NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

L7弘大は韓国にある個性あふれるホテル!部屋やレストランなどを紹介

L7弘大は、韓国・弘大でアートとカルチャーに囲まれたおしゃれなホテル。今回はそんなL7弘大の部屋、レストラン、ルーフトッププールなどをご紹介します。韓国で宿泊を考えている方は参考にしてみてくださいね。

ライター
NEWT編集部

L7弘大は、韓国・弘大でアートとカルチャーに囲まれたおしゃれなホテル。今回はそんなL7弘大の部屋、レストラン、ルーフトッププールなどをご紹介します。韓国で宿泊を考えている方は参考にしてみてくださいね。

Contents

L7弘大は韓国にある個性的なホテル


photo by Expedia

L7弘大は、ソウルの弘大エリアにあるホテル。美術館や劇場などアートやカルチャーに囲まれていて、さまざまなお店が集まる場所です。ホテル内にあるルーフトッププールやレストランからは、高層階ならではの景色を楽しむことができます。

今回は、おしゃれで自由な滞在を楽しみたい人におすすめの、L7弘大の部屋やそのほかの施設をご紹介します。

L7弘大へのアクセス 


photo by Expedia

L7弘大は、仁川空港から空港リムジンバスで約60分の場所にあります。料金は大人10,000ウォン(約1,000円)、小学生までは8,000ウォン(約800円)です。電車を利用する時は、地下鉄2号線の弘大入口駅で下車して、1番出口から出て右方向へ徒歩約1分の場所にあります。

若者の町であり音楽や芸術の町でもある弘大エリアは、カルチャーイベントも多く行われています。そんな町の中心にホテルがあるので、観光での利用にとても便利です。

L7弘大の思わず写真を撮りたくなるロビー!


photo by Expedia

L7弘大のロビーは、ネオンやスタイリッシュなインテリアがあるおしゃれな空間。弘大入口駅にとても近いので、観光やビジネスなどどんな滞在にも便利です。

チェックインとチェックアウトは全て機械を使って行い、日本語の表示に変更することもできます。韓国語がわからない人でも迷うことなくチェックインができるので、初めての韓国旅行でも安心です。チェックインは15時で、チェックアウトは12時です。

L7弘大の部屋はおしゃれなデザイン


photo by Expedia

L7弘大の部屋は、全340室の部屋が用意されています。24.8平米から56.1平米まであるので、滞在シーンにあわせて部屋を選ぶことができます。

全部屋に無料Wi-Fiが通っており、有線のインターネットも完備されています。アメニティは自然派スキンケアブランドのマリン&ゴッツ社製で揃えられているので、旅行中でも身体のケアにこだわりたい人におすすめです。

コスパよく宿泊するならスタンダードルームがおすすめ!


photo by Expedia

L7弘大で一番リーズナブルな部屋はスタンダードルームです。部屋の広さは24.8平米でコンパクトですが、ライトや椅子など小さなインテリアまで個性的なもので揃えられています。

寝具はロッテホテルのオリジナル寝具ブランド・he:on(ヘオン)。ふかふかの布団や身体にマッチするマットレスなど、快適な睡眠ができるように設計されています。ダブルベッドとツインベッドの部屋があるので、予約をするときにお好みの部屋を選んでくださいね。


photo by Expedia

バスルームは部屋によってバスタブもしくはシャワーブースがあり、洗面台も備えられています。

用意されているアメニティは、ボディウォッシュやシャンプー、コンディショナー、綿棒、ヘアドライヤー、バスローブ。歯ブラシは用意がないので必要な時はホテル内で購入できますが、持参することをおすすめします。

特別な滞在を楽しみたい方はスタジオスイートツインがおすすめ!


photo by Expedia

L7弘大でワンランク上の滞在を楽しみたい方には、スタジオスイートツインルームがおすすめ。部屋の広さは49.5平米で、まるで自宅にいるかのように過ごせる広々とした部屋です。内装にもこだわっていて、おしゃれなデザイナーズ家具が揃っています。

ティーポットの他にネスプレッソコーヒーメーカー、L7シグネチャードリップコーヒーの用意があるので、ドリンクを飲みながら部屋でのんびりとくつろぐことができますよ。


photo by Expedia

独立したバスルームにはバスタブとシャワーが備わっており、広々としたバスタブでは足を伸ばして旅の疲れを癒やすことができます。洗い場もあるので、普段のバスタイムと変わらず快適に使用できるのもおすすめポイントです。

ホテル内のレストラン・バーは3カ所!

L7弘大には、レストランやバーなどのダイニングが全部で3カ所あります。シティビューを眺めながら食事を楽しめるレストランやバー、バリスタが淹れるコーヒを楽しめるカフェなどバラエティ豊か!

 ここからは人気のレストラン・カフェを一部ご紹介します。

シティビューを眺めながらイタリアンを堪能


photo by Expedia

The Place(ザ・プレイス )は、ホテルの21階にあるイタリアンビストロ。朝食からディナーまで営業をしていて、石窯焼きピザやパスタをメインに提供しています。高層階だからこその開放感のある景色と、おしゃれな空間を楽しみながら、美味しい食事を堪能できますよ。


photo by Expedia

朝食は7時から10時まで営業しています。ランチとディナーは曜日によって営業時間が変わり、日曜から木曜は11時30分から22時。金曜と土曜は11時30分から23時までです。

予約する時に朝食つきプランを選ぶこともできますが、素泊まりで予約していて朝食追加をしたい時は、大人は25,000ウォン(約2,500円)、3歳から6歳までの未就学のお子様は16,000ウォン(約1,600円)で食べることができます。

バリスタが淹れたコーヒー堪能できるカフェ


photo by Expedia

エンジェル・イン・アス・コーヒーは、ホテルの2階にあるカフェです。店内では、バリスタが淹れてくれる風味豊かなコーヒーを堪能できます。白が基調の可愛らしい空間なので、思わず写真を撮りたくなってしまいますよ。


photo by Expedia

営業時間は7時から深夜0時までと夜遅くまでオープンしているので、ちょっと小腹が空いた時もとても便利です。朝食にバインミーサンドイッチ&ドリンクセットがついているプランもあるので、ザ・プレイスの朝食と比べてお好きな方を選んで予約してみてください。

世界各国のクラフトビールやワインを楽しめるバー


photo by Expedia

ホテルの22階にある、ルーフトップバー・フローティング。 世界各国のワインやクラフトビール、ホテルオリジナルカクテルなどのアルコールメニューをはじめ、サラダやピザ・バーガーなどの軽食メニューも用意されています。

お酒を提供しているので19歳以上の方のみが入店できる、大人だけの空間です。


photo by Expedia

営業時間は、月曜から木曜は18時から25時(ラストオーダー24時30分)。金曜から日曜は、16時から25時(ラストオーダー24時30分)です。

屋外にあるライトアップされたルーフトッププールや、窓の外に広がるシティビューを眺めながら、優雅なバータイムを楽しむことができます。

L7弘大内のジムやプールなど充実した施設 

L7弘大のプールやジム、ラウンジについて紹介します。高層階にあるプールやビリヤードやゲームなどができるラウンジなど、おしゃれな施設がホテルステイをより楽しいものにしてくれますよ。

高層階にあるおしゃれなルーフトッププール


photo by Expedia

ホテルの22階にあるルーフトッププールは、4月から10月まで営業しているプールです。高層階にあるので、窓の外に見える山やシティビューを楽しめます。またDJやミュージシャンの公演、パーティーなども開催されています。

プールを利用するには入場券の購入が必要で、10時から14時、15時から18時、18時30分から21時30分までと時間が切り分けられています。料金はハイシーズンの7月15日から8月末、9月から10月末までの土日、そして9月から10月末までの平日と料金が異なります。

滞在期間中に1回までの利用で、さらに19歳以上の大人専用なので、利用する際はあらかじめ予定を立てておきましょう。

身体をリフレッシュできるフィットネスジム


photo by Expedia

ホテルの5階にあるジムは、6時から22時までオープンしています。テクノジム社の最新トレーニングマシンを取り揃えており、トレッドミルやバイクのある有酸素ゾーン、筋力トレーニング器具やダンベルのあるウェイトゾーン、マットのあるストレッチゾーンに分かれています。

宿泊者は無料で利用でき、ミネラルウォーターとタオルの用意もあるので、リフレッシュしたくなった時に利用してみてくださいね。

ビリヤードやゲームを楽しめるブルールーフラウンジ


photo by Expedia

ブルールーフラウンジはホテルの21階にある、24時間利用できるラウンジです。芸術的なデコレーションが施されていて、アートやデザイン、旅行などの本をはじめ、LPレコードコレクションやギター、ビリヤード、ボードゲームなどがあります。

音楽を聞いたりゲームで遊んだり本を読んだりと、気がおもむくまま自由に過ごしましょう。

L7弘大に宿泊してソウル観光を満喫しよう

この記事では、L7弘大の部屋やレストラン、プールなどの施設の紹介をしました。L7弘大は、アートとカルチャーを楽しめるオシャレなホテル。ホテルでの滞在も充実させたい方にはぴったりです。

ぜひ韓国でのホテル選びの参考にしてみてくださいね。


※記事内の金額は2023年1月13日のレート、1ウォン=0.1円で計算

L7弘大(L7 HONGDAE)の基本情報
住所:141 Yanghwa-ro, Mapo-gu, Seoul, Korea
電話:+82-2-2289-1000
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
料金:112,500ドル(約11,250円)/1泊
※掲載料金は2023年1月13日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。
ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
※2023年1月13日のレート、1ウォン=0.1円で計算
アクセス: 仁川空港から空港リムジンバスで約60分、弘大入口駅から徒歩で約1分
公式サイト:https://www.lottehotel.com/hongdae-l7/ja.html


cover photo by expedia


NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

韓国の東京発のおすすめツアー

韓国旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる