NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】シンガポールの2月の気温は?おすすめの服装や持ち物を解説

シンガポールは1年中気温がほとんど変わらない国。熱帯雨林気候のシンガポールでは、2月も比較的蒸し暑い日々が続きます。この記事では、シンガポールの2月の気温やおすすめの服装・持ち物を徹底解説。暑さ対策をバッチリして、快適なシンガポール旅行を楽しみましょう!

ライター
NEWT編集部(AIサポート)

シンガポールは1年中気温がほとんど変わらない国。熱帯雨林気候のシンガポールでは、2月も比較的蒸し暑い日々が続きます。

この記事では、シンガポールの2月の気温やおすすめの服装・持ち物を徹底解説。暑さ対策をバッチリして、快適なシンガポール旅行を楽しみましょう!

Contents

シンガポールの2月の気温は?

photo by pixabay

シンガポールの2月は他の時期とほぼ同じで、暑さが続きます。日中の平均気温は約30度。夜間でも気温が下がりにくいため、24度程度を保ちます。この月は乾季にあたり、雨量は最も少なくなります。ただし急なスコールに注意が必要です。

気温が高いため、軽くて通気性の良い服装がおすすめです。日焼け対策として、帽子やサングラス、日焼け止めは必須ですよ。また、急な雨に備え、折りたたみ傘やレインコートを持ち歩くと安心ですね。

観光を計画する際は、屋内や日陰の多い場所を選ぶと快適です。屋外アクティビティは、涼しい朝早くか夕方に行うのが良いでしょう。暑さに負けず、シンガポールの2月を楽しんでくださいね!

シンガポールの2月の気温・気候・服装を都市別に紹介!

photo by pixabay

シンガポールの2月の気温を都市別に紹介しましょう。平均気温、最高気温、最低気温、降水量をまとめた上で、この季節におすすめの服装や気候の特徴を解説します。シンガポール旅行の持ち物を用意する際の参考にしてくださいね。

シンガポール市街地の2月の気温と服装・持ち物

シンガポール市街地の2月は平均気温が27.1度。日中は最高で32度近くまで上がるため、半袖Tシャツやショートパンツが活躍します。日差しが強いので、帽子やサングラスは必須。

日焼け止めクリームも忘れずに!また雷雨が急に来ることもあります。折りたたみ傘やレインコートを持ち歩くと安心です。

都市名

平均気温

最高気温

最低気温

降水量

シンガポール市街地

27.1℃

31.7℃

24.1℃

112mm

セントーサ島の2月の気温と服装・持ち物

セントーサ島の2月も暑くなります。平均気温は27.3度。日中の海沿いはとくに日差しが強くなります。帽子、サングラス、日焼け止めはラッシュガードと一緒に持って行くと良いでしょう。急な雨もあるので、レインコートも忘れずに!ビーチを楽しむなら、水着やビーチサンダルも必要ですね。

都市名

平均気温

最高気温

最低気温

降水量

セントーサ島

27.3℃

30.5℃

25.1℃

103mm

チャンギ国際空港の2月の気温と服装・持ち物

チャンギ国際空港の2月の平均気温は27.0度。空港内は冷房で冷えることもあるので、調整しやすい服装がベストです。屋外では暑いので、室内用に軽いジャケットを1枚持っていくといいでしょう。歩きやすい靴も大切です。

都市名

平均気温

最高気温

最低気温

降水量

チャンギ国際空港

27.0℃

31.5℃

24.0℃

117mm

【注意点】2月のシンガポール旅行で気をつけたい服装と持ち物

photo by pixabay

シンガポールの2月は、1年の中でも雨が少なく暑い時期です。旅行中は暑さ対策を万全にして、熱中症など体調管理に気をつけましょう。 ここでは、シンガポール旅行の際に気をつけたい服装と持ち物をご紹介します!

日焼けは厳禁!サンスクリーンは必須

シンガポールの2月は強い日差しが続きます。皮膚を守るために、高SPFのサンスクリーンが必要です。顔だけでなく、体にもしっかりと塗りましょう。曇りの日でもUVは強いので、油断大敵ですよ!

脱水症状には注意!水分補給を忘れずに

湿度が高く暑い日が多くなるため、水分補給はとても重要です。定期的に水またはスポーツドリンクで水分を取りましょう。外出時は、必ず水筒を持参してくださいね。

冷房対策も忘れずに

屋外は暑くても、屋内は冷房が効いていて寒く感じることがよくあります。薄手のカーディガンやショールを持ち歩くと便利です。急な温度変化に対応できるようにしましょう。

まとめ

シンガポールは1年を通じて気温があまり変わらない国。そのなかでも2月は暑い時期になります。日中の気温は30度を超えることが多く、乾季なので日差しの強さも厳しくなります。 シンガポール旅行では、暑さ対策がなにより大切。帽子やサングラスなどの日よけアイテムを忘れずに持参しましょう。

また吸水速乾性の高い服装を選べば汗をかいても快適に過ごせます。 急な雨に備えてコンパクトな雨具も持ち歩くのもおすすめです。暑さに負けず、思い出に残るシンガポール旅行を楽しんでください!

cover photo by pixabay

※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)

シンガポールの東京発のおすすめツアー

シンガポール旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

シンガポール旅行・ツアー情報