NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2023年最新】インド・ニューデリーでおすすめの観光地13選!名所や穴場を厳選

インドの中でも観光しやすいニューデリーは、インドの首都デリーにあるエリア。美しい寺院が点在する都市で、交通整備されており、観光しやすいのが特徴。今回は、そんなインド・ニューデリー旅行でおすすめの観光スポットをご紹介。定番スポットから知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ぜひニューデリー旅行を考えている方は参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

インドの中でも観光しやすいニューデリーは、インドの首都デリーにあるエリア。美しい寺院が点在する都市で、交通整備されており、観光しやすいのが特徴。

今回は、そんなインド・ニューデリー旅行でおすすめの観光スポットをご紹介。定番スポットから知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ぜひニューデリー旅行を考えている方は参考にしてくださいね!

Contents

インド・ニューデリーには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by unsplash

インド北部にある首都のデリーは、ニューデリーとオールドデリー、郊外の3つのエリアに分かれています。ニューデリーは、インドの中でも交通整備がされている方で観光しやすいのが特徴です。

そんなニューデリーには歴史的な寺院や建築物、世界遺産などがいっぱい!今回はそんなニューデリーの観光地を厳選してご紹介します。人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

ニューデリーの治安は?ひとり旅は大丈夫?

デリー(ニューデリー)の治安は、あまり良くないです。とくに観光客を狙った詐欺やぼったくり、スリが非常に多いので注意しましょう。話しかけられる場合は、ほとんどの確率で詐欺なので無視するのが良いです。また女性を狙った事件も多く発生しています。女性のひとり歩きは避けることをおすすめします。

ニューデリーで絶対行きたいおすすめ観光地10選

まずは初めてのニューデリー旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地の見どころをご紹介していきます!

フマユーン廟

ムガール建築の傑作!世界遺産にも登録された美しいモスク


photo by unsplash

フユマーン廟は、ムガール帝国の第2皇帝であったフマユーンが眠る霊廟です。フマユーンが亡くなった後に造られ、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

ちなみにムガール帝国の時代に造られた建築物は、ムガール建築とよばれており、大きなドームやアーチ型のゲートが特徴です。なかでもフユマーン廟は、鮮やかな赤砂色と白色のコントラストが美しい建築物となっています。

photo by unsplash

このフユマーン廟の完成から約100年後に建設されたのが、インドで有名なタージマハルです。タージマハルも愛する配偶者の死から建てられており、ムガール建築が用いられている点から、フユマーン廟の影響を受けていると言われています。水面に建物が映る姿もそっくりです。

フユマーン廟の内部は高い天井が広がり、とくに目立つものもなく、シンプルな空間。棺がいくつか置かれており、その中にフマユーンが葬られています。ぜひ中も見学してみてくださいね。

フユマーン廟(Humayun's Tomb)の基本情報
住所: Mathura Road Opposite, Hazrat Nizamuddin Aulia Dargah, Mathura Rd, Nizamuddin, Nizamuddin East, New Delhi, Delhi 110013 インド
電話:+91 11 2435 5275
営業時間:日の出から日没まで
休業日:なし
アクセス:メトロのバイオレットライン JLN Stadium駅で下車、徒歩15分ほど
料金:600インドルピー(約973円)、ビデオ持ち込み料25インドルピー(約40円)
※2023年3月26日のレート、1インドルピー=1.59円で計算
公式サイト:https://www.delhitourism.gov.in/delhitourism/touristplace/humayuntomb.jsp

インド門

高さ42メートルのニューデリーのシンボル!夜のライトアップも注目


photo by unsplash

インド門は、ニューデリーのシンボル!高さは42メートルあり、存在感があります。パリのエトワール凱旋門をもとに設計されたので、姿が似ているのも特徴です。

このインド門は、第一次世界大戦で犠牲となったインド兵を弔うために建てられ、1万3千人以上の名前がインド門に刻まれています。

夜は19時ころからライトアップが行われ、暗闇に浮かび上がる大きなインド門はまさに圧巻!時期によっては、インド国旗のデザインのライトアップが行われることもあるようです。

photo by unsplash

またインド門の周辺は、芝生や木々がある憩いの場となっています。週末にはイベントが開催されたり屋台が出たりするため、インド人ローカルのにぎわいを感じられますよ。

インド門(India Gate)の基本情報
住所:Kartavya Path, India Gate, New Delhi, Delhi 110001 インド
電話:+911123365358
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:Khan Market(カーンマーケット)駅から徒歩20分ほど
料金:無料
公式サイト:https://delhitourism.gov.in/delhitourism/tourist_place/india_gate.jsp

アクシャルダム寺院

ギネス登録されている世界最大の総合ヒンドゥー寺院!


photo by pixabay

アクシャルダム寺院は、ヒンドゥー教の精神を伝えるために作られた伝統的なスタイルの複合施設です。敷地面積は24万平方メートル(東京ドームの約9倍)と広大で、寺院のみならずウォーターショーやテーマガーデン、ボートライドなどテーマパーク要素がたっぷり!2007年には世界最大の総合ヒンドゥー寺院として、ギネスにも登録されています。

photo by pixabay

アクシャルダム寺院を訪れる際は、神聖な場所であるため服装に気をつけましょう。夏でも肌の露出を抑える必要があり、下半身はひざ下まで布で覆われていなければなりません。ショートパンツなどで行った場合は、サロンと呼ばれる巻きスカートのような布を借りましょう。

また、荷物検査も厳しく行われているので、事前に持ち込めないものを確認しておくと安心です。携帯電話やカメラ、音楽機器などの持ち込みができないので、入り口のクロークで無料で預かってもらうことができます。

フードコートやギフトショップと施設は充実しており、ゆっくり過ごせますよ。そして入場料は無料なんです!おトクなのでぜひ訪れてみてくださいね。

アクシャルダム寺院(Akshardham)の基本情報
住所: Noida Mor, Pandav Nagar, New Delhi, Delhi 110092
電話:+911143442344
営業時間:火曜から日曜 10:00〜18:30
休業日:月曜
アクセス: Akshardham(アクシャルダム)駅から徒歩で約10分
料金:入場無料(展覧会など別途料金が必要な場合があります)
公式サイト:https://akshardham.com/

クトゥブミナール

イスラムの勝利を記念した世界一高い尖塔


photo by unsplash

クトゥブミナールは、世界で一番高いミナレット(モスクなどにある尖塔)のこと。72.5メートルもの高さがあります。1993年に周辺の歴史的建築物とともにユネスコの世界遺産に登録されました。

ミナレットとは本来、1日5回の礼拝を義務付けられたイスラム教徒に、礼拝の時間を知らせるための塔です。しかしこのミナレットは、礼拝の時間を知らせるためではなく、13世紀頃にイスラム教がヒンドゥ―教に勝利したことを祝福するために建てられたのです。

photo by unsplash

クトゥブミナールの周辺敷地には、さまざまな歴史的建築物が立ち並びます。とくにさびない鉄の柱は必見です!1600年前から外に立っているのにもかかわらず、さびていないんです。純度100%に近い鉄で作られているからと言われていますが、諸説あります。謎の残るミステリアスさに興味を惹かれますね。

またクトゥブミナールのわきにあるモスクには、イスラム文化では禁止されている動物や人間の彫刻が刻まれています。これは建設中に時間をかけられず、ヒンドゥー教やジャイナ教の寺院を壊して、その材料を使ったからだと言われています。ここでしか見られない彫刻をぜひ見学してください!

クトゥブミナール(Qutab Minar)の基本情報
住所: Seth Sarai, Mehrauli, New Delhi, Delhi 110016
電話:+911124698431
営業時間:日の出~20:00
休業日:なし
アクセス: Qutub Minar(クトゥブミナール)駅から徒歩20分ほど
料金:現金払い:600インドルピー(約954円)、クレジット払い:550インドルピー(約875円)、15歳までのお子様は無料。
※2023年3月26日のレート、1インドルピー=1.59円で計算
公式サイト:https://www.delhitourism.gov.in/delhitourism/touristplace/qutabminar.jsp

赤い城(レッド フォート)

見ごたえばつぐんの赤砂岩の城


photo by pixabay

レッドフォートは、ムガル帝国の第5代皇帝シャージャハーンが造った建築物で、2007年に世界遺産にも登録されています。約2キロもある赤砂岩の城壁は圧巻で、見入ってしまいます。

シャージャハーンといえば、愛する妃の死から豪華なタージマハールを建てたことで有名ですが、タージマハールの他にもデリー内にいくつかの建築物を残しており、そのうちのひとつが、このレッドフォートです。

photo by pixabay

この城はインド軍が使用しており、一般の立ち入りが禁止されていましたが、現在は一部の施設を見学することができます。ディーワーネ・アーム(一般謁見の間)やディーワーネ・カース(貴賓謁見の間)、カース・マハル(皇帝の私室)など見どころがたくさん!

毎年8月15日の独立記念日には、インド首相がここレッドフォートで演説をします。タイミングが合えばぜひ訪れてみてくださいね。

赤い城(Red Fort)の基本情報
住所: Netaji Subhash Marg, Lal Qila, Chandni Chowk, New Delhi, Delhi 110006 インド
電話:+911123277705
営業時間:日の出から日没まで
休業日:月曜、1月22日〜26日、8月5日〜15日
アクセス: Chandni Chowk(チャンドニー・チョーク)駅から徒歩で約15分ほど
料金:250インドルピー(約405円)、ビデオ撮影は25インドルピー(約40円)
※2023年3月26日のレート、1インドルピー=1.59円で計算
公式サイト:https://www.delhitourism.gov.in/delhitourism/hindi/touristplace/redfort.jsp

ロータス寺院

蓮の花をモチーフに美しい寺院


photo by unsplash

ロータス寺院は、蓮のお花の形をした寺院。27枚の花びらがあり、これらはコンクリートでできており、白い大理石でコーティングされているんです!

この寺院は、バハイ教の礼拝堂です。バハイ教は比較的新しい宗教で、信仰をしていなくても礼拝堂に入ることができます。建物内は撮影禁止なので、じっくり見学してくださいね。夜の幻想的なライトアップも必見ですよ!

ロータス寺院(Lotus Temple)の基本情報
住所: Lotus Temple Rd, Bahapur, Shambhu Dayal Bagh, Kalkaji, New Delhi, Delhi 110019 
電話:+911126444029
営業時間:8:30~18:00
休業日:月曜
アクセス: Kalkaji Mandir(カルカジマンディー)駅から徒歩10分ほど
料金:無料
公式サイト:https://bahaihouseofworship.in/

ラシュトラパティ・バワン

広大な敷地の大統領官邸!ムガール様式と西洋建築の融合


photo by unsplash

ラシュトラパティ・バワンは、広大な敷地面積を誇る、大統領の官邸です。その広さはなんと約130ヘクタール、東京ドーム約28個分!豪華な部屋が340室あり、2.5キロの廊下があります。ムガル建築と西洋建築が混ざっており、どちらの文化も楽しめるのが見どころです。

ラシュトラパティ・バワン(Rashtrapati Bhavan)の基本情報
住所: Rashtrapati Bhawan, President's Estate, New Delhi, Delhi 110004 インド
電話:+911123015321
営業時間:9:30~17:30
休業日:場所によって異なります、詳しくは公式サイトをご確認ください
アクセス: Kendriya Terminalから徒歩で約6分
料金:50インドルピー(約79.5円)
※2023年3月26日のレート、1インドルピー=1.59円で計算
公式サイト:http://rashtrapatisachivalaya.gov.in/rbtour/

ラクシュミー ナーラーヤン寺院

かわいらしい外観が魅力的!


photo by pixabay

ラクシュミーナーラーヤン寺院は、絵本に出てきそうなかわいらしい外観が魅力的!残念ながらカメラや携帯電話の持ち込みはできませんが、内装も明るいデザインになっています。夜のライトアップは幻想的なので、ぜひ訪れてみてください。

ヒンドゥー教で重要なヴィシュヌ神のナラヤンと、その妃のラクシュミーを祀っています。土足は厳禁なので、靴下で観光しましょう。

ラクシュミーナーラーヤン寺院(Shri Laxmi Narayan Temple)の基本情報
住所:J5MX+3H9, Mandir Marg, near Gole Market, Gole Market, New Delhi, Delhi 110001 
電話:+911123363637
営業時間:4:00~13:30、14:30〜21:00
休業日:なし
アクセス: Gole Market(ゴールマーケット)駅から徒歩で約8分
料金:無料
公式サイト:https://shribirlamandir.com/

ラージ ガート

ガンジーの功績をたどる厳かな公園墓地


photo by unsplash
※画像はイメージです

ラージガートはマハトマ・ガンジーのお墓です。墓石には、ガンジーの最後の言葉「ヘーラーム(ああ神よ!)」が刻まれています。土足禁止なので入り口で靴を脱ぐ必要があります。敷地内を靴なしで歩くことになるので、汚れても良い靴下を履いていくことをおすすめします。

ラージガートから近い場所に国立ガンジー博物館があり、ガンジーにまつわる展示がされているのであわせて訪れると良いでしょう。

ラージガート(Raj Ghat)の基本情報
住所: Behind Red Fort, New Delhi, Delhi 110006 インド
電話:+911125675609
営業時間:6:30~18:00
休業日:なし
アクセス: Delhi Gate(デリーゲート)駅から徒歩18分ほど
料金:無料
公式サイト:なし

ジャーマーマスジド

インド最大のモスク!約2万5千人が礼拝できる広場


photo by unsplash

ジャマーマスジットはインド最大のモスクで、多くのイスラム教徒が礼拝に訪れています。中央にある礼拝堂と、3つの大きなドーム、そしてミナレットが左右対称に立ち並んでいるのが特徴です。

この造りは、先ほど紹介したレッドフォートやタージマハルと似ています。というのもレッドフォートやタージマハルを建設したシャージャハーンが、このジャマーマスジットの設計も手がけているからなのです。

photo by pixabay

ジャマーマスジットの正式名はマスジデ・ジャハーン・ヌマーで、世界を見渡すモスクという意味があります。その名の通り、小高い丘の上に立っているためデリーの街を一望することができるんです。正面の左側にあるミナレットは上ることができ、壮観な景色を楽しめますよ。

ジャマーマスジット(Jama Masjid)の基本情報
住所: Jama Masjid Rd, Jama Masjid, Chandni Chowk, New Delhi, Delhi 110006 インド
電話:+911123365358
営業時間:7:00~12:00、13:30〜18:30
休業日:なし(金曜日はイスラム教徒のみ入場可能)
アクセス: Jama Masjid(ジャマーマスジット)駅から徒歩2分
料金:無料。カメラ持ち込み料:300インドルピー(約477円)
※2023年3月26日のレート、1インドルピー=1.59円で計算
公式サイト:https://www.delhitourism.gov.in/delhitourism/touristplace/jamamasjid.jsp

ニューデリーの知る人ぞ知る穴場観光地3選

続いては、ニューデリーであまり知られていない穴場スポットをご紹介します。

ロディ ガーデン

噴水と美しい緑のある憩いの場


photo by pixabay

ロディガーデンは、自然が豊かな公園です。現地のインド人がレジャーシートを敷いてピクニックをしたり、カップルたちの憩いの場になっていたりします。

のんびり過ごせる公園で現地のインド人と一緒にゆっくりと過ごすのも、旅の楽しみ方のひとつではないでしょうか。

ロディガーデンの基本情報
住所:Lodhi Rd, Lodhi Gardens, Lodhi Estate, New Delhi, Delhi 110003 インド
電話:+911124640079
営業時間:6:00~20:00
休業日:なし
アクセス: Jorbagh(ジョル バーグ)駅からタクシーで約3分
料金:無料
公式サイト:なし

カーン・マーケット

高級住宅地にあるショッピングスポット


photo by pixabay

カーン・マーケットはニューデリーの高級住宅街にあるショッピングスポットです。治安は良い方なので、安心して買い物できます。

他の場所と比べると物価がやや高いですが、質の高いものが購入できます。インテリア雑貨や、インド刺繍を施した洋服、アーユルヴェータの化粧品などが人気なので、ぜひ購入してみてくださいね。

カーンマーケットの基本情報
住所: 61A, Khan Market, Rabindra Nagar, New Delhi, Delhi 110003 インド
電話:+917707006601
営業時間:10:00~0:00
休業日:日曜日
アクセス:Khan Market(カーンマーケット)駅から徒歩で5分
料金:入場無料
公式サイト:https://www.delhitourism.gov.in/delhitourism/shopping/khan_market.jsp

グラッドワーラ バングラ サヒブ

頭にターバンを巻いて入場する、シーク教の美しい寺院


photo by unsplash

グラッドワーラバングラサヒブは、白い大理石で作られた大きな建物の上に金色のドームがのっている寺院です。独自の宗教であるシーク教の寺院で、だれでも入ることができます。ただし、入場する際は全員ターバンなどで髪の毛を隠さないといけません。

夜はライトアップされて、より幻想的な光景が広がります。ぜひ夜にも訪れてみてくださいね。

グラッドワーラ バングラ サヒブの基本情報
住所: Hanuman Road Area, Connaught Place, New Delhi, Delhi 110001 インド
電話:+911123712580
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:Shivaji Stadium(シヴァジ スタジアム)駅から徒歩6分
料金:無料
公式サイト:https://www.dsgmc.in/

ニューデリー観光を満喫するためのおすすめモデルコース


photo by unsplash

歴史的建築物からグルメまで、見どころいっぱいのインドの中心地・デリー。せっかくなら朝から夜まで時間いっぱい楽しみましょう。グルメは、本場のスパイスをたっぷり使ったカレーやビリヤニ、タンドリーチキンはいかが?お店の食べ比べもおすすめですよ。ここではデリーのおすすめスケジュール例を紹介します。

<スケジュール例>

1日目 ニューデリー駅到着→ホテルにチェックイン→ランチ→レッドフォート観光→ジャーマーマスジド観光→インド門の夜景→ディナー

2日目 インド門観光&写真撮影→周辺の官邸エリアを散歩→ランチ→フマユーン廟→カーン・マーケットで買い物→インドの伝統的メニューのディナー

3日目 アクシャルダム寺院→ランチ→帰国

インド・ニューデリーの人気観光スポットを満喫しよう


photo by unsplash

この記事では、インド・ニューデリーのおすすめの観光スポットを紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるインドでは、安全に気をつけつつ観光もグルメも楽しむのがおすすめです。
ぜひ紹介した観光地を参考に、インド旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。
※2023年3月26日のレート、1インドルピー=1.59円で計算

cover photo by unsplash

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる