NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

カオサン通りはタイ・バンコクにあるバックパッカーの聖地!特徴やアクセスを解説

タイ・バンコクを代表する観光スポット・カオサン通り。東南アジア放浪の拠点として、バックパッカーやナイトライフを楽しむ若者であふれている通りです。 全長数百メートルの大通りには、お土産屋やマッサージ店、屋台があり、夜になると東南アジアらしい活気を感じられる歓楽街になります。 この記事では、カオサン通りの見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひバンコク観光を考えている方は参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

タイ・バンコクを代表する観光スポット・カオサン通り。東南アジア放浪の拠点として、バックパッカーやナイトライフを楽しむ若者であふれている通りです。

全長数百メートルの大通りには、お土産屋やマッサージ店、屋台があり、夜になると東南アジアらしい活気を感じられる歓楽街になります。

この記事では、カオサン通りの見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひバンコク観光を考えている方は参考にしてくださいね!

Contents

カオサン通りの基本情報


※2023年9月の写真です

カオサン通りは、タイのバンコクで有名なバックパッカーの聖地です。全長数百メートルの通りには、お土産屋やマッサージ店、屋台が並んでいます。2023年9月現在のカオサン通りは、お昼の時間帯は閑散としています。しかし夜になると東南アジアらしい活気を感じられる歓楽街になりますよ。

\NEWTでおトクなバンコク旅行をチェック/

カオサン通りの特徴

カオサン通りは、1990年代〜2000年代にかけて世界中のバックパッカーたちに絶大な人気を誇った観光地です。格安ホステルや旅行代理店が軒を連ね、昼夜を問わず観光客たちであふれかえっていました。2023年9月現在は、昼頃には観光客が少なく閑散としていましたが、夜になると平日であってもにぎやかな街並みに変わります!レストランやカフェは24時までの営業が多いですが、クラブやバーなどは、朝まで営業していたり、24時間営業のお店もあるので、ナイトライフを充実させたい方は必見です。

また、カオサン通りの周辺には観光地も多いです。王宮や全長46メートル・高さ15メートルの涅槃像(ねはんぞう)で有名なワット・ポー、国立美術館や硬貨博物館などが点在しており、カオサン通りを観光するついでに周辺観光を楽しむこともできますよ!

カオサン通りの過去と現在

カオサン通りは元々は米問屋がたくさんあって、米の取引をする場所でした。カオサンという名前の由来は、精製した米を表すタイ語からきています。

それが1980年代以降は外国人向けにホテルを経営したり、アパートを貸したりするようになり、外国人バックパッカーの聖地として知られる存在に。

そして、2000年にはレオナルド・ディカプリオ主演の『ザ・ビーチ』が上映され、タイのバンコクと言えばここ!といわれるくらい、カオサン通りが世界中の人たちに認知されるようになりました。

現在はバックパッカーやナイトライフを楽しみたい方でにぎわう大通りとなっています。

カオサン通りのあるカオサン市場一帯ってどんな街?

カオサン通りがあるカオサン市場一体は、屋台やお土産屋、マッサージ店、ナイトクラブ、パブ、裏路地に入れば安宿やレストラン街が見つかります。お土産を買うのもよし、タイマッサージを楽しむのもよし、ナイトライフを楽しむのもよしと、それぞれの目的に合ったお店やサービスを見つけて楽しめるのがカオサン通り一帯の魅力です。

カオサン通り観光の見どころ 


photo by Unsplash
※コロナ禍前の様子です

カオサン通りは、安宿やマッサージ店、お土産屋、クラブなど、東南アジアらしい活気のある雰囲気を楽しめるのが特徴です。どんな目的でカオサン通りを訪れるのかで、おすすめする観光スポットは異なります。

ここでは、カオサン通りの屋台飯やマッサージ、お土産屋、ナイトライフが楽しめるスポットについて紹介します。カオサン通りを訪れて、ご当地ならではのサービスを楽しみたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本場のタイ料理を屋台スタイルで楽しめる


photo by Unsplash
※画像はイメージです

カオサン通りといえば、何といってもタイ料理の屋台が有名です。移動式屋台が多く、タイ風鶏飯のカオマンガイやタイ風クレープのロティー、タイ風焼きそばのパッタイ、ガパオライス、タイ風カレー、トムヤムクンなどのタイ料理を楽しめます。

また、インド系やイスラム圏の人も多いので、インドカレーやビリヤニを食べたり、日本食を楽しめるレストランで新鮮な寿司に舌鼓を打ったりもできますよ。

夜になると昆虫食の屋台も登場するので、勇気のある方はぜひチャレンジ!東南アジアならではの屋台文化や豊富な食文化に触れられるのが魅力です。

本場のタイマッサージで極上の癒やしを!


photo by Unsplash
※画像はイメージです

カオサン通りは、マッサージ店の宝庫でもあります。老舗のマッサージ店で本格的なタイ古式マッサージの施術を受けるのもよし、エステサロンのような清潔な空間で全身をマッサージしてもらうのもよしと、お店によって楽しみ方はさまざまです。

マッサージ店によっては、ネイルサロンやブレードヘア体験など、マッサージにプラスアルファのサービスを受けられるお店もあります。マッサージだけでなく、ヘアスタイルやネイルを整えてもらいたい方におすすめですよ。

お値段も30分150バーツ(約612円)〜と本格マッサージをおトクに体験できます。

※2023年9月25日時点のレート1バーツ=4.08円で計算

タイの雑貨やお土産を買う!


photo by unsplash
※画像はイメージです

カオサン通りは、昼夜を問わずにお土産屋がたくさんあります。なかでもビールのロゴが入ったTシャツやエスニック柄のタイパンツ、ワンピース、東南アジアを感じられるバッグやサンダル、シルバーアクセサリーなどは人気ですよ!

お店によって商品のラインナップや値段は異なるので、お土産屋をいくつかまわってみて、これだと思うお土産を購入してみてはいかがでしょうか?

夜はナイトライフを楽しむ


photo by unsplash
※コロナ禍前の様子です

カオサン通りはナイトライフが充実しています。パブやナイトクラブが林立しているので、屋台飯をたらふく食べた後に、ナイトクラブでお酒を飲みながら朝まで踊り明かすといった楽しみ方もできます。大音量のクラブミュージックとネオンの中で、お酒を飲みながら友人との時間を過ごしたり、他の観光客と知り合いたいという方におすすめです。

カオサン通り観光に最適なシーズンは?


photo by Unsplash 

カオサン通りのあるタイ・バンコクのベストシーズンと観光しやすいシーズンはいつでしょうか?ここでは、バンコクの天候について紹介していきます。

ベストシーズンは快適に過ごせる11〜2月


photo by Unsplash
※画像はイメージです

タイ・バンコクのベストシーズンは乾季の11〜2月です。他のシーズンに比べて暑さが和らぎ、雨があまり降らないのでプラン通りに観光しやすい季節ですよ。

ただし、他の季節よりも温度がそこまで高くないとはいっても日本の夏くらいの暑さ。湿度はかなり高いので、通気性のいいスポーツウェアやワンピースなどを持参して湿度対策をしておくのがおすすめです。また、寺院巡りをする際は肌の露出が禁止なので、ストールを持参するのがいいでしょう。

観光客が少ない時期を狙うなら6〜10月


photo by Unsplash
※画像はイメージです

観光客が少ないシーズンに観光するなら6月〜10月の雨期がおすすめです。タイで最もスコールが降る季節であり、強い雨によって道路が洪水になってしまうことも。ただし、他のシーズンと違って観光客が少なく、イベントもそこまで多くないので、静かに観光を楽しみたいという方にベストシーズンです。

折り畳み傘や雨がっぱを持参し、事前に降雨情報をチェックして観光するようにしましょう。

カオサン通り観光に要する時間

カオサン通りの観光に要する時間は目的によっても異なりますが、雰囲気を楽しみたいだけであれば、30分〜1時間でおおよその様子を知ることができます。屋台飯やマッサージ店、お土産屋を見てまわりたいなら、2〜3時間ほどの時間を要するでしょう。

ナイトライフを楽しみたい方は、朝まで時間を過ごす場合もあるかもしれません。

カオサン通りへのアクセス・行き方


photo by Unsplash 
※画像はイメージです

カオサン通りへのアクセス方法には、以下のような移動方法があります。

  • MRT(鉄道)
  • 水上バス
  • タクシー

それぞれの移動方法の特徴や所要時間を紹介します。

最も一般的な移動はMRT(鉄道)


photo by Unsplash
※画像はイメージです

最も手軽にカオサン通りへ行ける移動手段はMRT(鉄道)を使う方法です。MRTでサナムチャイまで行き、そこからは徒歩(約20分)かトゥクトゥク・タクシーなどで2キロ移動します。

MRTは6時〜24時まで営業しており、6〜8分間隔で列車が運行しているので、市内を移動するのに便利な移動方法です。運賃は16〜42バーツ(約65円〜171円)となっています。

※2023年9月25日時点のレート1バーツ=4.08円で計算

面白さを求めるなら水上バス(チャオプラヤーエクスプレス)


photo by unsplash

水上バスでカオサン通りまでアクセスする方法もあります。BTSサパーンタクシン駅から乗船して、カオサン通りの最寄駅、Phra Arthit(プラ・アティット)で下船します。乗船時間は40分ほどで、運賃は50バーツ(約204円)。停留所からカオサン通りまでは徒歩で約10分ほどの距離です。

※2023年9月25日時点のレート1バーツ=4.08円で計算

自由度を高くするならタクシー


photo by unsplash

快適に移動したいなら、ホテルからタクシーで移動する方法もあります。カオサン通りまで歩いて移動する必要はありません。ただし、バンコク市内の渋滞に巻き込まれてしまうと、カオサン通りに到着するまでに1時半〜2時間ほど時間がかかってしまうことも。コスパと時間を考えるなら、MRTか水上バスで移動するのがおすすめです。

カオサン通り観光における注意点


photo by Unsplash

カオサン通りを観光する際は、スリやぼったくりに注意しましょう。とくに夜のカオサンロードは人通りも多く、飲酒しているとトラブルに巻き込まれてしまうことも。貴重品には常に注意を払い、怪しいお店には立ち入らないようにしましょう。

カオサン通りの観光を満喫しよう

この記事では、カオサン通りの観光に関する見どころやアクセス方法などをご紹介しました。カオサン通りはお土産屋やマッサージ店、ナイトライフを楽しめるパブやクラブが多く、人によって全く異なる魅力があります。

ぜひ紹介した情報を参考に、カオサン通りの観光を満喫してみてくださいね!

カオサン通り(Khaosan Road)の基本情報
住所: Khwaeng Talat Yot, Khet Phra Nakhon, Bangkok, Thailand
電話:-
営業時間:24時間
休業日:年中無休
アクセス: MRTサナームチャイから徒歩で約20分
料金:無料
cover photo by unsplash

よくある質問

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

バンコクの東京発のおすすめツアー

バンコク旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる