NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】セブ島旅行の費用&予算を解説!物価や安い時期、節約方法を紹介

東南アジア人気リゾート地、フィリピン・セブ島。セブ島は物価が安いので、旅行費用を抑えたい方におすすめの観光地です。 この記事ではセブ島旅行の物価や相場をはじめ、現地でかかる費用や3泊4日旅行の相場を徹底解説します!また、セブ島旅行を安くするコツやセブ島旅行の安い時期も紹介しているので、参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

東南アジア人気リゾート地、フィリピン・セブ島。セブ島は物価が安いので、旅行費用を抑えたい方におすすめの観光地です。

この記事ではセブ島旅行の物価や相場をはじめ、現地でかかる費用や3泊4日旅行の相場を徹底解説します!また、セブ島旅行を安くするコツやセブ島旅行の安い時期、セブ島旅行のおすすめモデルコースも紹介しているので、参考にしてくださいね。

Contents

セブ島旅行の基本情報

セブ島は東南アジアのリゾート旅行地!

セブ島 海
photo by shutterstock

日本から直行便であれば約4時間半〜5時間半でアクセスできる、人気リゾート地のフィリピン・セブ島。日本からも近く、家族旅行や2泊3日の弾丸旅行、グループ旅行、ハネムーンなど、さまざまな目的で旅行を楽しめると人気の海外旅行先です。

セブ島は大きく分けてマクタン島とセブシティの2つの観光エリアに分かれています。マクタン島にはリゾートホテルが立ち並び、きれいな海でウォータースポーツやダイビングを楽しめます。セブシティは、大きなショッピングモールやカジノなどがあり、フィリピンの活気を感じることのできるエリアです。

セブ島旅行のベストシーズンは?

セブ島 格安
photo by shutterstock

セブ島は年間を通して、平均気温が30度前後と年中常夏の島。とくに、12月〜5月は乾季で雨がほとんど降らないセブ島旅行のベストシーズンです!海で泳いだり、快適な気候でセブ島旅行を楽しみたい方は、ベストシーズンである乾季に旅行を計画するのがおすすめです。

セブ島旅行が安い時期は?


photo by Unsplash

セブ島旅行の安い時期は、ベストシーズンを避けた雨季の時期です。とくに、5月のGW明けや夏休み明けの9月、もしくは正月後の1月頃はセブ島旅行の費用が安い時期となります。

オフシーズンには、旅行会社が格安ツアーの販売をしたりセールを行ったりするので、安い時期にセブ島旅行に行きたい場合は、オフシーズンを狙うのがおすすめですよ。

一方で、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの連休はセブ島旅行の費用が高くなる傾向があります。とくに、クリスマスから年末年始にかけてはフィリピンも大型連休なので、12月はハイシーズン。2月、3月の春休みの時期も、フィリピンでは旧正月やイースターの連休があるため、ベストシーズンに加えて旅行代金が上がります。

\NEWTでおトクなセブ旅行をチェック!/

人気のセブ島ツアーで在庫に限りがあるため、ご予約はお早めに!

セブ島の物価はどれくらい?

セブ島 物価
photo by shutterstock

セブ島の物価は基本的に、日本と比べてとても安いです!交通費やセブ島現地での食費が安いので、リゾートといってもリーズナブルにセブ旅行を楽しめますよ。以下は、セブ島の物価の例となります。

  • 交通費

タクシー:初乗りで約40ペソ(約100円)
セブ国際空港からマクタン島ホテルまでのタクシー費用の相場:約300ペソ(約750円)

  • 食費

500mlのペットボトルの水1本:約15ペソ(約38円)
350mlのビール:約60ペソ(約150円)
レストランでの夕食:500ペソ(約1,250円)〜2,000ペソ(約5,000円)

  • チップ

ホテルのポーター:約20ペソ~(約50円)
タクシー:料金の10%
ホテルのルームサービスやレストラン:約20ペソ~50ペソ(約50~130円)
※レストランのチップは伝票にサービス料金が含まれていない場合

セブ島旅行3泊4日の費用&予算は?

セブ島旅行は1人約12万円の予算でOK

セブ島 相場
photo by shutterstock/upslim

セブ旅行3泊4日の予算相場は、1人約12万円です。航空券費用を6万、ホテル費用を1泊1人5,000円×3泊、セブ旅行中の食費や観光費用、交通費などを5万円とすると、セブ旅行3泊4日の費用相場は、12万円~です。オプショナルツアーに参加しない場合は、10万円ほどでセブ旅行を楽しめますよ。

ここでは、実際のセブ旅行のモデルコースとともに、3泊4日のセブ旅行にかかる費用を解説します。

<スケジュール例>
1日目:マクタン・セブ国際空港到着→ホテルチェックイン→ホテル内のプールやレストランでゆっくりと過ごす
2日目:セブの魅力を知るアイランドホッピングを楽しむ→セブシティでショッピング(アヤラモール、SMモール)→ランタウ・レストランでフィリピン料理のディナー
3日目:ボホール島&セブ市内観光へ
4日目:ホテルチェックアウト→近くのモールでお土産探し→帰国

<1日目>約2,500円
空港からホテルまでの移動:約750円
夕食:約2,000円

<2日目>約20,000円
アイランドホッピング参加費用(ランチ付き):約15,000円
夕食:約2,000円
ショッピング費用:約2,000円

<3日目>約20,000円
ボホール島観光費用(ランチ付き):約15,000円
セブ市内への移動:約500円
夕食:約2,000円

<4日目>約6,500円
お土産費用:約5,000円
ホテルから空港への移動:約750円
ランチ:約1,000円

セブ旅行での滞在費用の相場は、約3万円から。ディナーをホテルや高級レストランで楽しんだり、オプショナルツアーに参加したりする場合は、5万円前後を用意しておくと安心です。

ここからは、セブ島で暮らしたことのある筆者がセブ島旅行でかかる費用・予算を解説します。セブ島旅行で現地でかかる費用を項目別に紹介し、旅行費用を安くするコツなども解説するので、セブ島旅行を考えている方は参考にしてくださいね。

セブ島旅行の費用&予算を解説

セブ島旅行の航空券費用

セブ島 費用
photo by shutterstock

費用の目安:往復で約6万円~約20万円(東京発・片道1名分)

セブ島行きの航空券の費用は、時期と航空会社によって異なります。日本からセブ島行きの航空券はマニラ乗り継ぎと、セブ島直行便があるので、予約の際にきちんと確かめて購入してくださいね!セブ島旅行の費用を安くしたい場合は、航空券相場が安いマニラ乗り継ぎ便を検討してみるのがいいでしょう。

  • 航空券の費用(東京発 往復1名分)

安い時期(日本の長期休暇以外):6万円~12万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):10万円~20万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

※2023年6月現在、セブ島への直行便は成田国際航空からのみ就航しています。

\NEWTでおトクなセブ旅行をチェック!/

人気のセブ島ツアーで在庫に限りがあるため、ご予約はお早めに!

セブ島旅行のホテル費用

セブ島 ホテル
photo by shutterstock/Walter Eric Sy

費用の目安:1泊あたり約5,000円~約13万円(1泊1室2人分)

セブ島には先ほど紹介したとおり、マクタン島とセブシティの2つのエリアがあります。マクタン島にはリーズナブルなホテルから高級ホテルまで、ビーチ沿いにはリゾートホテルが立ち並びます。

セブシティには、リーズナブルな価格重視ホテルやカジノ付きの大型ホテルなどがあるので、セブ島旅行の予算や旅の目的によって選んでくださいね。

  • マクタン島のホテル費用(1泊1室2人分)

リーズナブルなホテル:1万円~2万円前後
スタンダードホテル:1万3,000円~3万円前後
高級リゾートホテル:3万円~13万円前後

  • セブシティのホテル費用(1泊1室2人分)

リーズナブルなホテル:5,000円~2万円前後
スタンダードホテル:1万円~3万円前後
高級リゾートホテル:3万円~5万円前後

せっかくならリゾート気分を味わいたいという方は、マクタン島の高級リゾートホテルを選ぶのがおすすめ!物価の安いセブ島では、1泊1室2万~3万円ほどでプライベートビーチやプールが付いたラグジュアリーなホテルに宿泊できますよ。

\NEWTでおトクなセブ旅行をチェック!/

NEWTで予約すれば、航空券とホテル代込みの金額なのでおトクですよ。

セブ島旅行中の食事費用

セブ島 食費
photo by shutterstock

費用の目安:1日あたり約2,000円~

セブ島は日本より物価も安いので、現地での食費もかなり抑えられます。ファストフードやローカル食堂での昼食であれば、約200ペソ(約500円)。地元のフィリピン料理レストランなどでは500ペソ(約1,250円)〜1,000ペソ(約2,500円)で、ご飯を食べてお酒も楽しめますよ!

フィリピンでは、ジョリビーやグリニッチ、イナサルなど、独自のファストフード店が多く、食費を抑えたいときに重宝します!ショッピングモールに多く出店されているので、フィリピンの現地の人と同じように食べてみてください。

ちょっとぜいたくにホテルのレストランでディナーをする際は、ひとり1,500ペソ(約3,750円)〜2,500ペソ(約6,250円)を見積もっておきましょう。

セブ島旅行の交通費

セブ島 交通費
photo by shutterstock/Al.geba

費用の目安:1日あたり約1,000円~

セブ島での移動はタクシーが便利です。初乗りが約40ペソ(約100円)、追加料金も300メートルごとに3.5ペソ(約8円)と安いのが特徴的。

例えば、マクタン島のホテルからセブシティのアヤラモールまでは、約1時間かかりますが、タクシーの費用相場は約400ペソ(約1,000円)。ぼったくりにあわないように、タクシーに乗るときはメーターを指してメーターを動かしてもらうように指示しましょう!

言葉の面が心配な人はGrab(グラブ)という配車アプリがおすすめ。アプリ上でピックアップ場所と行き先を入力でき、事前に料金もわかるので安心です。30分ほどかかる場所で約300ペソ(約750円)と値段もお手軽!

セブ島旅行のおみやげ費用

セブ島 おみやげ
photo by shutterstock/CHANG HYUN

費用の目安:約5,000円~

セブ島のおみやげはショッピングセンターのおみやげ屋さんやスーパーマーケットで購入できます。キーホルダーは約250円、ポーチは約300円、サンダルは約500円ととても安いです!

お菓子などのばらまきみやげを買う場合はスーパーマーケットがおすすめ。定番のドライマンゴーは約250円、ポルボロンというスペイン発祥のおかしは1箱約300円で購入できます。

セブ島観光&アクティビティの費用

セブ島 観光
photo by shutterstock

費用の目安:1スポット約7,500円~約15,000円

セブ旅行中に体験したいアクティビティは、事前に日本で申し込むのがおすすめ!現地でも申し込み可能なツアーもありますが、ぼったくりをはじめとするトラブルが発生する場合もあるので事前予約が安心です。

セブ島観光での人気アクティビティといえば、アイランドホッピング。船でサンゴの海洋保護区などを訪れ、シュノーケリングや島での食事を楽しむツアーです。BBQのランチがついたオプショナルツアーの費用予算は約1万円〜約15,000円。セブ島の歴史や文化に触れる市内観光は約7,500円で楽しめます。


photo by Unsplash

ほかにも、セブ島にはマリンアクティビティがいっぱい。ダイビングやパラセーリング、ジェットスキー、バナナボートも、3,000円から8,000円ほどで楽しめますよ。

アクティビティに疲れたらゆったりマッサージはいかが?日本よりも物価の安いセブ島では、お得にマッサージを受けられすよ。価格は約300ペソ(約750円)〜600ペソ(約1,500円)ほどです。

セブ島旅行中のインターネット・Wi-Fi代

ハワイ Wi-Fi
photo by shutterstock

費用の目安:1,000円~3,000円前後(4日間)

セブ旅行中にあるとうれしいのが、インターネット環境。海外でインターネットを使うには、現地のSIMを購入、Wi-Fiをレンタル、日本の携帯会社の海外パケットプランを使うといった方法があります。

セブ島のホテルではほとんどの場所で無料Wi-Fiが使えますが、外出先でも自由にWi-Fiを利用したいなら、事前にWi-Fiルーターのレンタルを予約しておきましょう。

SIMフリーのスマートフォンを持っている場合は、現地の通信会社のSIMカードを購入するのがおすすめ。マクタン空港ではSIMカードを購入できます。データ容量によって300ペソ(750円)〜1000ペソ(約2,500円)とプランがあるので、使用量によって選んでくださいね。

SIM以外だと、持ち歩きタイプのWi-Fiルーターがおすすめ!日本の空港で受けとり、旅行後に空港で返すだけの便利なレンタルサービスもあります。価格は1日あたり700円前後です。プランによってデータ容量や受けとり・返却方法が異なるので、事前に確認しましょう。

セブ島旅行での海外旅行保険にかかる費用

セブ島 費用
photo by shutterstock

費用の目安:約3,000円〜

現地で体調を崩したり、事故にあったりしたときのために海外旅行保険に加入しておくと安心です。セブ島旅行3泊4日であれば、約1,300円〜約3,000円でプランが選べます。保障内容を比較して、加入してくださいね。

クレジットカードを保有している方は、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用するというのも選択肢の1つです。ただし、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、補償内容が手薄な場合もあります。出発前までにしっかりと補償内容と保険の適用条件を確認しておくようにしましょう。

セブ島旅行の費用を安くするコツ

①航空券とホテルがセットになった格安ツアーを予約

セブ島 格安ツアー
photo by shutterstock/Walter Eric Sy

セブ島での旅行費用を安くするには、ツアーの利用も検討してみて。人気の海外旅行先であるフィリピン・セブ島では、各旅行会社がツアーを販売しているため、飛行機やホテルを別々に個人で手配するよりも格安ツアーに申し込んだ方がお得な場合も!

ツアーによっては、送迎やアクティビティがセットになったツアーもあります。ホテルもランクで選べるツアーも多いので、過ごし方によって選べるのもうれしいポイントです。

セブ旅行におすすめのツアー8選!おトクに予約する方法も解説【NEWT】

②セブ島旅行が安い時期を選ぶ

セブ島 安い時期
photo by shutterstock

セブ旅行の航空券やホテルの費用は、シーズンによって変わります。GWやお盆、連休、年末年始などは、旅行費用が高くなります。

一方で、セブ島旅行が安い時期は、1月のお正月後か、5月のゴールデンウィーク後、9月の夏休み後です。1月は乾季で雨も少なくシーズンも良いので、おすすめのシーズン!ぜひ安い時期を見極めて、お得にセブ島旅行を楽しみましょう。

③セブ島旅行でのローカル体験を楽しむ

セブ島 ツアー
photo by shutterstock/Walter Eric Sy

セブ島はリゾート地であるものの、日本よりも物価が安いのが特徴です。観光客向けのレストランやお店は価格が高めですが、ローカルを楽しめばグッとセブ島旅行の費用を抑えられますよ!

たとえば、地元の人向けのレストランやファストフードを利用すると、1食500円前後でお腹いっぱい食べられます。セブ島にはショッピングセンターが多くあるので、フードコートを利用するのもおすすめです。

さらに、セブ島ではタクシーのほかにも、ジプニーといわれる地元の人向けの路線バスが走っています。約20円の運賃でセブ市内をくまなく網羅しているので、ローカル感を味わいながらセブ島旅行の費用を抑えたい方は、ぜひチャレンジしてみて!

セブ旅行におすすめのツアー8選!おトクに予約する方法も解説【NEWT】

セブ島旅行をお得に満喫しよう

今回はセブ島旅行に必要な費用や予算を紹介しました。セブ島は比較的、物価が安いのできちんとリサーチすれば、お得にリゾートを満喫することができます!ぜひセブ島旅行の参考にしてくださいね。

※2023年6月26日のレート、1フィリピン・ペソ=約2.5円で計算
cover photo by shutterstock

よくある質問

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

セブの東京発のおすすめツアー

セブ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる