NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2023年最新】メキシコシティでおすすめの観光地10選!名所や穴場を厳選

メキシコシティには、街のランドマークであるソカロ広場やスペインによって建設されたメトロポリタン大聖堂、郊外にある古代都市国家遺跡のテオティワカン遺跡などの有名な観光地がいっぱい! 今回の記事では、メキシコの首都、メキシコシティ旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。 初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、メキシコシティ旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

メキシコシティには、街のランドマークであるソカロ広場やスペインによって建設されたメトロポリタン大聖堂、郊外にある古代都市国家遺跡のテオティワカン遺跡などの有名な観光地がいっぱい!

今回の記事では、メキシコの首都、メキシコシティ旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。

初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、メキシコシティ旅行の参考にしてくださいね!

Contents

メキシコシティには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by pixabay

メキシコシティは、人口約2,000万人を擁する世界最大級の都市です。16世紀にスペインによって征服されるまでアステカ帝国の首都でしたが、征服後には帝国時代の街並みは破壊され、コロニアル調の都市国家である現在のメキシコシティが建設されました。

征服後のスペインによって建設された広場や大聖堂だけでなく、インカ帝国時代の遺跡や貴重な出土品、歴史・文化を今に伝える博物館が点在しているなど、スペイン統治時代とインカ帝国時代、どちらの時代の歴史や文化が混在している点が特徴です。

この記事では、歴史や文化を学べる中南米の大都市メキシコシティで外せない観光地5選、知っておきたい穴場の観光地5選を紹介します。

メキシコシティで絶対行きたいおすすめ観光地5選

メキシコシティは、ソカロ広場やメトロポリタン広場を中心として、スペイン統治時代に築かれた広大で荘厳な建築物で有名です。

この章では、そんなメキシコシティで有名な観光名所を5つピックアップしているので、メキシコシティへの渡航を検討している方は参考にしてみてください。

ソカロ広場

メキシコシティのランドマーク


photo by Unsplash

メキシコシティのランドマークといえば、市の中心地にあるソカロ広場を思い浮かべる方も多いでしょう。広さ46,800平米の広場には巨大な国旗が掲げられ、メトロポリタン大聖堂やテンプロマヨールなどあり、メキシコシティの観光の拠点となる観光スポットです。

元々はアステカ帝国時代の神殿がありましたが、スペインによって侵略・破壊された場所の上にこれだけ巨大な広場や建物が並んでいるのを見ると、その当時のスペインの強大さをうかがい知れますね。


photo by pixabay

広場の西側には、国旗と大聖堂を背景に写真撮影ができるメキシコシティの大きな文字のオブジェが配置されたスポットがあります。

毎朝・毎晩には大きな旗を何人もの手で手動で掲げる掲旗セレモニーが実施されており、スケールの大きさに圧倒されることでしょう。

ソカロ広場(Zocalo)の基本情報
住所:P.za de la Constitución S/N, Centro Histórico de la Cdad. de México, Centro, Cuauhtémoc, 06010 Ciudad de México, CDMX, メキシコ
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:ソカロ駅から徒歩で約1分
料金:無料
公式サイト:なし

メトロポリタン大聖堂

帝国滅亡後にスペインが建設した巨大建築物


photo by pixabay

メトロポリタン大聖堂は、ソカロ広場に立つ大聖堂です。アステカ帝国の滅亡後、スペインによって1525年に建設が開始されました。建設当初はわらぶき屋根の質素な造りでしたが、新大陸の中心地にふさわしい大聖堂を造ろうという声をもとに再建設されました。


photo by pixabay

大聖堂の中には多くの礼拝堂や祭壇、聖歌隊席があり、装飾品としての豪華な絵画、彫刻を見るのもおすすめです。南米屈指の大きさをほこる大聖堂で、本場のカトリック教会の雰囲気を堪能しましょう。

メトロポリタン大聖堂(Mexico City Metropolitan Cathedral)の基本情報
住所:P.za de la Constitución S/N, Centro Histórico de la Cdad. de México, Centro, Cuauhtémoc, 06000 Ciudad de México, CDMX, メキシコ
電話:+52 55 4165 4052
営業時間:9:00〜17:30
休業日:なし無休
アクセス:ソカロ駅から徒歩で約3分
料金:無料
※2023年2月11日のレート、1メキシコペソ=7.04円で計算
公式サイト:https://catedralmetropolitana.mx/#

メキシコ国立人類学博物館

12万5,000点以上の古代文明の展示を楽しめる


photo by pixabay

メキシコ国立人類学博物館は、12万5,000点以上の古代文明を中心とした展示物が鑑賞できる点が特徴です。世界でも有数の古代文明の展示を誇り、下記のようなさまざまな時代の文明の展示を見られますよ。

  • マヤ文明
  • アステカ文明
  • オルメカ文明
  • サポテカ文明
  • テオティワカン文明

1階の展示は上記したような古代メソアメリカ文明の考古学、2階の展示はメキシコの民俗学と展示スペースが階ごとに分かれています。


photo by pixabay

古代文明の展示が多い1階の展示はもちろんですが、メキシコの土着の民族アートを鑑賞するのもおすすめです。

古代文明遺跡を巡る前にこの博物館で中南米の古代文明について予習すれば、遺跡観光がさらに充実したものになるかもしれませんよ。

メキシコ国立人類学博物館(Museo Nacional De Antropologia)の基本情報
住所:Av. Paseo de la Reforma s/n, Polanco, Bosque de Chapultepec I Secc, Miguel Hidalgo, 11560 Ciudad de México, CDMX, メキシコ
電話:+52 55 5553 6266
営業時間:9:00〜19:00
休業日:月曜日
アクセス:アウディトリオ駅から徒歩で約3分
料金:大人 980ペソ(約6,934円)、子ども(13歳未満)無料
※2023年2月11日のレート、1メキシコペソ=7.04円で計算
公式サイト:https://www.mna.inah.gob.mx/

テオティワカン遺跡

郊外にあるメキシコ郊外の都市国家遺跡


photo by pixabay

テオティワカン遺跡は、メキシコシティの北側50キロメートルの位置にある古代都市国家遺跡です。敷地内にある224メートル四方、高さ64メートルのメキシコシティ最大の太陽ピラミッドが見どころ!

ピラミッドの頂上からは月のピラミッドや住居跡などを観察でき、全長約102メートルの洞窟が彫られています。

世界遺産にも登録されている広大な都市国家遺跡で、気球に乗って空から遺跡全体を見て回れるツアーもあります。


photo by pixabay

そのほかにも死者の道やジャガー壁画で有名なジャガー宮殿、月の宮殿、ケツァコアトル神殿など、見どころが豊富な観光スポットです。

観光しに行くなら、半日以上は時間をかけて回るのがおすすめ!古代遺跡を探索して、何世紀も前の時代に思いを馳せてみましょう。

テオティワカン遺跡(Teotihuacan)の基本情報
住所:San Juan Teotihuacán 55800 Teotihuacán de Arista, Estado de México
電話:+52 594 9582 081
営業時間:8:00〜17:00
休業日:なし
アクセス:メキシコシティから車で約1時間
料金:85ペソ(約598円)
※2023年2月11日のレート、1メキシコペソ=7.04円で計算
公式サイト:https://www.inah.gob.mx/zonas/23-zona-arqueologica-de-teotihuacan

シウダデラ市場

メキシコの色鮮やかな品物が所狭しと並ぶ


photo by pixabay
※画像はイメージです

シウダデラ市場は、メキシコ独自の民芸品を豊富に取り扱っているマーケットです。200以上の店舗が立ち並び、カラフルなししゅうや布、陶器などの民芸品を中心に販売しています。

カラフルなメキシコ土産を購入するなら、このマーケットに立ち寄って民芸品や食料品などを物色してみるのがおすすめです。


photo by pixabay
※画像はイメージです

お土産を物色する以外にも、市場の雰囲気や現地の人々との交流を楽しみたい方は、メキシコシティを訪れた際のついでに、シウダデラ市場を歩いて見て回るのがおすすめですよ。

シウダデラ市場(Mercado de la Ciudadela)の基本情報
住所:Balderas S/N, Colonia Centro, Centro, Cuauhtémoc, 06040 Ciudad de México, CDMX, メキシコ
電話:+52 55 5510 1828
営業時間:月〜土 10:00〜19:00、日曜日 10:00〜18:00
休業日:なし
アクセス:バルデラス駅から徒歩で約5分
料金:ショップによる
※2023年2月11日のレート、1メキシコペソ=7.04円で計算
SNS公式:https://www.facebook.com/MERCADODEARTESANIASLACIUDADELA

メキシコシティの知る人ぞ知る穴場観光地5選

メキシコシティの観光名所は有名な場所だけでなく、あまり人に知られてない穴場の観光スポットも存在します。この章では、そんな知られざる観光スポット5選を見ていきましょう、

メキシコ国立自治大学

アーティスティックな構内が特徴の大学


photo by pixabay

メキシコ国立自治大学のキャンパスにある壁には、1920年代の革命直後に盛んになった文化運動を表す壁画が数多く残されています。

1952年に完成したメキシコ国立自治大学は、芸術家や建築家、技術者らが一体となって完成させた大規模な大学です。

700万平米の広大な大学の敷地には、モザイク壁画が描かれた図書館やアステカ文明の神を描いた壁画を見つけることができるでしょう。


photo by Unsplash

2007年にこうした文化運動の歴史を残す生きた遺産として、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。

スーパーや劇場、映画館、博物館、スタジアムが敷地内に入っており、さながら一つの大きな街を形成しているかのようです。

メキシコシティの中心部からは離れているので、都会の喧騒から抜け出して、メキシコの自然と芸術に触れたい方におすすめですよ。

メキシコ国立大学(Universidad Nacional Autonoma de Mexico)の基本情報
住所:Av. Universidad 3004, Copilco Universidad, Coyoacán, 04510 Ciudad de México, CDMX, メキシコ
電話:+52 55 5622 0000
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:メキシコシティからバスで約1時間
料金:無料
※2023年2月11日のレート、1メキシコペソ=7.04円で計算
公式サイト:https://www.unam.mx/

アレナ コリセオ

メキシコでプロレス鑑賞するならココ!


photo by Unsplash
※画像はイメージです

アレナ コリセオは、メキシカンスタイルのルチャ・リブレというプロレスを鑑賞できるアリーナです。トップロープに乗って空中技を繰り出すエンターテイメント性に富んだプロレスのスタイルで、プロレスに知識がない方でも楽しみやすいプロレスが特徴。


photo by Unsplash
※画像はイメージです

地元の人たちと混じってプロレス会場の熱気や雰囲気を感じてみることで、他とは違ったメキシコの一面を発見できるかもしれません。

プロレスラーがかぶっているものと同じ形のマスクを会場やその周囲で購入できたりするので、気に入った選手のマスクをお土産として買ってみるのもおすすめです。

アレナ コリセオ(Arena Coliseo)の基本情報
住所:República de Perú 77, Centro Histórico de la Cdad. de México, Centro, Cuauhtémoc, 06010 Ciudad de México, CDMX, メキシコ
電話:+52 55 5588 0266
営業時間:プログラムによる
休業日:なし
アクセス:バルデラス駅から徒歩で約5分
料金:プログラムによる
※2023年2月11日のレート、1メキシコペソ=7.04円で計算
公式サイト:https://cmll.com/

テンプロマヨール

アステカ帝国時代の大神殿跡


photo by pixabay
※画像はイメージです

テンプロマヨールは、アステカ帝国時代の大神殿遺跡で、スペインによる侵略によって一部をのぞいて破壊されています。アステカ帝国のウィツィポチテリ、トラロックの二大神を祀る大神殿があったとされ、地下に遺跡の大部分が眠っているとされているから驚きですね。

テンプロマヨールの遺跡を観察すると、アステカ帝国時代の遺構やその時代の栄華を体感できるので、古代文明や歴史が好きな方は見ておくべき遺跡だといえるでしょう。

遺跡はソカロ広場にあるので、広場やメトロポリタン大聖堂などを観光するついでに見ておくのがおすすめです。

テンプロマヨール(Templo Mayor)の基本情報
住所:Seminario 8, Centro Histórico de la Cdad. de México, Centro, Cuauhtémoc, 06060 Ciudad de México, CDMX, メキシコ
電話:+52 55 4040 5600
営業時間:9:00〜17:00
休業日:月曜日
アクセス:ソカロ駅から徒歩で約3分
料金:大人 85ペソ(約598円)
※2023年2月11日のレート、1メキシコペソ=7.04円で計算
公式サイト:なし

グアダルーペ寺院

バチカン公認の三大奇跡の寺のうちの一つ


photo by Unsplash

グアダルーペ寺院は、メキシコの守護神グアダルーペを祀る寺院で、バチカン公認のカトリック三大奇跡の寺の一角です。

アステカ帝国の滅亡から10年後の1531年に聖母マリアが姿を現したという言い伝えが、グアダルーペの奇跡として言い伝えられています。聖母マリアが寺院建設を伝えたことから、奇跡の地とも呼ばれます。


photo by Unsplash

オリジナルの寺院は現在使用されている寺院の隣にあり、グアダルーペ聖母の絵や豪華な内装を楽しんだり、グアダルーペ聖母が載った記念コインを購入できたりなど、観光のほかにもお土産を手軽に購入できる場所としても知られていますよ。

グアダルーペ寺院(Basilica De Guadalupe)の基本情報
住所:Fray Juan de Zumárraga No. 2, Villa Gustavo A. Madero, Gustavo A. Madero, 07050 Ciudad de México, CDMX, メキシコ
電話:+52 55 5118 0500
営業時間:月曜~土曜 7:00〜20:00、日曜 6:00~20:00(聖マリア大聖堂)
休業日:なし
アクセス:ラヴラバシリカ駅から徒歩で約3分
料金:無料
※2023年2月11日のレート、1メキシコペソ=7.04円で計算
公式サイト:https://virgendeguadalupe.org.mx/en/horarios/

ソチミルコ

カラフルな水上ボート、トラヒネラに乗船して観光!


photo by Unsplash 

ソチミルコは、アステカ帝国時代に現地の民族たちの間で水上都市として栄えてきた街です。世界遺産に登録されているカラフルな水上ボートに乗れるのが魅力で、お金を払うことで歌を歌ってくれるボートやお土産の雑貨・花を販売しているボートなども利用できます。


photo by Unsplash 

現地人にも大変人気がある観光スポットで、宴会やデート、結婚式などにも幅広く活用されており、現地人たちの賑やかな雰囲気を体験してみたい方にもおすすめですよ!

船のルートはざっくり楽しみたい方向けの1時間コース、自然保護区をじっくりとまわる5時間コースの2種類があります。

自分の観光プランによって、どのコースを利用し、どのような楽しみ方をして時間を過ごすのかを決めたいですね。

ソチミルコ(Xochimilco)の基本情報
住所:Periferico Sur, Adolfo Ruíz Cortínez, Xochimilco, 16034 Ciudad de México, CDMX, メキシコ
電話番号:なし
営業時間:シーズンによる
休業日:プログラムによる
アクセス:メキシコシティから南へ30キロメートルほど
料金:プログラムによる
※2023年2月11日のレート、1メキシコペソ=7.04円で計算

メキシコシティ観光で食べたいおすすめ絶品グルメ!

メキシコシティにはメキシコならではのご当地料理がたくさんあります!この章では、メキシコシティに行ったらぜひ食べたい絶品グルメをおさえて、メキシコ旅行を充実させましょう。

タコス

メキシコ料理の代名詞


photo by Unsplash

メキシコを代表するストリートフードのタコス。薄く焼いたトルティーヤの生地にたっぷりの野菜や肉、スパイスをのせて丸ごとパクッと食べられるメキシコのお手軽フードです。

一個数十円から100円程度で食べられるので、お店ごとのトルティーヤを食べ比べてみるのもおすすめですよ。

ケサディージャ

生地の中にチーズがたっぷり入った料理


photo by pixabay

ケサディージャは、とうもろこし粉から作ったトルティーヤにチーズや玉ねぎ、トマトなどを挟んで焼いたサンドウィッチです。手軽に作れる料理で、たっぷりのチーズが美味しい料理ですよ!

ブリトー

メキシコ人の国民食


photo by pixabay

ブリトーは、トルティーヤの生地にたっぷりの肉や野菜、スパイスを包んで焼いた食べ物です。

メキシコ人が昼夜を問わず食べる国民食ともいえる代表的なストリートフードで、観光客も手軽に食べられる料理なので、メキシコシティを訪れたらぜひとも食べてみて欲しいですね。

ナチョス

手軽に食べられるスナックといえば


photo by pixabay

ナチョスは、トルティーヤの生地を三角に切って揚げ、チリコンカーンやチーズ、トマトソースなどをお好みでつけて食べる料理です。

ナチョスを食べながらビールを飲むメキシカンスタイルで夜を過ごしていれば、現地人とも自然と仲良くなれるかもしれませんよ。

ポソレ

アステカ時代から続く伝統料理


photo by pixabay

ポソレは、具だくさんのとうもろこしスープです。豚肉でしっかりとダシをとったスープに柔らかく煮込まれた肉ととうもろこしがたっぷり入っていて、食べるととても元気になれるスープ料理です。

アステカ時代から続く伝統の味で、お店によっても味付けが大きく異なるので、メキシコシティを訪れたら何度でも食べたい料理ですね。

メキシコシティ観光を満喫するためのおすすめモデルコース


photo by Unsplash

アステカ帝国時代からスペイン統治後の観光スポット、メキシコならではのグルメまで、見どころいっぱいのメキシコの首都・メキシコシティ。せっかくなら朝から夜まで時間いっぱい楽しみましょう。

地元のグルメは、本場のタコスやタコスからローカル食堂でのランチまで取り入れるとメキシコのフードカルチャーを感じられるのでおすすめ!ストリートフードの食べ歩きも外せませんね。

<スケジュール例>
1日目 ソカロ広場で国旗の掲旗セレモニーを見る→地元のタコスに舌鼓を打つ!→メトロポリタン大聖堂でカトリック教会の雰囲気を体感!→メキシコ国立人類学博物館で中南米の古代文明について学ぶ→ナチョスとビールで乾杯!

2日目 テオティワカン遺跡でアステカ文明の遺構を見て回る→テンプロマヨールで古代文明の痕跡をたどる→ケサディージャで腹ごしらえ→アレナ コルセオでメキシカンスタイルのプロレスに熱狂する!

3日目 メキシコ国立自治大学で文化運動の壁画を見て回る→ソチミルコでボートに乗ってゆったりと観光する→シウダデラ市場でカラフルな民芸品を物色する

メキシコシティは、市内観光から郊外の観光、そしてストリートフードなど、1日中見どころがいっぱい!

なので、観光ツアーを利用したり、訪れたいスポットを絞ったりして、効率的に観光を楽しむことがおすすめです。ぜひ自分好みのメキシコ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

メキシコシティの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、メキシコシティのおすすめの観光スポットを紹介しました。有名な観光名所や見どころがいっぱいあるメキシコシティでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地とグルメ情報を参考に、メキシコシティ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。
※記事内の金額は2023年2月11日のレート、1メキシコペソ=7.04円で計算しています。

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

メキシコの東京発のおすすめツアー

メキシコ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる