NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】シンガポールの12月の気温は?おすすめの服装や持ち物を解説

シンガポールの12月は少しだけ気温が下がる季節。それでも高温多湿で、もっとも雨が多い季節です。旅行を計画している方は、気温や天気に合わせた服装や持ち物を準備することが大切。この記事では、シンガポールの12月の気温やおすすめの服装、持ち物について詳しく解説します。快適な旅行を楽しむための参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部(AIサポート)

シンガポールの12月は少しだけ気温が下がる季節。それでも高温多湿で、もっとも雨が多い季節です。旅行を計画している方は、気温や天気に合わせた服装や持ち物を準備することが大切。

この記事では、シンガポールの12月の気温やおすすめの服装、持ち物について詳しく解説します。快適な旅行を楽しむための参考にしてくださいね。

Contents

シンガポールの12月の気温は?

photo by pixabay

シンガポールの12月は非常に高温多湿で、雨が多い季節です。シンガポール全体の12月の平均気温は約26.6度です。最高気温は30.6度、最低気温は24.4度と、昼夜問わず暖かい気候が続きます。

この時期は雨季にあたるため、降水量も多くなります。12月の降水量は平均315ミリにも達し、短時間に激しい雨が降ることが多い季節。しかし雨は長時間続くことは少なく、すぐに晴れ間が戻るのが特徴です。

シンガポールの主要エリアであるシンガポール市内、セントーサ島、マリーナベイの12月の平均気温と降水量を以下にまとめました。旅行計画の参考にしてくださいね。

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

シンガポール市内

26.6℃

30.6℃

24.4℃

315mm

セントーサ島

26.6℃

30.6℃

24.4℃

315mm

マリーナベイ

26.6℃

30.6℃

24.4℃

315mm

シンガポールはリゾート地でもあり、セントーサ島などでは12月でも海水浴が楽しめます。しっかりした暑さ対策と雨具を準備して旅行を楽しんでくださいね。

シンガポールの12月の気温・気候・服装を都市別に紹介!

photo by pixabay

シンガポールの12月の気温を都市別に紹介します。平均気温、最高気温、最低気温、降水量をまとめた上で、この季節におすすめの服装や気候の特徴を解説。シンガポール旅行の持ち物を用意する際の参考にしてくださいね。

シンガポール市内の12月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

12月のシンガポール市内の平均気温は26.6度です。高温多湿で、雨が多い季節。昼間の最高気温は30度以上まで上がることが多く、夜の最低気温も25度近くになります。湿度が高く、蒸し暑さを感じることが多いため、軽装で過ごすのが基本です。

シンガポール市内の12月は非常に湿度が高く、雨が降りやすい気候。とくに午後には激しい雨が降ることが多くなります。暑さと湿度に対応するため、通気性の良い素材の服を選ぶのが基本。薄手の長袖シャツやカーディガンがおすすめです。外出時には、雨具や折りたたみ傘を忘れずに持参してください。

12月のシンガポール市内に旅行する際の持ち物としては、雨具や折りたたみ傘が必須です。また、紫外線対策のために帽子やサングラスも重要。湿度が高いので水分補給用のボトルも持っておくと便利ですよ。

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

シンガポール市内

26.6℃

30.6℃

24.4℃

315mm

セントーサ島の12月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

12月のセントーサ島の平均気温も26.6度です。リゾート地として人気のあるセントーサ島も、シンガポール市内と同様に高温多湿。それでもビーチでのアクティビティを楽しむのに最適な季節です。

セントーサ島の12月の気候は、非常に湿度が高く、雨が降りやすいのが特徴。とくに午後には激しい雨が降ることが多いため、雨具の準備は欠かせません。またセントーサ島ではビーチでの活動が中心となるため、水着やビーチサンダルは必須。そして日中は暑くなるため、軽い服装で過ごすのが基本です。夕方以降は気温が少し下がることもあるので、軽めのジャケットやパーカーも用意しておくと安心ですよ。

12月のセントーサ島に持っていくべき持ち物は、水着やビーチサンダル、日焼け止めです。また紫外線対策として帽子やサングラスも忘れずに。夕方以降に備えて、軽めのジャケットやパーカーも持参すると快適に過ごせます。

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

セントーサ島

26.6℃

30.6℃

24.4℃

315mm

マリーナベイの12月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

12月のマリーナベイの平均気温も市内と同じ。非常に湿度が高く、雨が降りやすい季節です。とくに午後には激しい雨が降ることが多いため、雨具は必須。観光地を巡る際には、雨具を持ち歩くことを忘れないでください。

マリーナベイでの12月の服装は、薄手の長袖シャツやカーディガンがおすすめです。通気性の良い素材を選び、歩きやすい靴を履いて観光を楽しんでください。日中は暑くなるため、帽子やサングラス、日焼け止めも忘れずに。

また雨具や折りたたみ傘は必須。紫外線対策として帽子やサングラス、日焼け止めも重要です。観光地を効率よく回るためには、歩きやすい靴も持参してください。

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

マリーナベイ

26.6℃

30.6℃

24.4℃

315mm

12月のシンガポール旅行についての注意点

photo by pixabay

シンガポールの12月は高温多湿で雨が多い季節。続いては12月のシンガポール旅行の注意点を3つほど解説しますので、快適な旅行を楽しむための参考にしてくださいね。

雨具を忘れずに持参して!

12月のシンガポールは雨が多い季節です。外出時には必ず折り畳み傘やレインコートを持参しましょう。とくに観光中に急な雨に遭遇することが多いため、雨具は必須です。また足元が濡れにくいサンダルや防水シューズもおすすめです。

紫外線対策はしっかりと!

シンガポールは赤道直下に位置しています。そのため紫外線はとても強いので、外出時には必ず日焼け止めを塗り、帽子やサングラスを着用するようにしましょう。とくにビーチや屋外でのアクティビティを楽しむ際には、紫外線対策を徹底してくださいね。

冷房対策を忘れずに!

シンガポールの室内では冷房が強く効いていることがよくあります。ショッピングモールやレストラン、ホテルなどでは寒く感じることも。対策として薄手のカーディガンやパーカーを持ち歩くのがおすすめです。とくに冷え性の方は、長袖の服を準備しておくと安心ですよ。

シンガポールの12月の気温をチェックして快適な旅行を!

この記事では、シンガポールの12月の気温や気候について紹介しました。12月のシンガポール旅行では、高温多湿で雨が多い季節に合わせた服装や持ち物を準備することが大切です。雨具や紫外線対策、冷房対策をしっかりおこない、快適な旅行を楽しんでくださいね!

※この記事の情報は、2024年5月14現在のものです。紹介した平均気温と降水量、気候は年により異なるため、旅行前には最新情報を確認してください。

cover photo by pixabay

※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)

シンガポールの東京発のおすすめツアー

シンガポール旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

シンガポール旅行・ツアー情報