NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】ニュージーランド・オークランドの治安は?危険な場所や注意点を解説

ニュージーランド北島北部に位置し、最大の都市であるオークランド。比較的治安の良い都市として知られていますが、一部には治安が良くないエリアも存在します。 今回は観光客や留学生に大人気のオークランドの治安について、治安の悪い場所や気を付けるべきポイントなど、訪れる前に知るべき情報を紹介します。オークランドへ行く予定のある方はぜひ参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

ニュージーランド北島北部に位置し、最大の都市であるオークランド。比較的治安の良い都市として知られていますが、一部には治安が良くないエリアも存在します。

今回は観光客や留学生に大人気のオークランドの治安について、治安の悪い場所や気を付けるべきポイントなど、訪れる前に知るべき情報を紹介します。オークランドへ行く予定のある方はぜひ参考にしてくださいね。

Contents

オークランドの治安はいい?悪い?

photo by pixabay

オークランドは、世界的に見ても治安の良い都市として知られ、比較的安全に過ごせます。外務省の海外安全ホームページでは、国や地域の危険度を4つのレベルに分けていますが、2023年11月時点ではオークランドを含めたニュージーランド全土が、危険度レベル0でとくに危険な地域はありませんそのためオークランドでも、日中は女性が1人歩きをしても問題が無いくらい治安は落ち着いています。

一方で、治安の良いオークランドでも危険がまったくないわけではありません。夜は人通りが少なく暗いので、なにかトラブルにあう可能性も高まるため、女性だけでなく男性の1人歩きは避けた方が良いでしょう。

今回は、オークランドで特に治安の悪いとされてる場所や注意するポイントや、被害に遭った際の対処法を解説します。

オークランドの夜の治安は?

photo by pixabay

オークランドの中心街には、多くのナイトスポットが点在していて、中には朝方まで賑わっているお店もあります。夜は、スリやひったくりだけでなく酔っ払いも増える時間帯なので、ナイトスポットに出かける場合には1人歩きは避けるようにしましょう。

もし夜に出かけたいと思ったら、タクシーを利用するか配車アプリのUberを利用して、安全に移動するのをおすすめします。特にUberは、事前に料金がわかってアプリから簡単に予約できるので安心です。

治安の良いオークランドですが、ひったくりやスリ、強盗などの事件は、夜に多く発生してます。危険な場所を歩くのはできる限り避けてくださいね。

オークランドで治安が悪いとされる要注意エリア・スポット

治安の良い都市として知られるオークランドですが、治安の悪いエリアや要注意エリアはいくつかあります。とくに、オークランド南部やシティの一部には治安の良くない場所があるので、注意が必要です。

ここからは、オークランドで治安が悪いとされているエリアを紹介します。オークランドへ旅行や留学を考えている方は、ぜひこちらを参考にしてくださいね。

オークランド南部・オタラからオタフフ周辺は雰囲気が悪いため要注意!

photo by Unsplash

比較的治安の良いオークランドですが、南部地域のオタラからオタフフ周辺、マヌカウを訪れる際には注意が必要です。

オタラからオタフフ地区は、治安が悪いことでも知られています。低所得者層の多いエリアのため、昼間から飲酒をしながら歩いてる人や、ホームレスなども多くいるエリア。特に観光地があるわけではありませんので、できる限り南部には近寄らない方が無難です。

オークランド中心部から南へ車で約20分のところにあるマヌカウ地区は、ハミルトン方面行きの高速バスが発着したり、レインボーエンドやVector Wero Whitewater Parkといったテーマパークがあったりと、観光客も多く訪れる場所ですが、車上荒らしや強盗事件も頻繁に起こっています。近年は治安が改善されているようですが、それでも治安の悪いことに変わりはありませんので、訪れる際には注意しましょう。

カランガハペ・ロードは昼も夜も注意!

photo by pixabay

中心街を安全に歩ける街であるオークランドですが、南部にあるカランガハヘ・ロードを歩く時には注意が必要です。

通称「Kロード」と呼ばれるこの通り沿いには、ナイトクラブやバーがひしめいていて、オークランド有数の歓楽街として知られているスポットでした。現在はおしゃれなお店なども増えて、若者に人気の街になりつつありますが、歓楽街だった頃の余韻もまだ残っており、ほかの街に比べて夜は注意が必要です。

また独特の雰囲気をしていることから、オークランドに長く住んでいる人には良いイメージがないエリアでもありますので、夜の時間帯にはできる限り近づかない方が良いでしょう。

夜のアルバート・パークは強盗が多く要注意!

photo by Unsplash

オークランド中心街に位置する公園で、市民の憩いの場として知られているアルバート・パーク。

昼間は花壇や芝生が綺麗で、向かい側にはオークランド大学もあるなどとても雰囲気の良い場所ですが、夜になると真っ暗になって人通りがなくなります。街灯が少なくかなり暗いため、強盗事件が多発しているスポットでもあります。夜間には立ち入らないようにしましょう。

スカイタワーの裏通りは夜間や週末は避けた方が無難!

photo by Unsplash

オークランドの象徴として知られるスカイタワーの周辺は、ビジネス街として昼間は多くの人が行き来しています。

しかしこの場所は夜になると人通りが減り、薄暗く人通りも減って雰囲気が悪くなる場所です。特にスカイタワーの西側、その目の前のホブソンストリート周辺の治安はあまり良くありません。またオフィスが休みとなる日曜日は、昼間から人通りも少なく静かな雰囲気ですので、できる限り歩くのを避けた方が無難です。

オークランドで観光客が被害にあいやすい犯罪は?

以前からオークランドは、世界的にも住みやすく安全な都市として高い評価を受けてきましたが、残念なことに犯罪は増加傾向にあります。治安の良い都市とはいえ、やはり被害に遭わないために最大限の警戒をしておくのが必要です。

渡航前に犯罪に関する情報を知っておけば、被害にあう確率も減らせるはず!ここからは、オークランドで観光客が被害にあいやすい犯罪について紹介するので参考にしてくださいね。

置き引き・スリ

photo by pixabay

スリは日本人旅行者がもっとも巻き込まれやすい犯罪です。カバンを開きっぱなしにしたり、誰かと話をしていて荷物から目を離したスキに狙われることも多いので、貴重品専用で身体の前にかけられるカバンを用意しましょう。

人混みを歩く際には、スリやひったくりにあいやすいので周囲に注意してください。もし被害にあってしまった際は、荷物を守ることも大切ですが、それ以上に命を守ることを意識しましょう。犯人を刺激してしまうと、さらに被害が大きくなる可能性もあるので、無理は禁物です。

車上荒らし

photo by Unsplash ※画像はイメージです

近年オークランドでは、車を狙った車上荒らしの被害が多発しています。犯行の手口としては市内の路上に駐車した時、犯人に窓ガラスを壊されて車内にあった貴重品を盗まれたりするのが大半を占めます。

旅行者であればレンタカーを借りての移動もあると思いますが、くれぐれも車両の中に貴重品を放置しないようにしましょう!

性犯罪

photo by unsplash ※画像はイメージです

オークランドでは、日本人が性犯罪の被害にあったという報告も多く見られます。中には、英会話の指導や食事の誘い、観光案内などを申し出るなど、親切をよそおって誘ってくる場合もあります。またバーやクラブなどでは、飲み物に睡眠薬を混入する事例もありますので、初対面の人からすすめられた飲み物には安易に口を付けないようにしましょう。

このほかにも、公共交通機関での痴漢被害なども報告されているので、電車やバスに乗る際には周囲に十分に注意してくださいね。

薬物犯罪

photo by pixabay

オークランドでは薬物絡みの犯罪も多く報告されています。ニュージーランドでは、個人の嗜好用だとしても大麻をはじめとした麻薬を所持、使用することは法律で禁止されていますので、誘われたら必ず断りましょう。

違法であるにもかかわらず、警察に捕まりにくいからという認識でマリファナを吸っている人も多く見るかもしれませんが、違法であることに変わりはありません。

そのほか、覚醒剤やコカインに関しても当然違法で、見つかって逮捕されたら終身刑になる可能性もありますので、誘われても絶対に薬物には手を出さないでください。

オークランドで被害にあわないための防犯対策

オークランドで観光客が巻き込まれやすい犯罪はスリや泥棒、車上荒らしが中心なので、こちらが警戒をしていれば防げる犯罪です。

ここからは、オークランドで犯罪被害にあわないための防犯対策について解説していきます。

早朝・夜間は出歩かない

photo by Unsplash

ただでさえ人通りがいなくなる早朝や夜間は、それだけで危険が増します。治安の良いオークランドでもそれは同様で、夜間に外出するのはできる限り避けましょう。

またオークランドは、ほかの大都市と比べても早い時間にお店が閉まります。夜21時以降は街灯も暗く静まり返りますので、気をつけてください。

公共の場所では荷物の管理に注意する

photo by pixabay ※画像はイメージです

窃盗犯は、荷物から目を離したスキを狙うのが大半なので、決して荷物から目を離さないようにしてください。カバンのチャックを開けたまま街を歩いたり、荷物が視界に入らない状態で会話しながら歩くのは、隙が多く非常に危険です。リュックや肩にかけるバックは背後にかけず、常に身体の前方にかければ被害に遭う確率を減らせます。

オークランドが安全な都市とはいえ、窃盗犯がどこに潜んでいるかはわかりません。楽しい旅を台無しにしないためにも、普段から警戒を怠らないようにしましょうね。

車は駐車場所に注意&車内に所持品を入れておかない

photo by Unsplash ※画像はイメージです

レンタカーを使って旅行する場合は、駐車場所に特に気をつけましょう。路上のパーキングスペースに駐車する場合はとくに警戒が必要で、運が悪いと強盗に窓ガラスを破られて車内のものを盗まれる、車上荒らしにあう可能性もあります。路上での長時間の駐車は避け、車を離れる際には貴重品などの荷物を置いたままにしないように気をつけましょう。

オークランドでは、近年車上荒らしの犯罪が多発しています。被害に遭わないためにも最低限の防犯対策は忘れないようにすることが大切です。

日本大使館発行の「安全の手引き」も確認しよう

在オークランド領事館では、旅行者や在住者を対象とした安全の手引きを発行していて、ホームページから閲覧が可能です。こちらにはオークランドで安全に過ごすためのアドバイスがあり、ほかにも生活に関する情報、事件に巻き込まれないためのアドバイスが紹介されています。

オークランドの治安状況や犯罪事例も紹介されていますので、渡航前に確認するようにしましょう。

もしオークランドで犯罪の被害にあってしまった時の連絡先

オークランドは治安の良い都市ですが、運悪く犯罪の被害にあってしまう場合もあります。もしも犯罪に巻き込まれた時のために、事前に緊急の連絡先などを知っておくのは大切です。

ここからは、オークランドで犯罪の被害にあった際の連絡先について紹介するので、万が一の時に備えて必ずチェックするようにしてください。

緊急通報先

photo by pixabay ※画像はイメージです

日本では警察は「110番」消防や救急車は「119番」ですが、ニュージーランドでは両方とも「111番」です。電話が繋がると警察か消防または救急かと用件を聞かれるので、落ち着いて現在の状況を伝えます。日本語は通じないため、英語が苦手な場合は、ホテルのスタッフや周囲の人に協力をあおぎましょう。

また、ニュージーランドでは盗難やパスポートの紛失など、緊急でないときの報告相談ダイヤルもあり、「105」にダイヤルすればつながります。ニュージーランド警察では、日本人向けに安全に関する情報をまとめたサイトがあるので、旅行前に必ずチェックしましょう。

在オークランド日本国総領事館

photo by Unsplash ※画像はイメージです

オークランドで、パスポートの盗難や思わぬ犯罪の被害にあった場合は、まずは最寄りの警察署でポリスレポートを作成してもらいましょう。手続きなどで困った時には、オークランド総領事館に連絡することでサポートしてもらえることもあります。

総領事館の窓口は、平日は9時〜12時、13時30分〜15時30分まで開いていて、週末と祝日は休館日です。窓口に直接足を運ぶ以外にも、電話やメールでも対応しています。詳しくは、在オークランド総領事館の公式サイトを参照してください。

在オークランド総領事館の連絡先

治安情報をチェックしてオークランド旅行を楽しもう!

オークランドは比較的治安の良い都市として知られていますが、スリや性犯罪、車上荒らしといった犯罪は日々発生しているので、細心の注意をはらって過ごすことが大切です。

特に女性の場合は、夜の1人歩きや暗い裏路地を歩くのを避け、カバンを前方にかけるなど常に自分で身を守ることを心がけましょう。

治安が良いことで油断しがちですが、外国に来ていることを常に意識して、安全に旅行を楽しんでくださいね!

 

※治安は地域によっては短期間で変動する場合もあるため、渡航の際には必ず最新情報をお調べください。

cover photo by pixabay

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる