NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】丸亀のおすすめ観光スポット10選!定番から穴場まで

丸亀には、丸亀城やうちわの港ミュージアムなどの有名な観光地がいっぱい! 今回は、香川県・丸亀旅行でおすすめの観光スポットをご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、話題の人気スポットまで厳選したので、丸亀旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

丸亀には、丸亀城やうちわの港ミュージアムなどの有名な観光地がいっぱい!

今回は、香川県・丸亀旅行でおすすめの観光スポットをご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、話題の人気スポットまで厳選したので、丸亀旅行の参考にしてくださいね!

Contents

丸亀には人気の観光スポットがいっぱい!

By Naokijp - Own work, CC BY-SA 4.0

香川県の丸亀には、丸亀城や本島など歴史を感じられる人気観光地がたくさんあります。観光地はバスや電車、タクシーなどの手段で手軽に移動可能。グルメも充実しており、名物のさぬきうどんや骨付鳥は外せません。

今回はそんな丸亀に来たら、ぜひ訪れてほしいスポットを定番から穴場までピックアップしてみました。ぜひ旅の参考にしてみてくださいね。

丸亀で絶対行きたいおすすめ観光地9選

丸亀を訪れたら、ここには絶対に行っておきたいというおすすめの観光スポットをピックアップ!石垣の美しさで知られている「丸亀城」をはじめ、子どもから大人まで楽しめるテーマパーク「NEWレオマワールド」、丸亀うちわ作り体験ができる「うちわの港ミュージアム」など、見どころがたくさんありますよ。

丸亀城

石垣の美しさが有名!丸亀の定番観光スポット

DP2M4831 by bethom33 is licensed under CC BY-SA 2.0

1597年に築城された丸亀城は、日本の百名城にも選ばれている名城です。日本で一番小さいことでも知られている木造の天守は国の重要文化財にも指定されています。

丸亀城には高い技術を活用して作られた日本一の高さを誇る石垣があり、迫力ある城郭を作り上げています。キレイな曲線を描く石垣は、お城に詳しくない方でも一見の価値あり!

天守に登ると、丸亀城周辺の景色を一望できます。丸亀駅から徒歩でアクセスできるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

丸亀城の基本情報

住所

香川県丸亀市1番丁

電話

0877-25-3881

営業時間

天守 9:00〜16:30(入城は16時まで)、大手一の門(内部)9:00〜16:00

休業日

大手一の門(内部) 雨天時

アクセス

高松空港から車で約40分、丸亀駅から徒歩で約15分

料金

大人 200円、小人(小・中学生)100円
※2024年4月1日より大人 400円、小人(中学生以下)無料

公式サイト

https://www.city.marugame.lg.jp/site/castle/

NEWレオマワールド

夏にはプールも!子どもから大人まで楽しめるリゾート

By Wiki591801 - Own work, CC BY-SA 3.0

NEWレオマワールドは、中国四国エリアで一番大きなテーマパークです。ジェットコースターやメリーゴーランドなどのアトラクションをはじめ、ナイトパレードなどのショーも開催されています。

隣接しているレオマウォーターランドは、夏限定でオープンしている屋外プール施設。ウォータースライダーやバケツスプラッシュなど子どもから大人まで楽しめる施設が目白押しです!

ホテルや日帰り温泉施設もあるので、子どもだけでなく大人もたっぷり楽しめるスポット。琴平駅やことでん岡田駅などからは無料のレオマリゾート無料シャトルバスも運行中!有料ではありますが、高松空港からもバスがあり、手軽にアクセスできる環境が整っています。

NEWレオマワールドの基本情報

住所

香川県丸亀市綾歌町栗熊西40−

電話

0877-86-1071

営業時間

10:00〜20:00、オリエンタルトリップ 10:00〜20:00

休業日

火曜※祝日・繁忙期を除く

アクセス

高松空港から車で約25分、丸亀駅から車で約30分

料金

【入園券】大人(中学生以上) 2,000円、子ども(3歳~小学生) 1,500円
【フリーパス(入園+乗物)】 4,300円、子ども(3歳~小学生) 3,800円

公式サイト

https://www.newreomaworld.com/

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

猪熊弦一郎の作品を展示している美術館

By Asturio Cantabrio - Own work, CC BY-SA 4.0

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館は、世界的に有名な洋画家・猪熊弦一郎の作品を展示している美術館。企画展も行われていて、何度行っても新鮮な気持ちで楽しめるところも魅力のひとつです。

美術館内には、たっぷり芸術を満喫した後にリラックスできるCafe MIMOCAも併設。猪熊弦一郎の作品をモチーフにしたポストカードなどのグッズを販売しているミュージアムショップもありますよ!

丸亀駅からすぐの場所に位置しているので、手軽にアクセスできるところも魅力です。

猪熊弦一郎 現代美術館の基本情報

住所

香川県丸亀市浜町80-1

電話

0877-24-7755

営業時間

10:00〜18:00(入館は17:30まで)

休業日

月曜(祝休日の場合はその直後の平日)、年末12月25日から31日、および臨時休館日

アクセス

高松空港から車で約45分、丸亀駅から徒歩で約1分

料金

企画展 展覧会ごとに異なる、常設展 大人 300円、大学生 200円

公式サイト

https://www.mimoca.org/ja/

うちわの港ミュージアム

丸亀うちわの手作り体験ができる美術館

By Toto-tarou - Own work, CC BY-SA 3.0

丸亀うちわミュージアムは、国の伝統工芸品に指定されている丸亀うちわの歴史を学べるスポット。

2023年3月にリニューアルオープンしたばかりで、丸亀うちわに関する資料などの展示も行われており、歴史を学ぶことができます。職人さんによる丸亀うちわの実演コーナーもあり、見どころたっぷり!

事前予約をすれば、うちわの制作体験もできます。好みのデザインの和紙をチョイスして作ることができ、旅の思い出におすすめです。

丸亀うちわミュージアムの基本情報

住所

香川県丸亀市一番丁丸亀城内

電話

0877-25-3882

営業時間

10:00~16:30

休業日

年中無休

アクセス

高松空港から車で約45分、丸亀駅から徒歩で約10分

料金

無料

公式サイト

https://marugameuchiwa.jp/

中津万象園・丸亀美術館

美しく手入れされた日本庭園

By 663highland - Own work, CC BY 2.5

中津万象園・丸亀美術館は、1688年に京極二代目藩主によって築庭された池泉回遊式の大名庭園。約15,000坪の広さを誇り、中心エリアには琵琶湖の形を模した池が設置されています。直径15メートルもの高さがある大傘松も見逃せません。

庭園内には、ミレーなどの世界的に著名な画家の作品を展示している絵画館や貴重な陶器がある陶器館やうちわの港ミュージアムがあります。うちわ作り体験は有料ですが入場料は無料なので、ぜひこちらも立ち寄ってみてくださいね。

中津万象園・丸亀美術館の基本情報

住所

香川県丸亀市中津町25-1

電話

0877-23-6326 

営業時間

9:30~17:00(最終受付 16:30/入園・入館共通)

休業日

水曜(水曜が祝祭日の場合は通常営業)

アクセス

高松空港から車で約45分、丸亀駅から徒歩で約55分

料金

【庭園+絵画館セット券】大人 1,200円、子ども(小・中生) 500円

公式サイト

http://www.bansyouen.com/

飯野山(讃岐富士)

新日本百名山に数えられている美しい山

飯野山 by Tzuhsun Hsu  is licensed under CC BY-SA 2.0

飯野山(讃岐富士)は、新日本百名山に数えられる形が美しい山。標高は422メートルと高さは低いため、約2時間で山頂まで登山できます。

登山道もしっかりと整備されているため、子どもでも登頂できます。途中には、瀬戸大橋や塩飽諸島などを眺められる絶景スポットもありますよ!

飯野山はおじょもという巨人が作ったという伝説が残されています。山頂には、そのおじょもの足跡があるので、要チェック!ほかにも、薬師堂や昭和天皇の歌碑などが設置されています。

飯野山(讃岐富士)の基本情報

住所

香川県丸亀市飯山町西坂元

電話

0877-24-1392

営業時間

24時間営業

休業日

年中無休

アクセス

高松空港から車で約35分、丸亀駅から徒歩で約40分

料金

無料

公式サイト

https://www.love-marugame.jp/spot/925

本島

フェリーで手軽にアクセス!歴史的な街並みが残る島

By 皓月旗 - Own work, CC BY-SA 4.0

本島は、丸亀港からフェリーでアクセスできるスポットです。笠島まち並保存地区や塩飽勤番所跡などの歴史的な街並みを楽しめる人気観光地があり、1年を通して多くの観光客が訪れています。

フェリーの到着場所の目の前にある本島汽船待合所では、レンタサイクルの貸し出しも行われています。電動自転車も用意されているので、手軽に移動しながら本島観光を満喫できます。

丸亀と本島をつなぐフェリーは、朝6時台から夜19時台まで運行しています。

本島の基本情報

住所

香川県丸亀市本島町泊611-4

電話

0877-22-2782

営業時間(受付時間)

7:00〜18:00

休業日

なし

アクセス

丸亀港からフェリーで約35分

料金(片道)

大人(中学生以上) 560円、子ども(小学生以上) 280円

公式サイト

https://honjima-kisen.com/

笠島(かさしま)まち並保存地区

写真映えする歴史的街並みが残されたエリア

By 663highland - Own work, CC BY 2.5

笠島(かさしま)まち並保存地区は、かつて笠島城があった城下に栄えた集落のこと。漆喰塗りの⽩壁など歴史的に価値がある建物が残されていることから、現在は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。散歩だけでも十分楽しめますが、フォトスポットとしても人気です。

観光案内所として使用されている笠島まち並保存センターでは、笠島が繁栄を極めていた江戸時代後期から明治時代当時の建築や使用されていた道具が展示されています。お土産物も販売していますよ!

笠島(かさしま)まち並保存地区の基本情報

住所

香川県丸亀市本島町笠島

電話

0877-27-3828

営業時間

保存センター・文書館・ふれあいの館 9:00~16:00

休業日

月曜(祝祭日の場合は翌日)、12月29日~1月3日(1月4日~2月末までは土・日及び祝日のみ開館)

アクセス

本島港から徒歩約25分

料金

笠島まち並保存センター 大人200円、子ども100円

公式サイト

https://www.marugame-happylife.jp/islands/info/entry-79.html

塩飽勤番所跡(しわくきんばんしょあと)

織田信長などの偉人から届いた朱印状を展示

By 663highland - Own work, CC BY 2.5

塩飽勤番所跡は、本島にある人気の観光スポット。1798年に塩飽領を統治するために建てられた役所で、日本で勤番所が残っているのはここだけです。1970年には、国によって史跡に指定されており、現在は歴史資料館として使用されています。

織田信長や徳川家康などから届いた朱印状や塩飽水軍の史料といった貴重な品々が展示されています。

本島港から歩いて約10分でアクセス可能。徒歩圏内には、レストランやカフェもありますよ!

塩飽勤番所跡(しわくきんばんしょあと)の基本情報

住所

香川県丸亀市本島町泊81

電話

0877-27-3540

営業時間

9:00~16:00

休業日

月曜、年末年始

アクセス

本島港から徒歩約10分

料金

大人 200円、小人 100円

公式サイト

https://www.city.marugame.lg.jp/page/1013.html

丸亀の人気観光スポットを満喫しよう


この記事では、丸亀のおすすめの観光スポットを紹介しました。名所や見どころがいっぱいある丸亀では、効率よく観光にグルメ、ショッピングを楽しむのがおすすめです。

基本的に1年を通して快適に観光できますが、特に秋は紅葉も楽しめるため人気!それぞれの観光地は離れていることも多いので、自由度高く丸亀を観光したい方はレンタカーがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、香川県・丸亀旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

cover photo by Unsplash 

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる