発着しています。

他の観光スポットも合わせて回るならツアーもおすすめ

photo by Unsplash

メークロン市場と合わせて、アンパワー運河の水上マーケットを訪れるツアーが各社から催行されており、両方訪れたい方はツアーに参加するのもおすすめです。

メークロン観光における注意点

Maeklong Railway Market by Ankur Panchbudhe is licensed under  CC BY 2.0 DEED

メークロン市場を電車が通っていく風景を見る際には、以下の点に注意しましょう。

必ず時刻表を確認し、時間に余裕をもって訪れましょう

photo by pixabay

メークロン市場を電車が通過するのは1日に往復4回ずつ、計8回と限られています。また、タイ国鉄の電車は予定時刻より大幅に遅延することもあります。前後の予定の時間に余裕を持ち、電車が通過するのを必ず見れるようにしましょう。

電車がギリギリの場所を通るので気をつけましょう

Wow, that's pretty close! by shankar s.  is licensed under  CC BY 2.0 DEED

電車は露店の約50センチ手前と、人が立つギリギリの場所を通過します。間近で見たいからと言って身を乗り出しすぎたり、線路に立ち入ったりして怪我のないよう、安全に充分配慮して見学するようにしてください。

スリに注意しましょう

Yes, this is the market the train will pass through by shankar s.  is licensed under CC BY 2.0 DEED

メークロン市場は大人気の観光スポットのため、電車が通過する時刻の前後は観光客で大変混み合います。写真を撮るのに夢中になり、スリの被害に遭わないよう、荷物への警戒意識は忘れないように心がけましょう。

メークロン市場の観光を満喫しよう

この記事では、メークロン市場の観光に関する見どころや歴史、アクセスなどをご紹介しました。他ではなかなか見られない、タイらしい雰囲気の注目スポット・メークロン市場。ご紹介した情報を参考に、メークロン市場の観光を満喫してみてくださいね!

※2023年12月7日のレート、1バーツ約4.1円で計算しています

cover photo by pixabay

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

バンコクの東京発のおすすめツアー

バンコク旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる