NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

メキシコの主要都市はどこ?各エリアの特徴なども解説!

メキシコといえば、どんなイメージが浮かびますか? タコス? テキーラ? それとも遺跡? 実は、メキシコには魅力的な都市がたくさんあるんです! 今回は、メキシコの人気都市4つを厳選してご紹介します。首都メキシコシティの歴史的な魅力、カンクンのリゾート感、グアナファトの世界遺産の街並み、そしてグアダラハラの文化的な側面。それぞれの都市の特徴や観光スポットを詳しく解説していきますよ。

ライター
NEWT編集部(AIサポート)
メキシコ旅行・ツアーの情報をみる

メキシコといえば、どんなイメージが浮かびますか? タコス? テキーラ? それとも遺跡? 実は、メキシコには魅力的な都市がたくさんあるんです! 今回は、メキシコの人気都市4つを厳選してご紹介します。首都メキシコシティの歴史的な魅力、カンクンのリゾート感、グアナファトの世界遺産の街並み、そしてグアダラハラの文化的な側面。それぞれの都市の特徴や観光スポットを詳しく解説していきますよ。

Contents

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

メキシコの主要な都市について

photo by PIXTA

メキシコは多様な魅力を持つ国です。首都メキシコシティは、古代文明と現代が融合する巨大都市。カンクンは、カリブ海に面した人気リゾート地。グアナファトは、カラフルな建物が並ぶ世界遺産の町。グアダラハラは、伝統と現代が共存する文化の中心地。これらの都市は、それぞれ独自の特徴を持ち、メキシコの多彩な魅力を体現しています。歴史、文化、自然、そしてグルメを楽しみたい方には、ぜひメキシコの都市巡りをおすすめします。

都市名

州名

特徴

日本からの直行便の有無

メキシコシティ

メキシコシティ連邦区

首都、歴史的建造物、世界遺産

あり

カンクン

キンタナ・ロー州

ビーチリゾート、マヤ文明遺跡

なし

グアナファト

グアナファト州

世界遺産の町、カラフルな建物

なし

グアダラハラ

ハリスコ州

第二の都市、文化の中心地

なし

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

メキシコシティ:歴史と現代が融合する首都

photo by PIXTA

メキシコシティは、メキシコの首都であり、政治、経済、文化の中心地です。人口約2,200万人を抱える巨大都市で、その歴史は古代アステカ帝国の時代にまで遡ります。かつてテノチティトランと呼ばれたこの地は、スペイン人によって征服された後、ヨーロッパ風の街並みへと変貌しました。

現在のメキシコシティは、古代と現代が見事に融合した魅力的な都市です。植民地時代の建築物が立ち並ぶ歴史地区は、1987年にユネスコ世界遺産に登録されました。一方で、近代的な高層ビルや洗練されたレストラン、美術館なども数多く存在し、活気に満ちた都市の姿を見せています。

メキシコシティは、その豊かな歴史と文化、そして現代的な魅力が調和した、まさにメキシコの「顔」とも言える都市なのです。

メキシコシティの基本情報・特徴

メキシコシティは、メキシコの首都であり最大の都市です。人口約1,460万人、面積約1,485km²を誇る巨大都市で、標高約2,240mの高地に位置しています。 この都市は、アステカ帝国の首都テノチティトランの跡地に建設され、豊かな歴史と文化を持っています。1987年には歴史地区が世界遺産に登録され、古代と現代が融合した独特の魅力を放っています。 治安面では、一部の地域で注意が必要ですが、観光地では比較的安全です。ただし、スリや置き引きには注意が必要です。 メキシコシティは、政治・経済・文化の中心地として、近代的な高層ビルと植民地時代の建築物が共存する、魅力的で多様性に富んだ都市です。世界有数の美術館や遺跡、活気あふれる市場など、見どころが豊富で、訪れる人を魅了し続けています。

メキシコシティ市内の移動手段

メキシコシティの主要な交通手段は、メトロ(地下鉄)です。12路線が張り巡らされ、市内の主要スポットを結んでいます。料金も安く、混雑時以外は便利です。メトロバスも人気で、専用レーンを走るため渋滞知らず。一般のバスやトロリーバスもありますが、観光客にはやや複雑かもしれません。 タクシーは豊富ですが、安全のため、ホテルや公式タクシー乗り場で乗車しましょう。UberなどのライドシェアもOK。交通ICカードは「Tarjeta de Movilidad Integrada」で、メトロやメトロバスで使えて便利です。市内観光には、これらの公共交通機関を上手に組み合わせるのがおすすめですよ。

メキシコシティの主な観光スポット

メキシコシティには、歴史と文化が融合した魅力的な観光スポットが数多くあります。世界遺産に登録されている歴史地区では、ソカロ広場を中心に、壮大なメトロポリタン大聖堂や、アステカ文明の遺跡であるテンプロ・マヨール遺跡を見学できます。国立宮殿では、ディエゴ・リベラの壮大な壁画に圧倒されるでしょう。 芸術愛好家には、フリーダ・カーロ博物館が必見です。緑豊かなチャプルテペック公園には、国立人類学博物館や現代美術館があり、メキシコの歴史と文化を深く学べます。また、カラフルな建物が並ぶコヨアカン地区は、のんびりと散策するのに最適です。これらの観光スポットを巡れば、メキシコシティの多様な魅力を存分に味わえるはずです。

メキシコシティの気候

メキシコシティは高地に位置し、年間を通じて穏やかな気候が特徴です。年間平均気温は約19.3℃で、季節による温度差は比較的小さいです。 乾季(11月〜4月)は日中は暖かく、夜は冷え込みます。日中と夜の寒暖差が大きいので、服装に注意が必要です。雨季(5月〜10月)は午後に短時間のにわか雨が降ることが多いですが、1日中雨が降り続くことは稀です。 高地気候の影響で、日差しが強く、日焼け止めは必須アイテムです。また、高度が高いため、到着直後は軽い高山病症状を感じる人もいます。 観光に最適な時期は、乾季の11月〜2月です。気温も快適で、青空が広がる日が多いです。ただし、12月〜1月は観光のピークシーズンで混雑しやすいので注意しましょう。

メキシコ・カンクン

photo by PIXTA

カンクンは、メキシコのユカタン半島にある人気のリゾート地です。カリブ海に面した美しいビーチと、透明度の高い青い海が特徴的です。1970年代に開発されたこの都市は、今や世界中から観光客が訪れる一大リゾート地となっています。

ホテルゾーンには高級リゾートホテルが立ち並び、オールインクルーシブの宿泊施設も多数あります。美しいビーチでの休暇を楽しむだけでなく、近郊にある世界遺産のチチェン・イッツァ遺跡やトゥルム遺跡など、マヤ文明の遺跡を訪れることもできます。また、セノーテと呼ばれる神秘的な地下水プールでの水泳も人気のアクティビティです。

カンクンは、贅沢なリゾートライフと歴史探訪、自然体験が同時に楽しめる、メキシコを代表する観光地なのです。

カンクンの基本情報・特徴

カンクンは、メキシコ南東部のユカタン半島に位置する人気リゾート都市です。人口約88万人を擁し、カリブ海に面した美しい白砂のビーチが特徴的です。1970年代に計画的に開発されたリゾート地で、現在では世界中から観光客が訪れる国際的な観光地となっています。 カンクンは、「ホテルゾーン」と呼ばれる7字型の細長い地域に高級リゾートホテルが立ち並び、美しいビーチや豊富なアクティビティを楽しめます。また、マヤ文明の遺跡や自然の地下水プール「セノーテ」など、文化的・自然的な観光スポットも近郊に点在しています。 治安面では、観光客の多いエリアは比較的安全ですが、一般的な注意は必要です。特にホテルゾーンは警備が厳重で、安心して滞在できます。カンクンは、美しいビーチリゾートと豊かな文化体験を両立できる魅力的な都市といえるでしょう。

カンクン市内の移動手段

カンクンの移動手段は、主にバス、タクシー、レンタカーが中心です。市内を走る「R-1」や「R-2」などのバスは、ホテルゾーンと市街地を結ぶ便利な交通手段です。料金も安く、頻繁に運行しているので観光客にも人気です。 タクシーは至る所で見かけますが、料金交渉が必要なので注意が必要です。最近では配車アプリのUberも利用可能になり、安全で便利な選択肢となっています。 ホテルゾーン内の移動には、多くのホテルが提供する無料シャトルバスも便利です。また、フェリーを使えば、イスラ・ムヘーレス島などの近隣の島々へも簡単にアクセスできますよ。

カンクンの主な観光スポット

カンクンは、美しいカリブ海のビーチと豊富な観光スポットで知られています。まず外せないのが、真っ白な砂浜と透明度抜群の海が広がる「カンクン・ホテルゾーンのビーチ」です。世界遺産にも登録されている「チチェン・イッツァ遺跡」は、マヤ文明の壮大な遺跡群で必見です。海を見下ろす断崖絶壁に建つ「トゥルム遺跡」も絶景ポイント。自然lovers必見の「セノーテ」は、神秘的な地下水プールで泳ぐ体験ができます。のんびりしたい方には、美しいビーチリゾートの「イスラ・ムヘーレス島」がおすすめ。カンクンは、歴史、自然、ビーチリゾートと多彩な魅力にあふれた観光地です。

カンクンの気候

カンクンは年間を通じて温暖な気候を楽しめる人気のリゾート地です。年間平均気温は27℃前後で、1年中夏のような陽気が続きます。 乾季(11月〜4月)は、晴天が続き、湿度も低めで過ごしやすい時期。この時期は観光のベストシーズンと言えるでしょう。一方、雨季(5月〜10月)は、スコールのような短時間の雨が頻繁に降ります。 特に注意が必要なのは、6月〜11月のハリケーンシーズン。この時期は天候が不安定になりやすいので、旅行前に天気予報をしっかりチェックしましょう。 カンクン観光に最適な時期は、12月〜4月。温暖な気候と美しいビーチを存分に楽しめます。ただし、3月〜4月は春休みシーズンで混雑するので要注意です。

メキシコ・グアナファト

photo by PIXTA

グアナファトは、メキシコ中央部に位置する魅力的な世界遺産都市です。カラフルな建物が立ち並ぶ美しい街並みは、まるで宝石箱のよう。中世ヨーロッパの雰囲気を今に伝える石畳の小道が迷路のように広がり、丘には色鮮やかなコロニアル様式の家々が建ち並びます。 18世紀には世界の銀の約3分の1を産出し、その富が「メキシコで最も美しい街」を生み出しました。1988年に世界遺産に登録され、その美しさはディズニー映画「リメンバー・ミー」の舞台のモデルにもなったんです。 ピピラの丘からの夜景は世界最高レベルの美しさと称されるほど。フォトジェニックな街並みは、世界中の旅行者を魅了し続けています。グアナファトは、歴史と芸術が息づく魅力的な観光地として、ますます注目を集めているんですよ。

グアナファトの基本情報・特徴

グアナファトは、メキシコ中央部に位置するグアナファト州の州都です。人口約19万人、面積約72km²のこの街は、1988年にユネスコ世界遺産に登録された美しい植民地時代の街並みで有名です。 メキシコシティから北西に約350km、標高約2,000mの山間に位置するグアナファトは、16世紀から18世紀にかけて世界有数の銀鉱山として栄えました。その富は、今も残る華麗なバロック様式の建築物や色鮮やかな家々に反映されています。 迷路のような石畳の小道、丘陵地に広がるカラフルな家々、そして「ピピラの丘」からの絶景など、フォトジェニックなスポットが多数あります。治安は比較的良好で、観光客も安心して街歩きを楽しめます。ただし、夜間の一人歩きは避けるなど、一般的な注意は必要です。

グアナファト市内の移動手段

グアナファトの市内移動は、主に徒歩とバスが便利です。石畳の狭い道が多いため、徒歩での観光がおすすめ。市内を走る小型バス「バス・アーバノ」は、主要スポットを結んでいて便利ですよ。タクシーも利用できますが、狭い道が多いため、移動に時間がかかることも。また、丘の上にあるピピラ展望台へは、フニクラー(ケーブルカー)が運行しています。街の中心部は歩いて回れるサイズなので、ゆっくり街並みを楽しみながら散策するのがグアナファト観光の醍醐味です。

グアナファトの主な観光スポット

グアナファトは、カラフルな建物が立ち並ぶ美しい世界遺産の街です。街のシンボルとも言えるピピラ記念像からは、街全体を一望できる絶景が広がります。独立戦争の英雄を讃えるこの像からは、フニクラーで街の中心部へ降りることができますよ。 街の中心には、サンホセデグラシア教会やアルマス広場があり、コロニアル様式の建築美を堪能できます。また、ハリスコ州庁舎やカサ・ズーノなど、歴史的な建造物も見逃せません。 グアナファトの魅力は、迷路のような石畳の路地を歩くことにもあります。カラフルな建物や小さな広場、隠れた名所を発見する楽しみがありますよ。世界遺産に登録された美しい街並みを、ゆっくりと散策してみてください。

グアナファトの気候

グアナファトは、年間を通じて穏やかで過ごしやすい気候が特徴です。平均気温は18℃前後で、昼夜の寒暖差が大きいのが特徴ですね。 乾季は11月から4月で、この時期は晴れの日が多く、観光に最適です。日中は20℃を超えますが、朝晩は冷え込むので上着が必要ですよ。 雨季は5月から10月。午後に短時間のにわか雨が降ることが多いですが、長時間降り続くことは少ないんです。この時期は湿度が高くなりますが、それでも過ごしやすい気候です。 標高が高いため、年中涼しく感じることがあります。日差しが強いので、日焼け対策も忘れずに!ベストシーズンは10月から4月ですが、年中観光を楽しめる都市と言えますね。

メキシコ・グアダラハラ

photo by PIXTA

グアダラハラは、メキシコ第二の都市として知られる魅力的な場所です。人口約150万人を擁するこの都市は、ハリスコ州の州都であり、メキシコの中西部に位置しています。文化、経済、政治、教育の中心地として、グアダラハラは重要な役割を果たしています。

古い建物や広場、美術館、博物館など、豊富な文化遺産を誇るグアダラハラは、スペイン植民地時代の魅力と現代的な活気が融合した独特の雰囲気を醸し出しています。また、テキーラの故郷としても有名で、多くの観光客を魅了しています。

伝統的な音楽やダンスの中心地でもあるグアダラハラは、メキシコ文化の重要な一部を形成しています。美しい建築物、豊かな歴史、そして活気あふれる現代的な側面が調和した、魅力的な都市です。

グアダラハラの基本情報・特徴

グアダラハラは、メキシコ中西部に位置するハリスコ州の州都で、人口約150万人を擁するメキシコ第二の都市です。面積は約151km²で、首都メキシコシティから北西に約530km離れています。 この都市は、文化、経済、政治、教育の中心地として知られ、「メキシコの真珠」とも呼ばれています。スペイン植民地時代の建築物と近代的な街並みが共存し、豊かな歴史と文化を感じられます。 グアダラハラは比較的治安の良い都市ですが、観光客は一般的な注意を払う必要があります。特に夜間や人通りの少ない場所では注意が必要です。 また、この地域はテキーラの発祥地としても有名で、多くの観光客がテキーラ工場見学を楽しんでいます。美しい建築物、活気あふれる市場、そして伝統的な音楽や踊りなど、メキシコの魅力が凝縮された都市といえるでしょう。

グアダラハラ市内の移動手段

グアダラハラの市内移動には、様々な選択肢があります。主要な交通手段は、メトロ(軽量軌道システム)とバスです。メトロは3路線が運行しており、市内の主要なエリアを結んでいます。清潔で効率的な移動手段として人気です。 バスは市内全域をカバーしていて、料金も安価です。ただし、路線図が複雑なので、事前に調べておくと便利ですよ。 タクシーやUberも利用しやすく、特に夜間の移動に便利です。また、市内には交通ICカードがあり、メトロやバスでの支払いがスムーズになります。 徒歩での観光も楽しめる街並みなので、天気の良い日は散策もおすすめです!

グアダラハラの主な観光スポット

グアダラハラは、豊かな文化と歴史的な建造物が魅力の都市です。世界遺産に登録されているオスピシオ・カバーニャスは必見で、18世紀に建てられた美しい建物内には、有名な壁画「マン・オブ・ファイア」があります。 市内中心部には、バロック様式の美しいサンホセデグラシア教会や、賑わいのあるアルマス広場があります。広場周辺には、グアダラハラ大聖堂やネオクラシック様式のハリスコ州庁舎など、見どころが集中しています。 また、20世紀初頭に建てられたネオゴシック様式のカサ・ズーノは、現在美術館として利用されており、メキシコの著名な芸術家の作品を鑑賞できます。グアダラハラを訪れる際は、これらの魅力的な観光スポットを巡ってみてはいかがでしょうか。

グアダラハラの気候

グアダラハラは年間を通じて穏やかな気候が特徴です。平均気温は約20℃で、夏でも30℃を超えることは少なく、冬も10℃を下回ることはあまりありません。 乾季は10月から5月頃まで続き、この時期は晴れの日が多く、観光に最適です。特に11月から3月は気温も涼しく、快適に過ごせます。 雨季は6月から9月で、午後に短時間のにわか雨が降ることが多いですが、1日中雨が続くことは稀です。雨上がりの爽やかな空気を楽しめるのもこの時期の魅力です。 高地に位置するため、昼夜の寒暖差が大きいので、長袖のアウターを持参するのがおすすめです。年間を通して観光可能ですが、祭りやイベントの多い10月から12月がベストシーズンと言えるでしょう。

メキシコのさまざまな都市を知って、旅行を楽しもう!

メキシコには魅力的な都市がたくさんあります。首都メキシコシティは歴史と現代が融合する大都市。カンクンは美しいビーチリゾート。グアナファトは世界遺産の町並みが魅力的。グアダラハラはメキシコ第二の都市で文化の中心地です。

それぞれの都市に特徴があるので、この記事を参考に、自分の好みや興味に合わせて旅行先を選んでみてくださいね。メキシコの多様な魅力を存分に楽しんでください!

※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

cover photo by PIXTA

NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)

メキシコの東京発のおすすめツアー

メキシコ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる