NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】三宮のおすすめ観光スポット21選!神戸在住者が厳選!

神戸の中心エリア、三宮には、北野異人館や神戸南京町、メリケンパークなどの有名な観光地が盛りだくさん! 今回は、神戸・三宮旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から21選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、話題の人気スポットまで、神戸在住の筆者が厳選したので、三宮旅行の参考にしてくださいね!

ライター
Nana

神戸の中心エリア、三宮には、北野異人館や神戸南京町、メリケンパークなどの有名な観光地が盛りだくさん!今回は、神戸・三宮旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から21選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、話題の人気スポットまで、神戸在住の筆者が厳選したので、三宮旅行の参考にしてくださいね!

Contents

神戸・三宮エリアには人気の観光スポットがいっぱい!

photo by Unsplash

東京から新幹線で3時間ほどで到着し、大阪や京都からも電車でアクセスできる神戸の三宮エリア。港町・神戸の中心都市であり、生田神社や北野異人館、ハーバーランドなどの観光スポットが点在しています。

交通の要所である三宮駅周辺は近年再開発が進んでおり、ショッピングやグルメを楽しめるお店がたくさん!神戸・三宮エリアは徒歩圏内で移動しやすいので、異国情緒を感じながらゆっくり街歩きをするのもいいでしょう。

今回は神戸在住である筆者が、三宮旅行でぜひ訪れてほしい観光スポットを定番から穴場までピックアップしました!ぜひスケジュールを立てる際の参考にしてみてくださいね。

三宮で絶対行きたいおすすめ観光地21選

三宮旅行に来たら、ここには絶対に行っておきたいというおすすめの観光スポットをピックアップ!まるで海外のようにおしゃれな北野異人館街をはじめ、日本三大中華街のひとつである神戸南京町、神戸港を望むメリケンパークなど、街巡りやグルメなど観光の見どころがたくさんありますよ。

生田神社

三宮観光で訪れたい!ひっそり佇む名社で縁結び祈願を

photo by Unsplash

三宮駅から北へ徒歩約10分の場所にある生田神社。西暦201年に創建され、奈良時代の歴史書・日本書記にも登場する由緒正しき神社です。実は、神戸(こうべ)という地名は、かつて生田神社の神を守護していた44戸の家、神戸(かんべ)が由来となったと言われています。

鮮やかな朱色の拝殿が目を引き、現在は神戸屈指のパワースポットとして知られています。縁結びや安産祈願にご利益があるとされており、境内の社務所では良縁を結ぶお守りを授かることが可能。三宮観光の途中に立ち寄って参拝してみてください。

池に浸すと文字が浮かび上がる、桃色の水みくじを引くのもお忘れなく!

生田神社の基本情報

住所

〒650-0011 神戸市中央区下山手通1丁目2-1

電話

078-321-3851

営業時間

閉門時間 17:00※授与所時間 9:00~17:00

休業日

なし

アクセス

JR・三ノ宮駅、阪急または阪神・神戸三宮駅から徒歩約10分

料金

参拝自由

公式サイト

https://ikutajinja.or.jp/

北野異人館街

異国情緒あふれるエリアで憧れのドレスを着よう!

photo by Nana

三宮観光で神戸らしいおしゃれな街並みを楽しみたい方は、北野異人館街へ足を運んでみましょう!かつて来日外国人の居留地だったエリアで、明治や大正時代に建てられた洋館が立ち並んでいます。

ドイツ人貿易商の自邸として建てられた風見鶏の館をはじめ、シャーロック・ホームズ風の記念撮影を楽しめる英国館、ヨーロッパのアンティーク彫刻や家具が展示されたプラトン装飾美術館(イタリア館)など、一度は入ってみたい異人館がたくさんありますよ。

photo by Nana

特におすすめなのが、ハーフティンバー風の外観が印象的な北野外国人倶楽部。社交界の華やかな暮らしぶりを再現した異人館で、館内では重厚な家具調度品や木製暖炉、音楽室などを見学できます。

なんと、館内にあるドレスルームでは、約40着のドレスの中から好みのドレスを着用して写真撮影を楽しめちゃうんです!女性はもちろん、男性向け衣装の貸し出しもあるので、カップルでの旅行にもぴったりですよ。1日4組限定、事前予約必須なので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

北野異人館街の基本情報

住所

〒650-0002 神戸市中央区北野町

電話

078-251-8360(北野観光案内所)

営業時間

各店舗・施設によって異なる

休業日

各店舗・施設によって異なる

アクセス

JR・三ノ宮駅、阪急または阪神・神戸三宮駅から徒歩約15分

料金

各店舗・施設によって異なる

公式サイト

https://www.kobeijinkan.com/

三宮センター街

元町エリアまでつながる神戸屈指の繁華街

photo by Nana

神戸屈指の繁華街として有名な三宮センター街。フラワーロードから元町・花隈エリアまでを結ぶ大型プロムナードで、通り沿いにはファッションや雑貨、家電、書籍などのお店が軒を連ねています。

センター街から地下に降りると、多くの飲食店が集まるさんちか(三宮地下街)も!神戸で人気のスイーツ店や神戸牛を味わえるレストランなど多彩なジャンルのお店があるので、ランチ時に訪れるのも良いですね。

センター街を進んでいくと、南京町のある元町エリアやハーバーランド方面までアクセスできるので、三宮観光のスタート地点として徒歩で移動するのもおすすめですよ。

三宮センター街の基本情報

住所

〒650-0021 神戸市中央区三宮町1~3

電話

078-393-3358(神戸三宮センター街の総合案内所)

営業時間

店舗によって異なる

休業日

店舗によって異なる

アクセス

JR・三ノ宮駅、阪急または阪神・神戸三宮駅から徒歩約2分

料金

店舗によって異なる

公式サイト

https://www.kobe-sc.jp/

神戸南京町

日本三大中華街のひとつで神戸グルメを食べ歩き

photo by Nana

三宮から一駅の元町エリアにある神戸南京町は、横浜・長崎と並ぶ日本三大中華街のひとつで屈指の人気観光スポットです。東西に伸びる中華街には、小籠包やラーメン、餃子など食べ歩きにぴったりな露店があるほか、ゆっくり食事を楽しめるレストランも立ち並んでいます。

若者に大人気のお芋専門店やSNS映えするイチゴ飴を販売するお店など、甘いスイーツショップも目白押し!いつ訪れてもおいしいグルメを堪能できるのがうれしいですね。

photo by Nana

筆者のおすすめは、南京町の中間地点にある老祥記。豚まん(肉まん)の発祥地と言われているお店で、肉汁たっぷりのジューシーな豚まんを堪能できます。通常の豚まんに比べて小ぶりなので、何個でもパクパクと食べられちゃいますよ。

土日はもちろん、平日にも行列ができていることが多いため、訪れる際は余裕をもったスケジュールで訪れてくださいね。

神戸南京町の基本情報

住所

〒650-0023 神戸市中央区元町通・栄町通1~2

電話

078-332-2896

営業時間

店舗によって異なる

休業日

店舗によって異なる

アクセス

東京メトロ有楽町線 豊洲駅 2b出口から直結、ゆりかもめ 豊洲駅直結

料金

店舗によって異なる

公式サイト

https://www.nankinmachi.or.jp/

メリケンパーク

港町神戸の定番観光スポットをゆっくり散策

photo by Unsplash

メリケンパークは、かつて外国貨物船が停泊していたメリケン波止場と大正時代に建てられた中突堤を埋め立てて造成されました。現在は、神戸の港を望む臨海公園となっており、一帯にはポートタワーや神戸海洋博物館などが点在している人気の観光スポットです。

神戸市民の憩こいの場としても親しまれており、休日には犬の散歩をしている人やベンチで読書をしている人の姿もちらほら。爽やかな潮風にあたりながら、のんびり散策するのもおすすめです。

photo by Unsplash

パークの南側には、写真撮影スポットとして人気のBE KOBEモニュメントも!BE KOBEは、阪神・淡路大震災をきっかけに生まれた言葉で、神戸の魅力は人であるという思いが込められています。

海や青空を背景にして撮影する写真は、なんとも開放的。ぜひカメラを片手に、港町神戸の風景を写真に収めてみては?

メリケンパークの基本情報

住所

〒650-0042 神戸市中央区波止場町

電話

078-321-0085

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

JR・元町駅から徒歩約10分、阪急・花隈駅から徒歩約12分、神戸市営地下鉄・みなと元町駅から徒歩約8分

料金

散策自由

公式サイト

https://www.kobeport-upark.jp/

神戸ポートタワー

360度のパノラマ絶景を楽しめる神戸のシンボル

photo by pixabay

神戸のランドマークとして知られるポートタワー。日本古来の鼓をイメージしたフォルムはかわいらしく、深紅の外観が青空によく映えます。メリケンパークに佇む姿は優美な魅力を秘めており、そのうつくしさは鉄塔の美女と称されるほど!最上階には展望室があり、神戸の絶景を360度一望することができます。

夜になると煌びやかなイルミネーションが行われ、より一層ロマンティックな雰囲気に。カップルや夫婦でのデートスポットとしてもおすすめの観光地です。

しかし、2023年12月現在、ポートタワーは改修工事中のため塔内を見学することができません。2024年春頃に再オープンの予定なので、どのようにパワーアップするのか楽しみですね。

神戸ポートタワーの基本情報

住所

〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町5-5

電話

078-327-8981(一般財団法人 神戸観光局 港湾振興部)

営業時間

2023年12月現在休業中

休業日

なし

アクセス

JR・元町駅から徒歩約15分、阪急・花隈駅から徒歩約13分、神戸市営地下鉄・みなと元町駅から徒歩約7分

料金

大人 700円、子ども(小・中高生) 300円 ※リニューアル後は変更になる可能性があります

公式サイト

https://www.kobe-port-tower.com/

神戸ハーバーランド

神戸港の夜景を望む大型商業施設でショッピング

photo by Unsplash

三宮でショッピングを楽しみたい方におすすめの観光スポットが神戸ハーバーランド。メリケンパークに隣接する神戸ハーバーランドは、大型ショッピングモールや映画館、レストランなどが集まる複合型商業施設です。夜になるとLEDを用いたイルミネーションが水面に反射し、エリア一帯がきらきらと輝きます。

買い物を楽しめる商業施設umieをはじめ、空から夜景を眺められるモザイク大観覧車、子連れにぴったりなアンパンマンこどもミュージアムなど、観光の見どころも盛りだくさん!朝から夜まで満喫できるスポットが満載なので、時間をたっぷりとって訪れてみましょう!

周辺にはおしゃれなラグジュアリーホテルも多いので、三宮旅行の宿泊先としてもぴったりなエリアですよ。

神戸ハーバーランドの基本情報

住所

〒650-0044 兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目

電話

078-360-3639

営業時間

各店舗・施設によって異なる

休業日

各店舗・施設によって異なる

アクセス

JR・神戸駅から徒歩すぐ、神戸市営地下鉄・ハーバーランド駅から徒歩約5分

料金

各店舗・施設によって異なる、ハーバーランド散策は自由

公式サイト

https://harborland.co.jp/

神戸コンチェルト

真っ青な海を駆け抜ける絶景クルーズで観光を楽しもう

photo by Unsplash

ちょっぴりぜいたくな気分を味わいたい方は、神戸コンチェルトクルーズに参加してみては?神戸コンチェルトは、うつくしい景色とおいしい料理を楽しめるレストランクルーズ船です。

船内ではプロの音楽家による生演奏が行われ、音楽と食事のハーモニーを堪能できます。繊細なフレンチ料理や鉄板焼きなど、提供されるコースは実に多彩。ランチやディナークルーズはもちろん、ティータイムでの利用も可能です。

船からは明石海峡大橋やハーバーランド、六甲山、神戸空港などの絶景が広がり、壮大な景色に圧倒されるでしょう。誕生日やプロポーズなど、記念日用のプランもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

神戸コンチェルトの基本情報

住所

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-6-1

電話

078-360-5600

営業時間

運行スケジュールによって異なる

休業日

運行スケジュールによって異なる

アクセス

JR・神戸駅から徒歩約10分

料金

予約内容によって異なる

公式サイト

https://thekobecruise.com/

átoa(アトア)

デートにもおすすめ!デジタルアートが融合したおしゃれ水族館

photo by Nana

神戸の新名所として注目を集めるátoa(アトア)は、アクアリウムとデジタルアートが融合した都市型水族館です。舞台芸術やデジタル技術を駆使した空間で、悠々と動く生き物たちを展示しています。

館内は大きく8つのゾーンに分かれており、それぞれのテーマごとに水槽が配置されています。奇跡の惑星ゾーンでは、日本最大規模の球体水槽を中心にカラフルな光のレーザーが空間を包み込み、なんとも幻想的。明るい光に照らされた水槽は神秘的で、見ているだけでも癒やされるでしょう。

photo by Nana

4階の屋上にある空辺の庭では、カワウソやペンギン、カピバラを見ることができます。緑が広がる空間でのびのびと暮らす姿はとても愛くるしく、思わずほっこりしてしまいますよ。

また、同じ階にはおしゃれなガーデンテラスカフェが併設。見た目もかわいいソフトクリームやお饅頭、エクレアなどが販売されているので、生き物たちを見ながらゆっくり味わってみてはいかがでしょうか?

átoa(アトア)の基本情報

住所

〒650-0041 兵庫県神戸市中央区新港町7番2号

電話

078-771-9393

営業時間

10:00~20:00(最終入館は19:00まで)※時期により異なる場合あり

休業日

2024年1月9日~2024年1月11日

アクセス

JR・元町駅から徒歩約15分、各線三宮駅から徒歩約18分

料金

中学生以上 2,400円、小学生 1,400円、3歳以上 800円、3歳未満 無料

※クリスマス等の期間は価格が変更になるため、詳しくは公式サイトでご確認ください

公式サイト

https://atoa-kobe.jp/

旧居留地

レトロな建築物が立ち並ぶ人気観光エリアで海外気分

photo by Nana

神戸港が開いた1868年、来日外国人の住居や事業所として設けられた旧居留地。エルメスやルイ・ヴィトン、グッチなど高級ブランドショップのほか、おしゃれなレストランやカフェも多く軒を連ねています。

大正から昭和時代のレトロな建築物が並ぶ街並みは、まるでヨーロッパのよう。異国情緒あふれる風景が魅力で、ウェディングフォトを撮影する新婚夫婦も多いんですよ。

夜になると街灯が優しく灯り、より幻想的な雰囲気に。ロマンティックな景色を眺めながら、優雅に食事を楽しむのもおすすめの過ごし方です。

旧居留地の基本情報

住所

〒650-0024 神戸市中央区海岸通・京町・明石町

電話

078-332-0151

営業時間

各施設・店舗によって異なる

休業日

各施設・店舗によって異なる

アクセス

JR元町駅から徒歩約5分、神戸市営地下鉄・旧居留地・大丸前駅から徒歩すぐ

料金

散策自由

公式サイト

https://www.kobe-kyoryuchi.com/

神戸布引ハーブ園

華やかなハーブが咲き乱れる安らぎの観光スポット

RIMG0022 by Tamago Moffle is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

布引ハーブ園は、四季折々の花々や香り高いハーブが咲き誇る日本最大級のハーブ園です。テーマごとに12のガーデンがあり、約200種75,000株もの花やハーブを楽しめます。

園内には朝摘みハーブを使ったランチを楽しめるレストランをはじめ、オリジナルグッズを購入できるギフトショップ、アンティーク香水瓶や香り抽出道具などを展示する香りの資料館など、外観もおしゃれな施設が満載!

RIMG0018 by Tamago Moffle is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

標高約400メートルの山頂からは、神戸の山々や街並みを一望でき、絶景スポットとしても有名です。ソフトクリームやスイーツを味わえるカフェも併設されているので、開放的なテラスでティータイムを過ごすのも良いですね。

布引ハーブ園までは、新神戸駅からロープウェイで移動可能です。布引の滝や五本松堰堤を眺めながら、約10分の空中散歩を楽しみましょう。

布引ハーブ園の基本情報

住所

〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3

電話

078-271-1160

営業時間

10:00~17:00 ※季節や日時によって変動するため詳しくは公式サイトでご確認ください

休業日

なし ※ロープウェイの点検により、休業の可能性があります

アクセス

JR・新神戸駅から神戸市布引ロープウェイへ乗り換え、ハーブ園山頂駅下車すぐ

料金

大人 1,800円、子ども(中学生以下) 900円、未就学児 無料 ※ロープウェイ乗車料(往復)とハーブ園入園料を含めた料金です

公式サイト

https://www.kobeherb.com/

神戸市立博物館

神戸ゆかりのコレクションから歴史を辿ろう

神戸市立博物館 by Richard, enjoy my life! is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

神戸旧居留地にある神戸市立博物館は、旧横浜正金銀行を改装して1982年に開館しました。レトロな雰囲気を残す新古典様式の建築物が目を引き、1998年には登録文化財に認定。昭和初期の名建築とも言われ、建築好きの方からも注目を集めているスポット。

館内では国宝の桜ヶ丘銅鐸・銅戈をはじめ、南蛮紅毛美術、ガラス工芸品など約7万点ものコレクションを収蔵。メトロポリタン美術館やボストン美術館、大英博物館など、世界各国の収蔵品を展示する特別展も開催しています。

1階にある神戸の歴史展示室は入館無料となっているので、神戸の歴史や文化を深く学びたい方は、ぜひ見学してみてくださいね。

神戸市立博物館の基本情報

住所

〒650-0034 神戸市中央区京町24番地

電話

078-391-0035

営業時間

9:30~17:30(入館は17:00まで) ※特別展開催中の金・土曜は19:30まで開館

休業日

月曜(祝日の場合は開館し翌平日に休館) ※2023年9月11日~2024年2月9日は、改修工事により臨時休館中です

アクセス

JR三ノ宮または元町駅から徒歩約10分、阪急または阪神・神戸三宮駅から徒歩約10分

料金

一般 300円、大学生 150円、高校生以下 無料 ※神戸の歴史展示室(1階)への入場は無料です

公式サイト

https://www.kobecitymuseum.jp/

相楽園

自然豊かな日本庭園で優雅なカフェタイムを

near pond. by harum.koh is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

三宮観光中に一息つきたいときは、相楽園を訪れてみるのがおすすめ!明治末期に完成した日本庭園で、2006年には国の名勝にも指定されている観光スポットです。

約2万平米の池泉回遊式の庭園には、趣あふれる石橋や滝が配置され、壮大な深山幽谷の風景を見ることができます。蘇鉄園にある樹齢500年のクスノキのほか、春に見ごろを迎えるツツジや秋の紅葉も必見ですよ。

さらに、相楽園パーラーと呼ばれるカフェも隣接しており、四季折々の自然を眺めながらサンドウィッチやパフェを味わえます。静かにゆっくり過ごせる個室もあるので、記念日利用にもぴったりです。

相楽園(そうらくえん)の基本情報

住所

〒650-0004 神戸市中央区中山手通5-3-1

電話

078-351-5155

営業時間

9:00~17:00(入園は16:30まで)

休業日

木曜(祝日の場合は開園、翌日休園)、12月29日~1月3日

※つつじ遊山期間(毎年4月下旬~5月初旬)は無休

アクセス

神戸市営地下鉄・県庁前駅から徒歩約5分、神戸高速鉄道・花隈駅から徒歩約15分

料金

大人(15歳以上) 300円、子ども(小・中学生) 150円

公式サイト

http://www.sorakuen.com/index.html

布引の滝

迫力満点の名瀑でマイナスイオンに癒やされて

Odaki that is one of Nunobiki Falls (Kobe, Hyogo, Japan) by t-mizo is licensed under CC BY 2.0 DEED

雄滝、雌滝、夫婦滝、鼓ヶ滝、の4つの滝で構成される布引の滝。新神戸駅の山側・生田川中流にかかる大きな滝で、日本の滝百選や日本三大神滝にも数えられています。

最も上流にある雄滝は特に迫力満点で、その落差は約43メートル!水しぶきを感じられるほど豪快な滝の姿に、思わず圧倒されるでしょう。

新神戸駅から徒歩約10分という絶好のロケーションなので、気軽にアクセスできるのも魅力です。暑い夏の時期には、ぜひ布引の滝でマイナスイオンを感じてみてはいかが?

布引の滝の基本情報

住所

〒651-0058 神戸市中央区葺合町

電話

078-303-1188(神戸観光局)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

神戸市営地下鉄・新神戸駅から徒歩約10分

料金

無料

公式サイト

https://www.feel-kobe.jp/facilities/0000000093/

湊川神社

地元民にも親しまれる、神戸のパワースポット

湊川神社 Minatogawa Jinja Shrine by nekotank is licensed under CC BY-ND 2.0 DEED

湊川神社は、南北朝時代の名将・楠木正成をお祀りする神社です。境内には緑豊かなクスノキが植えられており、神戸市民からは楠公(なんこう)さんの愛称で親しまれています。

授かれるご利益は開運招福や厄除安産、心願成就など多岐にわたり、お正月には全国から100万人もの参拝客が訪れるんだとか。お宮参りや七五三など、人生の節目に訪れる祈祷を受ける人の数は兵庫県内でも有数と言われています。

境内には本社社殿のほか、楠本稲荷神社や天満神社などの摂社・末社が点在。楠公ゆかりの刀剣や武具、書画を展示する宝物殿(2023年12月現在、無期限休館中)もあり、見ごたえばつぐんですよ。

湊川神社の基本情報

住所

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通3-1-1

電話

078-371-0001

営業時間

日の出~日没

休業日

なし

アクセス

JR・神戸駅から徒歩約3分、阪急または阪神・高速神戸駅から徒歩すぐ

料金

参拝自由

公式サイト

https://www.minatogawajinja.or.jp/

神戸ムスリムモスク

日本最古のモスクでイスラムの祈りに触れよう

photo by flickr

国際色豊かな北野エリアに位置する神戸ムスリムモスクは、1935年に建てられた日本最古のモスクです。堂々たる外観からは異国情緒あふれる雰囲気を感じられ、まるで海外にいるような気分を味わえます。

モスク内に一歩足を踏み入れると、煌びやかな礼拝堂がお出迎え!豪華なシャンデリアが配置され、優雅でエレガントな輝きを放っています。華やかながらも静寂に包まれた空間なので、心を休めるにはぴったりのスポットです。

内部見学はイスラム教徒でなくても可能なので、4カ所ある礼拝スペースをゆっくり見て回ることができますよ。ただし、露出の多い服装の場合は入館ができないので、夏の時期は特に注意が必要です。

神戸ムスリムモスクの基本情報

住所

〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通2-25-14

電話

078-231-6060 

営業時間

10:00~18:00 ※金曜は14:00~18:00

休業日

なし

アクセス

阪急または阪神・神戸三宮駅から徒歩約15分

料金

見学自由

公式サイト

http://kobe-muslim-mosque.com/

東遊園地

冬にはルミナリエも!都心に広がる自然の広場

photo by Nana

2.7ヘクタールもの面積を誇る東遊園地は、神戸の市街地の中心に位置しています。1868年に外国人居留遊園として整備されたのが始まりで、かつては西洋スポーツを日本に広める起点にもなっていたそう。

現在は神戸市内のレクリエーションにも活用されており、大型ベンチやソファに座ってゆっくりくつろぐことも可能です。緑の芝生が広がる園内は、まさに都会のオアシスと言えるでしょう。

La fortezza luminosa @ Kobe Luminarie (Il cuore nella luce) by Hideyuki KAMON is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

1995年の阪神淡路大震災以降は、ルミナリエや追悼行事の会場ともなっており、震災の記憶・教訓を伝える場所に。震災復興のシンボルとして始まった神戸ルミナリエは、冬の神戸を代表する人気イベントのひとつです。

2024年1月には4年ぶりの開催が決定しているので、煌びやかな光の祭典にぜひ足を運んでみてくださいね。

東遊園地の基本情報

住所

〒650-0001 神戸市中央区加納町6丁目4

電話

078-381-6450

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

阪急または阪神三宮駅から徒歩約9分、JR・三ノ宮駅から徒歩約10分

料金

散策自由

公式サイト

http://eastpark.jp/

ピアザkobe

個性的なショップが連なる高架下でお土産探し

photo by Nana

ピアザkobeは、各線三宮駅とJR元町駅を結ぶ高架下商店街です。約400メートルにも及ぶ商店街には、160を超えるショップがずらりと並んでいます。

オリジナルのファッションアイテムを取り扱うブティックをはじめ、おしゃれなインテリア絵画を販売する雑貨店、本革シューズにこだわった靴屋さんなど、どのお店も個性豊か!

居酒屋や立ち飲み屋といった飲食店のほか、クレープやアイスクリームを楽しめるカフェも多く営業しています。元町までの移動がてらに散策できるので、ちょっぴりディープな三宮を満喫したい方は要チェックですよ。

ピアザkobeの基本情報

住所

〒650-0012 神戸市中央区北長狭通2丁目30-52

電話

078-331-0077(三宮高架商店街振興組合)

営業時間

店舗によって異なる

休業日

店舗によって異なる

アクセス

JR・三ノ宮駅、阪急・神戸三宮駅(西口)から徒歩すぐ

料金

店舗によって異なる、散策自由

公式サイト

https://piazza-kobe.com/

EKIZO神戸三宮

地元の名店もずらり!ジャンル豊かな食堂街でディナーを堪能

photo by Nana

阪急神戸三宮駅直結のEKIZOは、2021年に開業した商業施設です。特に飲食店が充実しており、ランチやディナーの時間帯には多くの人でにぎわいます。

中華料理や創作串揚げ、焼き鳥、お好み焼き、フレンチなど、多彩なジャンルのレストランが軒を連ねており、選ぶのに迷ってしまうほど。

どこのお店もテラス席を備えているので、開放的な空間で食事を楽しめるのが魅力です。サクッと入れるお店が多く、駅チカなので、飲み会で2軒目を探している方にもぴったりですよ。

EKIZO神戸三宮の基本情報

住所

〒650-0001 神戸市中央区加納町4-2-1

電話

-

営業時間

店舗によって異なる

休業日

店舗によって異なる

アクセス

阪急・神戸三宮駅直結

料金

店舗によって異なる

公式サイト

https://ekizo.hankyu.co.jp/

こども本の森 神戸

子連れにおすすめ!静かな穴場観光スポット

photo by Nana

子連れでの三宮観光におすすめなのが、東遊園地の敷地内にある、こども本の森 神戸。建築家・安藤忠雄氏の寄附によって2022年にオープンした、子どものための文化施設です。

足元から天井まで広がる本棚や静けさがただよう円筒形の休憩室、座って読書できる大階段など、館内の設計・デザインはこだわりも満載!絵本や図鑑、文学、画集など多種多様なジャンルの本を取り扱っており、本を持ち出して公園やウッドデッキで読むこともできます。日光を浴びながらの読書は非常に気持ちが良く、心も晴れやかな気分になるでしょう。

対象年齢を問わない本が収蔵されているので、子どもから大人までお気に入りの本が見つかるはずです

こども本の森 神戸の基本情報

住所

〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町6丁目1-1

電話

078-325-1125

営業時間

9:30~17:00

※事前予約が必要な期間もあるため、詳しくは公式サイトをご確認ください

休業日

月曜(祝日の場合は開館、翌平日が休館)

アクセス

JR・三ノ宮駅から徒歩約13分、阪急または阪神・神戸三宮駅から徒歩約13分

料金

無料

公式サイト

https://kodomohonnomori-kobe.jp/

神戸どうぶつ王国

かわいいスナネコも!植物と動物と触れ合える人気テーマパーク

photo by Nana

三宮からポートライナーでアクセスできる神戸どうぶつ王国。かわいらしい動物や鳥と触れあえるテーマパークで、園内では色鮮やかな花々も見られる観光スポットです。

アルパカやレッサーパンダ、ペンギン、カピバラなど多種多様な動物たちを飼育しており、なかには一般的な動物園では見られない珍しい動物も。特にハシビロコウやスナネコが人気を集めており、動物の赤ちゃんが生まれると毎回多くの観光客が訪れます。

photo by Nana

レッサートークやバードショー、ドッグショーなどのイベントも見どころのひとつ。エサやりやラクダライドなど、ふれ合い体験も充実しているので、小さな子どもでも飽きずに楽しめるでしょう。屋内型施設なので、雨の日でも満喫できるのがうれしいポイントですよ。

神戸どうぶつ王国の基本情報

住所

〒650-0047 神戸市中央区港島南町7-1-9

電話

078-302-8899

営業時間

10:00~17:00 ※季節によって変動するため、詳しくは公式サイトでご確認ください

休業日

木曜(祝日の場合は営業)

アクセス

神戸新交通ポートライナー・計算科学センター駅(神戸どうぶつ王国・「富岳」前)下車すぐ

料金

中学生以上 2,200円、65歳以上(※要ID) 1,600円、小学生 1,200円、幼児(4歳・5歳) 500円

公式サイト

https://www.kobe-oukoku.com/

三宮の人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、神戸・三宮のおすすめの観光スポットをご紹介しました。名所や見どころがいっぱいある三宮では、効率よく観光にグルメ、ショッピングも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、神戸・三宮旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

cover photo by pixabay

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる