NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】有馬温泉でおすすめの観光スポット12選!定番や穴場を厳選

神戸有数の温泉地・有馬温泉には、金の湯・銀の湯や太閤の湯など有名な観光地が盛りだくさん!日帰りで立ち寄れる温泉スポットも多く、宿泊しなくても十分楽しめます。そこで今回は神戸在住の筆者が、有馬温泉旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から12選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、有馬温泉旅行の参考にしてくださいね!

ライター
Nana

神戸有数の温泉地・有馬温泉には、金の湯・銀の湯や太閤の湯など有名な観光地が盛りだくさん!日帰りで立ち寄れる温泉スポットも多く、宿泊しなくても十分楽しめます。

そこで今回は神戸在住の筆者が、有馬温泉旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から12選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、有馬温泉旅行の参考にしてくださいね!

Contents

有馬温泉周辺には人気の観光スポットがいっぱい!

有馬川 by m-louis .® is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

日本三古泉のひとつに数えられ、かねてより関西の奥座敷として親しまれてきた有馬温泉。褐色の金泉と無色透明の銀泉という異なる泉質を有し、公共の外湯や温泉施設で温泉を満喫することができます。有馬の湯は単純性温泉や塩化物泉といった7つの成分が含まれた世界的にも珍しい温泉と言われており、あの太閤秀吉も愛したと言われているんですよ。

神戸の市街地からのアクセスも良く、六甲有馬ロープウェー・バス・電車といった公共交通機関で簡単に行くことが可能です。昔ながらの情緒を味わえる旅館やホテルも多いので、日帰りはもちろん1泊旅行で訪れるのも良いでしょう。

今回はそんな有馬温泉に来たらぜひ訪れてほしいスポットを定番から穴場まで厳選してご紹介します。神戸在住の筆者が詳しく解説するので、ぜひ旅の参考にしてみてくださいね。

有馬温泉で絶対行きたいおすすめ観光地6選

まずは初めての有馬温泉旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地の見どころをご紹介していきます!主要な観光スポットは神戸電鉄・有馬温泉駅周辺に点在しているので、時間が限られている日帰り旅行でも訪れやすいですよ。

有馬温泉 金の湯・銀の湯

日帰り旅行にも!有馬が誇る名湯で癒やしのひとときを

金の湯 by Richard, enjoy my life! is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

金の湯は、有馬温泉の名物湯である金湯(金泉)を外湯で楽しめる入浴施設です。古来から親しまれている元湯を堪能することができ、施設内は一の湯(男湯)と二のゆ(女湯)に分かれています。

鉄分と塩分を豊富に含んだ金湯は濃い褐色で、身体が見えなくなるほど濁っているのが特徴。神経痛・筋肉痛・冷え性などに効能があるとされており、健康維持のために訪れる方も少なくありません。塩素や本物の鉄のような匂いがするのも魅力で、多くの温泉マニアを虜にしているんですよ。

建物横には無料で楽しめる足湯も併設されており、15分だけ浸かるだけでも身体がぽかぽかになると評判を集めています。湯船にしっかり浸かる暇がないという方は、足湯だけでも楽しんでみてくださいね。

Public Bathhouse "Gin-no Yu" by Hideyuki KAMON is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

金の湯と並び、公共の温泉施設として連日多くの観光客が訪れる銀の湯。炭酸泉・ラジウム泉の泉質を持った銀泉を楽しめる外湯で、温泉街から少し離れた静かな場所に位置しています。

金泉とは異なり、さらりとした無色透明な湯が特徴で、お湯に浸かると肌がツルツルになると言われているんだとか。銀の湯にはジャグジーやスチーム式サウナ、ジャグジーなどもそなわっており、女性を中心に人気を集めています。

金の湯と銀の湯は徒歩で移動できる距離なので、時間のある方はじっくり湯巡りを楽しむのもおすすめですよ。ちなみに、シャンプー類はそなえつけられているものの、タオルは有料なので必要な方は忘れずに持参しましょう。

有馬温泉 金の湯の基本情報

住所

〒651-1401 神戸市北区有馬町833

電話

078-904-0680

営業時間

8:00~22:00(最終受付は21:30まで)

休業日

第2・第4火曜日(祝日の場合は営業)、1月1日

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅から徒歩約5分

料金

大人 800円(平日は650円)、小・中学生 350円、幼児 無料、2館券(金の湯・銀の湯) 1,200円

※平日価格は年末年始・GW・お盆等の繁忙期は除く

※タオル付き2館券は平日のみ販売

公式サイト

https://arimaspa-kingin.jp/kin-01.htm

有馬温泉 銀の湯の基本情報

住所

〒651-1401 神戸市北区有馬町1039-1

電話

078-904-0256

営業時間

9:00~21:00(最終受付は20:30まで)

休業日

第1・第3火曜日(祝日の場合は営業)、1月1日

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅から徒歩約10分

料金

大人 700円(平日は550円)、小・中学生 300円、幼児 無料、2館券(金の湯・銀の湯) 1,200円

※平日価格は年末年始・GW・お盆等の繁忙期は除く

※タオル付き2館券は平日のみ販売

公式サイト

https://arimaspa-kingin.jp/gin-01.htm

有馬温泉 太閤の湯

金泉・銀泉・炭酸泉を含む26種の温泉と岩盤浴でリラックス

Arima Onsen "Taikou-no Yu"  by Hideyuki KAMON is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

日帰りでも有馬温泉をとことん満喫したいという方は、太閤の湯へ足を運んでみては?有馬唯一の温泉テーマパークで、金泉・銀泉を使った大浴場をはじめ、太閤秀吉も愛した黄金の蒸し風呂や日本初の屋外型岩盤浴など計26種類のユニークなお風呂を堪能できます。

開放的な6つの露天風呂のほか、エステ・マッサージ施設、銀泉を使ったドクターフィッシュなども用意されており、日々の疲れをしっかりリフレッシュさせられるでしょう。バスタオルや館内着も完備されているので、手ぶらで温泉を楽しめるのがうれしいですね!

photo by Nana

太閤の湯の敷地内には、緑豊かな自然が広がる官兵衛古道や四季折々の花々を観賞できるねねハーブの小径などもあり、爽やかな空気に包まれながら森林浴ヨガを楽しむことも可能です。お食事処も充実しているため、ランチやディナー時に訪れるのもおすすめですよ。

館内は、全体的に歴史を感じるレトロな雰囲気で統一されており、館内着を身に付けて写真撮影を楽しむ方もちらほら。楽市楽座と称されたお土産ショップでは、約700点にも及ぶ有馬や神戸の名産品が販売されているので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

有馬温泉 太閤の湯の基本情報

住所

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町池の尻292-2

電話

078-904-2291

営業時間

10:00~22:00(最終入館は21:00まで)

※館内の店舗によって営業時間が異なります。詳しくは公式サイトでご確認ください


休業日

なし

※年間休館日の情報は公式サイトでご確認ください

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅から徒歩約10分

料金

平日:大人(フルタイムプラン) 2,750円、大人(ショートタイムプラン ※60分のご利用) 2,090円、小学生 1,239円、3~5歳 440円

土日・祝日:大人(フルタイムプラン) 2,970円、大人(ショートタイムプラン ※60分のご利用) 2,200円、小学生 1,430円、3~5歳 550円

※料金は全て税込み価格です

※その他プランの料金については、公式サイトでご確認ください

公式サイト

https://www.taikounoyu.com/

有馬温泉商店街

レトロな街並みを残す温泉街でご当地グルメを食べ歩き!

Arima Onsen by cotaro70s is licensed under CC BY-ND 2.0 DEED

昔ながらの風情ある街並みが続く有馬温泉商店街。約600メートルにわたって続く湯本坂には数多くの飲食店やお土産ショップが立ち並んでおり、ゆっくり散策しながら食べ歩きを楽しめます。

商店街には、有馬温泉名物の炭酸せんべいをはじめ、神戸牛を使った数量限定の牛丼、揚げたてコロッケ、ふかふかの温泉まんじゅうなど一度は食べたいご当地グルメが盛りだくさん!限定の地ビールやサイダーなども販売されているので、温泉の湯けむりを見ながらのんびりとした時間を過ごすのも良いですね。

最近では新進気鋭のスイーツ店やおしゃれなカフェレストランも続々オープンしており、SNSでも大きな話題を呼んでいます。なかでも筆者がおすすめしたいのが、こちらのarima gelateria Stagione(アリマ ジェラテリア スタジオーネ)。

ジェラートワールドツアージャパン2019日本大会で優勝を果たした日本一のジェラート店で、六甲山麓の酪農家限定の牛乳を使った絶品ジェラートが店頭に並んでいます。

連日行列が絶えないほどの人気店で、六甲プレミアムミルクやありまサイダーといったここでしか食べられないフレーバーはどれも甘くて濃厚な味わい。季節限定フレーバーもあるので、訪れた際はいろいろな味を食べ比べてみてはいかがでしょうか。

有馬温泉商店街の基本情報

住所

〒651-1401 神戸市北区有馬町790番地3

電話

078-904-0708(有馬商店会)

営業時間

店舗によって異なる

休業日

店舗によって異なる

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅周辺

料金

店舗によって異なる

公式サイト

https://www.arima-onsen.com/

ゆけむり広場

湯けむりに見立てた滝は必見!有馬定番のフォトスポット

arima_0405 by arima-yama.com is licensed under CC BY 2.0 DEED

神戸電鉄・有馬温泉駅からすぐの場所にあるゆけむり広場は、有馬定番のフォトスポットです。湯けむりに見立てた人工的な滝が中央に流れており、地元民からは待ち合わせスポットとしても親しまれています。滝の周りにはベンチも置かれているので、観光で歩き疲れた時にもぴったりの休憩スポットですよ。

また広場の右手側には、太閤秀吉の座像が有馬川を挟んでねね像と向かい合うように鎮座しています。夕方からは広場がライトアップされ、昼間とは違った幻想的な雰囲気に。カラフルなライトで照らされた滝はとてもうつくしく、見ているだけでも癒やされるでしょう。

Old-fashined post by pelican is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

ゆけむり広場周辺を散策する際は、昭和時代に設置されたという丸型ポストも見逃せません。今では四角いポストが主流ですが、有馬温泉では昔ながらの円柱型ポストが現役で活躍しており、実際にハガキや手紙を投函することができます。

特に、有馬温泉商店街にある佃煮屋・川上商店本店脇近くの丸型ポストはSNS映えスポットとして有名なので、浴衣を着て写真撮影を楽しむのもおすすめですよ!

また温泉街の奥にある炭酸泉源公園では、温泉に使われている炭酸泉を飲むこともできます。炭酸せんべいやサイダーの素とも言われているので、気になる方はぜひ味見してみては?

ゆけむり広場の基本情報

住所

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町

電話

-

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅から徒歩約5分

料金

散策自由

ねね橋

有馬のシンボル!豊臣秀吉ゆかりのスポットで歴史を感じて

IMG_0165 by Jason is licensed under CC BY 2.0 DEED

有馬温泉街の中心・有馬川に架かるねね橋は、有馬温泉のシンボルとして親しまれている観光スポットです。真っ赤に染まった欄干が印象的で、橋のふもとには豊臣秀吉の正妻・ねねの像が建てられています。

有馬川には豊臣秀吉にちなんで名がつけられた太閤橋も架けられていますが、力強く雄大な太閤橋とは異なり、ねね橋は女性らしい緩やかな曲線を描いているのが特徴です。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉のように四季に応じて違った表情を見せてくれるのも魅力ですよ。

ねね橋の基本情報

住所

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町

電話

-

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅から徒歩約3分

料金

散策自由

有馬ます池

子供連れにも人気!手ぶらでニジマス釣りを楽しもう

photo by pixabay ※画像はイメージです

子連れで有馬温泉観光を楽しむなら、鼓ヶ滝の下流にある有馬ます池に足を運んでみるのがおすすめです。六甲山の清流を利用した2つの釣り堀があり、初心者でも気軽にニジマス釣りを楽しめます。釣り竿や練り餌などは全て用意されているので、手ぶらで釣りを体験できるのも魅力です。

釣った子マスは、園内にあるお茶屋でそのまま調理してもらうことが可能。筆者も実際にいただきましたが、唐揚げや塩焼きにしてもらえるので魚特有の臭みもなく、素材の味をしっかり味わえましたよ。ちなみに親マスは、ハラワタの処理をしてもらった後にクーラーボックスに入れて持ち帰れます。

 

photo by Unpslah ※画像はイメージです

5月中旬から10月中旬にはニジマスのつかみ取りも行え、有馬屈指のレジャースポットとして有名です。釣りはもちろん、ニジマスや鯉、チョウザメへのエサやり体験も実施しているので、魚をつかむのが苦手な方でも十分楽しめるでしょう。

釣り池には縁結びのご利益があるという鱒ます恋こい神社もあるので、気になる方はぜひ恋愛成就を祈願してみてくださいね。

有馬ます池の基本情報

住所

〒651-1401 神戸市北区有馬町1688-2

電話

078-904-0309

営業時間

【3月~11月】9:00~17:00

【12月~ 2月】 9:30~16:30

※ますの茶屋のラストオーダーはそれぞれ営業終了時間の30分前まで

休業日

【3月~11月】毎週水・木曜日

【12月~2月】毎週水・木・金曜日

※祝日は開園

※年末年始は休園

※春・夏休み・ゴールデンウィーク期間中は無休

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅から南へ徒歩約15分、タクシーで約4分

料金

釣り料金(3匹・料理代込) 1,600 円/1竿、

4匹以降(料理代込) 300 円/1匹

※駐車場料金は別途必要になります

公式サイト

https://www.shintetsu.co.jp/kanko/masuike/

有馬温泉の知る人ぞ知る穴場観光地6選

ここからは、知る人ぞ知る有馬温泉の穴場観光スポットをご紹介します。雨の日の観光にぴったりなおもちゃ博物館や紅葉の名所として知られる自然公園など、どれも気になる場所ばかり!時間があればぜひとも行きたい観光地なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

太閤の湯殿館

安土・桃山時代の湯ぶねや庭園を見学できる人気資料館

太閣湯殿館 by Jason is licensed under CC BY 2.0 DEED

有馬温泉にある寺町を奥に進んだ場所に位置する太閤の湯殿館。1995年の阪神淡路大震災で損壊した極楽寺の再建時に発見された、湯山御殿の湯ぶねや庭園の遺構を展示する発掘資料館です。

資料館では蒸し風呂や岩風呂といった遺構のほか、安土・桃山時代の瓦や茶会など数多くの遺跡を展示しており、日本の温泉文化を学ぶことができます。

太閣湯殿館 by Jason is licensed under CC BY 2.0 DEED

当時の遺構がそのまま展示されているのは非常に珍しく、太閤秀吉が愛した有馬温泉の歴史や文化を学べる貴重な資料館となっています。湯殿館近くにはねねの別邸・念仏寺が建立されているので、訪れる際はこちらへの参拝もお忘れなく。

太閤の湯殿館の基本情報

住所

〒651-1401 神戸市北区有馬町1642

電話

078-904-4304

営業時間

9:00~17:00(最終入館は16:30まで)

休業日

第2水曜日

※臨時休館の可能性があります

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅から徒歩約6分

料金

一般 200円、学生・児童 100円

公式サイト

https://arimaspa-kingin.jp/taiko-01.htm

有馬玩具博物館

雨の日の観光に!奥深いおもちゃの世界を遊びつくそう

有馬玩具博物館 by Richard, enjoy my life! is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

有馬玩具博物館は、見る・聞く・遊ぶ・作るをコンセプトにしたおもちゃ博物館です。グリコのおもちゃデザイナーであった加藤裕三氏とオートマタ作家の西田明夫氏らによって、2003年に設立されました。

現代のおもちゃ、ドイツの伝統的なおもちゃといった4つのテーマに分けて展示されており、世界中から集められたおもちゃのコレクションはなんと約4,000点!

ドイツのブリキのおもちゃや鉄道模型、イギリス発祥のからくり人形などを見学でき、子どもから大人までおもちゃの世界にどっぷり浸かることができます。

toy museum by cotaro70s is licensed under CC BY-ND 2.0 DEED

館内には木製のおもちゃを使って遊べるプレイルームもあり、おもちゃづくりの歴史や技術を学べるのが大きな魅力です。定期的にアトリエ教室やワークショップも開催されているので、子どもの学習にもぴったりの観光スポットと言えるでしょう。

有馬玩具博物館の基本情報

住所

〒651-1401 神戸市北区有馬町797

電話

078-903−6971

営業時間

10:00~17:00

休業日

不定休

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅から徒歩約5分、阪急バス・有馬温泉から徒歩約1分

料金

大人 800円、3歳~小学生 500円

公式サイト

http://www.arima-toys.jp/

切手文化博物館

お土産にもおすすめ!貴重な切手コレクションを間近で見学

photo by Unsplash ※画像はイメージです

有馬温泉商店街近くに位置する切手文化博物館は、郵便文化の奥深さを感じられる人気博物館です。郵便創業時から現代にいたるまで、約140年の間に発行された普通切手や記念切手を収蔵しています。

館内では、日本初の切手と言われる龍文切手をはじめ、手掘りの版を用いて印刷した手彫切手、肩掛箱や八角時計といった明治時代に使われていた郵便関連の品々など貴重なコレクションを展示。季節ごとに特別展示も開催されており、切手マニアにはたまらない博物館となっています。

博物館自体は江戸時代に建設された歴史ある建物を利用しており、当時の風格を感じられるのもポイントです。館内併設のミュージアムショップでは切手キーホルダーや切手時計、絵はがきなどのオリジナルグッズもゲットできるので、お土産や旅の思い出として購入して帰るのもおすすめですよ。

切手文化博物館の基本情報

住所

〒651-1401 神戸市北区有馬町663番3

電話

078-904-0024

営業時間

10:00~16:00(最終受付は21:30まで)

休業日

火曜日(祝日の場合は開館)

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅から徒歩約5分

料金

大人 800円、高校生・大学生 500円、中学生以下 無料

公式サイト

https://www.kitte-museum-arima.jp/index.html

瑞宝寺公園

豊臣秀吉も愛した紅葉の名所で有馬の自然を満喫

zuihoji park by mari is licensed under CC BY 2.0 DEED

秋の季節に有馬温泉を訪れるなら、温泉街の最高部に位置する瑞宝寺公園もはずせません。明治初期に廃寺となった黄檗宗瑞宝寺の跡地に建設された公園で、太閤秀吉が愛用したという石の碁盤や京都の伏見城から移築した旧瑞宝寺の山門が点在しています。

瑞宝寺公園は神戸屈指の紅葉の名所として知られており、そのうつくしさは豊臣秀吉がいくら見ても飽きないと称するほど。別名日暮らしの庭とも呼ばれており、毎年11月には豊公を偲ぶ有馬大茶会が開催されています。

zuihoji park by mari is licensed under CC BY 2.0 DEED

また、紅葉のシーズンには期間限定でもみじ茶屋もオープンし、赤や黄色に色づく景色を眺めながら紅葉の天ぷらや甘酒などをいただくことができます。

春の桜もきれいと評判なので、花が見ごろを迎える季節におすすめの観光スポットです。なお有馬温泉駅からは徒歩でアクセス可能ですが、かなりの山道となるので、可能な限りレンタカーやタクシーで訪れると良いでしょう。

瑞宝寺公園(ずいほうじこうえん)の基本情報

住所

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町

電話

078-904-0708(有馬温泉観光案内所)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅から徒歩約15分

料金

散策自由

鼓ヶ滝公園

緑あふれる森林公園!滝の音で気分をリフレッシュ

DSC06296 by Yousuke is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

鼓ヶ滝公園は、有馬六景のひとつにも数えられている森林公園です。緑あふれる自然が魅力で、ポンッポンッ!と鼓を打つような響きで滝が流れることからその名が付けられました。

温泉街から少し離れた場所にあるため、静かにゆっくりとしたひとときを過ごすことができます。公園に流れる滝は約8メートルを誇り、軽やかな滝の音色は心に安らぎを与えてくれるでしょう。

DSC06292 by Yousuke is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

森の中にたたずむ鼓ヶ滝公園は、春は桜、秋は紅葉のように1年を通して自然豊かな風景を感じられるのも魅力のひとつ。初夏には多くの蛍が飛び交い、ロマンティックな夕暮れの時を演出してくれます。

有馬温泉の中心部から徒歩約20分とウォーキングにぴったりな距離にあるので、温泉前の森林浴として訪れるのもおすすめですよ。

鼓ヶ滝公園(つつみがたきこうえん)基本情報

住所

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町

電話

-

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅から徒歩約20分、六甲有馬ロープウェイ・有馬駅から徒歩5分

料金

散策自由

温泉寺

有馬最古のお寺で、座禅と精進情理を体験しよう

温泉寺 by Tzuhsun Hsu is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

一風変わった有馬温泉観光を楽しみたい方は、温泉寺を参拝してみてはいかがでしょうか。有馬最古と言われるお寺で、724年に薬師如来の導きで有馬温泉を訪れた高僧・行基上人によって建立されました。

温泉寺では行基上人のほか、鎌倉時代初期に有馬温泉を再興した仁西上人が祀られており、地元では薬師さんの愛称で親しまれています。数多くある有馬の寺院の中でも中心的な存在で、寺院巡りをする方には欠かせないスポットと言えるでしょう。

温泉神社 by Jason is licensed under CC BY 2.0 DEED

温泉寺へ訪れるなら、温泉神社も併せて参拝するのがおすすめです。有馬の守護神として信仰を集めている神社で、本社の湯泉神社・摂社の水天宮・別宮の有馬天神社を参拝する三社巡りが人気を集めています。

子宝・子授けの神を祀っており、有馬の湯に入浴してから祈願すれば子宝に恵まれると言われているんですよ。温泉寺と並ぶ有馬屈指のパワースポットなので、有馬温泉に訪れた際はぜひ忘れずにご参拝ください。

温泉寺の基本情報

住所

〒651-1401 神戸市北区有馬町1643

電話


078-904-0650

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅から徒歩約15分

料金

参拝自由(御祖師庵は大人1人につき100円)

有馬温泉観光を満喫するためのおすすめモデルコース

₊ by Nisa yeh is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

温泉はもちろん、グルメや寺院など見どころがいっぱいある有馬温泉。せっかくなら、朝から夜までめいいっぱい楽しみたいですよね。有馬温泉には昔ながらの旅館やホテルも多いので、時間がある場合はゆっくり滞在するのがおすすめです。

ここからは、有馬温泉観光を満喫するためのモデルコースをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1日で温泉もグルメも満喫!有馬温泉の日帰り観光モデルコース

御所泉源 by Tzuhsun Hsu is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

有馬温泉観光にあまり時間を取れないという方には、人気の定番スポットを巡る日帰りコースがぴったりです!短い時間でも温泉やグルメを満喫できるプランとなっています。

<スケジュール例>

有馬温泉到着→有馬ます池でニジマスを楽しむランチ→金の湯・銀の湯で温泉を満喫→ねね橋・ゆけむり広場で記念撮影→夕暮れの有馬温泉商店街で食べ歩き&ディナー

観光街の中心にある有馬温泉観光総合案内所では、有馬温泉のパンフレットや観光マップをゲットできるので、最初に立ち寄ると効率良く観光できるでしょう。

温泉宿でゆっくり!有馬温泉の1泊2日モデルコース

Arima Onsen, Kobe, Japan by Sei F is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

歴史的な魅力があふれる有馬温泉は、温泉宿に宿泊してゆっくりと過ごすのもおすすめです。兵衛向陽閣や中の坊瑞苑をはじめとする有名旅館も多く、温泉を楽しみながらぜいたくな滞在を満喫できますよ。

<スケジュール例>

1日目 有馬温泉到着→有馬温泉商店街で食べ歩き&ランチ→太閤の湯でリフレッシュ→根ねね橋・ゆけむり広場で記念撮影→温泉宿に宿泊&懐石料理を堪能

2日目 旅館で朝食→有馬玩具博物館を見学→鼓ヶ滝公園で森林浴を楽しむ→有馬ます池でニジマス釣り&ランチ→温泉寺と温泉神社を参拝→帰宅

有馬温泉の人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、有馬温泉のおすすめ観光スポットをご紹介しました。名所や見どころがいっぱいある有馬温泉では、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、神戸・有馬温泉旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

cover photo by 有馬温泉 by Jason is licensed under CC BY 2.0 DEED
https://flic.kr/p/5nPAyu

夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる