NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

テカポ湖はニュージーランドにある絶景スポット!人気の星空や見どころ、アクセスなどを解説

ニュージーランドを代表する観光スポット・テカポ湖。ミルキーブルーの湖と美しい星空が魅力で、海外旅行では人気の観光スポットです。この記事ではテカポ湖の見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説していきます!ぜひ、テカポ湖へ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

ニュージーランドを代表する観光スポット・テカポ湖。ミルキーブルーの湖と美しい星空が魅力の、海外旅行先としても人気の観光スポットです。

この記事ではテカポ湖の見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説していきます!ぜひ、テカポ湖へ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

Contents

ニュージーランド・テカポ湖の基本情報


photo by pixabay

テカポ湖はニュージーランドを代表する観光地です。テカポ湖の観光を現地で楽しむために、まずはその歴史や特徴など基本情報を解説します。

ニュージーランドを代表する景勝地・テカポ湖


photo by Unsplash

ニュージーランドの南島、標高700メートルに位置しているテカポ湖は、面積が約83平方キロメートルある巨大な湖です。湖周辺には散策路をはじめ、善き羊飼いの教会や展望台など、さまざまな観光スポットがあります。

また、昼は美しい湖やサザンアルプスの山々、夜は南十字星をはじめとする満天の星空やオーロラを見られる景勝地としても有名です。

南島最大の都市であるクライストチャーチから、観光地として有名なマウントマックへ向かう中間地点にあり、休憩がてら立ち寄るのもおすすめです。近年ではテカポ湖の知名度が上がっているため、宿泊施設も充実しつつあります。

テカポ湖のあるテカポってどんな街?


photo by Unsplash

テカポ湖のあるテカポは、人口は約500人と小さな街ですが、自然豊かで空気は澄んでいます。晴天率が高いため天気の心配が少なく、周辺に大きな都市がなく人口の光も少ないことから、ニュージーランドでもっとも星空観測に適した場所と言われています。

観光地として宿泊施設が増加傾向にあるなど、近年は利便性も増してきています。自然を楽しみつつ、快適な観光をしたい方におすすめの観光地です。

世界一美しい!? テカポ湖の満天の星空

テカポ湖は昼の景色とともに、星空の素晴らしさでも有名。世界でも有数の星空鑑賞スポットとして知られています。ここではテカポ湖の星空についてご紹介します。

世界有数の星空観賞スポット


photo by Unsplash

テカポ湖では南半球でしか見られない南十字星のほかに、天の川や星雲なども見ることができます。また周辺は星空保護区として認定されており、明かりが抑えられているため、星が見えなくなる心配もありません。まるでプラネタリウムのような、満天の星空鑑賞を楽しめますよ。

テカポ湖の星空を世界遺産にしようという動きも


photo by pixabay

テカポ湖周辺は、その星空があまりにも美しいことから星空保護区になっていますが、さらに世界遺産にしようとする動きもあります。もし星空が世界遺産となれば、世界初の快挙となるため注目が集まっています。

マウントジョン天文台の星空ツアーもおすすめ


photo by pixabay

テカポ湖周辺は晴天になる確率が高いため、星空の観測を楽しむのに適していますが、湖周辺で鑑賞するよりももっと星空をより楽しみたい人は、マウントジョン天文台のツアーがおすすめです。

天文台は星空の研究施設となっているため昼間は入ることはできませんが、ツアーの参加者のみ、夜は入ることができます。ツアーでは、レーザーで誘導してもらいながら肉眼で星空を鑑賞したり、望遠鏡、天文台ドームによる星空観察なども行われます。

ツアーは、Dark Sky Projectというプログラムに事前予約が必要です。また、マウントジョン天文台は標高が高い分、気温が低くなりやすいので、防寒対策をとって楽しみましょう。

テカポ湖ではオーロラ観測のチャンスも!


photo by Unsplash

テカポ湖は星空のほかにも、基本的には1年を通して美しいオーロラが見れるチャンスがあります!星空と同様に、オーロラを鑑賞するにはマウントジョン天文台やコーワンズ天文台がおすすめ。コーワンズ天文台は、テカポの街から車で7分ほどなので、タイミングが良ければ、星空に加えてオーロラも楽しめるでしょう。

ニュージーランドでは6〜8月が冬になります。この時期は特に星空が美しく、オーロラを見られる可能性も上がります。オーロラに興味のある人は、ぜひ冬にテカポ湖を訪れてみてくださいね。

テカポ湖観光のそのほかの見どころ

テカポ湖は、サザンアルプスを一望できる善き羊飼いの教会や、湖畔に咲く美しいルピナス畑など、星空以外にも見どころがあります。見どころを事前に把握して、テカポ湖の観光を楽しんでくださいね。

ミルキーブルーと称される美しい湖水


photo by Unsplash

テカポ湖の一番の魅力は、ミルキーブルーと呼ばれている美しい湖水。まさにミルクを溶かしたようなこの乳白色は、氷河が動いているときに周囲の岩石から削りだした粉(ロックフラワー)が、湖水に溶けたことで起こっている現象だそう。

基本的に色はミルキーブルーですが、太陽の反射によって色が微妙に変化することがあり、濃い青色に見えることも。時間の経過によって、色の変化を楽しめる点もテカポ湖の楽しみ方の一つです。

サザンアルプスの美しい絶景を一望!善き羊飼いの教会


photo by Unsplash

善き羊飼いの教会は、1935年にニュージーランドへの入植を記念して建てられた教会です。現在では3つの宗派が礼拝堂として使用し、地域住民が集う場所となっていて、結婚式やミサの会場としても使用されています。

祭壇の窓からは、テカポ湖とサザンアルプスの景色を一望することができます。この風景が見えるよう、計算して建てられているとのこと。

なお2023年8月現在は、教会の敷地内に入って散歩をしたり、湖畔まで行くことができますが、教会内部は一般公開されていません。教会の内部を見学したい場合は、プライベートツアーへの予約申し込みが必要になります。また教会内では写真撮影が禁止されているので、訪れた際は注意しましょう。

善き羊飼いの教会The Church of the Good Shepherd)の基本情報
住所: Pioneer Drive, Lake Tekapo 7999 ニュージーランド
電話:なし
営業時間:【教会敷地内】夏 8:00~20:00、冬 9:00〜17:00 ※ 教会内部の見学はプライベートツアーのみ
休業日:なし ※ 要確認
アクセス:クライストチャーチ国際空港から車で約3時間
料金:【教会敷地内】無料

湖畔に咲き乱れる美しいルピナス畑


photo by pixabay

11〜12月頃になると、湖畔の周辺にはルピナスが咲きほこります。紫やピンク、ブルーなど、さまざまな色があり、その美しく鮮やかな景色は記念撮影にもぴったり。

しかし残念なことに、ルピナスはニュージーランドでは外来種ということで、駆除の対象となっているそう。徐々に減りつつあるので、今のうちにみた方が良いかもしれませんね。

テカポ湖観光に最適な時期は?

テカポ湖観光を楽しむ際の見どころは星空、ルピナス畑のどちらを見たいかによって異なります。星空メインなら6~10月がベストシーズンです。

ベストシーズンは星空が最も美しい6~10月


photo by Unsplash

テカポ湖は、世界遺産の登録を目指すほど星空が最大の魅力となっています。その星空を楽しむためのベストシーズンは、南半球の冬の期間である6月〜10月です。6〜10月以外でも星空を見ることはもちろんできますが、冬はほかの季節よりも空気が澄んでいるので、星空鑑賞にはベスト!天の川を見れる可能性もあります。

冬の防寒対策はもちろんですが、テカポ湖の夜は夏でも冷え込む日が多いため、ダウンジャケットや手袋、カイロを用意しておきましょう。

植物が咲き乱れる11・12月もおすすめ


photo by pixabay

ニュージーランドの11〜12月は、季節では春に相当します。テカポ湖周辺では、この季節は植物が咲き乱れるため、植物に囲まれてハイキングを楽しみたい方にはおすすめの季節です。

ただし、日中は20度を超えたかと思うと、夕方以降0度近くまで冷え込む日もあり、気温の変化が激しいです。気温に合わせてジャケットを着脱するなど、対策をとりましょう。

テカポ湖へのアクセス・行き方

テカポ湖へ行く方法は高速バス、レンタカー、ツアーの3つがあります。それぞれの移動方法を紹介します。

最も一般的な移動は高速バス


photo by Unsplash

テカポ湖へはクライストチャーチまたがクイーンズタウンから、高速バスのインターシティ(InterCity)を利用して行くことができます。クライストチャーチから高速バスに乗る場合にはクイーンズタウン行きのバスに、クイーンズタウンから乗る場合にはクライストチャーチ行きのバスに乗りましょう。

中間地点にテカポ湖があるため、どちらから乗っても約3時間30分〜4時間で着きます。料金は時期によって異なりますが、最大で72ニュージーランドドル(約6,240円)程度となっています。

自由度を高くするならレンタカー


photo by Unsplash

海外での運転に慣れている方なら、移動の自由度が高いレンタカーもおすすめ。クライストチャーチ空港であれば、レンタカーは空港に店舗がある会社と空港外に店舗がある会社があります。空港外の店舗では電話をすると迎えに来てもらえますよ。

空港でレンタカーを借りるとニュージーランドに到着してすぐに乗れるのでとても便利です。ただし、ニュージーランドで運転するには、国際免許証が必要なので注意しましょう。レンタカーの料金は車種にもよりますが、1日150ニュージーランドドル(約13,000円)程度です。

ツアー利用もおすすめ


photo by Unsplash

ツアーであればガイドの案内に沿ってテカポ湖の観光を楽しめるので、ニュージーランド観光が初めての人におすすめです。

テカポ湖のツアーは、テカポ発着であれば150ニュージーランドドル(約13,000円)前後が相場。星空の観察では、マウントジョン天文台かコーワンズヒル天文台かを選べるツアーもあります。ガイドによる解説等もあるため、テカポについてより深く知ることができて、観光も楽しくなるでしょう。

テカポ湖観光における注意点

テカポ湖観光をする際は、いくつかの注意点を把握しておくと、よりテカポ湖の観光を楽しめるでしょう。ここからは、観光する際に心がけたい点について解説します。

2泊以上するのがおすすめ


photo by pixabay

テカポ湖は晴天になる確率が70%以上と言われていますが、雲一つない夜空となるとさらに確率は低くなります。そのため、晴天のもとで星空を満喫したい人は2泊以上するのがおすすめです。

昼間は曇りでも夜に晴れる可能性もありますし、宿泊期間が長期になればなるほど晴天の日にあたる確率も高まるので、できるだけ2泊以上を確保しましょう。

観光地化による光害があるエリアも


photo by Unsplash

光害とは、自動車や街の光によって星空が見えにくくなってしまうことです。テカポ湖はニュージーランド政府による観光地化が進み、人が集まりやすくなっています。

星空保護区になっていることから、地域住民も光を減らすよう努力はしていますが、車の光などで星空が見にくくなってしまうことも。テカポ湖の星空を楽しむには、車などが通りにくく光が少ない場所での鑑賞がおすすめです。

テカポ湖の観光を満喫しよう

この記事では、テカポ湖の観光に関する基本情報や見どころ、アクセス、注意点などをご紹介しました。テカポ湖は、美しい湖水や自然、満天の星空を楽しめる、ニュージーランドの人気観光スポットです。

ぜひ、紹介した情報を参考にテカポ湖の観光を満喫してみてくださいね!


テカポ湖の基本情報
住所: Lake Tekapo, Canterbury 7999
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:クライストチャーチ国際空港から車で約3時間
料金:無料(ツアー参加などは有料)


※記事内の料金は2023年8月24日のレート、1ニュージーランド・ドル=86.63円で計算

cover photo  by pixabay

よくある質問

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる