NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】高千穂のおすすめ観光スポット12選!定番から穴場まで

高千穂には、絶景の名所である高千穂峡や日本神話で知られる天岩戸などの有名な観光地がいっぱい! 今回は、宮崎県・高千穂旅行でおすすめの観光スポットを12選ご紹介します。絶対に訪れたい名所から人気のスポット、願い事がある人はぜひ訪れたいパワースポットまで厳選したので、高千穂旅行の参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

高千穂には、絶景の名所である高千穂峡や日本神話で知られる天岩戸などの有名な観光地がいっぱい!
今回は、宮崎県・高千穂旅行でおすすめの観光スポットを12選ご紹介します。絶対に訪れたい名所から人気のスポット、願い事がある人はぜひ訪れたいパワースポットまで厳選したので、高千穂旅行の参考にしてくださいね。

Contents

高千穂には人気の観光スポットがいっぱい!

高千穂峡 by Raita Futo is licensed under CC BY 2.0

高千穂は熊本空港からレンタカーなら1時間40分ほどで到着する町。アクセスが便利なエリアではありませんが、一生に一度は行きたい土地として人気を集めています。

その理由は、高千穂が日本神話で神が降臨した地とされているから。多くの伝説が残る高千穂は神々の都と呼ばれ、さまざまな神話の舞台となった観光スポットや神社でいにしえの日本を感じることができます。

また人気のパワースポットがあり、豊かな自然に触れることができるのも特徴。全国的に有名な高千穂峡だけを訪れたのではもったいないエリアです。

高千穂で絶対行きたいおすすめ観光地12選

高千穂はパワースポットとしても人気の、宮崎県を代表する観光地。ここには神話にまつわる神社や神々しい絶景が見られる自然、美しい里山など、たくさんの見どころがあります。高千穂を訪れたら絶対に行っておきたいおすすめの観光スポットをピックアップ。どこも見逃せませんよ!

高千穂峡

絶壁の峡谷!神秘の絶景スポット

By Suicasmo - Own work, CC BY-SA 4.0

高千穂峡は、高千穂エリアを代表する観光スポット。火砕流が五ヶ瀬川に沿って流出してできた柱状節理の崖が川に浸食されることで高さ約100メートル、長さ約7キロメートルもの深い峡谷となりました。

高千穂峡の崖の上には約1キロメートルの遊歩道が整備されていて、上からの絶景を見ることができます。とくに滝見台からの眺めは絶景。高千穂峡らしい写真を撮りたい方は、見逃さないようにしてくださいね。

boats by adam_flix is licensed under CC BY 2.0

また高千穂峡では、神秘的な峡谷の特に狭くなっているエリアに貸しボートで入ることができます。

貸しボートの乗船受付は、インターネット予約と当日受付。インターネット予約は、予約サイトで乗船日の1週間前の午前9時から受付が始まり、2日前の午前9時までとなります。

当日受付はインターネット予約の予約状況で枚数が変動。予約で完売すると当日券の販売がないこともありますのでご注意ください。

高千穂峡の基本情報

住所

宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井

電話

0982-82-2140(貸しボート受付事務所)0982-73-1213(高千穂町観光協会)

営業時間

24時間

貸しボートは8:30~17:00(※最終受付16:30)

休業日

なし

河川増水時、1月4月7月10月の定期安全点検時、緊急安全点検時

(詳細は公式サイトで要確認)

アクセス

高千穂バスセンターから車で5分

料金

無料

貸しボート(定員3名)は日によって料金が異なる(4,100円〜5,100円)

公式サイト

https://takachiho-kanko.info/boat/

真名井の滝

高千穂峡のシンボル!神話の滝

Takachiho Gorge by Raita Futo is licensed under CC BY 2.0

真名井の滝は、高千穂峡に流れ落ちる中でも最も有名な滝。日本の滝百選の一つで、高千穂峡の有名な写真には必ず入る、この地のシンボルのような滝です。

高千穂峡にボートで入っていくと、真名井の滝の真下に行くこともできます。川面から見上げる滝はとても神秘的でフォトジェニック!ただしボートの扱いに慣れていないと滝の中に入ってしまいズブ濡れになることもあるので、近づきすぎには注意してくださいね。

真名井の滝の基本情報

住所

宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井

電話

0982-73-1213(高千穂町観光協会)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

高千穂バスセンターから車で5分

料金

無料

公式サイト

https://takachiho-kanko.info/sightseeing/18/

おのころ池

真名井の滝の源流は、魚いっぱいの池

真名井瀑布的真相 by Tzuhsun Hsu is licensed under CC BY-SA 2.0

真名井の滝は渓流ではなく、崖の上にあるおのころ池から流れ落ちています。おのころ池は湧き水が溜まった池。日本神話では天村雲命(あめのむらくものみこと)が、水がないこの地に水種を移したとされ、できた湧き水がおのころ池となり、流れ落ちる水が真名井の滝になったとされています。

おのころ池の周囲には湧き水を利用した淡水魚水族館や釣り堀も。子ども連れなら1日楽しめるエリアになっています。

おのころ池の基本情報

住所

宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井

電話

0982-73-1213(高千穂町観光協会)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

高千穂バスセンターから車で5分

料金

無料

高千穂神社

夜神楽を堪能!1900年の歴史を誇る神社

By Naokijp - Own work, CC BY-SA 4.0

高千穂神社は、約1900余年前の創建と伝えられる神社。高千穂八十八社の総社で、本殿の見事な彫刻でも知られています。

パワースポットとしても有名。境内の鎮石(しずめいし)に触れ祈ると悩みや世の乱れが鎮められるという言い伝えがあります。そして境内にある夫婦杉は根元が繋がっている2本の杉の大木。夫婦が手をつないで周囲を3度周ると夫婦円満・家内安全・子孫繁栄の願いが叶うといわれています。

By Takasunrise0921 - Own work, CC BY-SA 3.0

高千穂神社の見どころのひとつが、境内の神楽殿で披露される高千穂神楽。毎晩20時から約1時間、高千穂神楽の代表的な演目を見ることができます。

高千穂神社の基本情報

住所

宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1037

電話

0982-72-2413

営業時間

24時間

高千穂神楽は20:00〜21:00

休業日

なし

アクセス

高千穂バスセンターから徒歩15分

料金

無料

高千穂神楽は1人 1,000円  (小学生まで無料)

公式サイト

https://www.town-takachiho.jp/top/soshiki/kikakukanko/2/3/315.html(高千穂町)

天岩戸神社

伝説の天岩戸を祀る神社

By sk01, CC BY-SA 3.0

天岩戸神社は天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る神社。岩戸川をはさんで西本宮と東本宮の2つの社殿に分かれています。

西本宮の御神体は天照大神が隠れた天岩戸。この天岩戸は禁足地となっていて近づくことはできませんが、社務所で申し込めば神職の同行のもと西本宮拝殿裏の遥拝所から参拝できます。

そして東本宮が祀っているのは天照皇大神が天岩戸から出た後に最初に住んだ土地。東本宮本殿の裏にある杉の御神木の根元には湧水があり、御神水として信仰されています。

天岩戸神社の基本情報

住所

宮崎県西臼杵郡高千穂町大字天岩戸1073-1

電話

0982-74-8239

営業時間

24時間

授与所と社務所は8:30〜17:00

休業日

なし

アクセス

高千穂バスセンターからバスに乗り、天岩戸神社で下車すぐ

料金

無料

公式サイト

https://amanoiwato-jinja.jp/

天安河原

神々が集まった伝説の河原

Heavenly Rock Cave by David Stanley is licensed under CC BY 2.0

天岩戸神社の一部である天安河原(あまのやすかわら)は、日本神話の岩戸隠れのときに八百万の神々が集まって相談したと伝えられている河原。天岩戸神社の西本宮から岩戸川を500mほど上流に歩いたところにあります。

ここは願いを込めて小石を積むと叶うという言い伝えがあるパワースポット。河原にはたくさんの石積みがあります。中でも河原の中央にある仰慕窟(ぎょうぼがいわや)という洞窟にはたくさんの石積みが。この洞窟には天安河原宮という小さな祠があり、八百万の神を祀っています。

天安河原の基本情報

住所

宮崎県西臼杵郡高千穂町大字天岩戸

電話

0982-74-8239(天岩戸神社)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

天岩戸西本宮から徒歩10分

料金

無料

公式サイト

https://amanoiwato-jinja.jp/pages/31/

くしふる神社

ににぎのみことが国を治めるために降り立った聖地

By As6022014 - Own work, CC BY-SA 3.0

くしふる神社は漢字では槵觸神社と書く神社。天孫瓊々杵尊(ににぎのみこと)が国を治めるために天からくだったとされるくしふる峰をご神体としています。

この神社の近くにある高天原遥拝所(たかまがはらようはいじょ)は天から降臨した後に神々が集まって高天原を仰ぎ見たとされる場所。参道を登った鳥居のすぐ先に高天原と刻まれた石があり、 そこから見上げた先に高天原があるとされています。

ちなみに相撲のルーツは、こちらもくしふる神社のご祭神である武甕槌命(たけみかづちのみこと)が建御名方命(たてみなかたのみこと)と行った力比べだとされています。

くしふる神社の基本情報

住所

宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井713

電話

0982-72-2413(高千穂神社)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

高千穂バスセンターから徒歩10分

料金

無料

公式サイト

https://takachiho-kanko.info/sightseeing/10/(高千穂町観光協会)

天真名井

ケヤキの老木の根元から湧く神水

By As6022014 - Own work, CC BY-SA 3.0

天真名井(あまのまない)は樹齢1300年のケヤキの老木の根元から湧く不思議な水。湧き出す水は神水として信仰されています。

天真名井は真名井の滝と同じように天村雲命に関連する湧き水。天照降臨の際にこの地に水がないことを嘆いて高天原に戻り、汲んできた水を移したと伝えられています。

天真名井の基本情報

住所

宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井472

電話

0982-73-1213(高千穂町観光協会)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

高千穂バスセンターから車で5分

料金

無料

国見ヶ丘

高千穂盆地を見下ろす雲海の名所

By Yoshi Canopus - Own work, CC BY-SA 4.0

国見ヶ丘は標高513メートルの丘。頂上からは高千穂盆地や阿蘇外輪山などを眺めることができます。

またここは雲海の名所としても有名。例年9月下旬から12月上旬にかけて、見事な雲海を見ることができます。雲海が現れやすい条件は、2、3日晴れが続き、朝晩と昼と温度差が15度以上で、適度な湿度がある早朝に快晴無風になること。いつでも現れるわけではないだけに、ぜひ一度は見てみたい絶景です。

国見ヶ丘の基本情報

住所

宮崎県西臼杵郡高千穂町押方

電話

0982-73-1213(高千穂町観光協会)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

高千穂バスセンターから車で15分

料金

無料

公式サイト

https://takachiho-kanko.info/sightseeing/8/(高千穂町観光協会)

道の駅高千穂

高千穂峡の絶景を見下ろす道の駅

道の駅高千穂 by Tzuhsun Hsu is licensed under CC BY-SA 2.0

道の駅高千穂は、五ヶ瀬川を見下ろす位置にあるロケーション抜群な道の駅。高千穂峡や、そこに架かる神都高千穂大橋が一望できます。

物産館では、地元の特産品や旬の野菜、果物を販売。レストランでは宮崎名物のチキン南蛮などを味わうことができますよ。

道の駅高千穂の基本情報

住所

宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1296-5

電話

0982-72-9123

営業時間

物産館は8:30~17:00

レストランは10:30~16:00

休業日

なし

アクセス

延岡市より車で60分の国道218号沿い

料金

入場無料

公式サイト

https://www.qsr.mlit.go.jp/n-michi/michi_no_eki/kobetu/takachiho/takachiho.html

高千穂あまてらす鉄道

絶景を満喫!開放感ばつぐんのアトラクション列車

By ブルーノ - Own work, CC BY-SA 4.0

高千穂あまてらす鉄道は、かつてここを走っていた高千穂鉄道から運営を引き継いだ鉄道。正式な鉄道会社ではなく、線路の一部を活用したアトラクションとしてユニークな列車に乗ることができます。

30人乗りのグランド・スーパーカートは、上はオープン、床の大半はガラス張りという車両。高さ105メートルの高千穂鉄橋を渡ると、震えるほどの開放感を味わえます。

高千穂あまてらす鉄道の基本情報

住所

宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1425-1

電話

0982-72-3216

営業時間

9:40~15:40 1日10便(臨時便を除く)

※臨時便の運航状況は公式サイトを参照

休業日

毎月第3木曜日

(ゴールデンウィーク・夏休みは通常運行。祝日の場合は別日に振替え)

雨天で休業となる場合あり

アクセス

高千穂バスセンターから徒歩10分

料金

入場料100円

グランドスーパーカート乗車券は、高校生以上 1,800円、小・中学生 1,100円、未就学児 600円

公式サイト

https://amaterasu-railway.jp/

トンネルの駅

トンネル内を利用した貯蔵庫を見学

Takachiho 110 Sake-Brauerei (5) by u dou is licensed under CC BY-ND 2.0

トンネルの駅は、高千穂の特産品・伝統工芸品などを買うことができる物産館。敷地内にはトンネル内を利用した貯蔵庫があり、一定の気温に保たれる特性を活かして焼酎の原酒をじっくり熟成させています。

樽貯蔵の様子は無料で見学でき、試飲もできるのがうれしいポイント。トンネルには焼酎が約1,000本貯蔵されていて、入った途端、樽の表面から蒸発する焼酎の香りに包まれます。

トンネルの駅の基本情報

住所

宮崎県高千穂町大字下野2221-1

電話

0982-73-4050

営業時間

9:00〜17:00

休業日

第一水曜日(祝祭日の場合は第二水曜日)

アクセス

高千穂中心部から車で5分

料金

無料

公式サイト

http://tonnerunoeki.com/

高千穂の人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、高千穂のおすすめの観光スポットを紹介しました。名所や見どころ、パワースポットがたくさんある高千穂は、駆け足ではなく1つひとつのスポットをじっくり見てまわるのもおすすめです。

ぜひ紹介した観光スポットを参考に、宮崎県・高千穂旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる