NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

ニューヨーク観光におすすめの定番&穴場スポット16選!グルメやモデルコースも

ファッションや芸術、経済の発信地であるニューヨークは見どころ観光地がいっぱい!今回はNEWT編集部がニューヨーク旅行におすすめの人気の定番観光地から穴場観光スポットまでを厳選してご紹介します。 さらに、ニューヨークでぜひ食べたいグルメ&カフェ、ニューヨークを目一杯楽しむための目的別モデルコースもご紹介しますので、ぜひニューヨーク旅行に行く際の参考にしてくださいね。

更新日:
NEWT編集部

ファッションや芸術、経済の発信地であるニューヨークは見どころ観光地がいっぱい!今回はNEWT編集部がニューヨーク旅行におすすめの人気の定番観光地から穴場観光スポットまでを厳選してご紹介します。

さらに、ニューヨークでぜひ食べたいグルメ&カフェ、ニューヨークを目一杯楽しむための目的別モデルコースもご紹介しますので、ぜひニューヨーク旅行に行く際の参考にしてくださいね。

Contents

経済・文化・観光などの世界の中心地!ニューヨークはどんな街?


 photo by pixabay

ニューヨークは、アメリカ最大級の都市で、経済や文化、観光の中心地。刺激や多様性、自由などに満ちあふれた、一度は訪れてみたい都市です。圧倒的歌唱とダンスで最高のエンターテインメントを楽しめるブロードウェイや世界の交差点とも言われるタイムズスクエアなど、憧れの観光地が多いのもニューヨークの魅力のひとつ!5番街を中心にファッションブランドやレストランなどのお店が軒を連ねていて賑やかな雰囲気です。

さらに、ニューヨークはアートの街ともいわれていて、美術館も多く存在しています。世界的に有名な美術館からギャラリーまでさまざまです。ニューヨークはどんな人でも楽しむことができるみどころいっぱいのオールマイティな街だといえます。

また、ニューヨークは交通手段も豊富です。黄色が目印のニューヨークタクシーやニューヨーカーが最も利用しているといわれているニューヨークメトロ(地下鉄)、ニューヨークバスなどさまざまな交通手段がありますので観光には困りません。

ニューヨークでおすすめの定番観光スポット10選!


 photo by Unsplash

まずは、初めてのニューヨーク旅行でもおすすめの定番観光スポットから紹介します。

1.  タイムズスクエア


photo by pixabay

ニューヨークのタイムズスクエアは、マンハッタンで最も観光客が訪れる場所。世界の交差点の愛称でも親しまれています。見渡す限りのLEDディスプレイに多くの文字や映像が表示されている様は、まさに圧巻です!

初めてタイムズスクエアを訪れる観光客の人々は必ず記念撮影するほど、人気のスポットになっています。


photo by pixabay

実は、ニューヨークのタイムズスクエアは昔はここまで有名なスポットではなかったんです。元ニューヨーク市長とディズニーの存在によって、この圧巻の街並みとライトアップのスポットへと変化していきました。

せっかくニューヨーク観光に来たなら、ぜひザ・ニューヨークの圧巻の景色を楽しんでみて。

タイムズスクエア(Times Square)の基本情報
住所:Manhattan, NY 10036, United States
営業時間:24時間
アクセス:1)地下鉄1/2/3/7/A/C/E/N/Q/R/W/S線タイムズスクエア42丁目(Times Square-42nd Street)駅から徒歩約1分
     2)ニューヨーク中心地(エンパイアステートビル)から徒歩約15分
公式サイト:https://www.timessquarenyc.org

2. セントラルパーク


photo by pixabay

ニューヨークのセントラルパークは、マンハッタンの中心にあるとても大きな公園。自然を大切しながらつくられた公園です。

セントラルパークはマンハッタンの心臓とも呼ばれていて、毎年約4000万人もの観光客が訪れています!セントラルパーク内の道路は、観光客が安心してゆっくり自然を楽しめるように車の通行が禁止されているので、ゆっくりと過ごせますよ。四季折々の姿を楽しむことができるおすすめのスポットです。


 photo by pixabay

また、セントラルパーク内にはストロベリーフィールズと呼ばれるスポットもあります。ビートルズのジョンレノンが亡くなったあと、いつもジョンレノンがよく利用していた場所に平和の象徴としてつくられました。

セントラルパークは、誰もがゆったりとした時間を満喫できる、そんなスポットです。

セントラルパーク(Central Park)の基本情報
住所: New York, NY, United States
電話:+1-212-310-6600
営業時間:月曜日~日曜日 6:00~翌1:00
アクセス:1)地下鉄N/R/W線59丁目(59 Street)駅から徒歩約1分
     2)ニューヨーク中心地(エンパイアステートビル)から車で約15分
公式サイト:https://www.centralparknyc.org/

3. メトロポリタン美術館


photo by pixabay

METの愛称で親しまれている、メトロポリタン美術館。ニューヨーク最大の美術館ともいわれています。パリのルーブル美術館やロンドンのナショナルギャラリー、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館と並んで有名な美術館です。


photo by pixabay

メトロポリタン美術館は建物自体も高い評価を受けていて、建築家にも有名な建物となっています。展示品の種類もとても豊富で、なかにはエジプトの展示コーナーや神殿まで設置されているエリアも。また、日本の美術品が展示されているのも特徴のひとつです。

戦国時代の武器や甲冑、日本刀などさまざまな種類があります。武器だけでなく屛風や浮世絵、仏像など日本人にも馴染みのあるものがたくさんあるので、見応えはばつぐん!

ニューヨークに旅行に行った際にはぜひ一度、訪れてみてください。

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)の基本情報
住所:1000 5th Ave, New York, NY 10028, United States
電話:+1-212-535-7710
営業時間:日曜日~火曜日10:00~17:00、木曜日~土曜日10:00~21:00
休業日:水曜日
アクセス:1)地下鉄4/5/6番線86ストリート(86th Street)駅から徒歩約10分
2)ニューヨーク中心地(エンパイアステートビル)から車で約20分
料金:大人30ドル(約4,300円)、学生17ドル(約2,437円)、子供(12歳以下)無料、高齢者(65歳以上)22ドル(約3,154円)
※2022年9月16日のレート、1ドル=143.3円で計算
公式サイト:https://www.metmuseum.org/

4. 自由の女神


photo by pixabay

ニューヨークの自由の女神を知らない人はいないですよね。自由の女神は、アメリカ独立100周年を記念してフランスから送られました。

世界の自由を象徴する女神像で、フランスで一度完成したあとパーツごとに分解されてニューヨークへ運ばれました。世界遺産にも登録されています。

自由の女神があるリバティ島は、スタチュークルーズでのみ行くことができるので、つかの間のクルーズを楽しんでみてください!スタチュークルーズの発着場では、自由の女神の後ろ姿もみられますよ。


photo by pixabay

また、自由の女神は事前予約さえしていれば、自由の女神内部を登って王冠部分の展望台にも入ることができます。実際に近づいてみなければわからないこともたくさんあるので、ニューヨークに旅行に来た際はぜひ一度足を運んでみては?

自由の女神(Statue of Liberty)の基本情報
住所:New York, NY 10004, United States
電話:+1-212-363-3200
営業時間:月曜日~日曜日8:30~16:00
休業日:サンクスギビングデー(11月第4木曜日)、クリスマス(12月25日)
アクセス: マンハッタン最南端のバッテリーパーク(Battery Park)からフェリーで約20分
料金:1)一般入場チケット:大人24ドル(約3,440円)、子供(12歳以下)12ドル(約1,720円)、幼児(3歳以下)無料、高齢者(62歳以上)18ドル(約2,580円)
2)自由の女神の台座見学チケット:大人24.30ドル(約3,483円)、子供12.30ドル(約1,763円)、幼児(3歳以下)無料、高齢者(62歳以上)18.30ドル(約2,623円)
※2022年9月16日のレート、1ドル=143.3円で計算
公式サイト:https://www.nps.gov/stli/index.htm

5. エンパイアステートビル


photo by pixabay

エンパイアステートビルは、ニューヨークの中心であるマンハッタンに建築された地上102階建ての超高層ビルです。建築されてからワールドトレードセンターができるまでの約40年間、世界一高いビルと言われていました。

数々の有名ハリウッド映画の舞台にもなっていて、アメリカを象徴するビルであるともいわれています。


photo by pixabay

あまり知られていませんが、エンパイアステートビルにはオーナーが存在するんです。なんと、トランプ大統領や日本人がオーナーだった時代もあり、ビルのオーナーは何度も変わっています。

エンパイアステートビルの展望台からは、マンハッタンの街並みを一望できます。昼と夜で景色がまったく違うので、ニューヨークを訪れた際はぜひ昼と夜それぞれの時間帯に展望台に登ってみてください!

エンパイアステートビル(Empire State Building)の基本情報
住所:20 W 34th St., New York, NY 10001, United States
電話:+1-212-736-3100
営業時間:月曜日~日曜日 10:00~0:00
アクセス: 地下鉄B/D/F/M/N/Q/R/W線34丁目‐ヘラルド・スクエア(34th St-Herald Sq.)駅から徒歩約3分
料金:1)メイン展望台チケット:大人44ドル(約6,308円)、子供(12歳以下)38ドル(約5,447円)、幼児(5歳以下)無料、高齢者(62歳以上)42ドル(約6,021円)
2)トップ展望台:大人77.00ドル(約11,039円)、子供(12歳以下)71ドル(約10,178円)、高齢者(62歳以上)75ドル(約10.752円)
3)1日2回AM・PMエクスペリエンスチケット:大人64ドル(約9,178円)、子供(12歳以下)54ドル(約7,744円)
※2022年9月16日のレート、1ドル=143.3円で計算
公式サイト:https://www.esbnyc.com/

6. ロックフェラーセンター


photo by pixabay

ロックフェラーセンターは、マンハッタンに存在する商業ビル。なかでも、観光客に大人気のトップオブザロックは、ロックフェラーセンターの最上階にあります。トップオブザロックからはマンハッタンの街並みを一望できて、まさに絶景です!


photo by pixabay

北側にはセントラルパーク、南側にはエンパイアステートビルも見えるので、それぞれの有名スポットを違った角度から見てみるのも面白いかもしれません。

ロックフェラーセンターでは、ツアーも開催されていて、歴史や建築物について詳しく学べます。歴史の専門家が案内してくれるので、ロックフェラーセンターを違った角度から見ることができるかもしれませんね。

ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)の基本情報
住所:45 Rockefeller Plaza, New York, NY 10111, United States
電話:+1-212-588-8601
営業時間:24時間
アクセス:1)地下鉄B/D/F線47‐50ストリート‐ロックフェラーセンター(47-50th Sts-Rockefeller Ctr.)駅から徒歩約4分
2)ニューヨーク中心地(エンパイアステートビル)から車で約10分
公式サイト:https://www.rockefellercenter.com/

7. ブルックリン橋


photo by pixabay

ニューヨークのブルックリン橋は、1883年5月に開通した世界初の鋼鉄ワイヤーを使用した吊り橋です。長い間、マンハッタンとブルックリンをつなぐ橋はこのブルックリン橋1つだけでした。


photo by pixabay

ブルックリン橋の総工費は、約1,900万ドルだといわれています。また、ブルックリン橋が開通したあと橋の強度が低く、崩壊する恐れがあるとの噂が立ったのです。その噂を証明するために、マンハッタンのサーカスが象を約20頭連れてブルックリン橋を渡ったというユニークなエピソードもあります。

ニューヨークを訪れた際は、景色を見ながらゆっくりとブルックリン橋を渡ってみるのもいいですね。

ブルックリン橋(Brooklyn Bridge)の基本情報
住所:Brooklyn Bridge, New York, NY 10038, United States
営業時間:24時間
アクセス: 1)地下鉄A/C線ハイ・ストリート(High Street)駅から徒歩約7分
2)ニューヨーク中心地(エンパイアステートビル)から車で約15分
公式サイト:http://www.nyc.gov/html/dot/html/infrastructure/brooklyn-bridge.shtml

8. ニューヨーク近代美術館


photo by Shutterstock/Erika Cross

ニューヨーク近代美術館は、通称MoMA(モマ)と呼ばれていて、近年リニューアルオープンしたことでも有名な美術館です。ニューヨーク近代美術館にはゴッホやピカソ、モネなど美術界で知らない人はいない有名画家の作品が多く展示されています。

以前よりもギャラリーが広くなっていて、さまざまなアーティストの作品が展示されるようになりました。


photo by pixabay

ニューヨーク近代美術館には中庭も配置されていて、他にも館内には休憩スペースがいくつもあります。美術作品を楽しみながら、ゆったりと過ごせる空間となっているのです。美術作品に触れるのが初めての方でも十分楽しめるので、ニューヨーク観光の合間にぜひ一度、足を運んでみてください。

ニューヨーク近代美術館(The Museum Of Modern Art)の基本情報
住所:11 W 53rd St, New York, NY 10019, United States
電話:+1-212-708-9400
営業時間:日曜日~金曜日10:30~17;30、土曜日10:30~19:00
休業日:サンクスギビングデー(11月第4木曜日)、クリスマス(12月25日)
アクセス:1)地下鉄E/M線5アヴェニュー&53ストリート(5th Avenue&53 Street)駅から徒歩約3分
2)ニューヨーク中心地(エンパイアストビル)から車で約13分
料金:大人25ドル(約3,585円)、学生14ドル(約2,007円)、子供(16歳以下)無料、高齢者(65歳以上)18ドル(約2,581円)
※2022年9月16日のレート、1ドル=143.3円で計算
公式サイト:https://www.moma.org/

9. ブロードウェイミュージカル


photo by pixabay

ブロードウェイはもともと、小さな民家や農場が並んでいるエリアでした。それが1842年に劇場事業家によって、ビクトリア劇場が建てられたのがはじまりであるといわれています。

建てられた当初は正統派劇場として経営していましたが、すぐにボードビルと呼ばれる歌唱やダンス、マジックなどもおこなわれるようになりました。ミュージカルが上演されるようになったのは1850年頃。ここから、徐々にブロードウェイがミュージカルの街として有名になっていきます。


photo by pixabay

今では、日本人を含めてブロードウェイミュージカルは夢の舞台となりました。現在は、さまざまな種類のミュージカルが上演されている人気スポットなので、ニューヨークに行ったら一度は訪れたいスポットのひとつです。

ブロードウェイ(Broadway Theatre)の基本情報
住所:1681 Broadway, New York, NY 10019, United States
電話:+1-212-239-6200
営業時間:ミュージカルのショータイムによる
アクセス:1)地下鉄E/B/D線7アヴェニュー(7th Avenue)駅から徒歩約1分
2)ニューヨーク中心地(エンパイアストビル)から車で約18分
料金:ミュージカルによる
公式サイト:http://www.shubert.nyc/theatres/broadway/

10. 911メモリアル博物館


photo by Shutterstock/ARTYOORAN

ワールドトレードセンターが崩壊して多くの犠牲者を出した、911アメリカ同時多発テロ事件。既に事件発生から20年が経過しています。911メモリアル博物館は、事件の悲惨さや多くの人々の活躍を讃えるために建てられました。

ワールドトレードセンターの柱の一部や焦げた救急車、電話ボックスや消防士が残したヘルメットなど事件に関わるさまざまなものが展示されています。他にも生存者の階段と呼ばれるワールドトレードセンターから避難するために使われたとされる階段も残っています。


photo by Shutterstock/Pit Stock

二度と起きてはいけない911 アメリカ同時多発テロ事件を忘れないためにも、一度は訪れてみるべきスポットですね。

911メモリアル博物館(The National September 11 Memorial Museum)の基本情報
住所:180 Greenwich St, New York, NY 10007, United States
電話:+1-212-312-8800
営業時間:日曜日~月曜日、水曜日~土曜日9:00~17:00
休業日:火曜日
アクセス:1)地下鉄1番線WTCコートランド(WTC Cortlandt)駅から徒歩約3分
2)ニューヨーク中心地(エンパイアストビル)から車で約25分
料金:一般チケット:大人26ドル(約3,728円)、学生(17歳以下)20ドル(約2,868円)、子供(12歳以下)15ドル(約2,151円)、高齢者(65歳以上)20ドル(約2,868円)
※2022年9月16日のレート、1ドル=143.3円で計算
公式サイト:https://www.911memorial.org/

\アメリカ・ニューヨーク観光を満喫するならNEWTのおトクなツアーがおすすめ!/
NEWTは海外旅行の予約をかんたん・おトク・えらべるアプリ。店舗に出向かず簡単にアプリ上で予約ができます。365日最低価格を保証しており、どのツアーでもお得に予約可能です!万が一、同じ内容のツアーで最低価格でなかった場合は差額を返金します。出発30日前までキャンセル料金は無料(ピーク時を除く)なのもうれしいポイントです。

豊富なホテルラインナップでニューヨークのツアーを展開しているので、ぜひこちらのサイトをクリックしてみてくださいね!

ニューヨーク観光のおすすめ穴場観光スポット6選


photo by unsplash

続いて、ニューヨークにすでに訪れたことがある方にもぜひ知っていただきたい、穴場スポットをご紹介。博物館や書店など、ニューヨークの多彩な楽しみ方をチェックしてくださいね。

1.  ブルックリン ブリッジ パーク


photo by pixabay

ブルックリンブリッジパークは、ブルックリンのイーストリバー沿いの水辺にある公園。ブルックリン橋の真下に位置している人気の癒しスポットです。ブルックリンブリッジパークから眺めるマンハッタンの街並みは絶景!一帯が芝生になっているので、景色をゆっくり楽しみながら観光できます。


photo by pixabay

また、ブルックリンブリッジパークにはスポーツを楽しめる場所やサイクリングロード、ジョギングコースも用意されています。時間に余裕のある方は観光の合間に、ゆったりと自然を楽しんでみてもいいかもしれませんね。

ブルックリンブリッジパーク(Brooklyn Bridge Park)の基本情報
住所:334 Furman St, Brooklyn, NY 11201, United States
電話:+1-212-312-8800
営業時間:月曜日~日曜日:6:00~翌1:00
アクセス:地下鉄2/3番線クラークストリート(Clark Street)駅から徒歩約15分
公式サイト:http://www.brooklynbridgepark.org/

2. ストーンウォールイン


photo by Shutterstock/Massimo Salesi

LGBTの人々の聖地といわれているストーンウォールイン。ストーンウォールの反乱が起きてから約50年が経ちました。ストーンウォールの反乱は、異性の服装をしていた客を警察が逮捕したことから始まったLGBTの人々による暴動事件です。


photo by Shutterstock/Leonard Zhukovsky

まだまだ理解が浸透するには時間がかかるといわれているLGBTという考え方。性差別を少しでも減らすためにも、まずは、LGBTの聖地であるストーンウォールインに足を運んでみてはいかがでしょうか。

ストーンウォールイン(Stonewall Inn)の基本情報
住所:53 Christopher St, New York, NY 10014, United States
電話:+1-212-488-2705
営業時間:土曜日~日曜日13:00~翌4:00、月曜日~金曜日14:00~翌4:00
アクセス:1)地下鉄1番線クリストファーストリート‐シェリダンスクエア(Christopher Street-Sheridan Square)駅から徒歩約1分
2)ニューヨーク中心地(エンパイアストビル)から車で約8分
公式サイト:http://www.thestonewallinnnyc.com/

3. メトログラフ

2016年に誕生したマンハッタンにあるおしゃれな映画館メトログラフ。ただ映画を見るだけでなく、食事やお酒もすべて楽しめる空間としてニューヨーカーの間でも人気のスポットとなっています。

バレンタインやクリスマスなどのイベントに合わせたスペシャルなプランもあるそうです。

映画監督兼ファッションデザイナーでもあるアレキサンダー・オルチがデザインしていることでも非常に有名です。もともと食品倉庫だったとは思えない雰囲気にリノベーションされているので、映画好きの方はぜひ足を運んでみてください。

メトログラフ(Metrograph)の基本情報
住所:7 Ludlow St, New York, NY 10002, United States
電話:+1-212-660-0312
営業時間:レストラン日曜日~水曜日9:00~15:30、18:00~23:30、木曜日~土曜日9:00~15:30、18:00~翌2:00
アクセス:1)地下鉄F線イースト・ブロードウェイ(East Broadway)駅から徒歩約2分
2)ニューヨーク中心地(エンパイアストビル)から車で約20分
料金:映画による
公式サイト:http://metrograph.com/

4. ストランドブックストア


photo by Shutterstock/Chie Inoue

ストランドブックストアは、ニューヨーク市内最大の非営利書店です。ストランドブックストアには、なんと約250万冊もの本が並んでいます。ストランドブックストアに行けば、ほとんどの本が手に入るといわれているのだとか。見ているだけでも心躍る空間です!


photo by Shutterstock/MNAphotography

さらに、アメリカの有名人もストランドブックストアを利用しているので、観光に行った際に有名人に遭遇する可能性も。蔵書数があまりにも多いためお目当ての本を探すのは大変ですが、特に欲しいものがなくても訪れてみれば最高の1冊が見つかるかもしれません!

ニューヨーク旅行のお土産に、ぜひストランドブックストアを利用してみてください。

ストランドブックストア(Strand Bookstore)の基本情報
住所:828 Broadway, New York, NY 10003, United States
電話:+1-212-473-1452
営業時間:日曜日~土曜日10:00~20:00
アクセス:1)地下鉄4/5/6/L/N/Q/R/W線14丁目‐ユニオン・スクエア(14 Street-Union Square)駅から徒歩約3分
2)ニューヨーク中心地(エンパイアストビル)から車で約10分
公式サイト:http://www.strandbooks.com/

5. ニューヨーク交通博物館


photo by Shutterstock/Felix Lipov

ニューヨークには人気の博物館が多いので、ニューヨーク交通博物館の存在を知らない人も多いかもしれません。しかし最近では、昔ながらの落ち着く雰囲気のある博物館として話題を呼んでいます。

ニューヨーク交通博物館は、廃駅となった旧コートストリート駅を改修してつくられた博物館です。地下鉄やバス、鉄道や橋、トンネルなどニューヨークのあらゆる交通に関する情報が集められています。仕組みや歴史を詳しく知ることができるので、マニアにはたまりません。


photo by Shutterstock/Felix Lipov

1900年代に開通した地下鉄をメインに歴史などを紹介しているマニアックな博物館ではありますが、鉄道好きの方にはおすすめのスポットです。

ニューヨーク交通博物館(New York Transit Museum)の基本情報
住所:99 Schermerhorn St, Brooklyn, NY 11201, United States
電話:+1-718-694-1600
営業時間:木曜日~日曜日10:00~16:00
休業日:月曜日~水曜日
アクセス:1)地下鉄A/C/F/R線ジェイ・ストリート‐メトロテック(Jay Street-Metro Tech)駅から徒歩約5分
2)ニューヨーク中心地(エンパイアストビル)から車で約30分
料金:大人10ドル(約1,434円)、子供(17歳以下)5ドル(約717円)、高齢者(62歳以上)5ドル(約717円)
※2022年9月16日のレート、1ドル=143.3円で計算
公式サイト:https://www.nytransitmuseum.org/

6. テネメント博物館


photo by Shutterstock/DW labs Incorporated

テネメント博物館は、1988年にアメリカの多数移民の歴史を伝えるために建てられた博物館です。アメリカ人種の歴史について知りたいという方にはおすすめのスポット。

なんとこのテネメント博物館は、もともとアパートとして使われていた建物を改修して博物館にしたんです。ツアーも用意されていて、専門のガイドが案内してくれます。ニューヨークの歴史を、また違った視点から見ることができますよ。

テネメント博物館(Tenement Museum)の基本情報
住所:103 Orchard St, New York, NY 10002, United States
電話:+1-877-975-3786
営業時間:月曜日~日曜日10:00~18:00
休業日:サンクスギビングデー(11月第4木曜日)、クリスマス(12月25日)、正月(1月1日)
アクセス:1)地下鉄E/F/J/M/Z線デラクシー・ストリート/エセックス・ストリート(Delancy Street/Essex Street)駅から徒歩約2分
2)ニューヨーク中心地(エンパイアストビル)から車で約20分
料金:大人30ドル(約4,302円)、学生30ドル(約4,302円)、高齢者(65歳以上)30ドル(約4,302円)
※2022年9月16日のレート、1ドル=143.3円で計算
公式サイト:http://www.tenement.org/

ニューヨークで食べたい!おすすめグルメ&カフェ


photo by pixabay

続いて、ニューヨークで食べたいおすすめのグルメ&カフェをご紹介。ニューヨーク旅行を存分に楽しめる絶品のグルメ&カフェを集めました。

アメリカ北東部の名物!ロブスターロール


photo by pixabay
※画像はイメージです。

アメリカ北東部の名物として知られるロブスターロール。ロブスターの身をバターやマヨネーズとあえて豪快にパンではさむアメリカ発祥の贅沢サンドイッチです。発祥に関してはニューイングランドであるとする説や、ニューヨークのロングアイランドなのではないかとする説などがあります。

今や「ニューヨークといえばロブスターロール」と言ってもいいほどの定番の食べ物で、ニューヨーカーに大人気となっています。

レシピや調味料はその土地によって違いますが、どのレシピも共通してロブスター1尾分の肉を贅沢に使用しています。海老好きにはたまらない食べ物となっているので、ニューヨークを訪れた際はぜひ食べてみて!

ニューヨークの定番といえばやっぱりピザ


photo by pixabay
※画像はイメージです

アメリカは、ピザの本場と言われています。その中でもニューヨークは、アメリカピザの発祥の地ということもあり、数え切れないほどのピザ店が存在しています。そんなピザの街であるニューヨークに来たら、ピザを食べないわけにはいきませんよね。

ニューヨークのピザといえば、やはりニューヨークスタイルが定番です。薄い生地にトマトソースとモッツァレラチーズのみのシンプルなピザ。それから、もう1つはブルックリンタイプのピザです。

焼きあがったピザにバジルとオリーブオイルをかけたおしゃれなピザは、シンプルながら味は抜群。最近では、マンハッタンでも流行しているそうです。ニューヨークに行ったらぜひ、ニューヨークピザも食べてみてはいかがでしょうか。

一度は食べてみたいニューヨークステーキ


photo by pixabay
※画像はイメージです

熟成肉の本場といわれているニューヨーク。ニューヨークには歴史の長いステーキハウスも多いです。ステーキの素材にも徹底的にこだわっていて、うまみとやわらかさを最大限まで引き出したステーキは世界最高峰との呼び声も。

現在では世界各地で一般的となっていますが、Tボーンステーキもアメリカが最初に提供したんです。ステーキに人一倍こだわりの強いニューヨーク。ニューヨークを訪れた際はぜひ一度、味わってみてください。

映画のロケ地としても使われる最先端のおしゃれカフェ


photo by pixabay
※画像はイメージです

ニューヨークには映画のロケ地としても使われている最先端おしゃれカフェがたくさんあります。あの有名な映画SEX AND THE CITY(セックスアンドザシティ)でも使われたカフェもあるんです!ブラットピットやトムクルーズが来店するカフェもあるほど。

『プラダを着た悪魔』や『ユーガットメール』など、ロケ地となったカフェをあげたらキリがないほど。映画好きにはたまらないロケ地カフェがニューヨークにはたくさんあります。ニューヨークに来たらぜひ、映画に登場したカフェの聖地巡礼をしてみてはいかがでしょうか。

【日数別】ニューヨークを目一杯楽しむ!おすすめ定番モデルコース


photo by pixabay

最後に、宿泊日数という切り口でニューヨークを目一杯楽しむための観光地コースをご紹介します。ぜひ今回ご紹介のコースを参考に、ニューヨーク観光を計画してみてください。

2泊3日のニューヨークおすすめ観光コース


photo by pixabay

ニューヨークを2泊3日で旅行するときにおすすめのモデルコースをご紹介します。

まず、ニューヨークに行ったら自由の女神の観光は欠かせません。スタチュークルーズで自由の女神まで行き、自由の女神の王冠部分の展望台に登りましょう。なお、自由の女神の展望台に登る際は事前予約が必要なのでご注意ください。自由の女神の観光が終わったらお昼ご飯はぜひ、ロブスターロールかニューヨークステーキを。

食後は有名映画のロケ地となっているカフェで一息つくのもいいかもしれませんね。夜はLEDライトで照らされたタイムズスクエアの幻想的な景色を堪能します。一晩ホテルでゆっくり休んだら、朝はブルックリンブリッジパークでの散歩はいかがでしょうか。

メトロポリタン美術館やニューヨーク交通博物館にもぜひ、足を運んでみてください。

<スケジュール例>
1日目 ニューヨーク到着→スタチュークルーズで自由の女神へ→ロブスターロール・ニューヨークステーキでお昼ご飯→映画ロケ地のカフェでティータイム→タイムズスクエアの夜景を堪能→ニューヨーク泊
2日目 ホテルで朝食→ブルックリンブリッジパークを散歩→メトロポリタン美術館→ニューヨーク交通博物館

4泊5日のニューヨーク観光おすすめコース


photo by pixabay

ニューヨークに到着した当日はロブスターロールやニューヨークステーキを昼食として楽しみましょう。到着したばかりで疲れも残っているので、有名映画のロケ地であるカフェでまったり。

夜までゆっくり休憩したら、LEDライトで照らされている夜のタイムズスクエアにはぜひ、足を運んでみてください。2日目は自由の女神を観光しましょう。スタチュークルーズで自由の女神まで行って、自由の女神の王冠部分の展望台にはぜひ、登ってください。

自由の女神の観光が終わったら、ブロードウェイを散策してみるのもいいですね。3日目は朝の散歩としてセントラルパークを散策してみましょう。ブルックリン橋を眺めながらの散歩は格別です。お昼からはメトロポリタン美術館で美術作品鑑賞。夜はロックフェラーセンターのトップオブザロックで夜景を眺めながらの食事もいいですね。

最後にブロードウェイミュージカル鑑賞ができれば3日目は終了です。4日目はお土産を購入したり、ブルックリン橋やブルックリンブリッジパークなど、ゆっくり観光できなかったところをもう一度回ってみましょう。紹介した穴場スポットも訪れてみてはいかがでしょうか。

<スケジュール例>
1日目 ニューヨーク到着→ロブスターロールやニューヨークステーキで昼食→映画ロケ地のカフェでティータイム→タイムズスクエアの夜景を堪能
2日目 ホテルで朝食→自由の女神を観光→ブロードウェイを散歩→気になる場所を散策
3日目 ホテルで朝食→セントラルパークを散歩→気になる場所を散策→メトロポリタン美術館→気になる場所を散策→ロックフェラーセンターで夜景ディナー→ブロードウェイでミュージカル鑑賞
4日目 ホテルで朝食→ブリックリン橋やブルックリンブリッジパークをゆっくり観光→お土産を購入→気になる場所を散策

6泊7日のニューヨーク観光おすすめコース


photo by pixabay

約1週間ニューヨークに滞在できる場合、ニューヨークに到着した当日はあまり無理をせずホテルの近場でニューヨークを楽しみましょう。

有名映画のロケ地であるカフェでまったり休憩。そのあと、タイムズスクエアを観光して夜はブロードウェイミュージカルを鑑賞できるといいですね。2日目は少し遠出をしてナイアガラの滝を観光してみるのもいいかもしれません。

3日目の朝はセントラルパークの散歩から始めてみてはいかがでしょうか?そのあとはメトロポリタン美術館やニューヨーク交通博物館などをゆっくり観光しましょう。夜はロックフェラーセンターのトップオブザロックの展望台で夜景を見ながら食事を楽しみましょう。

4日目はスタチュークルーズでリバティ島まで行って自由の女神を観光しましょう。自由の女神に行った際はぜひ、自由の女神の王冠部分の展望台に登ってみてください!自由の女神の観光が終わったら、ブルックリンブリッジパークをゆっくり散策します。夜はタイムズスクエアLEDライトによるタイムズスクエアの夜景を楽しむのもいいかもしれません。

5日目は、ワールドトレードセンターの911メモリアル博物館に足を運んでみましょう。そのあとは、ニューヨーク美術館に行ってゆっくり過ごしましょう。

6~7日目はお土産を購入したり、自分自身でゆっくり観光できなかったと思うところを最後に観光したりしてみてもいいかもしれません。

<スケジュール例>
1日目 ニューヨーク到着→近場をプラプラ→映画ロケ地のカフェでティータイム→タイムズスクエアを観光→ブロードウェイでミュージカル鑑賞
2日目 ホテルで朝食→移動→ナイアガラの滝を観光→移動→気になる箇所を散策
3日目 ホテルで朝食→セントラルパークを散歩→メトロポリタン美術館やニューヨーク交通博物館を観光→ロックフェラーセンターで夜景ディナー
4日目 ホテルで朝食→自由の女神を観光→ブリックリンブリッジパークを散策→タイムズスクエアで夜景を堪能
5日目 ホテルで朝食→ワールドトレードセンターの911メモリアルセンターを鑑賞→ニューヨーク美術館でまったり
6〜7日目 お土産を購入したり、気になる箇所をまったり散策

\アメリカ・ニューヨーク観光を満喫するならNEWTのおトクなツアーがおすすめ!/
NEWTは海外旅行の予約をかんたん・おトク・えらべるアプリ。店舗に出向かず簡単にアプリ上で予約ができます。365日最低価格を保証しており、どのツアーでもお得に予約可能です!万が一、同じ内容のツアーで最低価格でなかった場合は差額を返金します。出発30日前までキャンセル料金は無料(ピーク時を除く)なのもうれしいポイントです。

豊富なホテルラインナップでニューヨークのツアーを展開しているので、ぜひこちらのサイトをクリックしてみてくださいね!

ニューヨーク観光で魅力たっぷりのスポットを満喫しよう!


photo by pixabay

ニューヨーク旅行におすすめの、定番観光地から穴場スポット、さらには泊数別におすすめとなるコースなどのスポット16選をご紹介しました。

ニューヨーク旅行に行く際は、ご紹介したモデルコースを参考にぜひおすすめの観光地に足を運んでみてくださいね。

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる