NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【保存版】オアフ島の人気観光地30選!定番から穴場まで

オアフ島観光でおすすめのスポットを30選ご紹介します。憧れのハワイを訪れたのならぜひ行っておきたい定番スポットから、じわじわ人気を集める穴場スポットまで幅広くご紹介!カップル・夫婦はもちろん、ファミリー旅行にも最適なスポットも盛りだくさんです。

更新日:
NEWT編集部

ハネムーンでもファミリーでも友人同士でもひとり旅でも。誰もが楽しめる憧れの南国リゾート・ハワイ。ビーチやトレッキング、ショッピングなど、ハワイには見どころがたくさんあります!せっかく憧れの街を訪れたのであれば、効率よくおすすめのスポットを巡りたいですよね。

そこで本記事ではハワイの中心、オアフ島でおすすめの観光スポット30選をご紹介。定番から穴場まで、ファミリーからカップル・夫婦まで楽しめるとっておきのスポットをピックアップしました!ぜひハワイ旅行計画の参考にしてみてくださいね。


Contents

オアフ島観光におすすめのスポット30選

定番の観光地から穴場スポットまで、ハワイに来たら一度は訪れたい、おすすめのスポットをご紹介していきますね。

1.ダイヤモンドヘッド

海と街並みを一望!気軽に行ける絶景スポット


photo by shutterstock

ハワイに来たからにはぜひ訪れたい!ハワイのランドマーク的存在の『ダイヤモンドヘッド』。ワイキキ市内から車やバスで20~30分ほどという気軽さと山頂から見える景色の美しさが観光客に大人気です。ダイヤモンドヘッドは、コオラウ山脈の火山爆発によって、40~50万年前に生まれたと言われています。


photo by shutterstock

トレッキングと聞くと、ハードルが高いと感じる方もいるかもしれませんが、ダイヤモンドヘッドは1kmほどのトレッキングコースが敷かれ、散策がてら楽しめるのがポイント。往復1時間半ほどという気軽さでハワイの自然を楽しめます。ゆるやかな道や階段が整備されているので、運動が苦手な方や子どもでも安心です。


photo by shutterstock

そして、山頂まで登り切ったあとに待っているのは、これぞハワイと言われる絶景!どこまでも輝く青い海、そしてワイキキの街並み、沿うようにそびえる山々が一望できます。特に、空気が澄んだ日には、水平線上にラナイ島や、マウイ島ハレアカラ山が見えることも。太陽の角度による海や空の色の移り変わりの美しさを感じるのもおすすめ!雄大な自然を前に心震える感動の体験ができるはずです。

2.ワイキキビーチ

1日中楽しめる!どこまでも続く3kmの青い海


photo by shutterstock

ワイキキからダイヤモンドヘッドまで3kmほどにわたって続くワイキキビーチ。海沿いに立ち並ぶホテルやコンドミニアム、そしてその先に見えるダイヤモンドヘッド、ハワイらしい風景としておなじみですね。どこまでも美しく輝く青い海は、まさに思い描いているハワイの景色そのもの。

photo by shutterstock

小さな子どもでも自由に泳いだり遊んだりと楽しめるので、ファミリーでのんびり過ごすのにも最適です。シャワーやトイレも完備されているため、1日中のんびり過ごせますね。


photo by shutterstock

海水浴を楽しむのはもちろん、ぜひゆっくりと眺めてほしいのがサンセット。水平線に落ちていく太陽と、海一面がオレンジ色に染まる景色に感動すること間違いありません!心ゆくまでビーチでの時間を楽しんでくださいね。

3.カイルアビーチ

真っ白な砂浜が魅力! 全米一美しいビーチ


photo by shutterstock

全米一美しいビーチと言われるカイルアビーチ。さらさらとした白砂とエメラルドグリーンに輝く透明感の高い海がハワイらしさを引き立てます。トイレやシャワー、更衣室、パーキングなどが整備されているので、気軽に立ち寄れるのも嬉しいですね。


photo by shutterstock

ここでは、ウィンドサーフィンやカヌーなどのアクティビティを楽しむ人もちらほら。遠浅で波は低めなので、安全にマリンアクティビティを楽しめます。


photo by shutterstock

また、カイルアビーチはウミガメの保護地にも指定されており、高確率でウミガメに出会えるスポットとしても有名。ワイキキ中心部から車で40分ほどの距離にありながら、都会の喧噪(けんそう)とはうってかわって静かでのんびりとした雰囲気を楽しめます。のんびりとビーチを楽しみたいという方におすすめ!

4.ラニアケア・ビーチ

高確率でウミガメに遭遇!地元の人にも人気のビーチ


photo by shutterstock

ワイキキ中心部から車で1時間半ほどにある、オアフ島北側・ノースショアに位置するラニアケア・ビーチ。


photo by shutterstock

中心部からは離れていますが、サーファーの聖地といわれるノースショア、周辺にはドール・プランテーションやおしゃれなショップが並ぶハレイワタウンなどの観光スポットがいっぱい!そのため、多彩なアクティビティを組み込んで、まとめてめぐるのがおすすめです。


photo by shutterstock

ラニアケア・ビーチの魅力は、なんといってもウミガメとの遭遇率の高さ!5~9月の夏場には99%以上の確率で会うことができると言われています。ラニアケア・ビーチは砂浜ではなく岩浜のため、岩に生えている海藻を食べにウミガメがよく立ち寄るのだとか。


photo by shutterstock

いざ野生のウミガメを近距離で見ると水族館とはひと味違う迫力。ぜひハワイに来た思い出にウミガメとの出会いを楽しんでみて。

ただ、ウミガメへの接触は法律で禁じられています。万が一違反すると罰金を取られるケースもあるので、ウミガメをビーチで観察する際は、ボランティアスタッフの注意をしっかりと聞きましょう。

5.モアナルア・ガーデン

CMでおなじみの巨大な木がシンボル!自然溢れる公園


photo by shutterstock

モアナルア・ガーデンはワイキキ中心部から車で20分ほどの場所にある公園。CMでもおなじみのモンキーポッドの巨木は、なんと樹齢100年!大迫力な木々に目を奪われること間違いありません!


photo by shutterstock

あたり一帯は公園として芝生が整備されているため、観光客はもちろん、地元の人々の憩いの場としても親しまれています。青い空と目の前に広がる大自然に癒やされてみて。


photo by shutterstock

また、モアナルア ガーデンズは古くからの歴史があることでも有名。王族ゆかりの地として知られ、カメハメハ5世の建てた別荘が今でも残されています。ぜひ、ハワイらしい雄大な自然と歴史を堪能してみてくださいね。

6.ワイキキ水族館

ファミリーにおすすめ!100年以上の歴史を持つ老舗水族館


photo by shutterstock

ワイキキ水族館は、1904年に誕生したアメリカで3番目に古く、100年以上の歴史を誇る見応え抜群の水族館です。歴史の長さだけでなく、展示内容も充実しているのが特徴。ここには、ハワイにしか生息していない固有生物や珍しい生き物、ハワイアン・モンク・アザラシなど、ハワイだからこそ見ることのできる生き物たちがいっぱいです!


photo by shutterstock

また、100種類以上の珊瑚や熱帯魚の世界をのぞける水槽「ラグーンの共同体」や、世界一巨大なシャコ貝など迫力ある生物たちが見られる「南太平洋の珊瑚礁」などもあり、小規模ながらもじっくりと見応えのある鑑賞を楽しめますよ。


photo by shutterstock

さらに、ただ見るだけでなく生き物とふれあえるコーナーもあるので、小さな子ども連れにもおすすめ!ハワイでしか見ることのできない生物たちをじっくりとこの目で楽しんでみてくださいね。

7.カメハメハ大王像

ハワイ諸島統一の大王の像は必見!ハワイの象徴


photo by shutterstock

日本でもなじみのあるカメハメハ大王。ハワイ諸島を初めて統一した人物として現在も歴史が語り継がれています。カメハメハ大王像が建つのはオフィス街やチャイナタウンのあるトレンド発信地、ホノルルのダウンタウン。ハワイ州の最高裁判所、アリイオラニ・ハレの前に建っています。


photo by shutterstock

実はカメハメハ大王像は、カメハメハ大王の生誕地、カパアウとヒロ、ハワイに3体存在しており、それぞれ服装が異なります。ホノルルにあるカメハメハ大王像は金色のヘルメットとマントで身を包み、きらびやかな雰囲気を醸し出しています。


photo by shutterstock

ハワイの象徴ともいわれる堂々たるたたずまいを、ぜひハワイ旅行の記念に写真に収めておきましょう。

8.ココヘッド・クレーター・トレイル

急勾配を登り切ると360度のパノラマビュー!

ワイキキ中心部から車で30分ほど。標高368m、3万年前に噴火の影響でできたクレーターを登るトレイルコースです。急勾配の階段を一直線で登り続けるコースなので、ダイヤモンドヘッドよりも体力が必要。ですが、800段ほどの木組みの階段が敷かれており、トレッキング初心者でも気兼ねなく楽しめますよ!

photo by shutterstock

階段をひたすら登るため頂上まで行くのは大変ですが、登り切った後に地上を振り返ると、ハワイの大自然が目の前に広がります。360度のパノラマビューに、疲れた心と身体が癒やされるはずです!


photo by shutterstock

帰り道はハワイの美しい海と街並みを見渡しながら階段を降りることができます。ここでは、緑のない急勾配を登るため直射日光に注意!日焼け止めは必須です。また、体力を消耗するので水分補給も忘れずに行いましょう。

9.クアロアランチ

オアフ島のパワースポットで多彩なアクティビティを


photo by shutterstock

クアロアランチは、オアフ島の北東に位置し、古代には王族以外は立ち入りが禁止されていた聖なる土地です。


photo by shutterstock

壮大な山並みや草原、プライベートビーチなどが敷地内にあり、多彩なアクティビティを楽しめることで有名。壮大な自然はハリウッド映画やCMなどのロケ地としても利用されています。


photo by shutterstock

敷地内では乗馬、映画ロケ地巡り、ジップライン、四輪バギーで園内を巡るツアーなど多彩なアクティビティが楽しめるため、1日中いても飽きません!子ども連れはもちろん、大自然の中でスリルを味わいたいという方にとくにおすすめです。


photo by shutterstock

また、シークレットアイランドというプライベートビーチではカヤックやカヌー、SUPなどのマリンアクティビティも楽しめます。ハワイの雄大な山々と美しい海を両方満喫できるおすすめの場所です。

10.イオラニ宮殿

1882年建立の美しい欧州様式の宮殿!


photo by shutterstock

イオラニ宮殿は、ハワイ王朝カラカウア王が1882年に建てた公邸です。当時のモダンテクノロジーを駆使して造られたと言われている通り、宮殿内には当時としては先進的な、水洗トイレやお湯の出るシャワー、電灯などが整備されています。


photo by shutterstock

欧州の建築様式を用いた格式高い外観はもちろん、内装にもこだわった造りで、世界各国から集められた調度品が美しいのも魅力の一つ。


photo by shutterstock

現在は修復作業を経て内装も綺麗に保たれており、大広間や王座の間などのきらびやかな空間を見学できます。日本語のガイドツアーやオーディオツアーもあるので、ハワイの歴史をより学んでみたいという方はぜひ参加してみて。

11.ドール プランテーション

南国農園の雰囲気溢れる!入場無料のテーマパーク


photo by shutterstock

ワイキキ中心部から車で40分ほど、ノースショアに向かう途中にあるパイナップルで世界的に有名なドールによる農園・テーマパーク。1989年のオープン以来、年間100万人が訪れるほどの人気の観光スポットとして知られています。実験農場としてパイナップル生産による品質改良が日々研究されているほか、家族で楽しめる施設が充実しているのが魅力の一つです。


photo by shutterstock

施設内では、世界中のパイナップルについて知ることのできるビジターセンターやプランテーション・ガーデンツアーをはじめ、パイナップルエクスプレストレインツアー、パイナップルガーデン迷路など、さまざまな角度からパイナップルを知り、楽しむことができます。


photo by shutterstock

土産店も併設されているので、新鮮なパイナップルを購入することもできます!パイナップルソフトクリームといった軽食を楽しめるのも嬉しいですね。

12.戦艦ミズーリ記念館

ハワイの歴史や戦争について学べる記念館


photo by shutterstock

戦艦ミズーリ記念館は、1941年日本軍による真珠湾攻撃が行われた場所にある資料館。第二次世界大戦中に大きな役割を果たした船が飾られ、ハワイの歴史や戦争について、船の見学をしながら学べるようになっています。


photo by shutterstock

全長270mほどの戦艦ミズーリは、ポツダム宣言の履行などを定めた降伏文書に日本の当時の外務大臣と連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーが署名した会場。当時の様子や歴史的瞬間を収めた写真や資料も展示されています。


photo by shutterstock

主砲やエンジンルーム、神風特攻隊の攻撃の跡など、内部の見学も可能です。日本語の案内もあるので、ぜひ当時の戦争を学ぶきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

入館料:大人29ドル、13ドル(4-12歳)

13.ホノルル動物園

芝生スペースや遊具もあり!子ども連れにぴったりの動物園


photo by shutterstock

ワイキキ中心部から歩いて15分ほどの好立地にある動物園。園内には動物がいるスペースだけでなく、芝生広場や遊具も充実しているので、ファミリーが遊ぶのにもってこいです。


photo by shutterstock

園内には鮮やかなピンク色をしたフラミンゴ、サル、チンパンジー、シマウマ、キリンなどさまざまな動物が飼育されています。ぐるりと一周できるように造られているので、じっくりと回ってみましょう。


photo by shutterstock

小さい子ども連れには、子ども動物園もおすすめ。子ヤギやニワトリなどの動物たちとふれあえるスペースがあるので、小さな子どももきっと喜ぶはず!


photo by shutterstock

木々に覆われた芝生広場もあるため、ワイキキビーチやショッピングの合間の癒やし時間として立ち寄るにもおすすめです。

入園料:大人(13歳以上)19ドル、子ども(3-12歳)11ドル、幼児(2歳以下)無料

14.アラモアナセンター

日本未進出のショップもあるハワイ最大のショッピングセンター!


photo by shutterstock

アラモアナセンターは、2015年オープンのハワイ最大のショッピングセンター。350ほどの店舗数を誇り、多彩なショップやレストラン巡りを楽しめます。

4つのデパート、ブランドブティック、日本未進出のショップなど、買い物好きにはたまらない充実度がこのショッピングセンターの特徴!日本では手に入らないブランド品をゲットするのも良し、旅行の終盤にお土産探しに立ち寄るのも良し。さまざまな目的で活用できます。

900席ほどある大きなフードコートでは、ハワイのローカルグルメや世界各国の有名グルメを楽しめます。センター内のステージではフラダンスショーやウクレレの演奏が行われることも。ハワイ気分を存分に味わってみて。

15.ピルボックス

SNSで話題!ビーチが見渡せる絶景トレイル


photo by shutterstock

ピルボックスは、ワイキキ中心部から車で30分ほどのカイルア地区にある戦時中に造られた見張り塔。形が薬箱に似ていることから、この名が付けられました。


photo by shutterstock

最近じわじわとSNSで話題になっているピルボックスですが、ここでは、さえぎるるものがない、見渡す限りの美しい海の絶景を楽しめます!ピルボックスのある頂上までは徒歩で片道30分ほど。ダイヤモンドヘッドと比べてでこぼこ道や岩場が続く箇所もあるため、運動靴や動きやすい服装で訪れるのがマスト。日差しが強いので日焼け止めもしっかりと塗っておきましょう!


photo by shutterstock

頂上からは天国の海ともいわれるラニカイビーチが目の前に広がり、トレイルの疲れも癒やしてくれるはずです。ピルボックスから足をぶら下げた状態で写真を撮れば、まさに、断崖絶壁に腰掛けているよう。SNS映え必至のショットが撮れますよ!

16.シー・ライフ・パーク ハワイ

ハワイ最大の体験型マリンパーク


photo by shutterstock

ワイキキ中心部から車で30分ほどの場所、マカプウ岬近くにあるハワイ最大級のマリンパーク。イルカやアシカ、ペンギン、ウミガメ、サメ、イルカとクジラのハーフ、ウォルフィなどさまざまな生き物たちを見学できます。


photo by shutterstock

イルカと間近でふれあえる「ドルフィン・エンカウンター」サメと同じ水槽に入りふれあえる「ハワイアン・リーフ・エンカウンター」など、別料金でより身近に動物を感じられるプランも盛りだくさん!子どもから大人まで存分に満喫できますよ。イルカやアシカのショーが毎日行われているので計画も立てやすいですね。

ドルフィンエンカウンター:149.99ドル
ハワイアン・リーフ・エンカウンター:79.99ドル

17.ポリネシア・カルチャー・センター

ハワイのルーツをたどる!体験型テーマパーク


photo by shutterstock

ポリネシア・カルチャー・センターは東京ドーム3個分ほどの敷地に、ポリネシアの文化や歴史を伝えるさまざまな施設やアクティビティが入る体験型テーマパーク。オアフ島の伝統文化やポリネシアの文化を体験しながら学べるスポットです。


photo by shutterstock

「ハワイ村」「トンガ村」「タヒチ村」などポリネシアの各地域ごとに分かれたエリアを見ながら、それぞれの違いを探してみるのも楽しいかもしれません。


photo by shutterstock

また、イブニングショーやカヌーショーなどのショーも充実していて、大迫力のステージを楽しめます!「入園&ナイトショー」「ビュッフェ付き」など料金体系もたくさんあるので、好みに合わせて滞在を楽しんでみて。

入園&ナイトショー:大人119.95ドル、子供95.96ドル
※その他多数のプランあり

18.タンタラスの丘

ワイキキの夜景を見下ろす!カップルにおすすめの絶景スポット


photo by shutterstock

タンタラスの丘は、マウイ島の火山噴火によって作り出された、コオラウ山脈がせり出した小さな丘。ハワイ一の絶景夜景スポットとして有名で、地元の人や観光客などさまざまな人に愛されているスポットです。

photo by shutterstock

眺望ポイントの周辺には街灯や民家がないため、空気が澄み、ワイキキの街の灯りとその向こうに広がる海、そして星空を一望できます。とくにカップルや夫婦で訪れれば、忘れられないロマンチックなハワイの思い出になること間違いありません!


photo by shutterstock

場所はワイキキ中心部から車で30分ほど。バスやトロリーの路線はないため、レンタカーやタクシーで行くか、またはツアーに申し込んで訪れましょう。

19.セントオーガスティンカトリック教会

ステンドグラスが美しい本格カトリック教会


photo by Sam Lawrence Photography / shutterstock

セントオーガスティンカトリック教会は、ワイキキ中心部から徒歩すぐの場所にあるカトリック教会。結婚式場や地元の人のミサに利用されている教会です。

ワイキキビーチからすぐの場所にあるにもかかわらず、一歩教会へ踏み入れれば静寂で厳かな空気に包まれます。とくに、ステンドグラスから差し込む光は美しく、荘厳な気持ちになるはずです。

ミサの時間帯は内部の見学もできるので、事前に時間をチェックした上で足を運んでみてくださいね。

20.ハナウマ湾

カラフルな魚たちとシュノーケリング!


photo by shutterstock

ハナウマ湾はワイキキの東に位置し、ホノルル市の自然保護区にも指定されているスポット。32,000年前の火山活動によって形成されたクレーターが、雨や風の浸食により馬蹄型(ばていけい)となり今の形になっています。

 
photo by shutterstock

昔は神聖な場所で王族以外は入ることが許されていませんでしたが、現在は映画のロケ地にも選ばれ、多くの人で賑わう一大観光スポットに。とくに海の透明度が高く、シュノーケリングを楽しむのに絶好の場所として親しまれています。


photo by shutterstock

ここでは、バタフライフィッシュをはじめとするカラフルな熱帯魚の群れが見られ、まるで水族館の中を泳いでいるかのよう!展望台からの雄大な海の絶景を眺めるだけでも十分楽しめますが、時間がある方はぜひシュノーケリングを心ゆくまで楽しんでみて。

入場料:7.50ドル(13歳以上)

21.マノア滝

マイナスイオンの穴場のトレイルスポット!


photo by shutterstock

マノア滝は、ワイキキ中心部から車で20分ほどと、お手軽にハイキングを楽しめるため、観光客にじわじわと人気が出ているスポットです。


photo by shutterstock

トレイルコースのスタート地点からマノア滝までは30分ほど。ゆるやかな道が続くため、バニヤンツリーなど、ハワイらしい豊かな緑の景色を楽しみながら歩いて行けます。


photo by shutterstock

30分ほど歩いた先にあるのが、マノア滝。45mほどの高さから緑をかき分けて水が勢いよく流れる姿は迫力満点。神秘的な自然に癒やされること間違いありません!映画『ジュラシック・ワールド』の撮影地としても知られています。

22.ホノルル美術館

日本語ツアーあり!ハワイの美術品がそろう総合美術館


photo by @mippoco_design/instagram

ホノルル美術館は、1927年にアナ・ライス・クック夫人により設立された総合美術館。ハワイ王朝に関わるハワイアンアートをはじめ、ゴッホやゴーギャン、そして浮世絵では葛飾北斎や歌川広重など、50,000点以上の世界中の作品がコレクション、展示されています。

展示は国別で30ほどの展示室に分かれていて、たった1日で世界中のアートを旅する気分に。敷地内は緑が多くゆったりとした雰囲気なので、アクティビティに疲れた際の癒やしスポットにもなるはずです。日本語ガイドツアーも実施されているので、じっくりとアートを楽しめますよ。

入館料:20ドル(19歳以上)

23.カワイアハオ教会

結婚式場としても人気!オアフ島のキリスト教会第1号


photo by shutterstock

ホノルルのダウンタウンにあるカワイアハオ教会は、1842年オアフ島に最初に設立されたキリスト教会。別名で「太平洋のウェストミンスター寺院」と呼ばれ、1962年には国定歴史建造物に登録されています。


photo by shutterstock

カメハメハ4世とエマ女王の結婚式など、王族の結婚式が代々行われてきた場所で、現在は日本人も多く結婚式を挙げている人気の場所です。

教会に一歩足を踏み入れると、白を基調とした明るい雰囲気の空間が広がります。歴代の王族の肖像画が飾られ、王朝時代のハワイを感じさせる装飾や展示が多数。シンプルながらも細かに散りばめられたハワイの歴史を見つけてみるのも楽しいかもしれません。

現在のハワイでは珍しい、ハワイ語による礼拝や賛美歌の歌唱が行われるのも特徴の一つです。

24.ロイヤル ハワイアン センター

ワイキキのホテルから徒歩圏内!気軽に楽しめるショッピングセンター

ワイキキの中心部・カラカウア通りの一角にあるショッピングセンター。100店舗以上のブランドやレストランが建ち並び、滞在中気軽に楽しめる場所です。無料のショーやイベントも充実しているため、ハワイ気分を存分に味わえます。

また、敷地内にある緑豊かなガーデン「ロイヤル・グローブ」では、ヤシの木に囲まれたハワイらしい雰囲気の中、参加自由のフラダンスやヨガレッスンを受けることもできます。より深くハワイの文化を楽しむのにぴったりのスポットです。

25.アリゾナ記念館

歴史と戦争の悲惨さを学ぶ場所


photo by shutterstock

アリゾナ記念館は、1941年の真珠湾攻撃で命を落とした乗組員と撃墜された戦艦アリゾナの乗組員の慰霊を目的に建てられた施設。


photo by shutterstock

真珠湾攻撃に関する資料や情報をそのまま伝承する役割も果たしています。とくに、真珠湾攻撃の様子やドキュメンタリー映像が残されており、戦争の悲惨さについて、あらためて学ぶことのできる場所。


photo by shutterstock

歴史や戦争について改めて考えるきっかけになるはずです。

26.デュークカハナモク像

「サーフィンの父」と一緒に写真撮影を!


photo by shutterstock

クヒオ・ビーチに建っているデュークカハナモク像は、ワイキキビーチのシンボルとして多くの人に親しまれ、愛されています。というのも、デュークカハナモクは、ハワイ初のオリンピック選手として競泳種目で金メダルに輝いたハワイの英雄なのです!


photo by shutterstock

世界中から訪れる観光客に、サーフィンやカヌーを教えるワイキキビーチボーイズの創始者としても知られ、サーフィンの父とも言われています。


photo by shutterstock

ワイキキの美しい海をバックに、両手を広げて優しい頬笑みを浮かべるデュークカハナモクとぜひ写真を撮ってみてくださいね!

27.ワイメア湾

ビッグウェーブサーフィンの発祥地!


photo by shutterstock

ワイメア湾は、有数のサーフィンスポットとして知られるオアフ島北のノースショアの中でも、ビッグウェーブサーフィンの発祥地として知られています。全長500mに渡って透き通るエメラルドグリーンの海と白い砂浜が広がる景色は、ただ眺めるだけでも飽き足らないほど。


photo by shutterstock

また、波が高くなる11~2月には世界中からプロサーファーが集まり、迫力満点のサーフィンの技を競います。


photo by shutterstock

それ以外の時期には、サーフィンをやらない方でも海水浴やシュノーケリングなどのマリンアクティビティを楽しんだり、迫力あるサーファーの波乗りを眺めたりと飽きずに満喫できますよ。

28.カピオラニ公園

ダイヤモンドヘッドを眼前に望む!広大な自然公園


photo by shutterstock

カピオラニ公園は、ダイヤモンドヘッドのすぐ横にある広大な公園。広い敷地内ではイベントやヨガ、コンサートなどが開催され、観光客だけでなく地元の人にも親しまれる憩いの場です。


目の前にはダイヤモンドヘッドを望み、下から見るその大迫力の姿に驚くこと間違いありません!道路を挟んでホノルル動物園やワイキキ水族館があるため、子連れ旅行にもぴったり。ワイキキから少し離れてのんびりと休日を楽しんでみましょう。

29.シャングリラ回教美術館

イスラムのエキゾチックな雰囲気ただよう邸宅


photo by Phillip B. Espinasse / shutterstock

シャングリラ回教美術館は、アメリカ人女性が生涯をかけて完成させた別荘で、高級住宅街として知られるブラックポイントという場所に位置しています。

公邸の持ち主、ドリス・デュークが集めたイスラム芸術に関する美術品の数々は、なんと約3,500点!ハワイの自然美とイスラムのエキゾチックな魅力が見事に融合され、独特の世界観に包まれています。ぜひ内部の隅々まで美しく飾られた美術品を堪能してくださいね。

一般公開はされておらず、観覧できるのはツアーに申し込んだ参加者のみ。ホノルル美術館から出発する日本語ツアーが週3回ほど開催されているのでチェックしてみて。

入館料:大人25ドル

30.ヌウアヌ・パリ展望台

標高366mのオアフ島屈指の絶景スポット


photo by shutterstock

ヌウアヌ・パリ展望台は、オアフ島コオラウ山脈の中腹に位置する標高366mの崖の上にある展望台。パリはハワイ語で「崖」を意味する通り、ほぼ垂直に切り立った高さに位置しています。


photo by shutterstock

展望台からはハワイらしい雄大な自然と街並み、その向こうに海が見渡せ、オアフ島のなかでも随一の絶景スポット!


photo by shutterstock

ここからは、険しい山脈と美しい緑のコントラストも楽しめます。展望台では北東から吹き抜ける風が強いことも特徴の一つ。雲が次々と流れていく様子も間近で見ることができます。

オアフ島観光の定番を知って楽しい時間を過ごそう!

本記事では、オアフ島を旅するなら一度は訪れたい、観光におすすめのスポット30選をご紹介しました!ハワイ初心者がまずは訪れたい定番スポットから、リピーターにもぜひ訪れて欲しい穴場のスポットまで、幅広くセレクトしています。

興味のあるスポットやアクティビティを参考に、効率よくハワイ旅行の計画を立ててみてくださいね。

cover photo by shutterstock

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる