NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】ノルウェー旅行4泊6日の費用を解説!物価やオーロラ費用も紹介

オーロラ鑑賞やフィヨルド観光などうつくしい自然が広がるノルウェー。この記事では、4泊6日のノルウェー旅行にかかる費用や予算を紹介します。オーロラ鑑賞ツアーの相場やノルウェーの物価、安い時期についても解説しているので、これからノルウェー旅行を計画される方はぜひ参考にしてみてください。

ライター
NEWT編集部

オーロラ鑑賞やフィヨルド観光などうつくしい自然が広がるノルウェー。この記事では、4泊6日のノルウェー旅行にかかる費用や予算を紹介します。オーロラ鑑賞ツアーの相場やノルウェーの物価、安い時期についても解説しているので、これからノルウェー旅行を計画される方はぜひ参考にしてみてください。

Contents

ノルウェー旅行の基本情報


photo by pixabay

日本から約15時間でアクセスできるノルウェー。国土の北半分が北極圏内にあり、オーロラやフィヨルドなど雄大な自然が楽しめる国として有名です。大自然が作り上げた壮大な景色は、一度は訪れてみたい息をのむ絶景ばかり!

ノルウェー旅行で人気のエリアは、首都オスロ。1週間ほどの旅行であればオスロ周辺以外にも、港町の世界遺産・ベルゲンやオーレスンといった地方観光もできますよ。オーロラを確実に見たい方は、少し余裕のあるスケジュールで旅行の日程を立てるのがおすすめです。

\ノルウェーの観光スポット情報をチェック!/

【2024年最新】ノルウェーでおすすめの観光地13選!名所や穴場を厳選

ノルウェー旅行のベストシーズンは?


photo by pixabay

ノルウェー旅行のベストシーズンは、快適な旅行が楽しめる夏の7、8月。爽やかな気候で街歩きが楽しいシーズンです。一方、オーロラ鑑賞に適したシーズンは日照時間の短い秋後半から冬の9月から3月。晴れた日や街灯がない暗いところでオーロラが鑑賞できる確率が高いので、ぜひ冬のノルウェー旅行ではオーロラ鑑賞をメインに旅行スケジュールを組み込んでみてください。

さらに、春にはフィヨルドの花々が咲き誇り、秋は自然豊かな紅葉が楽しめるので、ノルウェーは1年中がベストシーズンともいえるでしょう。各季節に見どころがあるため、目的に合わせて旅行の時期を決めてくださいね。

ノルウェー旅行の安い時期は?


photo by pixabay

ノルウェーは季節ごとにそれぞれの魅力があるため、明確なオフシーズンというものはありません。そのため、ノルウェー旅行の安い時期は、GWや夏休みなどの大型連休を外した日程が比較的安い傾向にあります。特に大型連休の直後は旅行需要が低くなり、航空券やホテルの費用が下がることも!

ノルウェーの物価はどれくらい?


photo by pixabay

ノルウェーの物価は、世界でもトップクラスに高いと言われています。日本の物価と比較すると、全体的におよそ2〜3倍高い体感なので、余裕のある予算を考えておくといいでしょう。ノルウェーの物価が高い理由としては、消費税が25%と高いことが挙げられます。ノルウェーの物価や消費税が高い一方で、医療費や教育費が無料などの制度が整っているのも特徴的。

わかりやすいようにいくつか例を挙げると、ノルウェーの物価は以下の通りです。

  • ミネラルウォーター(500ml):300円前後
  • 観光客向けのレストラン:ランチが2,000円~3,000前後、ディナーが10,000円前後
  • タクシー:初乗り1,500円~2,000円前後

どれも日本に比べるとノルウェーの物価は高い傾向。多めに予算を用意しておくのがおすすめです。

4泊6日のノルウェー旅行でかかる費用は?

ノルウェー旅行は、首都オスロのみの観光なら、3泊5日のコンパクトな日程でも旅行がたのしめます。

オスロとベルゲンなどの複数の都市を観光したい場合は、4泊6日がおすすめです!4泊6日の日程なら、フロム鉄道の終点フロムから船でフィヨルド観光をたのしめ、ノルウェーの自然も存分に満喫できます。

オーロラ鑑賞は、天候次第ではなかなか見られないことも。そのため、オーロラ鑑賞をしたい方は、なるべく長めのノルウェー旅行にするとオーロラに出会える確率が上がります。

ノルウェー旅行の日程を決める際は、まずノルウェー旅行でやりたいことや見たいものを明確にしてから計画するのがおすすめです!

ノルウェー旅行の費用相場は約30万円から


photo by pixabay

ノルウェー旅行にかかる費用の内訳は以下の通りです。

  • 航空券費用
  • ホテル費用
  • 食費
  • 現地での交通費
  • 観光&オプショナルツアー費用
  • お土産費用
  • 海外旅行保険

ノルウェーの物価は日本よりも全体的に高く、世界でも有数の物価の高さです。4泊6日のノルウェー旅行なら、利用するフライトや宿泊するホテルのランクによってもことなりますが、予算は1人あたり約30万円から。これからノルウェー旅行を計画される方は、ぜひ予算の参考にしてみてください。

それでは、各項目の費用についてくわしく解説します。

ノルウェー旅行の航空券費用


photo by pixabay

費用の目安:往復で約19万円~約29万円
日本からノルウェー(オスロ)への航空券は、約19万円から。直行便はなく、中東やヨーロッパの主要都市での乗り継ぎが必要です。フライト時間は片道20時間前後となっています。

・オスロへの航空券費用(東京発 往復1名分・乗り継ぎ便)
安い時期(日本の長期休暇以外):19万円~23万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):24万円~29万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

2回以上乗り継ぐフライトなら、16万円前後からの航空券もあります。ただし、乗り継ぎ回数が多い分、時間がかかるので、時間とお財布との相談をしてみるのがいいでしょう。

また、安いフライトによっては乗り継ぎ回数が1回でありながら、乗り継ぎ時間が長く、片道30時間以上かかる場合もあります。フライトを吟味する時は航空券の価格だけではなく、所要時間もチェックするようにしましょう。

ノルウェー旅行でのホテル費用


photo by pixabay

費用の目安:1泊で約15,000円〜
ノルウェーのホテル相場は、1泊(1室2人分)あたり約15,000円からです。

ノルウェーは各都市によってできることや、見られるものが異なります。ノルウェーの首都オスロは、美術館や王宮、公園など街歩きがたのしい街です。

その一方で、ベルゲンやフロムはノルウェーの自然を満喫できます。ベルゲンには、 カラフルな木造家屋が並び、中世にタイムスリップしたかのような街並みが広がります。また、フィヨルド観光の玄関口としても有名です。

またフロムは、世界最大スケールのソグネフィヨルドに面した小さな街で、大自然が織り出す絶景を存分にたのしめます。大自然を満喫できるキャンプ場や、シャレー、コテージなどの宿泊施設も多くあります。

・オスロのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:1万5千円~2万円前後
スタンダードホテル:2万円~3万円前後
高級ホテル:3万円~6万円前後

・ベルゲンのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:1万5千円~2万円前後
スタンダードホテル:2万円~4万円前後
高級ホテル:5万円前後

・フロムのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:2万円~3万円前後
スタンダードホテル:3万円前後

フロムにはホテルがそれほど多くないため、人気のシーズンは早めに予約しておくと安心です。

ノルウェー旅行での食費


photo by pixabay

費用の目安:1日あたり約15,000円〜
ノルウェー旅行で1日あたりにかかる食費は、約15,000円からです。朝食とランチに約2,000〜3,000円、ディナーに約10,000円が相場です。

その他の物価と同様、ノルウェーの物価の高さは食費も例外ではありません。ノルウェーの物価は世界トップクラスで、有名ファストフードチェーンのバーガーセットが2,000円近くするほどです。日本の物価と比較すると、全体的におよそ2〜3倍高い体感です。

ホテルでディナーをしたい方や、食事と一緒にお酒もたのしみたい方は少し予算を多めに準備しておくようにしましょう。

ノルウェー旅行での交通費


photo by Unsplash

費用の目安:1日あたり約1,000円〜
ノルウェー旅行にかかる1日あたりの交通費は、約1,000円からです。

ノルウェーの主な交通手段は、メトロやバス、トラム、フェリーなどです。観光客は主にメトロやバス、トラムを利用する機会が多いでしょう。また、タクシーも走っているので、利用できます。

公共交通機関の運賃は、乗車するゾーンによって異なります。1回券は40ノルウェー・クローネ(約567円)〜、24時間券は121ノルウェー・クローネ(約1,717円)〜、7日券は355ノルウェー・クローネ(約5,039円)です。

タクシーの運賃も物価同様、高いため、ちょっとした移動で15分くらい乗車しただけで7,000円近くかかることもあります。なるべく旅行費用を抑えたいなら、タクシーでの移動はなるべく避けるようにした方が良さそうです。

ノルウェーでの観光&オプショナルツアーの費用


photo by pixabay​​

費用の目安:1スポットあたり約2,000円〜
ノルウェーの有名観光スポットは1スポットあたり約2,000円からです。

オスロの主要観光スポットの入場料金(大人)は以下の通り。25歳以下や学生料金の設定がある施設もあるので、学生の方は学生証を持参するようにしましょう。

  • 王宮:175ノルウェー・クローネ(約2,484円)
  • オスロ国立美術館:200ノルウェー・クローネ(約2,839円)
  • ムンク美術館:160ノルウェー・クローネ(約2,271円)

オスロ市庁舎やオスロ オペラハウス、ヴィーゲラン公園など無料で観光がたのしめるスポットなどもあります。また、ベルゲンまで足を伸ばせば、カラフルな木造家屋が並ぶブリッゲン地区も無料でたのしめる観光スポットの1つです!

無料の観光スポットも組み合わせてノルウェー観光をたのしむと、比較的観光費用が抑えられますよ。

オーロラ鑑賞ツアー

ノルウェー旅行で人気のオーロラ鑑賞ツアーは、15,000円前後からが相場です。ツアーの内容によって、費用は大きく異なるため、どのようなオーロラ鑑賞ツアーを希望するのかをあらかじめ決め、予算を準備しておくと安心!

オーロラ鑑賞ツアーは9月〜4月ごろまでの期間限定で開催されています。1年中オーロラ鑑賞ツアーがあるわけではないので、オーロラ鑑賞をしたい方は旅行に行く時期にも注意しましょう。

ノルウェー旅行のお土産費用


photo by pixabay

費用の目安:約1万円〜
ノルウェー旅行のお土産購入にかかる費用は、約1万円からが目安です。ただし、購入するモノや量によって、お土産購入にかかる費用は大きく異なります。お土産の物価も高いので、お土産をたくさん買って帰りたいという方は少し多めに予算を用意しておくようにしましょう。

ノルウェー旅行に人気のお土産は、チョコレートやベリー系のジャム、トロールの置物などです。また大切な人や自分へのお土産には、ノルディック柄の洋服などもおすすめです。

海外旅行保険費用


photo by pixabay

費用の目安:約2,000円〜

・海外旅行保険
4泊6日のノルウェー旅行にかかる海外旅行保険の費用は、約1,500〜4,000円が相場です。加入する保険によって、補償内容や加入条件が異なるため、加入前にしっかり確認するようにしましょう。

クレジットカードを保有している方は、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用することもできます。クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する場合も、事前に補償内容や適用条件を確認しておきましょう。ものによっては、手薄な場合もあるので注意が必要です。

ノルウェー旅行の費用を格安にする3つのコツ

それでは、なるべくノルウェー旅行にかかる費用を安く抑える方法を紹介します。

①ノルウェーへの旅行が安い時期を狙う


photo by Unsplash

ノルウェー旅行になるべく安く行きたいなら、安い時期を狙うのがおすすめです。ノルウェー旅行の安い時期は明確になく、GWや夏休みなどの大型連休を外した日程が比較的安い傾向です。

ノルウェー旅行のベストシーズンは、目的によって異なりますが、すごしやすい爽やかな気候を迎える夏(7〜8月)は世界中から観光客が訪れます。フィヨルド観光なら花々が咲く春、紅葉をたのしみたいなら秋、オーロラ鑑賞なら冬と、目的によってベストシーズンは異なります。

自然に恵まれたノルウェーだからこそ、各季節に見どころがあり、1年を通して観光客を魅了し続けています。

②ツアーで予約する


photo by pixabay

ノルウェー旅行の費用をなるべく安く抑えたいなら、航空券とホテルのみがセットになったフリープランのツアーがおすすめです。フリープランのツアーなら、ノルウェー旅行中の時間は自由にすごせるため、自分の好きなように観光がたのしめます!海外旅行は自由にたのしみたいという方にもおすすめなツアーです。

また、航空券とホテルの予約が一括で完了するため、海外旅行の予約作業が面倒という方にもぴったり!ノルウェー旅行を考え始めたら、まずはフリープランのツアーをチェックしてみてください。

③オスロパスを活用する


photo by Unsplash

ノルウェー旅行でオスロ観光をたのしみたい方には、オスロパスがおすすめです。

オスロパスとは、購入したパスの時間内であれば、オスロにある30の人気観光スポット(美術館やお城など)への入場料と、オスロ市内の公共交通機関の利用が無料になる観光パスです。また、一部観光スポットやコンサートのチケット、レストランなどで割引も受けられます。

オスロパスの価格(大人)は以下の通りです。

  • 24時間:520ノルウェー・クローネ(約7,381円)
  • 48時間:760ノルウェー・クローネ(約10,788円)
  • 72時間:895ノルウェー・クローネ(約12,705円)

オスロでいろいろなスポットをめぐりたい方には、とてもお得な観光パスです!オスロパスには、学生割引もあるため、学生の方はよりお得にオスロ観光をたのしめます。

ノルウェー旅​​行にかかる費用のまとめ

4泊6日のノルウェー旅行にかかる費用は、1人あたり約30万円からです。ノルウェーは、世界的にも物価が高い国の1つで、日本の物価の感覚でいくとびっくりしてしまうほど。そのため、ノルウェー滞在中の食費や観光にも、予想以上にお金がかかります。宿泊するホテルのランクやすごし方によってかかる費用は異なりますが、予算に少し余裕を持っておくと安心です。

これからノルウェー旅行を計画される方は、ぜひ参考にしてみてください。

※2024年2月15日のレート、1ノルウェー・クローネは14.20円で計算しています。
cover photo by pixabay

よくある質問

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる