NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】ポーランド旅行1週間の費用を解説!安い時期や予算を紹介

ヨーロッパの中央に位置し、美しい街並みが魅力のポーランド。治安も良好でヨーロッパの中では物価が安く、中世のヨーロッパの雰囲気をそのままに感じられると人気の旅行先です。この記事では、1週間のポーランド旅行にかかる費用を紹介します。旅行の予算や相場、旅行を安く楽しむコツなどもお伝えするので、ぜひポーランド旅行の参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

ヨーロッパの中央に位置し、美しい街並みが魅力のポーランド。治安も良好でヨーロッパの中では物価が安く、中世のヨーロッパの雰囲気をそのままに感じられると人気の旅行先です。この記事では、1週間のポーランド旅行にかかる費用を紹介します。旅行の予算や相場、旅行を安く楽しむコツなどもお伝えするので、ぜひポーランド旅行の参考にしてくださいね。

Contents

1週間のポーランド旅行でかかる費用は?


photo by unsplash

中世のヨーロッパの雰囲気を味わえると人気の旅行先、ポーランド。街全体が世界遺産となっている首都ワルシャワやポーランドの古都・クラクフなど、見どころがたくさんあります。クラクフの郊外にはアウシュビッツ強制収容所があり、負の歴史を体感するスポットも。
ポーランド旅行では、6日または7日間でワルシャワとクラクフ、郊外にあるアウシュヴィッツ強制収容所やヴィエリチカ岩塩坑などを観光するのが一般的なルートです。弾丸でポーランド旅行を楽しむ場合は、ワルシャワのみで5日間という日数でもツアーが組まれています。ドイツやチェコなどの国とも隣接しているので、10日間ほどあれば2カ国を周遊することもできますよ。
5日間という日数でもポーランド旅行を楽しめますが、せっかくヨーロッパの美しい街で過ごすなら、ゆったりとさまざまな都市の魅力を感じたいもの。そこでこの記事では、1週間でワルシャワとクラクフを巡るコースを想定して、旅行中にかかる費用をまとめていきます。

ポーランド旅行の相場は23万円程度から


photo by pixabay

ポーランド旅行にかかる費用はこちらです。

  • 航空券代
  • ホテル代
  • 食費
  • 現地での交通費
  • お土産費用
  • 観光&オプショナルツアー費用
  • 海外旅行保険やPCR検査の費用

ポーランドで宿泊するホテルのランクや、都市の移動の有無などによっても異なりますが、1週間のポーランド旅行の予算は、約23万円からです。ヨーロッパ諸国と比べても物価が安いので、大学生やグループでの旅行にもぴったり。美しい歴史あるポーランドの街並みを楽しみましょう。
それでは、ポーランド旅行にかかる費用をくわしく紹介します。

ポーランドへの航空券費用


photo by pixabay

費用の目安:往復で約16万円~約25万円
東京からポーランドまではLOTポーランド航空により直行便が運行されていますが、2022年12月現在、週2便の運行なので乗り継ぎ便を利用するのが一般的です。カタールやドバイ、トルコなどの中東や、チューリッヒやオランダなどのヨーロッパの国を経由してポーランドまで向かいます。乗り継ぎも含めて最短で13時間、平均で17時間以上と時間がかかることを覚えておきましょう。

  • ポーランド(ワルシャワ)への航空券費用(東京発 往復1名分・乗り継ぎ便)
  • 安い時期(日本の長期休暇以外):16万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
  • 高い時期(GWや夏休み、年末年始):25万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

日本からポーランドまではLCCの運行がないため、燃油サーチャージや諸税を含めると安い時期でも16万円ほどかかります。乗り継ぎ便が主要で、所要時間も多くなるので、しっかりとスケジュールを立てておくことをおすすめします。

ポーランド旅行での​​ホテル費用


photo by pixabay

費用の目安:1泊で約1万円〜
ポーランド旅行でホテルにかかる費用は、1泊(​​1室2人分)で約1万円からが相場です。ヨーロッパの中でも、ポーランドのホテルはお手頃価格で泊まれるホテルがたくさんあります。世界的に有名な高級ホテルチェーンでも1泊3万円ほど出せば泊まれるので、予算や好みに合わせてホテルを決めるようにするといいですね。

  • ポーランドのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
  • リーズナブルなシティホテル:1万円~2万円前後
  • 4つ星~5つ星ホテル:2万円~3万円前後
  • 最高級ホテル:3万円~5万円前後

ポーランドのハイシーズンによって費用は変わります。たとえば、3月から4月頃のイースターの時期や、4月末から5月にかけての長期休暇、夏休みやクリスマス、年末などにはホテル費用が高騰することも。日本での長期休暇はもちろんですが、費用を抑えたい方はポーランド現地のハイシーズンも考慮して、旅行の時期を決めるのがいいでしょう。

ポーランド旅行での食費


photo by unsplash

費用の目安:1日あたり約7,000円〜
ポーランドはほかのヨーロッパの国々よりも物価が安いことが特徴的。相場感でいうと、ランチ代で1回600円から1,000円前後、ディナーでお酒を含めても3,000円から5,000円前後です。
さらに食事の費用を節約したいという方は、ポーランドのミルクバーと呼ばれる大衆食堂に行くのがおすすめ!食事は簡素なものが多いですが、お腹いっぱいに食べても600円ほどととても安く食事を済ませられます。ローカルな雰囲気がただようので、旅行気分も満喫できますよ!
ランチはミルクバーで軽く済ませて、ディナーはホテル内のレストランや街のレストランでしっかり楽しむなど、メリハリのある食事の仕方をできるのもうれしいポイントです。
また、ポーランドにはチップ文化があります。ウェイターがテーブルに来て注文を取りに来たり料理を運んでくれたりとサービスを受けるタイプのお店では、食事代の10%をチップとして渡すのがマナーになっているので、注意が必要です。

ポーランド旅行での交通費


photo by unsplash

費用の目安:1日あたり約500円〜
首都のワルシャワでは、地下鉄やトラム、バスなどの公共交通機関が整備されていて、比較的安く移動ができます。市内観光を楽しむなら、交通機関が1日乗り放題になる1デイチケットを手に入れるのもおすすめ!1日15ズロチ(約450円)で1日乗り放題になり、1回ずつ切符を購入する手間が省けるので楽に観光を楽しめますよ。
また、荷物が多いときや移動に時間をかけたくないときには、タクシーを上手く取り入れるのがいいでしょう。タクシー会社により異なりますが、一般的には初乗り8ズロチ(約240円)から利用できます。配車アプリのUberを利用するのが浸透しているので、ぼったくりに合わないためにも取り入れるといいですね。


photo by unsplash

さらに、ワルシャワからクラクフなど都市間の移動がある場合は、鉄道を使うのが一般的です。ポーランド鉄道(PKP)が運行する高速列車EIPを使えば、ワルシャワからクラクフへは約2時間あれば移動できます。本数も多いので、ワルシャワを拠点に日帰りでクラクフへ行くというスケジュールも組めますよ。価格は高くても150ズロチ(約4,500円)ほどなので、小旅行にぴったりです!

ポーランドでの観光&オプショナルツアーの費用


photo by unsplash

費用の目安:1スポットあたり約1,000円程度
ポーランド観光のハイライトは、街並みを散策することなので、美術館をはじめとする施設に入らない限り大きな費用はかかりません。観光費用を抑えたいなら、ワルシャワ歴史地区を散策したり公園や広場の見学をしたりすることで、ポーランドの雰囲気を感じられます。
ただ、せっかくのポーランド旅行なのでワジェンキ宮殿や旧王宮、ショパン博物館などの施設を見学するのもおすすめ。それぞれ30ズロチ(約900円)前後で見学できるので、行きたいスポットを絞って観光を楽しむのがよさそうです。

ポーランド旅行のお土産費用


photo by pixabay

費用の目安:約1万円〜
ポーランド旅行のお土産にかかる費用は、1万円程度を見積もっておくと安心です。お菓子や雑貨などのバラまき用のお土産はスーパーなどで購入すると安くゲットできます。
ポーランドは、女性に人気のかわいい雑貨がたくさんそろっているのが魅力のひとつ!ポーリッシュポタリーと呼ばれる花の絵柄が描かれたポーランド食器やコースターなどは、
友人へのお土産だけでなく、自分用のお土産にもぴったりです。歴史ある街並みを巡りながらお土産を探すのも楽しいですよ。

海外旅行保険やPCR検査にかかる費用


photo by pixabay

費用の目安:約1万円〜

  • 海外旅行保険

1週間のポーランド旅行にかかる海外旅行保険の費用は、約2,000円〜4,000円が相場です。保険によって細かい補償内容や適用条件が異なるので、加入前に必ず保険の詳細を確認するようにしましょう。
クレジットカードを保有している場合は、クレジットカード付帯の海外旅行保険もあります。海外旅行保険に加入する前に、お持ちのクレジットカード付帯の海外旅行保険をチェックしてみるのがおすすめです。

  • PCR検査

ポーランドでPCR検査を受ける場合にかかる費用は、約6,000円〜15,000円が相場です。日本からポーランドへ入国する際の渡航制限は撤廃されているので、PCR検査やワクチン接種などの手続きは必要ありません。
2022年12月現在、日本へ帰国する際に新型コロナウイルスのワクチン接種を3回完了している方は、陰性証明書の提出が免除されます。ワクチン接種証明書などの提示が必要になるので、必ず出発前に取得しておきましょう。ワクチン接種が3回完了していない場合は、ポーランド現地でPCR検査等の陰性証明書が必要になるので、事前に最新情報をチェックしてくださいね。

ポーランド旅行の費用を節約する4つのコツ

それでは、ポーランド旅行で費用をうまく節約して、安くたのしむ4つのコツを紹介します。なるべく旅行費用を節約したいという学生も必見です!

①ポーランドへの旅行が安い時期を狙う


photo by unsplash

ポーランドのベストシーズンは、5月から9月の夏の時期と言われています。夏場の気温は20度前後で夏といっても過ごしやすい温暖な気候なのが特徴。観光を楽しむのにはぴったりですが、その分現地のホテル代が高くなります。
逆に、12月から2月頃までは最高気温が2度前後と冷え込みますが、オフシーズンなのでホテルや航空券が安くなります。少しでもポーランド旅行に安く行きたい方は、航空券やホテルをチェックしてみるのがおすすめ。オフシーズンではあるものの、紅葉やクラクフのクリスマスマーケットなど、この季節ならではの魅力もあるのでねらい目です。
加えて、GWや夏季休暇、年末年始は一気に航空券やホテル、パッケージツアーの価格が高騰するので、安い時期にポーランドに行きたい方は避ける方がいいでしょう。

②ツアーで予約する


photo by unsplash

ポーランド旅行の費用を安く抑えたい場合は、航空券とホテルがセットになったフリープランがおすすめです。フリープランなら、航空券とホテルのみがセットになっているので、現地では自由時間をすごせます。安い時期を狙って検索をして予約をすることもできますよ。予約や手配もまとめてできるので、海外旅行に不慣れな方も安心ですね。
時期によっては各旅行会社がツアーのセールを行うことも。破格な値段で販売することもあるため、ポーランド旅行を決めたらこまめにチェックしてみましょう。

③スーパーやローカル食堂を利用する


photo by unsplash

ポーランドは、ヨーロッパの中でも物価が安い国のひとつ。ですが、観光客向けのレストランやお土産屋さんは費用が高い傾向にあります。食費やお土産代を節約したいなら、スーパーやローカル食堂をうまく活用してみて。
スーパーでパンやヨーグルトなどを購入してホテルの部屋や公園で食べるのもいいですね。ポーランドは夏でも穏やかな気候が続くのでピクニックを楽しむのもおすすめです。

④移動には公共交通機関を使う


photo by unsplash

ポーランドの都市部では地下鉄やトラム、バスなどの交通機関が発達しています。移動にはタクシーが便利ですが、移動のたびにタクシーを使えば、つもりにつもって大きな出費となってしまうことも。旅行費用を安く抑えたい場合は、交通機関を駆使して観光するのがおすすめです。
また、都市間の移動でも、普通列車を利用したり、2等席を予約したりとなるべく安く済ませられる工夫ができます。チケットや列車の種類がたくさんあるので、予算に合わせて選んでみてくださいね。

ポーランド旅行にかかる費用のまとめ

1週間のポーランド旅行にかかる費用は、約23万円からです。滞在するホテルのランクや食事内容、観光内容によっても異なりますが、現地での費用が比較的安いのがポーランドの特徴のひとつ。
事前にスケジュールを立てて、旅行中にかかる予算をある程度決めておくと安心してポーランド旅行を楽しめますよ。
※2022年12月22日のレート、1ズロチ=30.19円で計算しています。

よくある質問

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる