NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

ペトラ遺跡はヨルダンの世界遺産!歴史や見学方法、行き方を解説

多くの歴史的建造物が残るペトラには、日本では体験できないような非日常の空間が広がっています。砂漠の中に突如現れる遺跡は、圧巻の景色です。 この記事では、そんな世界遺産・ペトラの歴史や観光情報について詳しくご紹介します。ペトラを実際に観光する際のポイントやチケット料金なども伝えているので、参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

多くの歴史的建造物が残るペトラには、日本では体験できないような非日常の空間が広がっています。砂漠の中に突如現れる遺跡は、圧巻の景色です。

この記事では、そんな世界遺産・ペトラ遺跡の歴史や観光情報について詳しくご紹介します。ペトラ遺跡を実際に観光する際のポイントやチケット料金なども伝えているので、参考にしてくださいね。

Contents

ペトラの基本情報


photo by unsplash

ペトラは、中東に位置する国・ヨルダンにある古代都市です。ペトラには多くの建造物が残され、ペトラ遺跡として1985年に世界遺産に登録されました。

ペトラ遺跡が発展したポイントは、古くから交通の要衝として栄え、多くの人々が行き来した中継地であったこと。中継地として栄えたことで、地域として発展していったのです。

またペトラは砂漠が大きく広がる地であり、水を使う農業には向いていませんでした。しかし、ペトラに住みついたナバテア人がダムを造り上げ、給水設備を整えたとされています。

隊商都市として栄えたペトラの歴史


photo by unsplash

長い歴史を持つペトラは、どのようにして発展を続けていったのでしょうか?ペトラは古くから交通の要衝で商業が盛んに行われた都市として発展しました。

ここでは、ペトラが都市として発展した背景について詳しくご紹介します!

ペトラは隊商都市


photo by unsplash

隊商都市とは、各地の商人が訪れる都市のことを指します。隊商という意味は砂漠の地域で隊(パーティ)を組んで商売をする団体のことを指し、そのような団体が行き来する都市のこと。

ラクダに荷物を積み上げた人たちがこの隊商にあたります。このような人たちがペトラへ商売をおこし、隊商が交流する都市としてペトラは栄えていきました。

ペトラの誕生


photo by unsplash

ペトラが誕生したのは、紀元前1,200年前にエドム人が住みついていたことから始まりました。エドム人の詳細は明らかになっておらず、どんな性格を持った人種なのかは不明です。

そんなエドム人は、砂漠の遊牧民族であったナバテア人の侵入によって追い出されてしまいます。エドム人を追い出した紀元前1世紀頃から、ナバテア人の居住地となり、徐々に栄えていったそう。

ペトラは次第に、メソポタミアやエジプト、インダスの古代文明の発展につなげた中継地となり、さまざまな交易品が運ばれるように。その背景から、ペトラは隊商都市とも呼ばれています。

ペトラの繁栄


photo by pixabay

ペトラが繁栄したのは、交易品が地域を介して行き交っていたことが理由のひとつ。紀元前2世紀頃にナバテア人がナバテア王国の首都をペトラに置いた時期で、多くの商人がペトラを交易の拠点として頻繁に利用していたとされています。

商人の中継地点として大きく繁栄したペトラは、安全な取引をおこなうために商品に関税をかける仕組みを構築したり、灌漑や貯水システムを作り上げたりと発展していきます。さらに、そこで得た収入で、岩壁を利用した建造物を次々と造り上げていきました。

このように、最盛期の人口は3万人を超えるというほどペトラの都市として大きく発展していったのです!

ペトラの衰退


photo by unsplash
※画像はイメージです

大きく隊商都市として発展したペトラにも、衰退が訪れます。衰退した理由は、ローマ帝国の支配下に置かれたから。

紀元前63年にローマ帝国がシリアとパレスチナを征服し、勢力を伸ばしながらもペトラは税金を支払うことで国としての自治が認められていました。しかし自治は長く続けられず、同106年には、完全にローマ帝国の支配下となりナバテア王国の幕を閉じました。

ローマ帝国の支配下になったことから、円形劇場や公共浴場、ローマ帝国がキリスト教と定められてからは教会が建てられるなど、徐々にペトラとしての色が薄れていきました。

極めつけは、同749年に起こったガリラヤ地震による大規模災害。災害で大きく被害を受けたことにより、ナバテア人は支配していたペトラの地を放棄し完全に衰退していったのです。

ペトラ遺跡の発見


photo by pixabay

長い年月が経ち、7世紀にはイスラム軍が到来、12世紀には十字軍がペトラの地に砦を建てるなど、再びペトラが注目されるように。しかし、すぐに廃墟になってしまい砂漠の海へ飲まれてしまいます。

そんな多くの建造物が存在するペトラの地に、1812年にスイスの探検家であるヨハン・ルートヴィッヒがペトラに舞い降り、かつて造られたペトラの建造物たちを発見しました。

1,000年以上表舞台に立たず歴史として止まっていたペトラでしたが、この再発見によってヨーロッパに知れ渡り本格的な調査がおこなわれ現在のような観光名所となりました。

ペトラ遺跡の特徴


photo by unsplash

ペトラ遺跡の特徴は、岩と砂で形成された建造物である点です。もともと隊商都市として栄えており、多くの建造物が立ち並びました。

しかし1,000年以上の空白の時間があることから、砂漠という環境もありほとんどの建造物が砂に埋もれたとのこと。このような背景があり、岩や砂を主体とした建造物が多く立ち並ぶ現在のペトラ遺跡があります。

またペトラ遺跡にある建造物はノミとハンマーだけで造り上げられており、細かな技術も世界遺産の要素として認められていますよ!

長い歴史のある遺跡でありながら職人の手だけで作り上げたペトラ遺跡は、現在では考えられないほどの労力がかかっていることがわかりますね。

ペトラ遺跡のあるヨルダンってどんな国?


photo by unsplash

ヨルダンは人口が約1,000万人と、日本より人口が少ない国です。イラク・サウジアラビア・シリア・パレスチナ・イスラエルといった5つの国に囲まれています。紛争がおこなわれている地域に囲まれていますが、ヨルダンの治安は比較的良好で、中東の平和の均衡を図る重要な役割を果たしています。

ヨルダンには主要となる産業がなく、経済的に日本ほど盛んではありません。しかし、周りの紛争地域から逃れてきた人々の受け入れをおこなっており、教育や医療といったサービスを提供している国です。

ペトラ遺跡の見どころスポット


photo by unsplash

ペトラ遺跡はさまざまな建造物が組み合わさってできた遺跡です。そのため、それぞれ見どころがあり、遺跡内に足を踏み入れると当時のこだわりや技術の高さ、歴史などが見られることでしょう。

また隊商都市といったこともあり、ペトラ遺跡内では電動車両(車や電車)の乗り入れが禁止されています。そのためラクダや馬車に乗って遺跡内を巡ることもできますよ!ここでは、ペトラ遺跡を観光する上でとくにチェックしたい見どころを紹介します。

ペトラ遺跡への入り口!シーク


photo by pixabay

ペトラ遺跡の観光の始まりは、シークからスタートします。シークの長さは約1.5キロメートルあり、中心部までかなりの距離を要します。

また道幅は約2メートルしかなく、並列して歩くことは難しいほどの狭さ。その一方で、高さは90メートル〜180メートルもあり、さまざまな地層が重なった景色が見られます!

現在は水が通っていませんが、このシークの道幅が運河の交通路で、観光する人はこの交通路を歩くことになります。そのため、過去のペトラの歴史を感じながら見学することができ、古代ロマンへの期待も膨らみますよ!

ペトラ遺跡の宝物殿!エル・ハズネ


photo by pixabay

シークを歩き続けていくと、神殿のような外観のエル・ハズネが見えてきます。エル・ハズネはアラビア語で宝物殿という意味を持ち、今でも財宝が残ってそうな見た目をしていますよね。ペトラ遺跡の見学のハイライトでもあります。

実際は財宝は残っておらず、何のために建てられたのかは未だに分かっていません。内部には入ることができないので、外からどのような背景があったのかを想像してみてくださいね。

エル・ハズネは高さ約40メートルで、幅は約25メートル。写真で見るよりもかなりの大きさを感じられ、実際に目にするとその迫力に圧倒されるでしょう!

また、エル・ハズネは映画・インディージョーンズの撮影舞台にもなっています。映画さながらの世界観を体感できますよ!

ライオンの形をしたレリーフが特徴的のライオンの墓


photo by pixabay

ペトラ遺跡にある山には穴のようなものが空いています。これはライオンの墓と呼ばれており、穴の入口の左右にライオンのレリーフがあることから、このように呼ばれました。

この穴は別名ライオン・トリクリ二ウムといわれており、古代ローマのダイニングテーブルをイメージされることから名づけられたようです。

ライオンの墓を近くで見ようとするためには、崖や荒れた道のりを歩き進めないといけません。しかし、遠目からでもしっかり見られるので体力を使わずに確実に見たい方は、双眼鏡を持って見学することをおすすめします!

険しい道の先にある神殿エド・ディル


photo by pixabay

エド・デイルはエル・ハズネから奥に続く道を1時間以上進むと姿が現われます。800段以上ある石段を進み続ける必要があるので、冒険感も味わえますよ。

エル・ハズネに近い建築様式ですが、高さ約45メートル、幅約50メートルと一回りほど大きなサイズ感。エド・デイルは中に入ることができ、かつてキリスト教の修道士が住んでいたとされていますが、実際には神殿だったといわれています。

またエド・デイルから10分ほど歩けば、山の頂上に行くことも可能。頂上から眺める景色は、これまでの疲れを癒やしてくれるほどの景色を楽しめるでしょう!

ペトラ遺跡のライトアップも魅力!


photo by pixabay

ペトラ遺跡では、週に3回夜におこなわれるライトアップが開催されています。夜の20時30分から入口が開き、進むさきには等間隔に置かれたろうそくがまるでシリアスな雰囲気のよう。

ろうそくが置かれたシークを歩き進めていると、夜の表情を魅せるエルハズネが登場します。エル・ハズネの周辺には無数のろうそくが置かれており、神聖なる雰囲気に包まれています。

21時になるとエル・ハズネの前で、民族衣装を着用したベドウィン族による演奏がスタート。演奏が終了するとエル・ハズネがライトアップされ、見る人を魅了します。ぜひ幻想的な雰囲気に包まれるペトラ遺跡も見てみてくださいね!

ペトラへの行き方は?遺跡へのアクセスをご紹介


photo by unsplash

ペトラ観光の拠点となる都市はヨルダンのアンマン。アンマンからペトラ遺跡へ行く方法が一般的です。ここでは、バスやツアーなどでペトラ遺跡へアクセスする方法を解説します。

アンマンからペトラへ


photo by pixabay

ヨルダン(アンマン)へ到着したのちの流れをご紹介します。アンマンからペトラに向かう方法として、バスを利用して向かうことがおすすめです。

JETTバスとローカルバスの2種類から利用でき、それぞれ特色が異なります。2種類のバス会社が運行していますが、どちらも金曜日は運休をしているので注意が必要です。

これは宗教上のルールですので、バスを利用される方は運休日である金曜日には利用できないことを抑えておきましょう。

JETTバス


photo by unsplash
※画像はイメージです

JETTバスは、ヨルダンで快適な走行を提供する高速バス会社。日帰りやスムーズにヨルダン国内を周りたい方におすすめの移動方法です。アンマン市内からペトラ遺跡までの所要時間は約3〜4時間です。

アンマン市内にはJETTバスの停留所が2か所設置されていますが、本数は行きの6時30分と帰りの17時の便のみの運行。ペトラ観光を中心に観光を考えている人は、停留所の近くにホテルを決めるとよいでしょう。

またJETTバスを利用する際は、JETTバスの公式サイトにてオンラインか現地でチケットを購入する必要があります。オンラインの場合は事前に準備できますが、当日現地で購入する場合はパスポートを提示しなければなりません。

パスポートがないと購入できないので、当日に購入する方は注意しましょう。値段は片道10JD(約2,047円)と高速バスにしてはリーズナブルに利用することができます。

ローカルバス


photo by unsplash
※画像はイメージです

ヨルダンのローカルバスでは、時間がある方やゆっくりと観光したい方におすすめの移動手段です。朝の7時ごろに出発するのが基本ですが、乗員が10名集まらないとバスが出ないので、時間通りには出発しないと思っておいた方がよいでしょう。

バスはマイクロバスのような簡易的なバスで、乗り心地はそこまでよくありません。しかし、ローカル気分を感じたいという方にはおすすめできる移動手段です。

価格は5JD(約1,023円)とJETTバスの半分程度の価格で、乗車時間も2時間半程度でペトラへ到着できます。

オプショナルツアーに参加するのもおすすめ


photo by unsplash

個人ですべて手配するのは不安な方や初めて海外旅行に行く方、効率的に観光したい方などは、オプショナルツアーでペトラ観光することもおすすめ!旅行会社がツアーを手配してくれるので、無駄な労力をかけずに観光を楽しめるでしょう。

旅行先でチケットや切符の手配などをおこなうと、たまたま休業日だったり言語が上手く伝わらず購入できなかったりするなど、不測の事態で目的の観光ができない可能性も。ツアーを手配すると営業日に合わせてチケットや切符の手配をおこなってくれるので、思い通りの観光が楽しめることでしょう。

信頼できる旅行会社を通して、理想の旅行プランを設定してみてください。

ペトラ遺跡の見学時間は?見学方法や料金もご紹介


photo by unsplash

ここまでペトラ遺跡へのアクセス方法をご紹介してきました。アクセスに時間がかかりますが、ペトラ遺跡を見学する時間もかなりかかります。

ここではペトラ遺跡を見学する時間や、ペトラ遺跡を見学するための料金などを具体的にご紹介してきます。

ペトラ遺跡のおおよその見学時間は?


photo by pixabay

ペトラ遺跡を見学するのにかかる時間は、おおよそ4〜5時間です。ペトラ遺跡には見学する場所が多くあるので、人によって見学する時間は大きく異なります。

例えば、ペトラ遺跡のシークからエル・ハズネまでは、1〜2時間で見学できます。しかしエルハズネを超えてエドデイルまで見学しようと思うと、エド・ディルへ行くまで1時間かかるので、見学時間が大きく膨らむことでしょう。

また道中にはレストランやカフェが営業しているので、休憩や食事を楽しむとなるとまた時間がかかります。

ペトラ遺跡の見学方法


photo by pixabay

ペトラ遺跡には多くの建造物があることから、多くの見学時間がかかることがわかりました。そのため見学方法もさまざま。

ここではペトラ遺跡の見学方法をご紹介します。王道な見学方法から現地ならではの見学方法まで触れていますので、ペトラ遺跡を観光する方は参考にしてみてください。

徒歩で見学する


photo by unsplash
※画像はイメージです

ペトラ遺跡内は車での乗り入れが禁止されているので、基本的に徒歩で移動します。

建造物のパーツや細部の造りなど、歩きのようなゆっくりとしたペースでないとじっくり見られません。時間はかなりかかりますが、細かな部分まで見学したいという方におすすめです。

例えば、エル・ハズネを歩いてみて周るなら、所要時間は1時間程度。チケット売場からペトラ遺跡の入り口であるシークまでは歩いて10分ほどかかります。そのほか、遺跡内を巡るには暑い中を歩く必要があるので、水分補給や服装に気を付けてください。

充実した観光時間にするためにも、歩いて現地の魅力を感じるのもいいですね。

馬車やラクダに乗って見学する


photo by pixabay
※画像はイメージです

ペトラ遺跡の見学方法の2つ目は、馬車やラクダを利用することです。

ペトラ遺跡では、馬車やラクダで移動できるサービスをおこなっている人たちが多くいます。価格はサービスをおこなっている人によって異なりますが、往復で20JD(約4,095円)ほどでサービスを受けて見学できます。

サービスを利用することで現地の人とのコミュニケーションをとりながら見学できるので、ペトラ遺跡で充実した時間を過ごせるでしょう。馬車やラクダに乗って見学すると途中でストップしてくれないので、細かく見学したい方にはおすすめできません。

ペトラ遺跡の入場料


photo by pixabay

ペトラ遺跡の入場チケットについて、1dayチケットの場合だと50JD(約10,239円)です。世界各所にある世界遺産の中でも、チケット代が最も高いといわれています。

チケットは遺跡内の窓口で購入しましょう。クレジットカードも利用できますが、念のため現金も用意しておくと安心です。チケットパスはほかにも2日券、3日券と3種類ありますよ。

ペトラ遺跡観光の注意点


photo by unsplash

ペトラ遺跡を観光する際は、日本とは異なる環境であるからこそ注意点を踏まえて観光しなければなりません。ここではペトラ遺跡を観光する際の注意点をご紹介します。

ヨルダンの天候や現地の人たちの対応など、安心してペトラ遺跡を観光できるポイントをおさえているので、ぜひ参考にしてみてください。

乾燥と日差しに注意する


photo by pixabay

ペトラを観光する注意点の1つ目は、乾燥と日差しに気を付けることです。

ヨルダンの気候はほぼ晴れの日が多く、夏では30℃を超える気候。日本のように湿度が低く乾燥した気候で、強い日差しが差すなかで観光しなければなりません。

ペトラ遺跡を観光する際は、水分や日差しをよける帽子、日焼け止めなどで体調の管理をおこないましょう。日傘よりも帽子を、サンダルよりもスニーカーを装備して、過酷な環境下でも体力を必要以上に奪われないような対策をおこなってくださいね!

馬車やラクダの客引きに注意する


photo by pixabay

ペトラを観光する注意点の2つ目は、馬車やラクダの客引きに注意することです。

ペトラ遺跡には各箇所に馬車やラクダのサービスをおこなっている人たちがいます。現地の方たちはフレンドリーなので、観光客によく近寄ってきます。

利用料金に明確なラインはなく、人によって異なるため現地の人と交渉をおこなう必要があります。不当な料金をふられたらきっぱりと断ることも頭に入れておきましょう。

急な天候の変化による土石流に注意する


photo by pixabay

ペトラを観光する注意点の3つ目は、急な天候の変化による土石流に注意することです。2018年11月にペトラ遺跡が土石流に襲われるという事件が発生し、この事件では日本人も被害に遭い、当時のニュースになりました。

ヨルダンは晴れの日が多く、天候が変わらない気候とご紹介しました。しかし11月から3月にかけて降水量が多くなり、雨といった天候が安定しない日が続くことも。

天気が安定しない時期にヨルダンへ観光する方は、天候による災害に気をつけて観光しましょう。万が一災害に出くわした場合、地元の人たちの指示に従い安全を確保したうえで避難するようにしましょう。

ペトラ遺跡で観光を楽しもう!


photo by unsplash

今回はペトラ遺跡の歴史や魅力について詳しくご紹介しました。

ペトラを代表する世界遺産・ペトラ遺跡は、経済的発展が起こったことから誕生し、隊商都市として今も語り継がれています。また古代東方文化やヘレニズム文化の認知を広げるといった、歴史上でも大きな発展に貢献した場所ともいえるでしょう。

歴史深き遺跡を間近で感じたい方は、ペトラ遺跡へ観光してみてはいかがでしょうか?

ペトラ遺跡(petra ruins)の基本情報
住所:Petra - Wadi Musa, Jordan
電話:+96232156060
営業時間:【夏季】6:00〜18:00、【冬季】 6:00〜16:00
休業日:なし
料金:50JD(約10,239円)
※2023年8月14日のレート、1JD=204.79円で計算
アクセス:アンマン市内からバスで約4時間
公式サイト:https://www.visitpetra.jo/Default.aspx


cover photo by unsplash

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる